FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: タレントゲー の検索結果)

total 18 pages  次のページ →  

【ブラックジャック vs 松田純】松田純はどこだ!?

   ↑  2019/10/08 (火)  カテゴリー: PS1
191008008.jpg
タレントゲーム。
RPGやADV、アクションといった、ゲームの内容に応じたジャンル分けではない。
とにかく冠となるタレントの名前におんぶだっこした不思議な括りのゲーム群のことだ。
コンテンツを手にとってもらうために重要な要素となるタレントの知名度は、その企画の立ち上げの時点から大切なポイントになってくるはずだ。
かつてのタレントゲームのほとんどは、ビートたけし、明石家さんま、中山美穂など、世間一般へその名前が浸透した芸能人たちが連なっていた。
191008003.jpg
その当たり前の傾向がおかしな雰囲気になってきたのは、ゲームがカートリッジからCD-ROMへと移行した頃のことだ。
動画と音声、この2つを新たに手にすることによって、さらに進化するはずだったタレントゲームは、なぜかそこで誰もが知るタレントの名前ありきのジャンルから、とりあえず手っ取り早く名前を使えるタレントでゲームを安くでっち上げるジャンルへと変貌をきたしてしまったのだった。
それの急先鋒となったのがグラドルゲームという一群だ。
写真集やイメージビデオなんかとタイアップした画像や動画とパズルゲームあたりを組み合わせて一丁上がり。
今となってはマニアやゲーム史家からは黙殺されているけれど、それでも当時は枯れ木も山の賑わいとなったし、坂木優子やシェイプUPガールズや金沢文子が好きだったオレとしては、「おおいに存在意義があったよ!」と声を大にしたいところだ。
191008001.jpg
ここにその手のタレントゲームがひとつ。
冠となるのは松田純。90年代後半からゼロ年代初頭にかけて、グラビアを足がかりにバラエティ番組や映画・ドラマなどで活躍したタレント。
軸足が広すぎて代表的な仕事を絞りづらいのが、このタイプのグラドル~バラドルの宿命ではあるが、WOWOW初のオリジナルドラマとなった三池崇史監督作のアウトローコギャル物語「天然少女 萬」を挙げておきたい。
その松田純がゲーム界に敢然と殴り込み。
しかし『ブラックジャック VS 松田純』という、果たして松田純とブラックジャックで対決をするのか、あるいは松田純がブラックジャック・マリガン(あるいはブラックジャック・ランザ)と戦うのかもはっきりとしないタイトルに、早くも90年代後期タレントゲーム特有のざっくりとした企画が伺えてしまうのであった。
191008006.jpg
パッケージに映るのは紛うことなきバニーガール姿の松田純。
しかし裏返してみると、そこには"TV・グラビアで大人気の松田純と清水としみつ氏のグラフィックがドッキング"なんて禍々しくも無邪気な一文が踊り、早くもこちらは「いや、そういうドッキング望んでないから!」と声を荒げることになるのだった。
いやホント、マジで松田純以外には用はねえから! ぶっちゃけブラックジャックすら要らねえから!
錯乱しながらゲームをスタートしてみると、そこにいるのは松田純を自称する清水としみつによる二次元絵。
清水氏は90年代のオタク界隈と非常に親和性の高かった漫画家だが、それと松田純が本来食い合わせがいいはずもなく、こちらは自称松田純の清水絵が事務所を通さずに連絡先を教えてくれるラッキーな展開も素直に喜べず、「いつになったら本物の松田純が出てくるんだろう?」と、ただただ不安になるばかりだ。
191008007.jpg
そして延々と続くブラックジャック勝負。
しかし五段階の難易度に応じた本格的ブラックジャックの触れ込みも、このゲームを買ったほとんどの人間の目的が決してブラックジャックではない事実には如何ともし難い。
地味なブラックジャックをこつこつとプレイして、細々と貯めたゲーム内通貨で購入したプレゼントを貢ぐ先は自称松田純の二次元絵。
それでも一応二次元絵に合わせたセリフでは松田純本人がボイスを担当しているのだが、「声の出演・松田純」は、こちらが松田純に望む芸能仕事の最下位に位置することは言うまでもない。
純ちゃんのバニーガール姿に目がくらんでゲームを購入した先にあったのは、ただただ社会の不条理だけである。
191008004.jpg
清水としみつ絵を使ったブラックジャックゲームに、ポニーキャニオン~扶桑社ラインで流用できた松田純写真集からのお下がり画像をパッケージとマニュアルだけに申し訳程度のっけて一丁上がり。
さすがにこれだけではと罪の意識が芽生えたのだろうか、オプションに設けられたのは"純ちゃんのマッサージ"という項目。
そう、Xbox360のインディーズゲームで氾濫した、コントローラの振動を使ったマッサージ機能の先駆者的な機能ではあるが、しかしデュアルショックの振動を肩に押し当ててみても、こっちは松田純どころか久夛良木さんに無理やり肩を揉まれている気分にしかならない。
死んだ目で松田純の出てこないブラックジャックをひたすらプレイしながら、「坂木優子やシェイプUPガールズのゲーム、あれはあれでそれなりに良心的だったんだな」と認識を新たにさせる、そんなグラドルゲームの底の底なのであった。

