ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: テーブルゲーム の検索結果)

← 前のページ  total 7 pages  次のページ →  

【UNO】初期XBLAきってのキラータイトル

   ↑  2013/08/25 (日)  カテゴリー: XBOX 360
13082513.jpg
立ち上げ間もないXBOX 360に於いて、XBLAの最大のキラータイトルとなった作品。それは間違いなく『UNO』です。
より洗練されたXBOX LIVEのシステムに対して、それに見合うだけのタイトルがろくに揃っていなかったこの時期、『UNO』の存在は別格でした。
誰もが知っているルール、リーズナブルな価格、とっつきの良いオンライン対戦。
LIVEアーケードのゲームを初めて購入するにあたり、とりあえずこの『UNO』をチョイスした人も少なくないでしょう。
13082510.jpg
例えひとりぼっちでも、ランクマッチにアクセスすれば、あっという間に遊び相手が揃ってしまう人口の多さも、『UNO』が重宝された理由の一つです。
少なくともXBOX LIVEで、ここまで人で賑わっているゲームは、過去にはありませんでした。
「XBOX LIVEなのに、待たずにオンラインマルチプレイが遊べるなんて!」
そんな驚きと共に、XBOX 360の(グローバルレベルでの)スタートダッシュの手応えを強く感じたものです。
13082511.jpg
2008年夏の大型アップデートで、XBOX LIVEにアバターシステムが導入されるようになってからは、この『UNO』もアバター対応に刷新されましたが、それ以前にアバターの役割を果たしていたのは、XBOX LIVEビジョンの映像でした。
この『UNO』は、LIVE用のWebカメラであるXBOX LIVEビジョンに同梱されていたこともあり、プライベートマッチでは、LIVEビジョンの使用者が大変多く見受けられました。
そこからは老若男女多岐に渡る、様々なXBOX LIVEユーザーの生の姿が伺えたものです。私の印象に強く残っているのは、いつも仲良く並んでカウチに腰掛け、1ラウンド毎に順繰りにコントローラを回している、イタリアの老人(壮年?)三人組の姿です。
自分がコントローラを握っていないときも、いつもニコニコとLIVEビジョンに笑顔を送っていましたが、あの人たちは今も同じ並びで『UNO』を遊んでいるんでしょうか?
13082509.jpg
ぽつぽつとフレンドが増えつつあったXBOX 360初期時代に、飲み会における「とりあえず全員にビール」的な存在であったのも『UNO』(これがマチャアキとかエブリパであったら、「とりあえず全員にカルーアミルク」と頼むような暴挙です)。
なにせこのゲームは所持率がべらぼうに高かったですし、例え持っていない人がいたとしても、400MSPという価格は「じゃあこの際、買っちゃおうか」と、ぽんと手を出しやすいものでした。
それに当時はXBLAやDLCコンテンツのタマもろくに揃っておらず、みんなMSPを果たして何に使っていいのやら困ってる時期でもありましたから。
初期XBOX 360をもっとも賑わせたゲーム『UNO』。XBOX LIVEの新時代は、このあまりにもポピュラーなカードゲームと共に幕を開けたのでした。



この記事に含まれるtag : テーブルゲーム XBLA 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1906.html

2013/08/25 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【天空のレストラン ~Hello! Project ver.~】

