FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: ゾンビ の検索結果)

total 7 pages  次のページ →  

【Dead Rising】麗しのホームセンター

   ↑  2020/04/08 (水)  カテゴリー: XBOX ONE
dead rising xb1
コロナウイルスによる諸々の事態を受けてアメリカでは銃砲店の駆け込み需要が高まっているなんて、盛っているんだかどうだか分かんないようなニュースを目にしたが、この現状に思わず抑止力を手にしたくなる気分は非常によく分かる。
かくいうオレも真っ先に手に入れに走ったのは自衛のための武器、チェーンソーであった。
事態がさらに悪化して暴徒やゾンビやレイダーやスーパーミュータントが跋扈するようになったら、立て籠もってこれで迎え撃つ気まんまんだ。
ゲームの主人公気取りのすっとこどっこいが「話し合おう!」なんて近寄ってきても聞く耳なんか持ちやしない。
「誰も信じねえ!」と叫びながら自慢のチェーンソーの生け贄にしてやる。かくして『デッドライジング』におけるサイコのいっちょう出来上がりである。
200408002.jpg
なんてわけはなくて、仕事がなくなって暇になったのを機会に、これまで手がつけられなくて荒れ放題になってしまった雑地をきれいにしようと買ってきたのだが、しかしいざこれを手にしたときに得られる「いつでも勝負してやるぜ!(誰と!?)」とばかりの自信と安心感は、チェーンソーが武器の類にカテゴライズされるブツであることを改めて思い知らされる。
アメリカ人の自衛精神の源が銃砲店ならば、日本人にとってのそれはやはりホームセンターだ。
チェーンソーを始めとして、草刈り機、長柄鎌、スコップ、ハンマー、ネイルガンが並ぶその風景からは、「武器庫」という文字が即座に連想される。
政府が一度はホームセンターを休止要請対象に入れようとしたのは、ここを足がかりとしての市民蜂起を恐れたからだと、なかば本気で思っているくらいだ。
200408004.jpg
『デッドライジング』においてもホームセンターは頼もしい。
自由行動ができるようになったとき、オレのフランクが真っ先に駆け込むのはノースプラザのホームセンターだ。
ほど近くにはアメリカ人の心の故郷、銃砲店もあって変なおっさんが立て籠もっているのだが、そっちはくれてやる。
日本人のオレが頼りにしたいのはやっぱりホームセンターだ。草刈鎌、ショベル、デッキブラシ、そしてチェーンソー。
それらの品々が並ぶ棚を見ているだけで、まるで母の胎内にいるかのような安心感に包まれる。
200408003.jpg
もちろん見ているだけじゃしょうがない。これは実用品だ、使わなくてなんになる。
スコップで側頭部をぱっかーん、デッキブラシで頭頂をすっこーん。実験台はそこらにいくらでもいる。
そしてなんてったってやっぱりチェーンソー!
『デッドライジング』には小型チェーンソーという、攻略には不可欠のいささかチート気味な武器もあったりするのだが、そっちはいささか味気ない。
200408006.jpg
やっぱりホームセンターで手に入る、ぶるん!と一発エンジンかけてから使う、ちょっとばかり取り回しに苦労するチェーンソー、こいつに限る。
ここには頼りになる武器が山ほどある。他の場所はかまわねえが、ここだけは絶対人には渡さねえ!
もうブラッドもジェシーも信じねえ! オレのこの神聖な武器庫を侵すやつは、片っ端からチェンソーで血祭りに上げてやる!

この記事に含まれるtag : ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2890.html

2020/04/08 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Dead Rising】史上最悪のパパラッチ

