ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: ゾンビ の検索結果)

total 6 pages  次のページ →  

【Left 4 Dead】4人は黄金比

   ↑  2017/02/14 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170214004.jpg
オレたち一行は思わず顔を見合わせた。
Xbox Liveを通じた遥か彼方、ヘッドセット越しの肉声のみが繋がりの、顔も見えず知らない相手たちだが、その時は確かに立ち止まって見合わし、互いの表情を伺う手応えがあった。
この先から聴こえてくるのは辛気臭い女性の泣き声。
そしてそれに合わせて鳴り響く、まるでイタリアンホラーのサウンドトラックのようなBGMが、こちらの神経をさらにささくれ立たせる。
170214002.jpg
ウィッチだ。
それもよりによって狭い通路のド真ん中にぺたりと座り込んでいる。
この己が身に起こったことを把握してしまった不幸な感染者は、側をそーっと通って行けばやり過ごせるが、いったんこちらの存在に気づいたら、「見~た~な~」とゲーム中最大の攻撃力で駄々っ子みたいに荒れ狂うもっとも厄介なエネミーだ。
このパーティで幸いだったのは、慣れた様子で粛々とこの事態に対処するスレたプレイヤーが混じっていなかったことだ。
他の人間を前に押し立てるようにビクビクと進み、感染者のトレインには大いに慌てふためき、ウィッチには堂々とビビる。
ゲームの巧拙は怪しいが、ゲームをエンジョイすることに関してはナチュラルに長けている、頼もしいようでいてちっとも頼もしくない楽しい面子だ。
170214005.jpg
「おい、どうするよ?」
立ち止まって逡巡する一行だが、もとよりこのメンバーに気の利いた知恵などあるわけがない。
もたもたしているうちに、ウィッチが「んあ?」とばかりに辺りを見回し、そしてこちらに目を留めた。
「うわああ、気づかれた! うわああ、うわああ、うわああ!」
平等にパニクったオレたち一行は、手にした銃を闇雲に乱射しながら慌てて後ろ向きに走り出し、そして揃って曲がり角でつかえてさらにパニクるのであった。
170214001.jpg
バッドガイ気取りのアホウに偏屈な退役軍人、ヤッピーにフーテン娘。
世の中が平穏無事だったら、その人生に接点などまったくなかったであろう4人も、ゾンビクライシスの前ではなし崩し的に呉越同舟となる。
そしてその中身も同様だ。
東京の片田舎に住むオレと東海岸はメリーランド州の住人。本来なら縁もゆかりもまったくない者同士が、ここでは互いに背中を守り、それぞれが相手を危機から救うチャンスを求めている。
目の前でスモーカーに飛びつかれている仲間が。今までチームのお荷物だったオレにも、やっと同士の役に立つ機会がやって来た!
アサルトライフルの乱れ撃ち。何発かは仲間に当たっちまったようだけど、なあに、鎮痛剤やるから心配するな!
170214007.jpg
ビートルズにピストルズ、玉川カルテットにチャンバラトリオ、4人はステキなキーワード、すったもんだな道中の黄金比。
敵でもなければ自分のキルを横取りする泥棒野郎でもない。災難を共にする仲間たち。
完全Co-op仕様のシューターが、まだ世間一般では馴染みの薄かった頃。その伝道師となったのは統一感のカケラもない、ワケがあっての仲良し4人組。
ゲーム内容は言うに及ばず、タイトなボリュームからそのタイトルまで、何から何までデキすぎの名作だ。

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : FPS ゾンビ ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2606.html

2017/02/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【コープス・キラー】南国の脱力ゾンビ退治

