FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: フライトシム の検索結果)

total 5 pages  次のページ →  

【トップガン ファイヤ-・アット・ウィル!】オマエはミラマーに来るな

   ↑  2019/07/25 (木)  カテゴリー: PS1
190725001.jpg
余人はいざ知らずオレにとってトップガンのゲームを遊ぶ理由はただ一つ、トム・クルーズの立場になりたいがためである。
トム・クルーズの振る舞いが許されるのならば、たとえ苦手な飛行機操縦であっても仕方がない義務として受け入れる覚悟は持っている。
しかし世にあるトップガンゲームは、どれもこれもエスコンもどきのそれ以上でも以下でもなく、トム・クルーズの影も形もありはしない。
まぁこれはトム・クルーズのおのれの肖像権に対するシビアさに原因があるらしく、トムのトの字も出せないとなると、数多のトップガンゲームが、いずれもただ飛行機を飛ばして訓練やドッグファイトに勤しむだけの内容になってしまうのは、致し方のないことかもしれない。
そんな"トップガンなのにトップガンじゃない"トップガンゲームの中で、トップガンの再現性という点で一番健闘している作品。それがこの日本でもメディアクエストから国内版が発売された、プレイステーションの『トップガン ファイヤー・アット・ウィル!』。
190725002.jpg
オープニングの実写ムービーで流れるのは、空を舞うF-14の編隊。国籍不明のミグ28編隊との挑発合戦を経て空母に帰投しようとするも、ミグとのニアミスに気が動転した僚機のクーガーが着艦できない。
危険を犯してクーガーを誘導する主人公機。無事帰投したものの命令を無視した主人公を待っていたのは、司令官からの呼び出しだった。
司令官室で待ち構えていたのは、スキンヘッドの気の短そうなおっさん。原作映画「トップガン」でも司令官を演じていたジェームズ・トールカンご本人ではないか!
え、あんたか!? うそ、これ、展開といいマジでトップガンじゃん!
190725004.jpg
「おい、聞いているのか? マーヴェリック!」
え、うそ!? オレ、いまマーヴェリックって呼ばれた!? トム・クルーズじゃん! 顔はまったく映らないけど、オレ、ついにトムクルの立場じゃん!
「貴様にはこれからミラマー基地のエリート訓練校に行ってもらう」
ケリー・マクギリスがいるとこじゃん! 行く行く行きます! 行ってさっそくナンパしてきます。
「オレも一緒に行く」
…………あんた別に来る必要ねえじゃん!? ミラマーと関係ねえだろ、あんた来たら話が微妙にズレちまうじゃん!?
190725008.jpg
ジェームズ・トールカンことスティンガー司令官の謎のミラマー赴任の理由は、おそらく原作映画から唯一出向してきた役者だから、使い回せるだけ使いまわそうというところ。
ミラマーまで来てあんたのツラ見たくねえんだよ。そして案の定ケリー・マクギリスいねえし!
せめて代わりになるヒロインくらい用意しとけよの願いも虚しく、紅一点となるのはプレイヤーにねちねち嫌味を垂れるのが役目のライバルのみ。
ちなみにこのゲームでは相棒グースの存在はオミットされ、レーダー要員となるのは最初からマーリン。もちろんティム・ロビンスが演じているわけはなく、まったくの別人。
190725007.jpg
そう、この『トップガン ファイヤ-・アット・ウィル!』は、プレステ・サターン期に溢れていたシューティングパートを無名俳優を使った実写ムービーでブリッジするシューティングゲーム(『ショックウェーヴ』『クレイジーイワン』etc,etc,)にトップガンのガワを被せたもの。
飛行パートもいにしえのスペースコンバットゲームに近い手触りで、3D空間で飛行機を動かしている雰囲気には乏しく、どちらかというと360度回転する照準を動かしているような感覚。
190725006.jpg
トップガンのテーマ"Danger Zone"が流れるのも、このゲームの大きなセールスポイントの一つだが、残念ながらケニー・ロギンスのオリジナルではなく別人によるカヴァー。
なんとかトップガンにしようと頑張っていることは分からなくもないが、シューティングゲームという着地点は、やはりこちらのトップガン観から大きく逸脱してしまっている。
いや、義務としてシューティングパートをさせられるのは構わない。だけどせめてその合間にはケリー・マクギリス、あるいはその代わりになるものとイチャイチャくらいさせろと、ムービーパートのたびに出てくるジェームズ・トールカンのハゲ頭を見ながら思うのであった。

