ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: ホラー の検索結果)

total 11 pages  次のページ →  

【Fran Bow】ふしぎの国のフラン

   ↑  2018/02/11 (日)  カテゴリー: PCゲーム
180211002.jpg
両親と優しい叔母、そして愛猫のミスター・ミッドナイト。
幸せな生活とそこから一転する悲劇は、まるで夢かうつつのような影絵風のビジュアルで綴られる。
両親が惨殺された家から逃げ出し、森の中で気を失ったフランが目覚めたのは精神病院の一室。
何を考えてるか分からない医者に冷酷な看護師、そして粗暴な警備員。
フランの周りにある現実は、あの夢のような暖かい家庭とは正反対の無慈悲な世界。
そこに届いたのは森のなかではぐれた愛しい黒猫、ミスター・ミッドナイトからのメッセージ。
もはやフランにとって唯一心を開ける友となった愛猫と再び出会うために、彼女はこの小さなクルーエルワールドからの脱出を開始する。
180211004.jpg
そんなフランの助けとなってくれるのは小さな錠剤。
これを一錠飲めば、彼女の前にある現実は、おどろおどろしくもゴアな世界に一変する。
幻覚の世界なのか、それともこれが現実の本当の姿なのか。
とにかくも正視できない有様だが、フランにとっては外の世界に抜け出すたったひとつの助け。
現実と幻覚の世界をその場に応じて切り替え、異形のものや変貌した人間たちの手を借りながら、フランは愛猫のもとを目指す。
180211003.jpg
一見グロテスクなホラーの印象を与えるポイント&クリックADV『Fran Bow』。しかしその実はとても物悲しく残酷なお話。
目の前にあるゴアな事象や邪悪な生き物、それらはフランの歪んでしまった心や忌避したい出来ごとが具象化したものかもしれない。
すべては曖昧模糊としたままだが、とにもかくにもすべては無慈悲と残酷の狭間におかれた少女の眼を通した物語。
理路整然など望むべくもないし、様々なエピソードの解釈は、それこそプレイヤーの数だけ、百人百様だろう。
180211006.jpg
そしてチャプターが進むにつれ、フランの周りの世界はますます現実離れして、それに比例するようにフランに対して暖かみを帯びてゆく。
いつしかフランも錠剤を必要としなくなる。ファンタジーじみた樹木の世界で彼女がその代わりとするのは、四季を自在に操ることのできる時計だ。
春、夏、秋、冬、ワンクリックで目の前の景色が一変するこのチャプターは、ストーリーや謎解きを別にしても美しい絵物語だ。
180211007.jpg
だがそんなフランにとって優しく暖かい居場所も一時だけのもの。
やがては現実と妄想の境界が曖昧となった、あのささくれ立つような世界に否応なく戻される。
優しい世界の優しい異形のものたちとのふれあいから帰ってきたフランを待ちかねていたかのように、物語は両親の死の真相に迫りサスペンスの度合いを増すのであった。
10歳の少女に人はは純真無垢な本質を無理にでも見出そうとしてしまう。
180211008.jpg
しかしその心の中は、混沌として、気まぐれで、聡明で、そして病んでいて、わずかな人生の間に経験した喜怒哀楽がパズルのように入り組んでいる。
一見は可愛らしい少女の健気な冒険譚。しかし向こうにある残酷な真実に、プレイヤーは時には目を背けつつも向き合い、心を締めつけられてゆく。
『Fran Bow』はそんなせつなくも残酷な傑作ADVだ。

この記事に含まれるtag : Steam ホラー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2743.html

2018/02/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Phantasmagoria】和名はファンタズム