   ↑  2017/01/15 (日)  カテゴリー: 3DO
170115001.jpg
3DOに咲いたゾンビゲームの花。提供はアクレイムジャパーン!
自社のゲームを同一ハードで同日に複数リリース(メガドラ末期にやたらとこれをやった)とか、市場に出回ってるんだかも定かではない出荷数で無駄にソフトをレア化させるとか(メガドラの『バーチャルバート』など)、しまいには発売したかどうかすらはっきりしないソフト(サターンの『スコーチャー』)など、数々の訳の分からない販売戦略(恐らく何も考えていなかったのであろう)で、ごく少数の物好きなユーザーを混乱させてきたアクレイムの日本代理店。
3DOに於いても、その意味不明な販売戦略は健在であった。
170115002.jpg
共に実写を用いたインタラクティブムービー。事実上中身が丸被りな『コープス・キラー』と『サプリームウォリアー』を、なぜか同じ日に同時リリースするというワケの分からなさっぷりは、逆方向の期待をさっそく裏切らない。
しかもこの二作、共にアクレイムジャパンお得意の控え目な出荷数のおかげで、3DOソフトの中でもレアソフト化。
170115005.jpg
アクレイムジャパンのアバウトな仕事っぷりは、この『コープス・キラー』のパッケージでも全開。
「何百ものリアルタイムゾンビを襲撃」
「プレイヤーによる生存戦略の決定や選択」
「君のジャマイカ人の相棒であるウィンストンが、君を戦いから戦いへと運転してくれる」
「空港で君を待ち受ける武装隊。この連中、腹が減ったらますます戦だ」
「残念ながらゾンビの群れを従えた気狂いカルトリーダー、ヘルマンは君の存在を知っている。彼が率いる墓から這い出た人食い怪物たちは、叙々(原文ママ)に君にせまってくる。君の頼みの綱は奴らを襲撃することだけだ。死人が相手だ、やっちまえ!」
170115003.jpg
このフリーキーな芸風はマニュアルでも全開(「連続殺人鬼は、普段はどこにでもいる真面目人間だが、人をあっという間に消す特技を持っている連中だ!」……すいません。何を言ってるのか、さっぱり分かりません!)。
さらにこのブロークンな翻訳は本編用の吹き替え台本にまで及ぶ始末。
このワケの分からない日本語を、外画系の声優さんたちがバカ正直にアテている光景は、カオスという言葉だけではとても収まりがつかないだろう。
170115004.jpg
南の孤島で極秘裏に行われる兵士のゾンビ化研究。相棒はブードゥー専門家の怪しいジャマイカ人と、スクープを狙って島にやってきた金髪のジャーナリストお姉ちゃん。
舞台が南国なだけに、出てくるゾンビはちょっぴり「サンゲリア」風。
ただし「サンゲリア」といっても、それのスウェーディッシュみたいな激安のシロモノなので、腐臭というよりは、むしろ浮浪者系の臭いが漂ってきそうな南国ゾンビだがど……。
170115006.jpg
ゲーム自体は、ただ無作為に現れる実写取りこみゾンビに照準を合わせてボタンを押すだけの、レベルデザインという概念が根本から欠落したアバウトなガンシューティング。
まあ本作は、アナーキーな吹き替えにより破壊度を増したムービーパートと、バリエーションの乏しい浮浪者みたいなゾンビが意味も無くわらわらと現れる本編パートを、力なく笑いとばすのが目的みたいなゲームのなので、ガンシュー部分の粗雑という言葉すら生易しい造りをどうこう言っても始まらないだろう。

 

この記事に含まれるtag : 実写ゲーム ガンシューティング LDゲーム ゾンビ  

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2594.html

2017/01/15 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【State of Decay: Year-One Survival Edition】倦怠な日常