この記事に含まれるtag : フライトシム 海外STG 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2842.html

2019/07/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【トップガン エース オブ ザ スカイ】なりたいのはトムクル

   ↑  2019/07/22 (月)  カテゴリー: PS2
190722002.jpg
あのミラマー基地での輝かしい日々から30数年の時を経て、マーヴェリックことピート・ミッチェルが帰ってくる。
'86年の大ヒット映画「トップガン」のその後を描く続編、「トップガン: マーヴェリック」の第一弾トレーラーがついに公開され、その迫真の戦闘機映像が人々の注目を集めた。
しかし吹き上がるミリヲタや飛行機ヲタをよそに、オレはその予告編に対してもやっとした感想を抱いている。
肝心のヒロインはどこよ!? 誰よ!? 「トップガン」ってジェット戦闘機がカッコよければいい映画だったっけ? 違うでしょ!
190722003.jpg
「トップガン」は、あの軽佻浮薄を絵に描いたような80年代だからこそ存在を許されたようなチャラくて浅はかなイケメンが、これまた80年代的なイイ女と、観てるこっちが胸焼け起こしそうなイチャイチャを繰り広げるジャンクフードみたいな映画だったじゃん!? F-14なんか付け合せのポテトフライみたいなもんでさ。
え、オマエの認識がおかしい!? 間違ってる!? そんなことねえだろ!
だいたいオレの印象に残っている「トップガン」の名シーンって、ほとんどその類いばっかだよ。
ライチャス・ブラザーズ歌いながらナンパしたりさ、"火の玉ロック"をバックにバイクでニケツしたり、お腹の上でベーコン焼いたりとか。
え、「ホットショット」とごっちゃになってるって? ごっちゃになったってさして問題ないだろ!
190722005.jpg
だいたい80年代トム・クルーズ映画って、みんなそんな具合だったじゃん。
戦闘機だの他のパイロットなんてのは、ジャンクフード恋愛の鞘当てみたいな存在で、事実トムクルの次の映画でF-14がNASCARのストックカーにまるまる置き換わったって、まったくノープロブレムだったでしょ!?
とにかく「トップガン」と言ったら、F-14よりもケリー・マクギリス(ベルリンの"愛は吐息のように"付き)の方が重要なの!
それをどいつもこいつもF-14、F-14と!
190722004.jpg
ゲームの分野でも「トップガン」は今に至るまで何度も何度も関連作品が登場しているけど、どれもこれも人を無理やりジェット戦闘機のコクピットに縛り付けてるもんばっか。
PS2とゲームキューブで国内版も登場した、この『トップガン エース オブ ザ スカイ』も例外ではなく、ブリーフィングもそこそこにいきなり任務ミッションに飛ばされてやんの。
やめてよ! 何度も何度も言ってるけど、オレは三次元の空間把握能力にだいぶ問題があって、飛行機ものはホント苦手なの!
機体がちょっと傾いただけで、もう右も左も上も下もワケ分かんなくなるの。『GTA』シリーズとかでも飛行機操縦ミッションが出てくるとマジで絶望したもん!
190722007.jpg
オレは大空とかエースパイロットへの憧れなんて特にねえんだよ。トム・クルーズになりたいだけなんだよ!
それを「トップガン」のゲームときたら、判で押したように飛行機に乗せやがって。
せっかくあの映画の版権とってるんでしょ? だったらケリー・マクギリスのバストアップショットが出てきて、
1、シミュレータに使う機体はどれですか?
2、ミグの旋回能力について教えてください
3、それより君のことが知りたいな

なんて3択を選んで好感値が上下するようなゲームに本来はなっているべきでしょ!?
そりゃパイロットだから飛行機に乗らなきゃなんないのは分かってるけどさ、そこは『ときメモ』の平日シーンみたいにちびキャラがアニメーションしてステータスパラメータが勝手に上下していく感じでさ、オレは一向に構わないですよ、オレは!
190722006.jpg
「トップガン: マーヴェリック」もいずれ版権ゲームが出たりとかするんだろうけど、もうエアーコンバットみたいなものは『エースコンバット』とかあるんだから、そっちに任せてさ、今度こそトムクル主人公のギャルゲーみたいなやつを……。
ってか、「トップガン: マーヴェリック」でもトムクルはちゃんとイチャイチャするんでしょうね? 頼みましたよ、ホント!

