ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: マルチメディア の検索結果)

total 8 pages  次のページ →  

【平田昭吾インタラクティブ絵本 シンデレラ】

   ↑  2017/12/15 (金)  カテゴリー: 3DO
171215007.jpg
古くから伝えられてきた寓話は、その高い教訓性を買われ残酷や風刺的な要素を削ぎ落としながら、次々と童話にコンバートされてきた。
そのうちのいくつかは、ゲーム機が子供のいる家庭に居座る大義名分が立つことからか、ゲームソフトとして幾度もお目見えした。
中でもその数が抜きん出ていたのは3DOだ。
決して多いとはいえない3DOのソフトラインアップ総数のうち、児童向けの童話ソフトは実に9本。
いかに3DOが子供の情緒教育に真摯なハードであったかを物語る数字だろう。決してその倍以上18禁エロソフトがあるだろうとかツッコんではいけない。
171215004.jpg
その童話ソフトの大半を占めるのがエルコムから発売された『平田昭吾インタラクティブ絵本』シリーズ。
平田昭吾氏は小学校の図書室なんかで幅を効かせていた、古いアニメ絵調の絵本を一手に引き受けていた人物。
3DOで展開したこのシリーズは、まあそれのマルチメディア版みたいなものだ。
171215002.jpg
シンデレラ、あるいは灰かぶり姫として知られる古い民話は、国や時代によって様々なバージョンが語り継がれてきたが、我が国でもっとも通りがいいのはシャルル・ペローの手によるバージョン。
この3DO版『シンデレラ』も、やはりペロー版を元にしている。
一部アニメーションする絵をバックに日米仏三ヶ国語の朗読が流れる"テレビで見る絵本"。この体裁はインタラクティブ絵本全作に共通したフォーマット。
171215003.jpg
今の時代なら思わず「継母withB」とツッコまずにはいられない立ち位置を崩さない義姉たちは、他のバージョンの伝承ではセルフ纏足に走ったり鳥に両目を潰されたりと、因果応報な目に遭うのだが、それを「こころやさしいシンデレラはお姉さんたちをゆるしてあげました」と丸く収めてしまうのが、庶流、あるいは正統を差し置いて、後々の世までスタンダードして語り継がれる寓話の処世というものなのであろう。