   ↑  2013/07/05 (金)  カテゴリー: PS1
13070507.jpg
『天空のレストラン』は、元々が非常に評価が高いモノポリータイプのビデオゲームですけど、その登場キャラクターをハロプロのメンバーに置き換えた『天空のレストラン ~Hello! Project ver.~』は、今遊んでみると、「後藤真希をやといました」、「加護亜依が半人前になりました」、「矢口真里が一人前になりました」なんてゲーム中メッセージの数々が、いちいちイレギュラー的に面白くなっていて、とてもオススメですよ。
13070504.jpg
老若男女からのバッシングを受けて、逼塞を余儀なくされている我らが矢口さんですが、女性や近親者、関係者の立場ならいざ知らず、性に奔放な人妻(矢口さんの場合は元人妻ですが)を叩く男の気が、私にはさっぱり理解できません。
そういうのは、むしろ積極的に支援し保護していかなければならない性質のもんじゃないでしょうか。
13070503.jpg
ファミ通連載のコラムも休止状態(ハードコアゲーマーである彼女のコラムが読めないファミ通に、何の価値があるというのでしょうか)で、復帰の目処がまったく立たない矢口さん。
その復帰のきっかけがゲーム絡みの何かであったら、我々巷のゲーム好きは諸手を挙げてそれを歓迎することでしょう。
『Peggle』の画面右下から「(もう色々と)ヤバい!」のセリフと共に飛び出す矢口さん。『メタルギアソリッド』のゲストキャラクターに矢口さん(「スネーク、早くこのクローゼットに隠れて!」)。想像するだけでわくわくしてくるではありませんか。




この記事に含まれるtag : タレントゲー テーブルゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1871.html

2013/07/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

書籍【快楽 モノポリー講座】

   ↑  2013/06/29 (土)  カテゴリー: 書籍・コミック
13062909.jpg
"「日本人は何もかもを道にしてしまうからいかん」などと近代的インテリげんちゃんを気取っていたその同じ口で、私は平然とある言葉を発しているのです。「モノポリー道」
一九三〇年代にアメリカで生まれた、たった半世紀しか歴史を持たぬ紅毛人のゲームに、私は「道」を見てしまったのでした。"
<モノポリー道入門 - 糸井重里>
下北沢のナイトクラブで夜通し遊び狂い、その足で近所の知人宅に転がり込んでは、モノポリーやトリビアルパスートを遊び狂う。
学生時代の私は、そんな自堕落な毎日を送っていたのですが、この「快楽 モノポリー講座」(亀和田俊明・著)という本を手に入れたのは、ちょうどそんな頃でした。

今でこそボードゲームなどのアナログゲームを扱った本は珍しくありませんが、当時はまだ大の大人がボードゲームについて熱心に語ると、物珍しい目で見られたような時代。
そんな中にあって、この一冊まるまるを費やしてモノポリーのことを語り尽くした本は、大変異彩を放っていました。
上記の"モノポリー道入門"は、糸井重里さんがこの本に寄せた序文の一部ですが、何せその頃の私は、ひねくれて斜に構えた若者です。
「いい年こいたおっさんが、また道だのなんだのと……」などと、その序文も冷笑的に受け止めていました。

しかし、徹夜明けの頭で、やれイリノイ通りをよこせ、ペンシルバニア鉄道を売ろうなどと、生き馬の目を抜くような取引を続ける日々を過ごすうちに、私はいつしか「見えました! ボクにも道が見えました、糸井さん!」などと、その態度を豹変させていたのです。
それからは、当時としては貴重なモノポリー戦術書の一面も持つこの本は、私のバイブルとなりました。
仲の良い人々を欺き、騙し、陥れ、破産した相手から「そこまでして勝ちたいかぁ!」と、権利書を顔面に叩き付けられるたびに、私はモノポリー道という苦難の道を、一歩また一歩と進んでいる手応えを感じていたのです。
そんな私の人としての何かを踏み外したかのような姿を知ってか知らずか、糸井さんはその"モノポリー道入門"の中で、こうも記しています。
"モノポリーに「道」をくっつけて、何かいいことがあったかといえば、何にもありません。"

モノポリーの基本ルール。土地の確率と収益率をベースに、"プアーのモノポリー"と"リッチのモノポリー"、二つの基本戦術を提唱するモノポリー中級講座。モノポリーの歴史考察と各種トリビア。著者や糸井重里さんによる誌上対戦。そしてプレイステーションソフト『バーガーバーガー』の作者でもある百田郁夫さんが制した第8回世界選手権の観戦記。
これらのパートで構成され、道を究めんとする者たちだけでなく、ライトなモノポリー読み物としても楽しめる、大変間口の広い一冊。
同著者による「ザ・ゲームカタログ」と並んで、アナログゲーム本では今や古典とも言えるこの本は私の書架に残るもっとも古いゲーム関連本でもあります。