この記事に含まれるtag : フライトシム シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2841.html

2019/07/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【フライングタイガーズ 中国の空を駆ける影】

   ↑  2018/03/10 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
180310008.jpg
アメリカ陸軍の戦闘機カーチスP-40。
軍用機を少し知る者ならば、誰もがまずノーズにサメの歯をペイントした機体を思い浮かべるだろう。
このひと目見たら忘れられないデザインは、通称フライングタイガースの所属。
日本軍による重慶爆撃を受けて、自軍の航空兵力の不備に色をなした蒋介石と国民党軍を支援するために、彼の軍事顧問であった元アメリカ軍人クレア・L・シェンノートが組織した義勇軍(表向きは)だ。
アメリカ本国で徴募され、民間会社の社員という形で中国に渡り、現地で中華民国空軍として編成されたフライングタイガースは、太平洋戦争の初期から半ばにかけて、中国ビルマ戦線で日本軍と死闘を繰り広げた。
180310004.jpg
第二次世界大戦は、いまやゲームでは欠かせなくなっているモチーフの一つ。
日本でも欧州戦線を扱った作品は数多く発売されているが、その一方で旧日本軍が事実上の敵役として扱われる太平洋戦線ものはリリースが見送られることがほとんどだ。
なにせ「このジャーーーップ!」なんてセリフが頻繁に登場してくるのだから無理もない話だが、そんな風潮の中で堂々と国内デビューを果たしたのが、この『フライングタイガーズ 中国の空を駆ける影』。
しかもこれ、連中の立場上、あくまで中華民国空軍が主人公となる極めて異色のゲームだったりする。
180310005.jpg
そんなニッチなテーマの作品だが、ゲーム内容自体はシンプル。
「このジャーーーップ!」の空戦ゲームだと、近年ではやはりコンソール版は国内発売がスルーされた『Dogfight 1942』なんてのがあったが、あれと酷似したカジュアルな非シミュレータ系航空アクションゲーム。
飛行機の操縦は簡略化され、どの機体でもぐりぐりと動く。まあカジュアルといっても敵機を照準に捉えるのは、それなりに一苦労だが、時間の流れを遅くするタイムシフトモードが、その手助けを多少なりともしてくれるだろう。
180310003.jpg
日中航空戦という限られた戦域の中で登場機種やミッションの幅を広げるためか、キャンペーンモードではプレイヤーの立場もフライングタイガースのみならず、英国空軍やインド軍とコロコロ変わる。
だからキャンペーンには一本線の通った明確なストーリーは無し。史実に沿ってインドやビルマ、タイなどで空戦や爆撃、地上掃射など、様々なミッションをつまみ食いしてゆく流れだ。
太平洋戦争の初期が舞台なため、登場する機種が他の空戦ゲームでは影の薄い渋めな面々なのが、このゲームの数少ないチャームポイント。
P-47やP-51も登場はするが、あくまで主役はブリュースターF2AバッファローやP-40ウォーホーク。
メインの敵も日本の陸軍機。中でも最大のライバルはもちろんあのオスカー、一式戦隼だ。
180310002.jpg
もっとも非シム系カジュアル志向のゲームなので、それらの登場機種にさほどの大きな差異はなし。
バッファローやウォーホークだって、ぐるんぐるん旋回して日本軍機とタイマンはれるし、日本軍機だって一撃離脱戦法が通じるほどやわじゃない。
値段相応、と言ってはそれまでかもしれないが、ちょっと変わったテーマ以外はそれほど目立つところのない平凡な空戦アクションゲーム。
マルチプレイヤーモードもあることはあるが、この規模のゲームの常で相手を見つけるのも一苦労だろう。

この記事に含まれるtag : フライトシム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2753.html

2018/03/10 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【SkyDrift】カラフルな空中レース

