FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: スポーツゲーム の検索結果)

total 9 pages  次のページ →  

【Mike Tyson Boxing】タイソン暗黒時代

   ↑  2019/04/06 (土)  カテゴリー: PS1
190406002.jpg
マイク・タイソン、任天堂と『パンチアウト!!』に物申す!
Nintendo Switch Onlineのファミコンタイトルに新たに加わる『パンチアウト!!』に対して、元統一ヘビー級チャンピオン、マイク・タイソンが「オレがいねえじゃねーか!」とTwitter上で軽口を飛ばして、ちょっと話題になっている。
『パンチアウト!!』と言えばマイク・タイソン。そんな常識も過去のものとなって久しいが、しかし当時のタイソンには、後乗せで著名人キャラを看板に据える、任天堂らしからぬ力業も充分許せてしまえるくらいの知名度と強さと輝きがあったのだ。
190406003.jpg
ファミコンソフト『マイクタイソン・パンチアウト!!』が登場した前後は間違いなくタイソンの全盛期。
マービス・フレージャーやミッチ・グリーンをボコり倒していた頃から、マイケル・スピンクス相手の統一王座防衛戦にかけての時期だ。
その期間、僅か2年弱。一時代を築いた印象が強いボクサーにしては、あまりに短い全盛期かもしれない。
190406005.jpg
ファミコン=NES時代の終わりと共にタイソンの黄金時代も終焉を迎え、スーパーファミコンやメガドライブ期のボクシングゲームのタイトルを飾るボクサーは、そのタイソンに土をつけたジェームス・ダグラスやイベンダー・ホリフィールド。ジョージ・フォアマンやリディック・ボウらになった。
その間のタイソンと言えばビジネス絡みや私生活でトラブルが続き、挙げ句の果てにレイプ騒ぎでムショにぶち込まれる始末。
そして時代がPSやサターンなどのCD-ROM機に移ると同時に出所したタイソンはヘビー級戦線の最前線にカムバック。
190406004.jpg
ところがそこでかつての統一チャンピオンがやらかしたことと言えば、ホリフィールドの耳を食い千切ったり、フランソワ・ボタにアームロックをかけて、ブチ切れたボタとラウンドが終わっても殴り合いを続けたり、オーリン・ノリスをラウンド終了を告げるゴングが鳴った後にぶん殴っちゃったりと、もうむちゃくちゃの限り。
そんな遂にリングの上にまで大混乱を持ち込んだタイソンと契約してゲームを一本作ろうと思ったCodemastersには、タイソン時代が再び来るという甘い目算があったのだろうか。
190406007.jpg
『マイクタイソン・パンチアウト!!』から13年後。タイソン暗黒時代の真っ只中にプレステで登場したのが、この『Mike Tyson Boxing』。
登場するタイソンときたら、暗黒時代を象徴するかのような邪悪なオーラを放っている。
目なんか完全に飛んじゃっているじゃん! もし夜道でこんな人に出会したら、オレは即座にパンツ以外の着ているもの全部と有り金を差し出して土下座してるね!
タイソン以外のボクサーはすべて架空のオリジナルボクサー。そしてそのいずれもが、タイソンに負けず劣らない暗黒な香りを身に纏っている。
どいつもこいつもフェイタリティで相手の脊髄を引っこ抜いても、ちっともおかしくないような連中ばかりだ。
190406008.jpg
PS1時代特有の薄暗くドロッとしたポリゴンビジュアルが、暗黒の雰囲気をさらに強調する。
邦題をつけるならば『マイク・タイソンの暗黒地下ボクシング』なんてあたりが相応しいような、やたらとダークなボクシングゲーム。
しかし肝心の試合に移ると、画面は真上からの見下ろし視点に移行し、まるでATARI2600版『Boxing』のような原始ボクシングゲームに先祖返りしてしまうのであった。おい、これって2000年に作られたゲームのはずだろ!?
ゲーム創成期に逆戻りしたかのような質素なボクシングゲームだが、タイソンのパラメーターだけはズバ抜けて強いので、これで並み居る悪党ヅラの連中を、片っ端からバービックやスピンクスみたいな目に遭わせてやれるのが、このゲームの唯一のセールスポイントと言えるかもしれない。

<北米版 / 日本のPS本体では動作しません>

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2822.html

2019/04/06 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Blitz The League】極道アメリカンフットボール