   ↑  2020/04/06 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
dead rising xb1
勧告を無視して封鎖地帯に勝手に入り込むマスコミ関係者。
今の時代だったらSNSとかで「こいつは徹底的に吊し上げていい」マークをべたべた貼り付けているようなものだが、『デッドライジング』の主人公フランク・ウェストに限って言えば、14年前から充分アンモラルであった。
報道写真とメディア倫理の関係は「ハゲワシと少女」の遥か以前から存在し、ジャーナリストであれば一度は真剣に向き合わざるを得ない問題であるが、フランク・ウェストはおそらくそんなもの一願だにもしなかったであろう。
たとえ「ハゲワシと少女」の写真を目にしたとしても、奴が吐きそうな言葉は「なんでこいつはワシがガキに喰いつくまでシャッターを待てなかったんだい? ヌルいな!」程度であることは容易に想像がつく。
200406002.jpg
2のチャック・グリーン、3のニック・ラモス、後のシリーズ作の主人公たちの設定は基本的に小善人だ。そしてそれは作品そのものの薄味に繋がっている。
4においてフランク・ウェストは正規にナンバリングタイトルの主人公復活を果たすが、あのフランクはフランク・ウェストのパロディみたいな存在。やはりフランクは1作めのとことんゲスなパパラッチ野郎に尽きる。
200406003.jpg
『デッドライジング』は周回プレイを前提としたゲームデザイン。プレイヤーは必然的にゲームのイントロダクションに何度もつきあわされるハメになる。
しかしこのイントロダクションが、古今東西のあらゆるゲームのそれの中でも、傑出したものであることだけは間違いない。
ヘリコプターから映る下界の風景は、これから起こる狂気の乱痴気騒ぎなど微塵も感じさせない、アメリカのどこにでもあるような、どうでもいい田舎町の遠景だ。
そのヘリコプターに乗り合わせるのは、ゲーム史上最低最悪の座に輝く主人公フランク・ウェスト。
そしてフランクは、ヘリが町の中心部に侵入するや否や、その最低最悪ぶりを、早々と全開で披露することになる。
200406004.jpg
抵抗虚しくゾンビに八つ裂きにされる男性を激写しては「ナイス!」
爆発炎上するガソリンスタンドをフィルムに収めては「パーフェクト!」
ゾンビの群れに追い詰められた女性が建物の屋上から転落死する瞬間をパチリとやっては「ファンタスティック!」
ゲームのプロローグ部分が一種のチュートリアル的な意味を兼ねているのならば、ここでプレイヤーたちは、このゲームの真の目的が、いかに他人の悲劇を面白おかしく写真に捉えることであるかを教えられる。
そしてプロローグ部分が、ゲーム主人公の自己紹介パートであるのならば、フランクはその行動で己のことを雄弁にこう語っている。「オレ、フランク・ウェスト。史上最悪のパパラッチ。みんな、よろしくな!」
200406005.jpg
この良識のかけらもないイントロダクションがあるからこそ、プレイヤーは以後、ウィラメッテ・ショッピングモールというこの世の地獄の中で最も不要なものがモラルであることを、早々と理解することができるのだ。
ここで起こるあらゆる悲劇も、喜劇も、生も死も、フランク・ウェストという史上最低野郎の、カメラマンとしての欲求を満たすための餌でしかない。
愛する人を失った悲しみや、そして人の断末魔にさえ、フランクはカメラのレンズを向けて、そしてにこやかにこう大声を上げるのだ。「ナイス!」と。

この記事に含まれるtag : ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2889.html

2020/04/06 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Dead Rising】ショッピングモールは永遠に

   ↑  2020/04/04 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
dead rising xb1
世界があっという間に非日常に包まれた。
オレ個人の周りで言うと、仕事がなくなったとか会社が飛びそうだとか色々とあるのだが、それらを差し置いて非常事態を感じさせるのが、近隣のショッピングモールがこの週末営業を休止してしまったことだ。
ショッピングモールのない日常。都内住みの人間にはピンと来ないかもしれないが、都下の田舎住まいのオレたちにとっては事実上ロックダウンを宣告されたようなもんである。
ショッピングモールに行けないとなると、オレたちはどこでボーッと時間を潰せばいいのだろうか。
きれいな山や川があるじゃないですかって? ふざけんなこの野郎! そんなもんで心が満たされるのはお前らだけだ!
200404002.jpg
そんなわけで開いているうちに諸々の用を足そうと金曜日にモールに行ってみたのだが、同じことを考えたやつらや暇を持て余した家族連れで平日にも関わらずごった返していて、なんかもう本末転倒な話になっていた。
しかしオレも同じ穴のムジナだ。矢も盾もたまらずここに押し寄せてきた人々の気持ちはよく分かる。
ショッピングモールはオレたちの心の拠り所であり、たったひとつの楽園だ。ここを訪れることのできない人生になんの意味があるだろう。
コロナならまだ自制があるが、ゾンビを発症したらもう本能の赴くままだ。たとえ休業していようが封鎖されていようが、オレは腐った身体をひきずってショッピングモールに押しかけ、「入れろこの野郎!」と正面入口で大騒ぎしていることだろう。
200404003.jpg
Xbox 360最初期のキラータイトル『デッドライジング』。
もう14年前のゲームだという事実に軽くのけぞるが、しかしその後ずるずると続く同シリーズの中で、オレにとってのベストはシステムもゲームバランスもいびつなこの一作目だ。
その理由は唯一つ、ショッピングモールが舞台だから。
2のカジノも3のなんだかよくわからない外国の街も、オレにとっては遠い世界のお話。しかしショッピングモールは日常だ。
200404004.jpg
遥か14年前にクリアしたこのゲームのXbox One版を、ここで改めて購入したのはセールだったってのも勿論あるが、心が自然と人で溢れかえった日常の世界を求めたってのが大きいだろう。もっとも溢れかえっているのは人ではなくゾンビだが。
厳密には営業を放棄している状態だが、しかしこのウィラメッテショッピングモールは現在進行系でしっかりと息づいている。
理由なくなんとなく集まってきちゃった無数の人々は、巨大なショッピングモールを循環する血液だ。たとえゾンビを発症しようともその役割は変わらない。
そしてこの人が溢れかえる賑やかな様子は、いまの現状から見たら大きな希望の風景だったりする。
200404006.jpg
いびつなバランスや窮屈なタイムテーブルにめげず、オレは再びこのアメリカ中西部の片田舎にある巨大ショッピングモールを好き勝手に闊歩する。
フードコート、シネコン、本屋におもちゃ屋、スポーツ用品店、スポーツジムにスーパーマーケット、ここにはなんでも揃っている。
孤立することもない。世界から取り残されているなんて心配する必要もない。置き去りにされているのはここから外の世界だ。
ショッピングモールにいさえすれば、すべては万事うまくいく。ショッピングモールにできないことなどないのだから。
一度入ったからには、この際とことん居座ってやるぜ!