この記事に含まれるtag : テーブルゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1867.html

2013/06/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【オセロdeオセロDS】オセロとオセロの安直コラボ

   ↑  2013/03/30 (土)  カテゴリー: ニンテンドーDS
13033010.jpg
例の騒動以来のインタビューTV出演 → 松竹芸能ビックリ → 一部スポーツ紙が中島の松竹芸能退社とオセロ解散を報道 → 松竹芸能ビックリ、というワケの分からないコンボで、またにわかに盛り上がってきたオセロ中島知子界隈。
まあオセロって、「黒いの姉ちゃんと白い姉ちゃん」以外には、コンビとしての印象が案外希薄ですし(オセロの舞台ネタなんて覚えてる人、あんまり居ないでしょ?)この騒動以前の段階でで、既にコンビとしての活動は、事実上棚上げ状態になっていたような気もします。
13033007.jpg
解散するもしないも、もう実質解散状態であるオセロの、コンビとして最後のメモリアルとも言える作品、それはゲームでした。
「オセロとオセロの最強コラボ」。そのあまりにも安易というか、思いつきそのまんまな企画に、当時の私は無表情のまま固まったものですが、今となってはその激安なアイデアが、オセロの名をタレントゲームの系譜に刻む唯一のきっかけになってくれたことに感謝すべきなのかもしれません。
13033009.jpg
通信対戦モードに次の一手クイズ、簡単なオセロ戦術講座などを備えた、ごくごく普通のオセロゲームなのですが、もう一方の"オセロ"ゲームとしての要素が備わっているのはストーリーモード。
街中でばったり遭遇して意気投合した黒い姉ちゃんと白い姉ちゃんが、松竹芸能ならぬオセロ芸能というプロダクションにその身を預け、オセロ勝負で芸能人としてのステータスを上げて行く流れです。
オセロの二人は実写ではなくデフォルメキャラでの登場ですが、ボイスはしっかりと本人たちが担当。タイトルコールやメーカーロゴなんかも、二人揃ってハモってくれます。
13033005.jpg
オセロの対局中も、二人は勝負に関係あることや、まったく関係ないどうでもいい話題などを、よくまあぺらぺらと喋り通してくれて、オセロというキャラクターとしての期待に応えてくれます。
もっとも中島さんの場合は、例のインタビューの後となっては微妙に洒落にならないような発言(浪費癖など)も、ちらほらあったりしますから、ここら辺はちょっと普通のオセロゲームらしからぬスリリングさですよね。



この記事に含まれるtag : タレントゲー テーブルゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1796.html

2013/03/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【エブリパーティ】ハイデフ時代の尖兵はさくらももこ

