FC2ブログ

タイトル画像

【Pinball FX3】Williams Pinball: Volume2

2019.01.18(17:30) 2803

190118007.jpg
デジタルピンボールの老舗ブランド『Pinball FX』に新風を送り込むのは、ライバル『Pinball Arcade』から移籍を果たした実機ピンボールの重鎮Bally~Williamsの傑作タイトルたち。
第1弾アドオンに続いて配信された『Williams Pinball: Volume2』の内訳は、『Attack from Mars』『Party Zone』『Black Rose』の三台。
いずれも伝統の老舗Bally社が最後の力を振り絞って送り出した1990年代のテーブルだ。
190118002.jpg
その中でも目玉は傑作『Attack from Mars』。
90年代の火星人襲来ものというと、ティム・バートンの映画「マーズ・アタック!」が思い浮かぶが、それに先んじたこのピンボール版火星人侵略も、モチーフとなったのはいにしえのサイエンスフィクションムービーやコミック。
兵器や火星人のプラスティックトイを模したオブジェクトに、やはり玩具風な配色の盤面デザイン。
その派手さに対してシンプルながらも奥行きの深いゲーム構成。そしてインフレにもほどがある大盤振る舞いのスコア配分。
190118005.jpg
そして何よりも主役となるのは、台の上部に居座る火星人の円盤たち。
これに『Pinball FX3』オリジナル演出で加わるのは我が物顔で闊歩する動く円盤。
やつらに地球の大地を踏んだことを後悔させてやるのが、このピンボールの使命だ。さぁ、フリッパーから打ち出す鉄球で、火星人どもの円盤を攻撃攻撃攻撃!
見事撃墜すればお尻にくっついた大量のゼロと共に加算される超インフレスコア。いいね、ピンボールのスコアってのは、これくらい派手じゃなくちゃ!
これ一台だけでもアドオンパックを購入する価値のある名作台だ。
190118003.jpg
オリジナルの実機台は1991年リリースの『Party Zone』も、『Attack from Mars』に負けず劣らないごきげんな一台。
髭面に飛行帽のトリックスター、キャプテン・ビザールが仕切る、黄色主体のけばけばしいフィールドに彩られたド派手なパーティ。
フィギュアが台の中を役物に関連して動き回ったりする『Pinball FX』独特の演出は、こと実機のシミュレータであるBally~Williams台においては賛否両論だ。
オレもこれに関しては、鬱陶しく邪魔に感じるときもあったり、これもありだと受け入れたりと、気分によって評価が定まらなかったりするのだが、『Pary Zone』のそれは成功している例だろう。
190118006.jpg
イベントに応じて台に舞い落ちるパーティ券に、フィールドに投げ入れられるフットボール。そして台中央部にロケットにまたがってはしゃぐのは、このパーティのホスト、キャプテン・ビザールのフィギュア。
はっきり言ってこのフィギュア、中央のバンパー部分を見えづらくして邪魔だったりもするが、まぁパーティに少々の迷惑はつきものだ。
オリジナルの超アッパーなテンションを、デジタルピンボールの演出がさらにブーストをかける一台。
190118004.jpg
最後の一台『Black Rose』も、やはりBally社の1992年作品。
バックグラスとキャビネットに狂い咲くのは、情け無用の女海賊ブラックローズ。
フィールドは甲板、ボールは大砲の弾、マルチボールロックホールは海賊のアジト、そしてボーナスは隠されたお宝。アウトレーンは板子一枚下は地獄。
ピンボールのあれやこれやは、言われてみれば確かに海賊のお約束と親和性が高い。
実はフリッパーの間隔が広めで左右のアウトレーンにも落ちやすい、なにげに難度の高い台だったりもするが、まぁそんなあこぎさも海賊のお約束ということで。