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2717.html

2017/12/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【マリンツアー】マルチメディア海底地図

   ↑  2017/09/02 (土)  カテゴリー: 3DO
170901002.jpg
その手の一連のソフトにどんな正式名称がついていたのか定かではないが、とりあえずそれらはマルチメディアCD-ROMなんて呼ばれていた。
今から約20年前。まだWindows95が出るか出ないかの頃、新時代のメディアなんて一瞬だけ持て囃されたソフトジャンルのことだ。
早い話がゲームでも実用ソフトでもない、様々なジャンルの情報をCD-ROMに収めたデータベースソフト。
今の感覚だと「そんなCD-ROMをいちいち閲覧するより、ネットにアクセスした方が手っ取り早いじゃないですか」となるのだろうが、当時の一般的なネット環境では、動画はおろか画像すらもやり取りさせるのは一苦労だったのだ。
動画や画像など、様々な情報を詰め込めるマルチメディアCD-ROMは、そんなインターネット普及前夜の情報伝達の担い手になる……、筈だった。
しかしWin95以降のインターネットの爆発的な発展を前に、こんな悠長なメディアの旬は瞬く間に過ぎ去ってしまった。
170901005.jpg
CD-ROMドライブ搭載が標準となった次世代ゲーム機にも、自然とこのマルチメディアCD-ROMの波は押し寄せてきたのだが、中でもその波をもろに受け止めてしまったのは、案の定3DOだった。
これはゲーム機ではなくマルチメディア端末を自称する手前、その手のソフトを正面切って受け入れなければならない立場的な問題もあったのだろう。
さらにサターンやプレイステーションは3DOより後発であるため、マルチメディアCD-ROMが馬脚を現すのを見極められて、その分深みにはまらず済んだのかもしれない。
とにもかくにも、この手のノンゲームソフトが群れを成した3DO。この傾向は日本よりもむしろ北米の3DO市場の方が強く、カタログのタイトルだけを頼りに北米版3DOソフトを数本取り寄せたら、その半数以上がノンゲームのマルチメディアCD-ROMだったので愕然とした思い出がある。
170901004.jpg
その3DOマルチメディアタイトルの一つ『マリンツアー』は、"ダイビング・スポット・ガイド"のサブタイトルが示すように、ダイバーの為のデータベースソフト。
同内容のソフトは、やはり3DOで『オーシャンズ・ビロウ』という作品がリリースされている。
決して多くはない3DOの全ソフト数の中で、ダイビングガイドなんてやたらとニッチなジャンルが二つも被ってしまったが、いかにも3DOらしい不器用さと言えるだろう。
170901006.jpg
水中動画をふんだんに盛り込んだ『オーシャンズ・ビロウ』に対して、この『マリンツアー』のウリはCGで作成された立体地形図の数々。
バリ、紅海、グレートバリアリーフ、伊豆など、世界各国の様々なダイビングスポットの海底地形を沈船の位置までしっかりおさえて再現。
さらには魚の分布図や一年通しての気温の変動。現地までの所要時間や通貨レート。そして各地のダイビング業者の案内など。
実用性の面では『オーシャンズ・ビロウ』を遥かに凌駕する内容だ。
170901003.jpg
もっともただでさえ限られた3DOユーザーの母数から、さらに海外までダイビングをバリバリやりに行く者を対象にするなど、そりゃもうニッチにも程があるわけで、市場に放たれた『マリンツアー』の中で本来の目的にキチンと有効利用されたものが、果たして何本あったことだろうか。
一番たまらなかったのは、こういうソフトも義理で入荷しなければならなかったパナソニックのお店の人たちだ。
170901001.jpg
このソフトの一番の見所は、実はパッケージの裏側。
この裏ジャケット部分は、本来ならスクリーンショットなどと共に、内容の簡単な解説などが書かれているのが普通だが、この『マリンツアー』のそれは、例の不気味な海底地形図の画像が、なんの説明もなしに整然と並べられているだけの、あまりにもシュールなシロモノ。
何の予備知識もなしに店頭でこれを手に取った人は、どんなソフトなのかさっぱり理解できなかったことだろう。


この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2681.html

2017/09/02 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Virtual Puppet REIKA】3DO発マルチメディアアイドル

   ↑  2016/11/28 (月)  カテゴリー: 3DO
161128005.jpg
今ではゲームという枠の中でしか語られる事のない3DOだが、元を正せば3DO構想はVHSビデオに取って代わる新時代のメディア共通規格という遠大な野望であった。
3DOジャパンの偉い人などは当時のインタビューで、「レンタルビデオ店の棚を、ビデオに替わって3DO規格ソフトが占める未来が理想。将来的に3DOソフトは、販売6、レンタル4の割合で流通していくだろう」などとのたまったりしていたものだ。。
「マルチメディアCD-ROMが、ビデオの後釜に座るメディアになるだろう」
その皮算用はあっさり塵と化し、3DOの儚い寿命と共に雲散霧消してしまう。
161128002.jpg
結構安易に作れてしまうのが、いわゆるマルチメディアCD-ROMの数少ない利点。
なので丸紅のような商社系や博報堂などの代理店系の会社が、様子見とばかりに3DOにこの手のタイトルを供給た。
他にも様々なメーカーが、このマルチメディアCD-ROM路線に追従してきたのだが、その中でも異色な存在が、アダルトビデオの老舗メーカーであったKUKIだ。
このKUKIもマルチメディアの波に敏感で、パソコン用のマルチメディアエロCD-ROMやビデオCDにかなり積極的だったりと、VHSビデオの次の規格に対して常に模索を繰り返していた。
161128001.jpg
そのKUKIが開発と販売に関わった作品が、この『Virtual Puppet REIKA』。
アダルトソフトがラインナップ一角を大きく占めた3DOだが、この作品は一般作。
カメラを切り替えて自分だけのプロモーションビデオを作ったり、ビジュアルモードを鑑賞できたりする、いわゆる"アーティストもの"の走りみたいな作品。
普通この手のソフトは、森高千里や浜崎あゆみなど、それなりに世間に名の通ったアーティストを起用するものだが、しかし本作は「デビューマルチメディアCD-ROM」のお題目で、REIKAさんという無名のモデルさんを押し出す大胆な施策で打って出たのであった。
161128003.jpg
デビューが3DOのマルチメディアCD-ROM、検索を拒む限りなく匿名に近い芸名。
もうこれだけで地中に埋まって忘れられた不発弾の要素をまんべんなく兼ね備えてしまったREIKAさん。
桐島ローランド、馬場圭介、和田吉元ら、スタッフに名を連ねるファッション界の錚々たるビッグネームたちも、このあまりにも畑違いのフィールドでは屁のつっぱりにもならず、援護を任されるはずの3DO専門誌も、メーカーの「ただのプロモーションビデオではありません!」というメーカーコメントに、「ただのプロモーションビデオです」なんてレビューを重ねる鬼畜っぷり。
ただでさえ微妙なソフトが多い3DOマルチメディアCD-ROM群にあって、とりわけ扱いに微妙に困る一品に落ち着くのであった。