   ↑  2015/05/18 (月)  カテゴリー: XBOX 360
150518007.jpg
それぞれのゼッケンカラーの飛行機雲をたなびかせた色とりどりのレシプロ機たちが、サンゴ礁の上の青空を一斉に駈け出してゆく。
大盛況のうちに日本初開催を終えたレッドブルエアレースもかくやと思わせる美しいビジュアルで、プレイする者のハートを一発で射止める"空のマリオカート"にして"空のリッジレーサー"『Skydrift』。
飛行機を扱ったゲームは数あれど、その大半はフライトシムかエアーコンバットゲーム。
レッドブルエアレースのような空中競技系ゲームは案外貴重な存在だったりするが、この『SkyDrift』は、そんな貴重なエクストリームエアレースゲームなのだ。
150518006.jpg
『SkyDrift』の挙動や操作体系は、フライトシムとは完全に対極を行く、ゲームとしてデフォルメされたもの。
左右のトリガーがスロットルとブレーキに割り当てられ、機体の制御は基本的に左のスティックのみで行う。
スロットルとブレーキが、ほとんどカーレースゲームのアクセルとブレーキの役割なので、この『SkyDrift』は、まるでクルマを運転するような感覚で飛行機を飛ばすことができるのだ。カーレースゲームと違うのは、上昇と下降の概念が入っていることくらいだろう。
150518004.jpg
だからと言って『SkyDrift』は決してカジュアルなゲームではない。
奇岩で入り組んだ岩礁地帯や、溶岩が複雑な地形を造る火山地帯、そしてギザギザの谷間が行く手を阻む峡谷など、レースの舞台となるのは、どれもこれも一筋縄ではいかない地形ばかり。
谷間やトンネルをすれすれで潜り抜けたりと、レースを通してほぼ曲芸のような飛行を強いられる。
そこを切り抜けるために重要になってくるのが、空中ドリフトのテクニック。
左スティックのみだと緩やかな旋回しかできないが、これに右スティックを同じ方向に同時入力すると、ナイフエッジの体勢から鋭い急旋回が発動する。
かなり独特のシステムなため、制御のコツを掴むまでにちょっと戸惑うかもしれないが、一度このテクニックをマスターしてしまえば、まるでヘアピンのような地形も速度を殺さず切る抜けることができるのだ。
150518005.jpg
Aボタンで発動するのはブースト。これのゲージは地面や地形すれすれを飛行したり、ライバル機をノックダウンすることによって溜まるので、危険ギリギリの飛行は自然と必須になってくる。
そして宙に浮かぶアイコンを拾うことで使用可能となる特殊能力は、ホーミングミサイルにマシンガン、空中機雷といった攻撃系と、シールドやリペアなどの防御系。
ただこの攻撃アイテムが非常にありきたりな物ばかりなのは、ちょと残念。
カラフルな曲芸飛行機には不似合いな殺伐とした武器ではなく、もっとゲームのイメージにあった個性的な、例えば『フェイタルイナーシャ』みたいに、相手と地形を磁石を引っ付けちゃうようなトリッキーなアイテムだったら、なおのこと良かったのに。
150518001.jpg
入り江に峡谷、ツンドラ地帯など、レシプロ機と青空と飛行機雲の取り合わせが絶妙に似合う各コースのロケーションも素晴らしいのだが、その一方でコース数の極端な少なさは、やはり物足りなく感じる。
逆回りコースなどを設けて、何とかコースのバリエーションを水増ししようとしているんだけど、なまじシングルモードが長めなために、同じコースを何度も何度もやらされているイメージが余計に強くなってしまっている。
シングルモードと言えど、CPUが操作するライバル機はかなり手強い。ハードモードを勝ち抜くには、ナイフエッジや効率的にブーストゲージを溜める曲芸飛行、そしてホーミングミサイルを躱すなど、様々なテクニックを磨き込むことが要求されるだろう。
150518002.jpg
しかし一度テクニックを指先に覚えこんでしまえばこっちのもの。
空飛ぶ機体をレッドブルエアレースパイロットのようなコントロール技術で制御し、峡谷のトンネルや氷河のクレバス、敵の置き土産の空中機雷を、わずか数メートルすれすれの間隔で切り抜けながら、拾った攻撃アイテムをがんがん使いまくってライバルの邪魔をする。
テクニカルな要素とざっくばらんな要素、繊細さとワイルドさがものの見事に同居して、それを魅力的なプロペラ曲芸飛行機と青空の美しいロケーションが、さらに際立たせる。
日本のストアで配信されなかったのが実に惜しい、硬軟兼ね備えたXBLAの隠れ傑作なのだ。