この記事に含まれるtag : タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2847.html

2019/10/08 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Hannah Montana The Movie】ハンナ・モンタナ・ザ・ゲーム

   ↑  2019/01/13 (日)  カテゴリー: XBOX 360
190113002.jpg
マイリー・スチュワートはごく普通のスクールガール。しかし彼女には、隠されたもう一つの顔があった。
実はマイリーは全米で屈指の人気を誇るポップスター、ハンナ・モンタナであったのだ。
彼女の二重生活の秘密を知る者は、スチュワート家の人間と彼女の親友のリリーとオリバーのみ。
ゼロ年代後期に全米でローティーンの女の子を中心に怪物的な人気を誇ったTVドラマ「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」。日本でもディズニー・チャンネルの他にテレビ東京系で地上波放映も果たしていた。
主人公を演じるマイリー・サイラスは、一躍全米のトップポップスターの座に駆け上がり、そして人気ドラマの常として2009年には映画版「ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー」が公開されている。
190113003.jpg
その映画版をベースにしたゲームが、この『Hannah Montana The Movie』。
舞台となるのは、いつものカリフォルニアではなく、スチュワート一家の故郷であるナッシュビル。
おばあちゃんの牧場や愚兄がバイトする移動動物園、カーニバルや大学のキャンパスなどで、文字通りお使いと言ってしまっていい単純なクエストをこなしつつ、映画版に準じたストーリーを進めていくという内容だ。
190113006.jpg
各パートのラストには、マイリーがハンナ・モンタナとなってステージで歌い踊る、音ゲー的なパートが用意されているのが特徴。
このパート、音ゲーと言い切ってしまうといささか語弊があるかもしれない。
ハンナ・モンタナの楽曲が流れる中で指示に合わせてポーズを決めたり、ギタリストの元に駆け寄ればギターヒーロー風の簡易音ゲー、ドラマーの元に駆け寄れば簡易リズムゲーと、まあゲーム風味でハンナのステージ気分を疑似体験させるパートとなっている。
190113004.jpg
本作は基本的に10才くらいの女の子に向けた電子版ドールハウスのようなもの。
物語の進行やミニゲームによって得られるコインでのお買い物と、購入した服をカスタマイズしてマイリーに取っ替え引っ替えさせる着せ替えモードこそが、このゲームのメイン。
この手の電子ドールハウスゲームには、PS2などで出たBratzやバービーシリーズなどがあるが、元々がドールであるBratzなどと違って、このハンナ・モンタナのベースは生身の人間。
これが日本のメーカーであったら、例え実在の人物がモデルでも、それをうまく二次元キャラ化してゲームに落とし込むところだろうが、このハンナ・モンタナの場合は実在のモデルをそのままリアルに再現。
190113005.jpg
しかし、その妙にリアルな再現ぶりが負の方向に作用して、『DIGITAL DANCE MIX 安室奈美恵
』チックなマイリーがゲーム中に登場する事態となってしまっている。
このゲームは、どうも男キャラの再現度がそれなりなのに対して、マイリーやリリーの再現度がイマイチ微妙なシロモノ。
ハンナ・モンタナのキャラクターゲームであるのに、肝心のマイリーがちっとも可愛くないのは、致命的であるようにも思えるのだが、まぁその判定は実際にこのゲームの対象となっている彼の国の少女たちに任せるしかないだろう。

