ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: マルチメディア の検索結果)

total 8 pages  次のページ →  

【Virtual Puppet REIKA】3DO発マルチメディアアイドル

   ↑  2016/11/28 (月)  カテゴリー: 3DO
161128005.jpg
今ではゲームという枠の中でしか語られる事のない3DOだが、元を正せば3DO構想はVHSビデオに取って代わる新時代のメディア共通規格という遠大な野望であった。
3DOジャパンの偉い人などは当時のインタビューで、「レンタルビデオ店の棚を、ビデオに替わって3DO規格ソフトが占める未来が理想。将来的に3DOソフトは、販売6、レンタル4の割合で流通していくだろう」などとのたまったりしていたものだ。。
「マルチメディアCD-ROMが、ビデオの後釜に座るメディアになるだろう」
その皮算用はあっさり塵と化し、3DOの儚い寿命と共に雲散霧消してしまう。
161128002.jpg
結構安易に作れてしまうのが、いわゆるマルチメディアCD-ROMの数少ない利点。
なので丸紅のような商社系や博報堂などの代理店系の会社が、様子見とばかりに3DOにこの手のタイトルを供給た。
他にも様々なメーカーが、このマルチメディアCD-ROM路線に追従してきたのだが、その中でも異色な存在が、アダルトビデオの老舗メーカーであったKUKIだ。
このKUKIもマルチメディアの波に敏感で、パソコン用のマルチメディアエロCD-ROMやビデオCDにかなり積極的だったりと、VHSビデオの次の規格に対して常に模索を繰り返していた。
161128001.jpg
そのKUKIが開発と販売に関わった作品が、この『Virtual Puppet REIKA』。
アダルトソフトがラインナップ一角を大きく占めた3DOだが、この作品は一般作。
カメラを切り替えて自分だけのプロモーションビデオを作ったり、ビジュアルモードを鑑賞できたりする、いわゆる"アーティストもの"の走りみたいな作品。
普通この手のソフトは、森高千里や浜崎あゆみなど、それなりに世間に名の通ったアーティストを起用するものだが、しかし本作は「デビューマルチメディアCD-ROM」のお題目で、REIKAさんという無名のモデルさんを押し出す大胆な施策で打って出たのであった。
161128003.jpg
デビューが3DOのマルチメディアCD-ROM、検索を拒む限りなく匿名に近い芸名。
もうこれだけで地中に埋まって忘れられた不発弾の要素をまんべんなく兼ね備えてしまったREIKAさん。
桐島ローランド、馬場圭介、和田吉元ら、スタッフに名を連ねるファッション界の錚々たるビッグネームたちも、このあまりにも畑違いのフィールドでは屁のつっぱりにもならず、援護を任されるはずの3DO専門誌も、メーカーの「ただのプロモーションビデオではありません!」というメーカーコメントに、「ただのプロモーションビデオです」なんてレビューを重ねる鬼畜っぷり。
ただでさえ微妙なソフトが多い3DOマルチメディアCD-ROM群にあって、とりわけ扱いに微妙に困る一品に落ち着くのであった。

 

この記事に含まれるtag : マルチメディア タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2576.html

2016/11/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【mediaROMancer / 浅倉大介】大ちゃんとモグラたたき