   ↑  2015/09/10 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
150910001.jpg
どんなおぞましいゾンビハザードも、いつまでも非日常の世界であり続けることはない。
幾日も当て所なくそんな毎日が続けば、それはたちまち惰性の日常と化す。
増殖するゾンビたちに埋め尽くされた田舎町。生き残った人々は身体を寄せ合って建物に篭もり、襲い来るゾンビの群れから我が身を守ろうとする。
その家は急ごしらえの要塞だ。ゾンビを阻む高い塀に見張り台、救護施設やクルマを修理するガレージ。
150910005.jpg
そして人が集まって日々を過ごすには、そこには当然調理施設やダイニング、寝る場所といった生活の施設が必要となってくる。
かくして"ホーム"の一丁出来上がり。
終末世界のルームシェアといえば聞こえいいが、その実態はちょっとスケールの大きい貧乏学生たちの下宿生活みたいなもの。
自然とそこは、いしいひさいちが描く東淀川大学生アパートのような、怠惰な空気が流れる生活空間と化すのであった。
150910003.jpg
生活するには飯が要る。資材や医薬品、そして弾薬だって必要だ。
これらは空から降ってくるわけではないから、当然誰かが調達しに行かなけりゃならない。
「おい、食い物もう無いんだけど、誰かそこらの民家漁って獲ってこいよ」
「えー、やだよ、めんどくせえよ、お前行ってくれよ」
「オレは疲労がたまって走れなくなってるし、あいつはケガしてるし、お前しかいないんだよ。文句言わずに行ってこいよ!」
「あー、もうしょうがねえなあ……」
気力の感じられないキャラクターの端々からは、まるでそんな会話が漏れ聞こえてきそうな雰囲気がある。
終末世界のサバイバルといえば聞こえいいが、その実態はやはりアパートの一室で何をするわけでもなく数日ゴロゴロしているダメ学生たちの、飯の買い出しみたいな風景になってくるのだった。
150910002.jpg
「リュック忘れんなよ。持ち帰れそうなモノは目一杯持って買えるんだぞ」
「あー、いちいちうるせえなあ。分かってるよ、心配すんなよ」
「おい! ショットガンの弾、そんな持ってくなよ! 残り少ねえんだからよ!」
「いいじゃねえかよ、これくらい。外に行くのはオレなんだからよ。ゾンビの大群とかち合ったらどうすんだよ」
「棒切れかなんかでどうにかしろよ」
「お前じゃあるまいし、やだよそんなの! とにかく持ってくぞ、これ」
「おい待て! オレが出かけるとき困るだろうが、おい!」
弾薬という非日常的なアイテムも、この『State of Decay』の世界では、下宿に一本しかないボロ傘みたいな扱いだ。
150910007.jpg
給料袋を抱えた亭主を女房が心の底から歓待するのも新婚のうちだけ。無人の建物を回って食料や物資を拾い集めてきたって、ヒーロー扱いされるのも最初だけだ。
ゾンビの気配に怯え、心臓をバクバクさせながら物音を立てないようにタンスを漁っていたのは過去の話。
物資を調達してホームに戻るサバイバルも、数日も経てば相も変わらないルーチンワークになる。
そして気づけば近隣の建物は、もう全部漁り尽くした。どうすっか? じゃあ引っ越すべ。
お引越しは怠惰が続く日々の中では、目先の変わる唯一の心躍るイベントだ。それに大抵の場合は、引越し先は今いる家よりグレードが上がる。
150910006.jpg
「おー、ここが新しい家かー」
新居を訪れた一同も、みんな久々に表情が明るい。
しかし新居が"新"でいられるのも、やはり数日の間だけ。しばらく経てばせっかくの新居も、またいつもの怠惰なムードに包まれるのだった。
サバイバルシミュレーションなんて触れ込みとは裏腹の、ゾンビに囲まれた倦怠の日常。
そんな終わりのない生活に倦む日々が、真夏のぬるま湯のように感じられてきたら、それはもう『State of Decay』の他にはない奇妙な魅力に囚われたということだ。
ゾンビの腐った顔はもう見飽きた。でも一緒に暮らす連中の辛気臭い顔はもっと見飽きた。
でも連中のツラを拝む生活は、まだまだずるずると続く。ああ、この終わりのない素晴らしき倦怠な毎日よ!