   ↑  2018/01/12 (金)  カテゴリー: PCゲーム
180112002.jpg
旦那をイカれたDV野郎にさせないために、全力で諌めるべきことが二つある。
歴史のあるデカい屋敷に引っ越そうとする。雪深いホテルの管理人に志願する。
このどちらかを夫が始めようとしたら、何が何でも止めるべきだ。エイドリアンは前者を怠ったがために、とんでもない目にあった。
彼女と夫のドンが越してきたのはニューイングランドの片田舎にある古い家。玄関ホールだけでバレーボールのコートがすっぽり収まりそうな大邸宅だ。
ただ大きいだけじゃない。家の中には管理する不動産屋ですら与り知らない秘密の通路や小部屋があちこちにある。
180112003.jpg
そんな謎に満ちた屋敷の元の持ち主はゾルタン・カルノという19世紀の著名マジシャン。もうこれだけで怪しさの二重奏だ。
そして案の定、エイドリアンは引っ越し早々、行動と行動の間にまるで入力を待つように棒立ちになる呪いを受けるのであった。
オレの実写ゲーム好きは、90年代の初めから中期にかけて盛り上がった、当時フルモーションビデオ(FMV)と呼ばれていた一連の同系作品のブームに起因する。
『7th Guest』、『Harvester』、メガCDのラインナップになって日本でも知名度のある『Night Trap』、国内産FMVと言える『山村美紗サスペンス 京都鞍馬山荘殺人事件』など。
雨後の筍のごとく登場したこれらの作品に、オレはそれまでのゲームとは違う"大人に向けた娯楽"の香りを、どういうわけだか感じてしまったのだ。
180112009.jpg
映画的表現の影響を受けたり、あるいはダイレクトに持ち込んだりしていたのも、それらのゲームに感じた魅力の一つだ。
そしてそれは既存ゲームがそれまで引いてきたボーダーラインを越える表現を可能とした。
今でこそグロテスクやブルータルな表現を擁するレーティングマチュアゲームの存在は、ごく当たり前のものとなっている。
『Phantasmagoria』は、そうした土壌が育まれるのに大きな役割を果たした作品だ。
ホラーゲームの歴史においても重要なポジションを占めるこのゲーム、なにせスラッシャームービー顔負けの殺人シーンがてんこ盛りなのだから。
180112004.jpg
口の中にシャベルを突き刺したり、首を万力でねじ切ったり、そんなショッキングシーンの数々が実写ムービーであるのをいいことに、当たり前のように挿入されている。
それも話題となったのか、このCD-ROM7枚組の大作は発売早々大ヒットを記録。そして残虐表現を含んだメジャーゲームとして、当然のように物議を醸すことになる。
180112007.jpg
しかしその一方でFMVゲームは、実写表現とゲーム性の間に噛み合わせの悪さを揃って露呈していた。
あるものはLDゲームの延長に留まってしまったり、またあるものは実写のインタラクティブ化に果敢にチャレンジして、かえってキッチュなシロモノになってしまったり(『Phantasmagoria』の主人公棒立ちなどは、その一例だろう)。
それもあってか主に次世代CD-ROMゲーム機を経由して日本に紹介されたこれらの作品は、軒並みゲテモノ的な受け止め方をされてしまう。
『ファンタズム』のタイトルでセガサターン版が国内発売された本作も、その例に漏れなかった。
180112005.jpg
古い屋敷に引っ越してきたら、決してやってはいけない行為。それは好奇心に駆られて家の中を細々と探索しないしないことだ。
たとえそうしないとゲームが進行しなくともだ。エイドリアンはそれをやったがために、封印された悪霊を解き放ってしまった。
しかし事態はジェットコースタームービーのようにエクストリームには進行しない。むしろ端折ることなく挿入されたエイドリアンのブルーバック小芝居の後押しを受けて(FMV主演女優賞というのがあるとしたら、間違いなく受賞はこの人だ)、静かに緩やかに進む。
そしてプレイヤーが律儀にCD-ROMを入れ替えるごとに、この不気味な屋敷を包む空気はクライマックスに向けて緊張の度合いを増してゆくのであった。
180112008.jpg
予算や手間暇に対して結果がとてもじゃないけど見合わないことが分かったからか、あるいはCGムービーの発達によってその必要性が薄れたからか、FMVのブームは潮が引いたように去っていってしまう。
『Phantasmagoria』は知名度においても、セールスにおいても、そしてCD-ROMの枚数においても、一過性のブームの中でもっとも弾けきった作品。
今では重要なクラシックとしてSteamで配信されている。エイドリアン役の女優さんの渾身ブルーバック演技は、まだまだ色褪せることないのだ。

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム Steam ホラー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2729.html

2018/01/12 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【リング】ドリキャスを襲う貞子の呪い