   ↑  2016/11/26 (土)  カテゴリー: セガサターン
161126001.jpg
時代はマルチメディア。
今となっては古語に等しいフレーズだが、とにかくそんなふわふわとした言葉に、そそっかしくも正しい人たちが踊らされていた幸せな時代があった。
で、そのマルチメディアって一体何なの?と言われれば、それはもう単なるCD-ROMのことですとしか答えようがない。
インターネットが一般的に普及する前、映像メディアもVHSビデオが主流、ほとんどの人が情報源をアナログメディアに頼っていたという時代背景があったからこそ、デジタル情報を詰め込んで流通に乗せられるCD-ROMが重宝されかけたのだが、結局はネットがあっさり普及して、すべてはそれでまかなえてちゃんちゃんというオチと共に、マルチメディアはあっさりと用済みになってしまった。
161126003.jpg
音楽業界もほいほいと、あるいはイヤイヤながらもこのマルチメディアの波に乗ってしまったクチだ。
森高千里からX JAPANまで、幾多のアーティストがこの新たな媒体に迂闊に食いついてしまう。
ましてや普段からサイバー的なイメージを売っている人ならば、避けては通れない道であっただろう。
エレクトリックポップデュオaccessで一世を風靡したキーボーディスト浅倉大介が、1995年に発売したソロアルバムのタイトルは「ELECTROMANCER」。
これの初回盤には例のマルチメディアCD-ROMが付属していたのだが、そのCD-ROMがどういう縁なのか、『mediaROMancer』といういかにもなタイトルでセガサターンに登場。
サターンはコアゲーマー御用達のイメージが強い割に、なぜかこの手の音楽系マルチメディアソフトが多く集っていたが、まあSME母体のプレイステーションには他のレコード会社は参入しづらい背景があったのだろう。
161126004.jpg
中身はもうビジュアルデザインから何から典型的な当時のアーティスト系マルチメディアCD-ROM。
バイオグラフィやギトギトの粗い映像で垂れ流されるインタビュー、ポートレート集など定番のラインナップで、特に目を引くのは、所有のシンセサイザー一台一台に、アーティストとしての顔をかなぐり捨てて楽器オタ丸出しでコメントするコンテンツだ。
161126005.jpg
そしてそこまで維持してきた90年代サイバーなイメージをいっきにひっくり返すのが、牧歌的なビジュアルで展開するゲームコーナー。
マネージャー嬢を叩くと減点されるとってつけたようなモグラたたきゲーム。イメージ云々以前に、サターンのパッドで遅いカーソルを動かしながらモグラたたきを強いられる基本的に破綻した内容なのだが、クリアすれば大ちゃんの隠しムービーが拝めるとあっては、ファンの人は頑張らざろうえまい。もっとも頑張りようがないのだが。

 

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2575.html

2016/11/26 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【世界ふしぎ発見!トロイア】トロイア滅亡体験旅行

   ↑  2016/06/24 (金)  カテゴリー: ドリームキャスト
160624001.jpg
エーゲ海の要衝に栄えた神話上の伝説都市トロイア。
海洋交易を基盤に栄華を誇るも、アカイアとの長きに渡る戦争を経て滅ぼされた伝説の都。
巨大な木馬に兵士を潜ませて放置し、それをトロイア勢に城塞の中に運び込ませて内から城を破ったのは、かの有名なトロイの木馬の伝承だが、いくら吹かした神話とは言え、そんなものをなんの警戒もなしに城壁の中に入れちゃうというのも、そうとう無茶な話である。
しかし神話のロマンは現実のロマンを生み出す。
誰もが伝説上のお話だと思っていたトロイアの都を、飽くなき執念でついに掘り出したのはハインリッヒ・シュリーマンだ。
160624005.jpg
そして神話のロマンはドリームキャストのソフトも生み出す。
もはや長寿なんてレベルを遥かに通り越したTBSの超ロングラン番組発の『世界ふしぎ発見!トロイア』は、そのトロイア滅亡の過程を、インタラクティブアドベンチャーの形を借りてプレイヤーに体験させるマルチメディア風のゲームだ。
時は過去世界へのタイムトラベルが可能となったはるか未来。
TVディレクターであるプレイヤーは、番組の事前調査のために紀元前12世紀のトロイアにタイムダイブして、そこでトロイアが滅亡に至る最後の七日間を目撃するという流れなのだが、そんな未来に至っても「世界ふしぎ発見!」は続いているということなのだろうか。
黒柳徹子あたりは、まだ堂々とレギュラーを張っていそうで空恐ろしい。
160624006.jpg
まあとにかくそういう設定を元に、CGで再現したトロイアの様子をインタラクティブに体験さる歴史観光ソフト。
マルチメディアソフトに、ほのかなゲーム性を付加した程度なので狭義のゲーム的な面白さを求めるようなものではない。
求めようにもこのソフトにゲーム的な付加価値を与えようとしてる部分では、ことごとく無残な結果に終わっているのが事実。
アドベンチャーゲーム的なパートは、フラグ立てに至る展開が素人臭さ丸出しで不親切極まりなく、まるで'90年代前半の、しょっぱい3Dアドベンチャーを思い起こさせる。
TBS、日立、テレビマンユニオンと並ぶ、およそゲームとは畑違いな制作者クレジットの面々からも、そのことは容易にうかがい知れるだろう。
160624004.jpg
発掘物をもとに再現されたトロイアの街並みや人々の営み。そう言うと聞こえはいいが、そのCGそのものは、時代性を割り引いても、ちょっとばかりしょぼいもの。
ただ、その中を実際に自分の足で移動して、街の構造や職人街の様子などを目の当たりにするのは、本やテレビ番組から得るものとは、また違った新鮮な手応えがあるかもしれない。
ほら、市街区のあたりで耳を澄ませば、トロイアの一般市民たちの、生活感溢れる会話が聞こえてくるではないか。ときどき明らかに板東英二や野々村真の声が混じっているような気もするが……。
160624002.jpg
そして戦車競争に優勝し、宮中にお目通りが適ったプレイヤーが遭遇するのは、トロイア滅亡にまで至る王族たちの愛憎劇。
カサンドラ、ヘレネ、パリス、ヘレノスといった、神話やレリーフでしか馴染みの無い人々とインタラクティブに触れあい、やりとりを交わし、そして物語はクライマックスへ。ああ、その木馬を街の中に入れちゃダメだってば!
他にも不自由な操作性や確実に酔いを誘うであろう3D移動画面など、欠点をあげつらっていけばキリがないが、インタラクティブ歴史データベースという一試みは、ちょっと惹かれるものがある。
さらにこなれた形で、第二弾、第三弾が出てくれば面白かったのだが、やはり実売二千本を切る売り上げでは、そういうわけにもいかなかったのだろうか。