<無印版の有料DLC二編をバンドル / 国内ストア未発売>



この記事に含まれるtag : オープンワールド ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2374.html

2015/09/10 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Dead Rising】ショッピングモールの王様

   ↑  2015/06/04 (木)  カテゴリー: XBOX 360
150604006.jpg
ジョージ・A・ロメロの「ゾンビ」。それはショッピングモール賛歌の映画だ。
この映画のおそらく唯一のオフィシャルゲームに、SPI社製のボードシミュレーションゲームがある。
少人数ながらも行動力と武装に秀でたSWAT側と、動きはのろいがとにかく数で圧倒するゾンビ側。
その性質と攻守の役割が明確に分かれた二陣営が特徴的な、異色のボードSLGであったが、それ以上にわくわくさせられたのは、例のショッピングモールがを平面化した、まるで店内案内図のようなマップだ。
ブティックに宝石屋にレストラン、史実を舞台にした一般的なボードSLGとは一線を画した生活感溢れるマップはとても印象的で、その馴染みのある風景を非日常的な行いで蹂躙しまくるのは、このゲームのもっともエキサイティングなポイントだったと思う。
150604003.jpg
そしてボードSLG版ゾンビから幾数十年、イノベーションを重ねたビデオゲームにおいて、ショッピングモールゲームの決定版とでも言うべき作品が登場した。
ウィラメッテショッピングモール。そこはイオンモールに負けないくらいの夢の国だ。
スポーツショップにおもちゃ屋にホームセンター、ありとあらゆる業種の店が軒を並べ、そしてそこをすべて我がものとして振る舞うことができる。
そう、オレにとって『デッドライジング』は、ゾンビパラダイスではなくショッピングモールパラダイスのゲームなのである。
150604001.jpg
駐車場の奥にそびえるショッピングモールに、ゾンビたちがふらふらと吸い寄せられるように集まる、このゲームの静かな静かなメニュー画面は、しばらく眺めていても飽きないほど素晴らしい。
その生ける屍たちの行動原理は、生前となんら変わりない。せいぜい身体が腐ってるかいないか、足取りがおぼつかないか軽やかか程度の違いだろう。
そんなゾンビたちのモール愛は、人ごとではなく痛いように分かる。
プロローグのモールメインエントランス前で、まるで休日とお客様感謝デーが重なった日のイオンモールみたいに、「早く入れろー」とひしめきあっているゾンビたち。
普段はオレもあの群れの中に混じっているのであろう。しかし"史上最低のパパラッチ"フランク・ウエストの身体を借りた今のオレは違う。
オレはこのモールで王様のように傍若無人に振る舞うことを許されたVIPなのだ。
入れてやっても構わないが、その代わりオレにバットやギターで頭を叩き割られても文句を言うなよ。
150604005.jpg
そんなショッピングモールの王様にとっての最大の天敵は、よりによって繰り返しプレイを前提としたバランスと、タイトなイベントスケジュールへの屈服を余儀なくされる、このゲームの根本的なシステムだったりする。
ショッピングモールは夢の国、時間を忘れて浸りたい天国であるはずなのに、これだけの作りこまれたモール空間を提供してくれながら、ゲームの側からそれを許してくれないもどかしさは相当なものだ。
バランスやプレイアビリティなどは、続編の2や3で少しずつ改善されてゆくのだが、しかし2や3はショッピングモールが舞台でないという致命的な問題がある。
カジノリゾートなんてまったく実感の沸かない場所だし、ましてや3の街という漠然とした空間など、焦点ボケもいいところだ。
150604004.jpg
やはりそこから外に踏み出す必要がまったくない、ショッピングモールという完全を究めた空間に勝るものはない。
食い物にも事欠かなければ、着替えも電池もたくさんある。暇をつぶしたければ本やCDは山ほどあるし、映画館や遊園地だってある。
ひしめくゾンビは、時としてやたらと邪魔っけな存在だが、それでも人っ子ひとりいないピエリ守山みたいな光景よりははるかにましだ。
このゾンビの群れに没して、自分も生ける屍の一人となろうとも、オレはこのやりたい放題のモールから出て行くつもりはさらさらないぜ。




この記事に含まれるtag : ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2322.html

2015/06/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Slice Zombies for Kinect】鮮度激落ちクローン