 

この記事に含まれるtag : マルチメディア タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2576.html

2016/11/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【mediaROMancer / 浅倉大介】大ちゃんとモグラたたき

   ↑  2016/11/26 (土)  カテゴリー: セガサターン
161126001.jpg
時代はマルチメディア。
今となっては古語に等しいフレーズだが、とにかくそんなふわふわとした言葉に、そそっかしくも正しい人たちが踊らされていた幸せな時代があった。
で、そのマルチメディアって一体何なの?と言われれば、それはもう単なるCD-ROMのことですとしか答えようがない。
インターネットが一般的に普及する前、映像メディアもVHSビデオが主流、ほとんどの人が情報源をアナログメディアに頼っていたという時代背景があったからこそ、デジタル情報を詰め込んで流通に乗せられるCD-ROMが重宝されかけたのだが、結局はネットがあっさり普及して、すべてはそれでまかなえてちゃんちゃんというオチと共に、マルチメディアはあっさりと用済みになってしまった。
161126003.jpg
音楽業界もほいほいと、あるいはイヤイヤながらもこのマルチメディアの波に乗ってしまったクチだ。
森高千里からX JAPANまで、幾多のアーティストがこの新たな媒体に迂闊に食いついてしまう。
ましてや普段からサイバー的なイメージを売っている人ならば、避けては通れない道であっただろう。
エレクトリックポップデュオaccessで一世を風靡したキーボーディスト浅倉大介が、1995年に発売したソロアルバムのタイトルは「ELECTROMANCER」。
これの初回盤には例のマルチメディアCD-ROMが付属していたのだが、そのCD-ROMがどういう縁なのか、『mediaROMancer』といういかにもなタイトルでセガサターンに登場。
サターンはコアゲーマー御用達のイメージが強い割に、なぜかこの手の音楽系マルチメディアソフトが多く集っていたが、まあSME母体のプレイステーションには他のレコード会社は参入しづらい背景があったのだろう。
161126004.jpg
中身はもうビジュアルデザインから何から典型的な当時のアーティスト系マルチメディアCD-ROM。
バイオグラフィやギトギトの粗い映像で垂れ流されるインタビュー、ポートレート集など定番のラインナップで、特に目を引くのは、所有のシンセサイザー一台一台に、アーティストとしての顔をかなぐり捨てて楽器オタ丸出しでコメントするコンテンツだ。
161126005.jpg
そしてそこまで維持してきた90年代サイバーなイメージをいっきにひっくり返すのが、牧歌的なビジュアルで展開するゲームコーナー。
マネージャー嬢を叩くと減点されるとってつけたようなモグラたたきゲーム。イメージ云々以前に、サターンのパッドで遅いカーソルを動かしながらモグラたたきを強いられる基本的に破綻した内容なのだが、クリアすれば大ちゃんの隠しムービーが拝めるとあっては、ファンの人は頑張らざろうえまい。もっとも頑張りようがないのだが。