 

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2515.html

2016/06/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【トム・カイトの これがゴルフだ!】

   ↑  2016/05/25 (水)  カテゴリー: 3DO
160525006.jpg
やあ、そこの君。もしかしてボールをバンカーに打ち込んでしまって途方に暮れていないかい?
だったらもう一日中砂をほじくり返しているしかないね。
でも君が世界で話題沸騰のインタラクティブマシン、3DOを持っている先見性にあふれた人なら、なにも心配する必要はないよ。
このボク、PGAトッププロのトム・カイトが、バンカーからのリカバリーはもちろん、スコアが伸び悩んでいる君にピッタリのアドバイスを、TVモニター越しに送ってあげるから大丈夫。
よく言われるけど仲本工事じゃないからね。こう見えても二度の賞金王に輝いた殿堂入りの名選手なんだ。
160525001.jpg
この『トム・カイトのこれがゴルフだ!』は、ゲーム的な要素の一切ないゴルフ教則ソフト。
よく日曜のどうでもいい時間にテレビでやってるゴルフレッスン番組みたいなもんだと思うかもしれないけれど、でも聞いて驚かないでよ。
『トム・カイトのこれがゴルフだ!』のスゴいところは、レッスンのムービーを一時停止や巻き戻ししたりして、自分のペースでレクチャーを受けられるところさ。
一方通行のテレビ番組とはワケが違う、これがインタラクティブってやつだね。時代はマルチメディアさ。
160525007.jpg
え、そんなの「杉原輝雄のゴルフレッスン」のビデオを観れば済むじゃないかって?
あんなのバカ正直に全巻買っていたら、いくら吹っ飛ぶと思ってるんだい? この『トム・カイトのこれがゴルフだ!』なら、なんと税別9800円ポッキリで収まっちゃうんだぜ。
じゃあね、あんなVHSビデオなんてドン臭いものには真似できないことを教えてあげよう。
チャプターセレクトって知ってるかい? 特定のショットを矯正したいとき、もうビデオを頭から観たり長々と頭出しする必要なんかもうないんだ。
インデックスメニューから観たいレッスンを選べば、待ち時間なしでそのムービーが始まっちゃうんだよ。
どうだい、スゴいだろ? これがマルチメディアの実力さ! え、DVD? 一体なんだいそれは。
160525005.jpg
ボクの懇切丁寧な指導の他に、スポーツ心理学者でゴルフにも造詣の深いボブ・ロッテラ博士のレクチャーを交えたレッスンは、なんとディスク3枚組のボリューム。
え、こんなのDVDなら一枚でお釣りがたっぷりくる分量じゃないかって? さっきから何をワケの分からないこと言ってるんだい、君は!?
本国での発売元IntelliPlayは、スポーツ専門放送局のESPNと提携して、野球やサッカー、テニスにエアロビなど様々な競技のレッスンソフトを3DOで発売したんだけど、その中で日本版が出たのはこのボクだけ。
いかに当時の日本において、ゲーム機に実際にカネを出す年代でゴルフが幅を利かせていたかが分かろうというものさ。
160525004.jpg
麻雀や将棋、そしてゴルフは、親にゲームハードを買ってもらうための大事なキーポイントだったんだ。
もちろんボクもその役割を期待されていたことは言うまでもないだろう。
さあ、みんな、お父さんを説得するときはこう言うんだ。「3DOを買ってよ! これがあれば、あのトム・カイトのレッスンも受けられるんだよ!」ってね。
あ、そうそう、このダメ押しの一言も忘れないようにね。「ファミコンみたいなおもちゃじゃないよ、情報家電だよ。なんてたって時代はマルチメディアなんだ!」