<北米版・リージョンフリー / 日本のXBOX360本体で動作します>

この記事に含まれるtag : シネマゲーム タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2802.html

2019/01/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ボディスペシャル264】木内あきらで動画パズル

   ↑  2017/12/19 (火)  カテゴリー: セガサターン
171219007.jpg
電車の週刊誌中吊り広告に木内あきらの名前を見つけ、なんとも言えない感慨にとらわれてしまった。
伝説の番組「ギルガメッシュないと」の三代目アシスタント。同期のグラドルやが結婚や出産で業界からフェードアウトしていった中で、彼女は未だグラビアで現役を張っていたのだった。
90年代のセクシータレントバブルで、プロレスのタイトルに例えるとアジアタッグチャンピオンクラスののポジションをキープしていた木内あきらだが、その一方で彼女はゲーム界においても、いわゆる次世代CD-ROM機のソフトでけっこうな登場回数を誇る、90年代芸能人ゲームの顔でもあった。
171219005.jpg
この『ボディスペシャル264』は、木内あきらに加えて松田千奈と雛形あきこが動画ジグソーパズルの素材として登場するパズルゲーム。
ジグソーパズルの老舗である(株)やのまんからは、やはりサターンで『日灼けの想い出+姫くり』という同趣向のゲームが発売されてたが、こちらはそれのキャストがグレードアップしたバージョン。
2000年代初期まで散発的に登場したイエローキャブゲームの草分けでもある作品だ。
171219006.jpg
動画でうねうねと動くピースを組み合わせ、パズルを完成させて彼女たちの水着姿を拝むことに得も言われぬ楽しみを見出せる、ピュアな人々だけに向けられた純度の高いゲームなので、その対象でない人間が、このゲームについてあれこれ口を出すのは、およそ野暮というものだろう。
かく言うオレもシャトルマウスを手に水着の木内あきらを組み立てるのに心血を注いでは、「こんな素晴らしいゲームをありがとう!」と、やのまんに感謝を捧げていたクチだ。
171219003.jpg
彼女のグラビアが掲載されていたのが、ボケない食事だの、ガンの病院選びだの、老いらくの性生活だのと、オヤジ系週刊誌の終着の浜辺と化しているような週刊現代だったのが(信じられないかもしれないが、90年代でもっともとんがっていた週刊誌であった)、今やサターンや初代プレステあたりの話題も、この籠の中に入らんとしている事実を思い知らされるのだった。

この記事に含まれるtag : タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2718.html

2017/12/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【CRぱちんこイエローキャブ パチってちょんまげ達人6】

   ↑  2017/11/06 (月)  カテゴリー: PS2
171106006.jpg
ジャニーズと往年のイエローキャブ。ポジションは微妙に異なるが、この2つの芸能事務所には大きな共通項がある。
それはトップの特殊な審美眼により選び抜かれた純化集団であること。
であるが故に脱退や分裂の騒動は骨肉の争いに至るのだが、まぁそれは置いといて、いくら共通項があるといっても、そこは美形と巨乳の違い。
ジャニーズにパチンコは食い合わせが悪いが、しかしイエローキャブの方はと言うと、パチンコとの親和性が鬼のように高いときてる。
171106005.jpg
数多あるパチンコの版権モノでタレント系は珍しくないが、事務所単位での実写登場は史上初だった京楽「CRぱちんこイエローキャブ」。
もしも願い事が一つだけ叶えられるとしたら、乗ってる船が難破してイエローキャブの面々と共に無人島に流れ着きたいと申請するつもりのオレみたいな人間にとっては、この台の宣伝コピー通り、まさに「夢のようなパチンコ」である。
なんたってあの巨乳女神たちに直接(でもないが)カネを貢げるのだ。もっとも考えようによっちゃ小池栄子からマイルドなカツアゲにあってるだけかもしれないが。
171106001.jpg
顔中に釘がぶっ刺され「ヘルレイザー」のピンヘッド状態になっているイエローキャブ勢の盤面だけで、もうお腹いっぱいなこのパチンコ。
演出画面で踊るのも、もちろん、MEGUMI、小池栄子、佐藤江梨子、根本はるみ、かわいかおり、北川友美、八幡えつこ、森ひろこ、五十嵐結花、小林恵美、星本かおり、五十嵐りさ、総勢12名のイエローキャブ軍団だ。スロット役がこれほど似合う女性タレントたちも、そうそう他にはいないだろう。
171106003.jpg
そんなデジタルで残す価値のあるパチンコ機のシミュレーターは、毎度おなじみPS2『パチってちょんまげ達人』シリーズから。
巨乳と賭博、夢のような享楽の合体が家で遊びたい三昧。
追加の玉買い投資は無用だが、ハンドル代わりのPS2コントローラを握りしめながらスロットが流れる様子を眺めていると、家の中に押し入ってきた根本はるみに「タダで遊んでんじゃねえ! これを貰ってくぜ!」と財布を持って行かれても構わないような気分になってくる。
もっともそれって考えるまでもなく、マイルドな強盗に遭っているだけかもしれないが。