ボンクラ360魂


タイトル画像

【Pinball FX3】Williams Pinball: Volume1

2018.10.12(17:01) 2784

181012006.jpg
クライマックスシリーズ進出を決めたところはともかくとして、それ以外のチームのファンはFAやドラフトなどストーブリーグの方が気になってくるシーズンだ。
そしてFAという言葉とは無縁そうなビデオゲーム界隈にも大型移籍はある。
ピンボールビデオゲームの二大巨頭『Pinball FX』と『Pinball Arcade』。
方や版権キャラクターをモチーフにしたオリジナル台で勝負、方や実在したピンボール機のシミュレータと、方向性は明確に異なり棲み分けもできていたのだが、そのバランスがついに崩れるときがきた。
Williamsは数多の名機や人気台を擁したピンボール界のかつてのトップブランド。
181012003.jpg
ピンボール三大メーカーの一つであったBallyのタイトルも内包した版権は、『Pinball Arcade』の看板となっていたのだが、今年の6月に契約期間満了に伴い『Pinball Arcade』上で販売終了。
そしてWilliams=Bally版権の新たな契約先となったのが、今まで実在ピンボール機とはまったく無縁だった『Pinball FX3』。
その第1弾となるアドオン『Williams Pinball: Volume1』が、先日ついに配信開始となった。
内訳は『Medieval Madness』『The Getaway: High Speed Ⅱ』『Junkyard』の三台。
これとは別に、やはりヒット台の『Fish Tales』が無料配信されており、『Pinball FX3』のコンポーネント上で入手できるようになっている。
181012004.jpg
いずれも名作台。パッケージの値段は税込み1150円。『Pinball Arcade』と比べると単体あたりの価格が若干安くなっているが、まぁこの辺は『Pinball FX3』のオリジナル台との価格設定の兼ね合いなのだろう。
それに対していただけないのが、実機のヒストリーや解説、当時のフライヤーの収録など『Pinball Arcade』にあった項目が大幅に貧弱になっていること。
181012002.jpg
元々が実在ピンボール台のデジタルアンソロジーとして企画された『Pinball Arcade』に対して、既存のUI(それに『FX3』のUIは、そもそもあんまり気の利いたデキじゃない)にピンボールシムの要素を無理やりはめ込んだ故のチグハグさなのだろうが、ピンボールマニアからも一定の支持を受けていた『Pinball Arcade』から版権を奪ってきたのなら、この部分はもちょっと頑張って充実させて欲しいのが正直なところだ。

*関連記事
【Pinball Arcade】The Getaway: High Speed Ⅱ
【Pinball Arcade】Fish Tales



ボンクラ360魂


タイトル画像

【Pinball FX3】Carnivals and Legends

2017.12.31(17:25) 2723

171231006.jpg
台を継承しつつバージョンアップを重ねながらついに10周年。しかしそのユーザーインターフェースはどんどんダサくなってるZen Studiosのデジタルピンボール『Pinball FX』。
特に最新版である『Pinball FX3』は無事国内Xboxストアでもリリースされたものの、タイトルやメニュー画面の野暮さはさらに極まった感がある。
『Pinball FX2』あたりからMarvel Comicsなどのキャラクター、映画版権ものが中心となってきた同シリーズだが、この度新たに配信された『Carnival & Legends』は久々に非版権のオリジナル台のみで構成されたパック。
171231003.jpg
収録台は2つ。
『Adventure Land』はカーニバルの移動遊園地をテーマとしたエレメカ感あふれるテーブル。
うねうねと走るループレーンは、なんとも頼りない木製コースターのレールをイメージ。
打ち出し口やホール部分には小さな券売所。観覧車などの遊具に各種ミニゲームもこれまたエレメカテイストで統一された、賑やかな盤面は見ているだけで飽きがこない。
171231004.jpg
もう1つの『Son of Zeus』は比較的簡素なフィールドをキャラクターフィギュアが縦横無尽に飛び回って賑やかす、Marvelキャラクター台の流れを汲んだ作品。
「ストレンジャー! ちょっと手を貸してくれえ!」
いちいちやかましいギリシャ神話の英雄ヘラクレス(ジュラシックパワーズの片割れ似)を、なんの因果か鉄球で手助けしなくちゃならない、厚かましく暑苦しいヘラクレスのキャラクターがメインの台だ。
171231005.jpg
毒蛇、怪鳥、地獄の番犬など、役物はすべてヘラクレス神話にちなんだものばかり。
実体化したヒュドラの両顎を必死に抑えながら、「ストレンジャー! 早くなんとかしろお!」と大騒ぎするヘラクレスの大仰な芝居を堪能しつつ、レーンにボールを叩き込んでヘラクレスに代わってヒュドラを退治してあげよう。
「よくやったストレンジャー! 手柄はオレ様のものだあ!」