この記事に含まれるtag : ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2888.html

2020/04/04 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【7 Days to Die】死に至る7日間

   ↑  2017/11/28 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
171128006.jpg
怪しげな館に迷い込む、ショッピングモールで孤立、島に漂着、今まで様々なゾンビクライシスの現場に身を置いてきた。
それなりに経験も積み重ねてきた。だけどパンツ一丁の身体で放り出されるのは初めてだ。
何か羽織るものでもといきたいところだが、それ以前にやることは山ほどある。
喉が渇くから飲料水も確保しなけりゃなんないし、腹が減るから食料の調達も必要だ。
いや、それよりも何よりもまず火! 肉を焼く、水を煮沸、これがなくては話にならない。
そのためには道具の入手こそが喫緊の課題だ。素手で木をぶち折って、手頃な石を拾って、……文明の利器、石斧が出来上がりましたあ! ああ、なんかスゲえ既視感!!
171128002.jpg
だけどこっちはあんなコロコロコミックに攻略記事が載るような呑気な世界じゃない。
ゾンビと謎の病原菌にすべてを支配された死と絶望の大地だ。
『7 Days to Die』。余命1ヶ月の花嫁どころではない。オレに残されたわずかな猶予には、愛もささやかな幸せもない。ただひたすら生命を繋ぐだけだ。
目の前に広がっているのは荒廃の世界。とりあえず目の前にある廃車を漁ってなにがしかの素材を手に入れなければ。
171128008.jpg
近づいた廃セダンの向こうには大きな影が佇んでいた。熊さんだ。唸り声を上げてオレを睨んでる。
相手がゾンビでない以上、多少の話し合いの余地はあるんじゃないか。
そう思いながら固まるオレに熊さんは容赦なく襲い掛かってきた。
余命1ヶ月の花嫁どころではない。余命2分だったオレの主人公。まだゾンビの影すら見ちゃいないのに……。
171128003.jpg
リスポーンしたのはさっきと別の場所だった。
改めて石斧と石スコップを作り直し、それを手にふらふらと彷徨い始める。
やがて目の前に現れたのはガソリンスタンドの廃墟。頑丈そうな建物だ。やった、今日はとりあえずあそこで一夜を明かそう。
だが得てして人が生前集まるような場所は、ゾンビになっても賑わうものだ。そりゃそうだ、オレがゾンビになったら真っ先に近所のイオンモールに行くもん。
小走りに駆け寄ったオレの足音を聞きつけたのか、GSの中から陰からわらわらとゾンビが出てくる。
すいません、失礼しました! なんでもありません、お騒がせしました!
171128007.jpg
息を切らしながら全力ダッシュで山の方に逃げるオレ。
やっぱり人里はダメだ。こういう普段人が寄り付かない場所のほうがよっぽど安全かもしれない。……まあ熊は出そうだけどな。でもゾンビより熊のほうがあきらかに絶対数が少ない!
とにかくここで一夜を過ごせる安息の場所を作らなければ。
穴だ。斜面に穴をほって入り口を土ブロックで塞ぎ、そこで息を潜めよう。
171128001.jpg
石スコップを振るいガシガシと穴を拡げていく。グズグズしていると日が落ちてしまう。飯だの水だのは、また明日考えよう。
この程度の深さじゃまだ安心できない。もっと深く、もっと広い穴を。掘って掘って掘りまくって。
どどどどどどどっ。上から崩れてきた土砂に押し潰され、オレは早くも二度目の死を迎えた。
「どうせ死ぬんだったら、潔くゾンビに殺された方がいいかもしれないなあ……」
そんなことをぼんやりと考えながら……。
171128004.jpg
今度のリスポーン先の近くには、運良く周囲にゾンビの姿がない小屋があった。
もう日が暮れる。今晩はここで夜を明かそう。
ドアを木材ブロックで塞ぎ、室内に灯っていた明かりを消し、小屋の隅にうずくまってオレは息を殺した。
窓の外がどんどん暗くなる。やがて小屋の外から何かがうろつく気配がしてくる。
壁一枚隔てた向こうから、「うー、うー」と人であったものの呻き声が響いてくる。
耳をふさぎながら、オレはただひたすらデジタル時計が進むさまを、祈りながら凝視するのであった。
171128005.jpg
何万分と続くかのような生きた心地もしない時間。それにひたすら耐えていると、やがて窓からぼんやりと薄日が差し込んできた。
外を彷徨っていた絶望の気配も今はない。外に出ると地平線には登りゆく朝日。
現実でもゲームの中でも何度となく朝日の登る瞬間に立ち会ったが、これほど神々しく生の重みを実感できる太陽は他にはない。
オレはなんとか1日を生き延びたのだ(いや、なんか2回ほど死んだような気もするが……)。
涙が出そうなほどの安堵感に包まれたのも束の間、カラカラに乾いた喉とペコペコの腹。空っぽのインベントリに手のつけようのない大地を確認すると、オレは朝日の下、再び深い深い絶望感に囚われるのであった。