 

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2575.html

2016/11/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【世界ふしぎ発見!トロイア】トロイア滅亡体験旅行

   ↑  2016/06/24 (金)  カテゴリー: ドリームキャスト
160624001.jpg
エーゲ海の要衝に栄えた神話上の伝説都市トロイア。
海洋交易を基盤に栄華を誇るも、アカイアとの長きに渡る戦争を経て滅ぼされた伝説の都。
巨大な木馬に兵士を潜ませて放置し、それをトロイア勢に城塞の中に運び込ませて内から城を破ったのは、かの有名なトロイの木馬の伝承だが、いくら吹かした神話とは言え、そんなものをなんの警戒もなしに城壁の中に入れちゃうというのも、そうとう無茶な話である。
しかし神話のロマンは現実のロマンを生み出す。
誰もが伝説上のお話だと思っていたトロイアの都を、飽くなき執念でついに掘り出したのはハインリッヒ・シュリーマンだ。
160624005.jpg
そして神話のロマンはドリームキャストのソフトも生み出す。
もはや長寿なんてレベルを遥かに通り越したTBSの超ロングラン番組発の『世界ふしぎ発見!トロイア』は、そのトロイア滅亡の過程を、インタラクティブアドベンチャーの形を借りてプレイヤーに体験させるマルチメディア風のゲームだ。
時は過去世界へのタイムトラベルが可能となったはるか未来。
TVディレクターであるプレイヤーは、番組の事前調査のために紀元前12世紀のトロイアにタイムダイブして、そこでトロイアが滅亡に至る最後の七日間を目撃するという流れなのだが、そんな未来に至っても「世界ふしぎ発見!」は続いているということなのだろうか。
黒柳徹子あたりは、まだ堂々とレギュラーを張っていそうで空恐ろしい。
160624006.jpg
まあとにかくそういう設定を元に、CGで再現したトロイアの様子をインタラクティブに体験さる歴史観光ソフト。
マルチメディアソフトに、ほのかなゲーム性を付加した程度なので狭義のゲーム的な面白さを求めるようなものではない。
求めようにもこのソフトにゲーム的な付加価値を与えようとしてる部分では、ことごとく無残な結果に終わっているのが事実。
アドベンチャーゲーム的なパートは、フラグ立てに至る展開が素人臭さ丸出しで不親切極まりなく、まるで'90年代前半の、しょっぱい3Dアドベンチャーを思い起こさせる。
TBS、日立、テレビマンユニオンと並ぶ、およそゲームとは畑違いな制作者クレジットの面々からも、そのことは容易にうかがい知れるだろう。
160624004.jpg
発掘物をもとに再現されたトロイアの街並みや人々の営み。そう言うと聞こえはいいが、そのCGそのものは、時代性を割り引いても、ちょっとばかりしょぼいもの。
ただ、その中を実際に自分の足で移動して、街の構造や職人街の様子などを目の当たりにするのは、本やテレビ番組から得るものとは、また違った新鮮な手応えがあるかもしれない。
ほら、市街区のあたりで耳を澄ませば、トロイアの一般市民たちの、生活感溢れる会話が聞こえてくるではないか。ときどき明らかに板東英二や野々村真の声が混じっているような気もするが……。
160624002.jpg
そして戦車競争に優勝し、宮中にお目通りが適ったプレイヤーが遭遇するのは、トロイア滅亡にまで至る王族たちの愛憎劇。
カサンドラ、ヘレネ、パリス、ヘレノスといった、神話やレリーフでしか馴染みの無い人々とインタラクティブに触れあい、やりとりを交わし、そして物語はクライマックスへ。ああ、その木馬を街の中に入れちゃダメだってば!
他にも不自由な操作性や確実に酔いを誘うであろう3D移動画面など、欠点をあげつらっていけばキリがないが、インタラクティブ歴史データベースという一試みは、ちょっと惹かれるものがある。
さらにこなれた形で、第二弾、第三弾が出てくれば面白かったのだが、やはり実売二千本を切る売り上げでは、そういうわけにもいかなかったのだろうか。

 

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2515.html

2016/06/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。