   ↑  2017/12/01 (金)  カテゴリー: ドリームキャスト
171201008.jpg
「大変ご無沙汰をしております。古今東西の心霊ホラーゲームを頼まれもしないのにお届けにあがる、ゲーム版恐怖新聞でございます」
ホント久しぶりだな。5年ぶり、いやもっとか。
「本家の恐怖新聞は読むたびに寿命が減りましたが、こちらはその代わりにXboxゴールドメンバーシップの残り日数が1日ずつ減っていく……」
いや、そのフリはもういいから。
「そうですか……。で、久々なんでここは背筋も凍るほどの怖いやつを持ってきました。リングです」
171201001.jpg
リングってことは貞子だな。
「貞子です」
アレはビビるな!
「ビビるでしょ! その貞子が満を持してクロスカルチャーを果たしたのが、この2000年発売のドリームキャスト版『リング』です」
2000年って言えば映画が一番盛り上がってた頃だな。これは期待できそうだ。
「でしょ! ま、こちらの方は映画の1作目や2作目とちょっと趣を違えてまして、舞台はアメリカなんですが」
いきなりインターナショナルじゃねえか。
「まあハリウッド版リングなんてのもあるくらいですから。貞子はダルビッシュやマーくんよりもグローバルなんですよ」
比較の対象がちょっと違うと思うけど……。
171201005.jpg
「ある防疫研究所の所員が怪死を遂げます。死の真相を探るために研究所に入所したその恋人は、彼の遺品であるパソコンにインストールされた"RING"という謎のプログラムにその手がかりを求めるんですね」
……そのプログラムにアクセスしたら、なんか突然『パーフェクトダーク』のジョアンナみたいな格好になって、変な場所に放り出されたんだが。
「十字キーの前で前進、後ろでバックステップ、左右で方向転換です」
おい、それって……。うわ、なんか変なクリーチャーが出てきたぞ!
「右トリガーで銃を構えてAボタンで撃ってください」
171201006.jpg
おい、だからそれって……。
「おめでとうございます。無傷で倒せましたね!」
貞子の呪いってハンドガンの連射でどうにかなるもんだったのかよ!
「テクニックを極めれば、銃を使わずともナイフ一本でクリアできるかもしれませんよ。
だからそれってアレだろ! メニュー画面なんかもろにそれだろ! リングやれよリング! バイオなんとかじゃなくて!
171201004.jpg
「『サイレントヒル』とか『零』とか、『バイオハザード』のシステムを応用して恐怖を極めたホラーゲームもあるので、その狙いは悪くないかと」
だけどそれを貞子に適用するのは明らかにムリがあるだろ! ああ、しかもバイオもどきとしてもめちゃくちゃ遊び辛い。ステージがほぼ真っ暗闇だから、視点がシネマティックに切り替わるたびに自分の居る位置がさっぱり把握できなくなるし……。
「この謎のプログラムの陰に蠢く民間防疫会社の陰謀と危険極まりないウィルスに、主人公は自然と近づいていくことになるんですね」
ますますバイオじゃねえか! ちゃんとリングやれよリングを! 同じこと何度も言わせんなよ!
「マジメに答えさせていただきますと、小説版リングの続編2作は、割とこんなノリなので……」
このゲームのタイトル、らせんでもループでもないよな。『リング』だよな。オレはぶっちゃけリングと、らせん&ループは、確かに貞子繋がりではあるけど基本的に別モンだと思ってるし。
171201002.jpg
「話を進めていけば例のビデオも出てきますから! ちゃんと映画版リングからの流用映像ですから!」
なんかそれ、ゲームの流れからめちゃくちゃ浮いてんだけど……。
「そしてなんたって山村貞子。もちろんラスボスですよ、ラスボス!」
ごめん、貞子とラスボスって単語がどうしても結びつかないんだけど……。
「この貞子はラスボスだけあって、髪の毛を振り回して攻撃してくる恐ろしい敵です。頑張って倒してください!」
………………で、この貞子、どうやったら倒せるんだ?
「右トリガーでハンドガンを構えて連射連射連射!」
だからおい!

この記事に含まれるtag : ホラー シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2712.html

2017/12/01 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Uncanny Valley】不安感との二人三脚

   ↑  2017/10/13 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
171013006.jpg
悪夢を見た後の孤独ほど心を蝕むものはない。
床につくたびにまとわりつく得体の知れない夢。しかしここには、それを相談する精神科医も、笑い飛ばしてくる心を許した友人もいない。
都会から遥か離れ冠雪の山に見下された田舎にある、すべての従業員がレイオフされて無人となった企業の研究所。
プレイヤーキャラであるトムは、夜間警備員の職を得てこの地にやってきた。
171013002.jpg
彼の他にいるのは、昼間の警備を担当するデブでだらしのない同僚と、社員寮を管理する女性の二人だけ。
この気が狂うほどに静寂な環境の中で、トムは夜の定時に目覚め懐中電灯を片手に施設を巡回し、時間がくれば寮に戻ってベッドに入り、そしてまた悪夢に包まれる。
空気の乾いた冬景色に包まれたこの施設は、いるだけで不安を掻き立てられる。
従業員たちはなぜ残らず解雇されたのか? そしてどこに行ったのか? 地下にある立入禁止区画には何があるのか? この打ち棄てられたような建物を、なぜまだ管理する必要があるのか?
171013004.jpg
好奇心や不安に駆られて、研究所の設備をチェックしてその理由や手がかりを探すのも、あるいは給料のために警備員の職責を淡々と全うするのも、もしくはこの地から去ることを画策するのも、すべてプレイヤーの自由だ。
それらの果てに手にすることができるのは、著しく断片的な情報と、やはり断片的なエンディング。
171013003.jpg
トムの行動に対する因果がおよそ明瞭ではないだけに、プレイヤーには自分の下す選択に、「これでいいんだろうか?」「これでどうなるんだろうか?」と言った、もやもやとした不安が常につきまとうことになる。
達成率、あるいは実績を気にして100%に近い結果を求めるタイプのプレイヤーなどは、不安を通り越して気が変になってくるかもしれない。
171013001.jpg
繰り返しプレイ、そしてマルチエンディングを積み重ねて、ようやくゲームを包む謎がおぼろげながら顕になってゆく。
それでも多くの疑問は、背景は、真相は不明瞭なままだ。オレのトムはまだここで為すべきことが足りないのか。あるいはこの不安の蜘蛛の巣から抜け出せる術はないのか。
澄んだ空気の地にたたずむ整然とした建物。だがここで過ごす時間は、常に霧の中をさまようようなもやもやとした不安感と二人三脚だ。
五里霧中にぽつんと放り出されるような感覚。それがこの整理整頓をあえて放棄したアンチリニアなゲームがもっとも輝いている一面だ。