<国内ストア未配信>

この記事に含まれるtag : ゾンビ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2711.html

2017/11/28 | Comment (4) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Left 4 Dead】4人は黄金比

   ↑  2017/02/14 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170214004.jpg
オレたち一行は思わず顔を見合わせた。
Xbox Liveを通じた遥か彼方、ヘッドセット越しの肉声のみが繋がりの、顔も見えず知らない相手たちだが、その時は確かに立ち止まって見合わし、互いの表情を伺う手応えがあった。
この先から聴こえてくるのは辛気臭い女性の泣き声。
そしてそれに合わせて鳴り響く、まるでイタリアンホラーのサウンドトラックのようなBGMが、こちらの神経をさらにささくれ立たせる。
170214002.jpg
ウィッチだ。
それもよりによって狭い通路のド真ん中にぺたりと座り込んでいる。
この己が身に起こったことを把握してしまった不幸な感染者は、側をそーっと通って行けばやり過ごせるが、いったんこちらの存在に気づいたら、「見~た~な~」とゲーム中最大の攻撃力で駄々っ子みたいに荒れ狂うもっとも厄介なエネミーだ。
このパーティで幸いだったのは、慣れた様子で粛々とこの事態に対処するスレたプレイヤーが混じっていなかったことだ。
他の人間を前に押し立てるようにビクビクと進み、感染者のトレインには大いに慌てふためき、ウィッチには堂々とビビる。
ゲームの巧拙は怪しいが、ゲームをエンジョイすることに関してはナチュラルに長けている、頼もしいようでいてちっとも頼もしくない楽しい面子だ。
170214005.jpg
「おい、どうするよ?」
立ち止まって逡巡する一行だが、もとよりこのメンバーに気の利いた知恵などあるわけがない。
もたもたしているうちに、ウィッチが「んあ?」とばかりに辺りを見回し、そしてこちらに目を留めた。
「うわああ、気づかれた! うわああ、うわああ、うわああ!」
平等にパニクったオレたち一行は、手にした銃を闇雲に乱射しながら慌てて後ろ向きに走り出し、そして揃って曲がり角でつかえてさらにパニクるのであった。
170214001.jpg
バッドガイ気取りのアホウに偏屈な退役軍人、ヤッピーにフーテン娘。
世の中が平穏無事だったら、その人生に接点などまったくなかったであろう4人も、ゾンビクライシスの前ではなし崩し的に呉越同舟となる。
そしてその中身も同様だ。
東京の片田舎に住むオレと東海岸はメリーランド州の住人。本来なら縁もゆかりもまったくない者同士が、ここでは互いに背中を守り、それぞれが相手を危機から救うチャンスを求めている。
目の前でスモーカーに飛びつかれている仲間が。今までチームのお荷物だったオレにも、やっと同士の役に立つ機会がやって来た!
アサルトライフルの乱れ撃ち。何発かは仲間に当たっちまったようだけど、なあに、鎮痛剤やるから心配するな!
170214007.jpg
ビートルズにピストルズ、玉川カルテットにチャンバラトリオ、4人はステキなキーワード、すったもんだな道中の黄金比。
敵でもなければ自分のキルを横取りする泥棒野郎でもない。災難を共にする仲間たち。
完全Co-op仕様のシューターが、まだ世間一般では馴染みの薄かった頃。その伝道師となったのは統一感のカケラもない、ワケがあっての仲良し4人組。
ゲーム内容は言うに及ばず、タイトなボリュームからそのタイトルまで、何から何までデキすぎの名作だ。

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : FPS ゾンビ ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2606.html

2017/02/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。