ボンクラ360魂


タイトル画像

【Stern Pinball Arcade】AC/DC Pinball

2017.11.20(16:18) 2708

171120008.jpg
その兄弟はプロレス界で例えるならば、ドリーとテリーのザ・ファンクスのようであった。
ギターを手に奔放に暴れまわる弟の斜め後ろで、いつも黙々とぶっといリフを刻み続けていた。
様々なジャンルのファンを越えて愛されてきたAC/DC。
この偉大なロックバンドを、ステージフロントから引っ込んだドラム斜め前の定位置から束ねてきたギタリスト、マルコム・ヤングが亡くなった。
171120004.jpg
ロックピンボールの流れから次はこのゲーム触れようかと思っていた矢先に、期せずしてマルコムの訃報が入ってきた。
改めて盤面を見渡してみれば、彼の姿が位置するのはフィールドの後ろ奥の控えめな場所。彼らしい定位置だ。
このピンボール版AC/DCは、今や20世紀勢の中では唯一残る商業ピンボールメーカーとなったSternが2012年にリリースしたテーブル。
日本では昨年惜しまれつつ閉店した豊田のゲームセンター、ネバーランドで稼働していた。
171120002.jpg
このピンボール台の最大の特徴はジュークボックススタイル。
ボールの打ち出し前に曲がリクエストできて、選んだナンバーに応じた役が常に展開しっぱなしになる。
ちなみに選べるのは"T.N.T."、"War Machine"、"Back In Black"、"Highway To Hell"、"Rock ‘N’ Roll Train"、"For Those About To Rock"、"Hells Bells"、"Hell Ain’t A Bad Place To Be"、"You Shook Me All Night Long"、"Thunderstruck"、"Let There Be Rock"、"Whole Lotta Rosie"、AC/DC黄金のレパートリー全12曲。もちろん本人たちのオリジナルだ。
171120003.jpg
盤面のオブジェクトも、これらの曲ゆかりのモノ。特に奥にあるHells Bellは、AC/DCファンならば意味が無いときでもつい打ち鳴らしたくなる誘惑に駆られるだろう。
ステージ上のアンガス・ヤングよろしくせわしなく動き回るボールをコントロールして、マルチボールがかかれば、ちょっとファニーなAC/DCの影絵が揺れ動きオーディエンス大熱狂。
3ボールアウトしてしまえば、新しい曲を選ぶもよし、同じ曲に再チャレンジするもよし。
言わばフリッパー捌きの腕に左右される、各種ギミック付きAC/DC専用ジュークボックスマシーンだ。
171120007.jpg
これが収録されている『Stern Pinball Arcade』についても補足。
他機種で展開されている実機ピンボールシミュレータ『Pinball Arcade』と同開発会社によるもので、コンポーネントが無料で各台を個別で購入するシステムなど、基本的な仕様は『Pinball Arcade』とまったく一緒。
つまり『Pinball Arcade』からSternの台だけを独立させた体裁で、収録されている台も『Pinball Arcade』と被っているモノがほとんどだ。
171120001.jpg
なんでこんなイトーヨーカードーの隣にセブンイレブンを建てるような不効率な展開をしているのかはちょっと謎だが、このAC/DCのピンボールは本家『Pinball Arcade』には今のところ未収録の『Stern Pinball Arcade』ならではの目玉商品である。

<国内ストア未発売>


ボンクラ360魂


タイトル画像

【クルーボール】FM音源版モトリークルー

2017.11.18(15:42) 2707

171118001.jpg
そのムーブメントはLAメタルとかヘア・メタルとかグラム・メタルなどと呼ばれていた。
80年代中頃のクワイエット・ライオットやラットなんかに端を発したHR/HMの一形態。
産業化を極めたハードロックなんて小難しい言い方もできるが、オレはここら辺のバンドをシンプルに「チャラいメタル」と呼んでいた。
その代表格がモトリー・クルー。言わずと知れたモンスターバンド。生み出した富は計り知れず。
そして彼らはあまりにもステロタイプなセックス、ドラッグ&ロックンロールのイメージを、飲酒運転、ドラッグ禍、バックステージのいざこざ、ハメ撮り流失といった行動を重ねて忠実に邁進してきた、実に見上げた連中でもある。
171118006.jpg
そのモトリー・クルーが、どういう風の吹き回しだかメガドライブ(Genesis)に降臨したのが1992年のこと。
LAメタルブームのフィナーレを飾るようなメガヒットアルバム"Dr. Feelgood"と共に、モトリーがここから上は天井のような頂点を極めていた頃であった。
それが割りと節操なくゲームを紹介していたエレクトロニックアーツ・ビクターの手によって、モトリーとはあまり縁のなさそうなユーザーがひしめく国内メガドライブに登場!
171118002.jpg
タイトル画面で鳴り響くのは、モトリーの名曲"Dr. Feelgood"のFM音源アレンジ版。
そしてそのオープニングは、深夜に帰宅した馬鹿ガキが、やはりモトリーのヒット曲"Live Wire"(もちろんこちらも生モトリーではなくFM音源版)を大音量で鳴り響かせ、近所中を叩き起こしてしまうボンクラっぷりだ。
171118004.jpg
そしてゲーム本編はギターのエフェクターをイメージした多段式ピンボール。
ハデなギミックや視覚効果にも乏しく、ビデオピンボールとしては中庸のデキだが、まあゲーム自体はモトリーの曲を使用した、そのオマケみたいなモノなのだろう。
当然国内でもモトリーを全面に押し出したプロモがあって然るべきだったが、それが希薄だったのは、エレクトロニックアーツ・ビクターの母体がなまじレコード会社(ビクター音産。ちなみモトリーを当時取り扱っていた国内のレコード会社はワーナー・パイオニア)であったために、何かと差し障りがあったからだろうか。



ボンクラ360魂


ピンボール
  1. 【Pinball FX3】Williams Pinball: Volume2(01/18)
  2. 【Pinball FX3】Williams Pinball: Volume1(10/12)
  3. 【Pinball FX3】Carnivals and Legends(12/31)
  4. 【Stern Pinball Arcade】AC/DC Pinball(11/20)
  5. 【クルーボール】FM音源版モトリークルー (11/18)
次のページ
次のページ