   ↑  2012/12/10 (月)  カテゴリー: XBOX 360
12121020.jpg
過去から現在に渡って、これだけゲーム機が登場すると、クリスマス商戦のこの時期は、そりゃあ何かしらのゲームハードの誕生日にぶち当たるもんですが、さすがに今日だけは外すわけにはいきません。
7年前の12月10日は、XBOX 360が、この世に登場した日。そう本日は、360がゲームハードとして現役のまま、7年の節目を迎える記念すべき日なのです。
XBOX 360のファーストインパクト。それは重さでした。
ゲームショップで本体の入った箱を受け取るとき、初代のそれより大幅にスリムになった外箱に安心していたら、手にかかるズシンとした重み。
「初代より小さくなってるはずなのに、なんで重量が増えてるの!?」
そう訝りながら、ひーこらひーこら家まで運び、パッケージを開けてみると、最初に目に付いたのは、何かの冗談かと思うような、どでかいアダプターに、ぶっといケーブル。この両者がセカンドインパクトです。
船の舫い綱に使えそうな極太ケーブルを手に、私は「エラいもんが我が家に来てしまった……」と、独りごちたのでした。
12121017.jpg
ソフト面でのファーストインパクト。それは何と言ったってさくらももこです。
初代の『ねずみくす』といい、360の『エブリパーティ』といい、マイクロソフトは自社ハードの発売時に、ちっとも援護にならないビーンボールを投げるのを得意としているみたいですね。
さっぱり売れない本体、それに輪をかけてさっぱり売れない『エブリパーティ』と、まるで競泳のスタート時に、後ろにひっくり返って飛び込み台から転落してしまったかのような、XBOX 360の大ずっこけスタートを揶揄する象徴となってしまった、このゲーム。
しかし『エブリパーティ』は、"老若男女が手軽にわいわい遊べる大人数パーティすごろくゲーム"という基本コンセプトからは、ちっともブレていません。
『エブリパーティ』の不幸は、このゲームが想定するユーザー層と、こんなハードを発売当日に買ってしまうような物好きどもが、ちっともシンクロしなかったところにあるのです。
12121012.jpg
色眼鏡を取っ払って見てみれば、この『エブリパーティ』が、すごろくゲームとして非常にタイトにまとまった秀作であることが、よく分かるでしょう。
一番最初に、あがりのマスにぴたりと停まったプレイヤーが勝ち。そんなシンプル極まりないすごろくにアレンジを加えているのが、手札カードにあたるルーレット。
オーソドックスなもから、やたらとトリッキーなものまで、全部で40近くあるルーレットの使いどころは、基本的には運勝負であるすごろくに、ほのかな戦略性を与えてくれます。
特に、あがりマスにぴたりと停まらなければならない終盤は、特定のマス数進める確率が高くなるルーレットはもちろんのこと、あがりに近い相手のルーレットを強奪するなどの、様々な駆け引きが必要となってくることでしょう。
12121015.jpg
ルーレットの中には、ゲーム中に入手できるコインを消費しなければ、使用できないものもあります(中にはコインを獲得することに特化したルーレットもあり)。
そして全ルーレット中、一番トリッキーな存在が、ふりだしに戻るか、あがりに進むかの二つの出目しかない"どりーむルーレット"。
一見すごろくにとってはバランスブレイカーに思えるこのルーレットですが、使用するためのコインコストがハンパじゃなく高いので、そうおいそれと気安く使えるものではありません。
しかし、トップから大きく引き離された者が、先を目指さずコインを獲得することで専念して、これに一発逆転の活路を見出すこともできるでしょう。
12121018.jpg
ちょっと惜しいのは、『モノポリー』などのマス占有にあたる、"ちからっ子"のシステムが、イマイチその有効性が不明瞭なところ。
だからと言ってこれを軽視していると、思わぬところで足をすくわれたりするなど、運のファクターが非常に強い要素であり、そしてマップによって、これの重要性にばらつきが大きいのも、このシステムに曖昧さを感じる一因となっています。
ときおり勃発するミニゲームも、どれもシンプルながらも意外に面白く(個人的にオススメは、アイスの当たり探し)、プレイ時間もほどほどの長さ。パーティーすごろくゲームとしては優等生とも言える『エブリパーティ』でしたが、通常ゲームのキャンペーンにあたる"おはなしすごろく"モードが苦行と化しているのが、このゲームの評価を下げる要因となってしまいました。
12121016.jpg
しかしこの"おはなしすごろく"モードは、言うなれば『人生ゲーム』をぼっちで遊んでいるようなもの。
すごろくをぼっち遊びして「つまらない」と言ったところで、「つまらないのは、友だちの居ないお前じゃ!」と突っ込まれるのがオチなので、遊び相手を求めてオンラインモードである"こうみんかん"に足を運べば、そこはいつ行ってもがらんとしている悪循環。
そんな具合に不幸に不幸が積み重なって、ついに正当な評価を得られなかった『エブリパーティ』。
もっとも、このゲームの最大の不幸は、XBOX 360という一番身の丈に合っていないハードを選んじゃったことかもしれないですけどね。



この記事に含まれるtag : テーブルゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1711.html

2012/12/10 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。