<国内ストア未配信タイトル>



この記事に含まれるtag : XBLA レーシング フライトシム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2313.html

2015/05/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【フライトアカデミー】下地島パイロット訓練所

   ↑  2014/08/24 (日)  カテゴリー: XBOX
14082406.jpg
沖縄本島から南西に300キロ。エメラルドブルーの海と珊瑚礁に囲まれた島。
その風光明媚な陸地の一角を占めるのは巨大な滑走路。そう、ここ下地島は、パイロットの育成を目的とする訓練専用空港のある地なのだ。
ロスサントスの脳みそが腐った住人に飛行技術を学ぼうとしていたオレが間違っていた。
こういうことはやはり確たるプロに学ばなければ話にならないのではないか。
考えを改めたオレは、初代Xboxのコントローラ一つを手に、この下地島に降り立った。
ソフトの弾数を揃えるために、国内の中堅PC系ソフトハウスを頼みとするのは、日本におけるXboxブランドの伝統だが、このゲームはそのハシリみたいなもの。
『銀翼』シリーズで知られるアクアシステムはフライトシム系のソフトを専門にするメーカー。
当然この『フライトアカデミー』も、コンソール機に擦り寄る姿勢など微塵もみせない、けれんのないフライトシムなのだが、真に飛行機の操縦技術を学びたいオレには渡りに船の話だ。
それにここの教官は、あの南央美さんだと言うではないか。ホシノ・ルリの声で指導されるというのも、なかなか悪くない話である。
14082403.jpg
機動戦艦ナデシコを引き合いに出している時点で、「あんた、マジメに学ぶ気あるんですか!?」とツッコミが入りそうだが、いや、オレは決して声優目当てでこの航空訓練校に来たわけではない。
その証拠に、南央美さんが懇切丁寧に説明してくる飛行機操縦基礎のブリーフィングは、右から左にきれいさっぱり聞き流しているのだから。
だってこのブリーフィング、ほんとクソ真面目で遊びが一切ないんだもん。これだからフライトシム専業メーカーってやつは!
そんなことよりも、こっちは一刻も早く央美さんを隣に乗っけて雄大な大空に飛び上がり、「見てください、あの美しい珊瑚礁。この素晴らしい景色を二人で独占ですよ」とか「翼の上だと、二人の距離もみるみる縮まるようですね」「いけません、私には夫が」「いいじゃないですか、あんな奴」なんて楽しくやりたいのに。
14082402.jpg
そう胸をときめかせながら訓練機のコクピットで教習の開始を待っていたら、隣に乗り込んできたのは玄田哲章さんでした。チェンジってできねえのかよ、飛行機の教官は!
なにせ玄田哲章ボイスだからして、「オレは甘やかす気は一切ないぞ!」なムードが満点状態。
(コンソール機用ソフトなんだから、ちっとは甘やかしてくれたってバチは当たらないのに……)とげんなりするこっちの気分なんか知ったこっちゃないように、玄田教官は「それではエンジンをかけろ!」
え、エンジン? いや、こういうもんは、「まず*ボタンを押してエンジンをかけてみよう」なんて具合に、操作ガイドも含めて指導してくるもんだと思い込んでたんだけど、そういうのも一切なし?
「どうした? 早くエンジンをかけろ!」
14082405.jpg
スタローンの声で怒られて、もうこっちは慌ててあらゆるボタンを片っ端から押してみるのだが、エンジンはうんともすんともいわない。悠長なブリーフィングを思い切りかっ飛ばしてきたツケが、こんなに早々と回ってくるとは。
「何をやってる!? 早くしろ!」「え、いや、あの、ちょ、ちょ、ちょっとお待ちを」「もたもたするんじゃない!」「あ、あの、いや、ご、ごめんなさい!」「エンジンもかけられないのか。訓練は中止だぁ!」
正解は左スティックボタンと白ボタンの同時押し。分かるか、そんなトリッキーにも程があるボタン入力!
パイロット候補生たちが夢を抱いて訪れる場所、下地島。この美しく、そして厳しい南国の島を、オレは空に浮かぶどころか、飛行機を1ミリたりとも前進させることすらできず後にするのであった。飛行機乗りに対する逆恨みとも言える憎しみを、より一層募らせながら。



この記事に含まれるtag : フライトシム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2149.html

2014/08/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。