<国内ストア未発売>

この記事に含まれるtag : ホラー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2694.html

2017/10/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Haunted House】ぼっち・イン・ザ・真っ暗闇

   ↑  2016/12/08 (木)  カテゴリー: XBOX 360
161208001.jpg
『Haunted House』は、かつてATARI2600でリリースされたホラーアドベンチャーのプロトタイプ的作品。
燃焼時間に制限のあるマッチの灯りを頼りに、真っ暗闇や洋館の中を彷徨う幽霊やコウモリを避けながら、鍵を手に入れて脱出する。
非常にシンプルなゲームだが、まるで原始人の壁画のようなグラフィックながらも、灯りがないと自分の周囲の様子が全く把握できないアイデアが秀逸に消化された作品だった。
161208002.jpg
そんな元祖"アローン・イン・ザ・ダーク"が、XBLAで唐突にリメイクされたのは2010年のこと。
この頃のアタリは何故かアタリクラシックのリメイクに熱心で、本作の他にも『Star Raiders』や『Yar's Revenge』の現代版を矢継ぎ早に登場させていた。
中には『Yar's Revenge』のように、元のゲームとは似ても似つかないような、タイトルだけのリメイクもあったりはしたが、このリメイク版『Haunted House』は、オリジナルにかなり忠実な内容だ。
161208004.jpg
兄妹どちらかのキャラを選択して、訪れたのはお祖父ちゃんゆかりの古い屋敷。
今はもう住む者もなく、あちこち荒れ果てて灯り一つないこの館で頼りになるのは、携帯電話の頼りない輝きのみ。
しかし開始早々、この唯一の照明器具を幽霊にパチられてしまったから、さあ大変。
魑魅魍魎が蠢く呪われた館の中で、ぼっち・イン・ザ・真っ暗闇状態になってしまった兄妹は、屋敷のあちこちで手に入るマッチやランプやたいまつといった照明器具を取っ替え引っ替えして、魑魅魍魎たちから逃げ惑いながら鍵を探し、次なるフロアへと脱出を目指す。
161208003.jpg
オリジナルの『Haunted House』は、闇と灯りを黒ドットとカラードットの二色でシンプルに表現していたが、リメイク版は、その部分が大きく進化。
一口に灯りと言っても、その種類によって明るさや持続時間、灯火の色は多種多彩。
もっとも簡単に入手できるマッチは、照らす範囲も狭ければ、あっという間に燃え尽きてしまうが、ほぼ無尽蔵に供給されるようなもんなので、これさえ絶やさず補給しておけば完全真っ暗闇の事態だけは。なんとか避けることができるだろう。
161208006.jpg
時間が経てば燃え尽きたりバッテリー切れを起こしたりする手持ち照明よりも頼りになるのは、屋敷のあちこちに散在する暖炉。
ここに火を灯せば、それは半永久的な灯りとなってくれる。そして暖炉の強力な輝きは兄妹を追い回す魑魅魍魎どもを遠ざけるから、避難所としての暖炉確保は最優先すべき事項だ。
161208005.jpg
逃げ回りつつ鍵を探し脱出する。ゲームの根幹部分は、オリジナルからほとんど変わっていないプリミティブなもの。
こちらから魑魅魍魎に対してポジティブなアクションを仕掛けられる新要素や、比較的明るめで灯り無しでも周囲の状況がなんとなく把握できてしまうステージビジュアルは、"暗闇の前に無力な人間"という基本コンセプトからすると、ちょっぴりおせっかいだが、そこは最初の画面明度調整で画面設定をなるべく暗めに設定することで対処しよう。

<国内ストア未配信・要海外タグ・Xbox One互換タイトル>

この記事に含まれるtag : XBLA ホラー ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2580.html

2016/12/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。