この記事に含まれるtag : タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2702.html

2017/11/06 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【モーショングラビアシリーズ MEGUMI】

   ↑  2017/10/31 (火)  カテゴリー: PS2
171031007.jpg
YUKIだとかHIROSHIなんて芸名や通名をつけたがる輩は後を絶たないが、ネット検索時代においてそんな限りなく匿名に近い名乗りをあげるのは、その芸名のハンデを突き破る図抜けたパーソナリティと覚悟が必要だ。
それが欠けている者は、たとえ一時はいいかもしれないが、その先に待っているのは埋没と忘却だけである。
171031004.jpg
しかし時にはそのハンデを本人ではなく確かな眼力を持った第三者が与えることがある。
名将仰木監督は類稀なる才能を持った若者に、「お前は今日からイチローだ」と告げた。
そして巨乳の名伯楽イエローキャブの野田社長は、数多ある自社の巨乳タレントの中から、ある一人に「お前は今日からMEGUMIだ」と、このハンデの塊のような芸名を与えた。
仰木監督の眼力が確かだったように、野田社長の才能を射抜く眼も間違ってはいなかった。
"外見は巨乳美女、中身はがらっぱちなあんちゃん"タイプが多いイエローキャブ勢の中でも飛び切りその資質が抜きん出ていた彼女は、天性の勘の良さも加わってバラエティ方面でたちまちその才能を開花させ、それまでのグラドルの枠を超えたフィールドを開拓したのであった。
171031005.jpg
グラドルの概念を変えた女MEGUMI in プレイステーション2。
数多くのイエローキャブとゲーム界とのタイアップ作品の中で、このモーショングラビアシリーズはオリジナリティと完成度において他を大きく引き離す孤高の巨乳ソフトだ。
モーショングラビアとは、分かりやすく言うと超ハイエンドなパラパラマンガ。
ベースとなるのは高解像度のスチル写真。その大量の画像を最新技術で補完して動画風に編集したもの。
一般的な動画とはまったく質感の違う、グラビア写真がぬめーっと動く唯一無二のテイストは、とにかく一見の価値がある。
動くグラビア、モーショングラビアとはよく名付けたもんである。
171031001.jpg
このMEGUMIに加えて、根本はるみ、北川友美、森ひろこと計4作品がリリースされた同シリーズだが、ネームバリュー的に抜きん出ているのは、やはりMEGUMI。
2枚組DVD-ROMのもう片方は、毎度おなじみのメイキング風景を収録した特典ビデオ。
いつもなら適当にスルーするところだが、本作の場合は、この一見なんの変哲もないグラビアスチル撮影が、あの現実感がまったくない妖かしの"動くグラビア"に変貌するのかと思うと、意外と興味深く観ることができる。
171031002.jpg
特典DVDのラストはMEGUMIの素のコメント。
撮影の感想を、まるで壁の塗り具合を尋ねられた左官のあんちゃんのように、ざっくばらんに男らしく通りのいい声で答える様子は、彼女のぶっちゃけたパーソナリティを端的に表していて、これまたちょっぴり興味深い。

この記事に含まれるtag : タレントゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2701.html

2017/10/31 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。