   ↑  2015/05/11 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
150511001.jpg
ゾンビ。人を同じルックスでありながら、派手に四肢を切断したり首をチョンパしても、あまりお咎めのない便利なやつ。
チェーンソーで切り刻まれたり、ショットガンで頭をふっ飛ばされたり、そのたびにゾンビは派手に血をまき散らしてサービスし、我々の歪んだ嗜虐心を満足させてきた。
しかしゾンビって、ありゃあ要するに死体だ。元々そんな日持ちのいいもんじゃない。
三日も経てばその身体からは水っけが失われ、ナタや日本刀で斬りつけても、バシュッ!なんて爽快感はとうになくなっているだろう。
画面の中にぽんぽんぽーんと投げ出されるゾンビの身体。それを両腕で斬りつけるたびに得られるのは、ぽそっぽそっぽそっというショボい反応。
萎びかけた野菜を刻むような作業を続けながら、オレは日数の経った死体の手応えなんて本来こんなものなんだろうと、無理矢理自分に言い聞かせるのであった。
150511004.jpg
ついこの間、本家の新作『Fruit Ninja Kinect 2』が登場したばかりだというのに、そんなことお構いなしに厚かましくも登場したフルーツニンジャクローン、『Slice Zombies for Kinect』。
ちょっと当たったジャンルには、モチーフをゾンビに置き換えた安易なクローンが出てくるのはゲーム界の常だが、このKinectという狭い分野において、本家に間髪入れずの面の皮の厚さは相当なものだ。
そして元ネタにはまるで及ばないクオリティも、この手のゾンビ系クローンゲームではお馴染みのパターン。
その名の通りフルーツをゾンビに入れ替えただけの安易なアイディアなのだが、本家の果汁が画面外まで飛び散ってきそうなバッサリ感にはおよそほど遠い。
手刀を一閃させてゾンビの身体に叩きつけても、帰ってくるのは「ぽそっ」なんてしけたSEと、乾ききった大根を切っているようなフィーリング。
素手でゾンビをなぎ倒す終末世界超人になるつもりが、今や気分はすっかり廃棄寸前の食材をやりくりする激安食堂の料理人だ。
150511002.jpg
『Fruit Ninja Kinect』では画面に映る自分の姿は腰から上。このポジションだと両腕が画面内を隅々までフォローでき、あらゆる位置に飛ぶフルーツに対処できる。
対してこの『Slice Zombies for Kinect』の場合は、一般的なKinectの立ち位置だと、上図のようにちょうどくるぶしの上あたりから画面に収まることになる。
これだと手の届く範囲は画面の中心部に限定され、端っこの方はまったく死角になってしまう。
この問題を克服するためには、できるだけセンサーの近くに立って画面に映る自分の姿の比率を高めなければならない。
ベスト立ち位置はセンサーから1メートル手前。Kinectの必須距離1.4メートルを大幅に更新する至近ポジションだ。
これでどうにか『Fruit Ninja Kinect』のフィーリングに近づいた。もっともテレビがあまりにも目の前にありすぎて、何がなんだかさっぱり分からなくなってしまうけどな!
150511006.jpg
詰めの甘さはこれだけじゃない。
この手のゲームの肝である爽快性を大幅にスポイルしているのは、触れれば即1ミスになってしまう爆弾の多さだ。
これにより、腕をダイナミックに振るってオブジェクトをバッサリバッサリ斬り捨てるゲーム性が、爆弾の合間を縫って両手をそろりそろりとゾンビやコインに合わせる、躍動感のカケラもないものに一変。
フルーツニンジャのクローンどころか、これではまるでイライラ棒の劣化版である。
取り柄といえば実績がアホみたいに簡単なことと、マイクロソフトハードにマリオみたいな奴を登場させた蛮勇くらい。
あとは本家よりちょっと安いことくらいだが、あとわずか5ドルほどを足せば『Fruit Ninja Kinect 2』を買えるのだ。その5ドルを惜しむ理由はこれっぽっちもないぞ。

<国内ストア未配信>



この記事に含まれるtag : Kinect ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2308.html

2015/05/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。