 

この記事に含まれるtag : マルチメディア  

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2501.html

2016/05/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【平田昭吾インタラクティブ絵本 おおかみと七ひきのこやぎ】

   ↑  2015/09/16 (水)  カテゴリー: 3DO
150916006.jpg
前回のエントリで3DOはエロハードの先駆者などと持ち上げてしまったが、3DO社とトリップ・ホーキンスの名誉のために、一応弁護も付け加えておこう。
3DOをゲーム機として捉えている人には、なかなか理解しづらい話かもしれないが、3DO構想とは元々、音楽コンテンツにとってのCD、映像コンテンツにとってのVHSビデオやDVDのような、マルチメディアCD-ROMの統一規格であった。
DVDやCDのプレイヤーは、家電メーカーや音響メーカーなど様々な企業から発売されているが、3DO規格が目論んだのもまさにそれだ。
ソニーだろうがシャープだろうがフィリップスだろうが、各々が独自に3DO規格のマシンを開発してリリースすればいいんじゃないというのが、3DO社の基本的スタンスであった。
迂闊にそれに乗ってしまったのは、松下と三洋とゴールドスターだけであったが。
150916001.jpg
リアルやトライを付けず単に3DOという場合、それは本来ハードではなく規格のことを指す。
DVD規格に基づくソフトが、アンパンマンからバコバコバスまでを網羅しているように、3DOがアダルトから幼児向けまで幅広いコンテンツを並べるのも、ごく自然なことであった。
だから3DOにはアダルトに負けないくらい、低年齢層向けのエデュケーション系ソフトも無駄に取り揃っている。
その中でもVividのセクシームービーソフトとちょうど対をなす存在が、一連の童話アニメ絵本シリーズだ。
150916007.jpg
その総数はVividの一連のアダルトソフトと同じく全9作。
まずはイマ・カンパニーから『グリム名作劇場シリーズ』と題されたソフトが3本リリースされ、その後を受けてエルコムが発売したのが『平田昭吾インタラクティブ絵本シリーズ』全6本。
『グリム名作劇場』は、昔懐かしテレ朝系の同名番組のシンプルなソフト化。
対して『インタラクティブ絵本』は、平田昭吾という手塚プロ出身で童話アニメの元締めみたいな人が監修した独自企画だ。
150916002.jpg
時々アニメーション混じりの止め絵に朗読ボイスが被さるスタイルで、朗読と字幕は何故か日英仏の3カ国語入り。
自然の摂理に従って捕食行為を行っただけのオオカミさんが酷い目に遭う不条理な話を、淡々と読み聞かせてくれるのは、「ああっ女神さまっ」のウルド役で知られる冬馬由美。
平田氏は後にDSで『こどものための読み聞かせ えほんであそぼう』というシリーズを展開しているが、こちらの朗読担当は由紀さおり・安田祥子姉妹。
この一点だけをとれば「3DOの勝ちだ!」と、言えなくもない気がする。
150916004.jpg
大人向けエロから子ども向け童話までを満遍なくラインナップに揃え、老若男女が幅広く日常的に利用する情報家電を目指した3DOであったが、その目論見は想定の1%にも達しないうちにあっさりと頓挫。
トリップ・ホーキンスの提唱した新時代の統一メディア規格も、今では数少ない中古3DOソフトを扱う店の棚で、エロと童話が仲良く並んで鎮座しているカオスな状況を残しているのみである。

 

この記事に含まれるtag : マルチメディア 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2377.html

2015/09/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。