   ↑  2018/02/13 (火)  カテゴリー: XBOX 360
180213002.jpg
統括する団体からの認可を受けられないのは、プロスポーツを扱うゲームにとってかなり致命的なことだ。
いにしえには「くわわ」だの「おみあい」でみんな納得していたが、どこかが許諾を獲ってきて実名を使い出すとそうもいかなくなる。
そのうち名前どころかチームカラーに準じた色を使うのも差し障りが出てくる時代となってきた。
フットボールはアメリカ人にとって最大の娯楽。自然アメフトを扱ったゲームは、どこのメーカーにとってもドル箱の存在となる。
今はなきMidwayの『NFL Blitz』シリーズもその一つ。初代PSの頃から定期的にシリーズ作を送り出し、それは同社の屋台骨を支えてきた。
180213006.jpg
しかしMidwayと言えば、あの『Mortal Kombat』の張本人。
いくら実在のプロスポーツを扱うと言っても、あそこが素直にゲーム化するわけがない。
フィーチャーしたのは現実離れしたスーパープレーやプロレス技同然のラフプレー。早い話がエクストリームな『超人ウルトラベースボール』みたいなもんである。
スゴいことにMidwayは、ホッケー、野球、サッカー、バスケなど、自社のスポーツゲームのほぼすべてを、この路線で突っ走った(サッカーものの『Red Card』は国内PS2でも発売された)。
そしてプロレスのデスマッチが際限なく過激化するように、『Blitz』もシリーズを追うごとにエクストリームの度合いを強めてゆく。
180213004.jpg
そして当時の最新鋭機Xbox 360の発売と共に満を持して登場したのは本作『Blitz The League』。
しかし表現力の向上と共にさらに過剰となった、フェイタリティもどきの負傷シーンや、選手たちがことあるごとに吐きまくるF-Wordの数々に堪忍袋の緒がついにブチ切れたNFLは、Midwayにライセンスを発行しないことを通達。
ライセンスが命綱とも言えるアメフトゲームに降って沸いたこの事態に、Midwayは窮地に立たされるが、まぁ自業自得っちゃあその通りである。
180213005.jpg
架空のリーグ、選手を余儀なくされたMidwayは、二人の元NFLプレイヤーをこのゲームの看板に据えてきた。
ビル・ロマノフスキーとローレンス・テイラー。テイラーはWWEレッスルマニアのリングでバンバン・ビガロと闘ったことで、プロレスマニアにもその存在を知られているだろう。
そしてロマノフスキー。アダム・サンドラー版の「ロンゲスト・ヤード」で、看守チームの一角を勤めていた男だ(看守チームの他のメンバーはストーンコールドにケビン・ナッシュ。ちなみに囚人チームの主な面子はサンドラーにクリス・ロック、そしてボブ・サップ。オレなら看守チームの勝ちに千ドル賭けるね!)。
180213003.jpg
さらにこのロマノフスキーは、あの荒くれ人間の宝庫であるNFLに於いて、一、二を争うほどの気性の荒さで知られた生粋のミーンマシーン。
分かりやすく言うと張本勲と星野仙一をメインに据えた野球ゲームみたいなものだ。もっともLTとロマノフスキーの前では、あの二人ですら愛らしいパグ犬に見えてくるかもしれないが。
チュートリアルではLT自らが四文字言葉を連発してゲームの基本を優しく(?)ガイド。もうこの時点でプレイヤーは、海兵隊に無理矢理配属された新兵のような気分になってくる。
そしていざ試合に移ると、相手チームのレシーバーをとっ捕まえれば、ダメ押しとばかりにジャーマンスープレックス。
ハードヒットの末に選手が負傷すれば、そこに嫌がらせのように挿入される骨折のリアルタイムレントゲン写真。
180213007.jpg
そしてことあるごとに入る、F-Wordを撒き散らしての挑発や恫喝のムービー。
こんなもんを実在の選手でやられたら堪ったもんじゃない。NFLのライセンスをめぐる判断も、そりゃ妥当だろう。
そんなわけでスポーツゲームとしては前代未聞のマチュア指定と相成った『Blitz The League』。
2008年には続編の『Blitz The LeagueⅡ』もリリースされたが、やりたい放題が祟ったのか、やがてMidway自体が倒産の憂き目に追い込まれる。
そしてこのシリーズの知的所有権を受け継いだのは、よりによってアメフトゲームで最大のライバルであったEA。
EAはかつての競合相手を『マッデンNFL』とは一線を画したアーケードライクな別路線と位置づけ、ぬかりなくNFLのライセンスを獲った上で配信専用タイトル『NFL Blitz』として送り出したのであった。

<国内版未発売>

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム ミッドウェイ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2744.html

2018/02/13 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ゴルフナビゲーター Vol.1 ~カレドニアンゴルフクラブ~ ~総武カントリークラブ 総武コース~】

   ↑  2016/05/27 (金)  カテゴリー: PS2
160527006.jpg
"今日のテンションを決める大切な1番ミドルホール。真ん中に待ち構えるバンカーがくせ者に見えるが、むしろこれを避けようとする意識が働くと、右のラフに打ち込んでしまう。それはオレが昨夜さんざんやらかしたから身に沁みている。
取引先もやはりこのバンカーが気になるようだ。フェアウェイの右を狙おうとしている。
マズい。しかし部長のあんぽんたんはそんなことを気にもせずに、どうでもいい天気の話に終始している。空が晴れたのはお前の手柄じゃねえ。
やはりここはオレがどうにかするしかない。素振りとイメージショットを繰り返す取引先の斜め後ろに近づいたオレは、さりげなくこう呟いた。
「ティーショットはあのバンカーに入れるつもりで打ったほうがいいかもしれませんね」
160527004.jpg
きょとんと振り返る取引先に、オレはさらに続ける。
「あのバンカー、近いように見えますが意外と距離があります。ちょうど手前に落ちますから、セカンドショットは最短距離でピンを直接狙えますよ。バンカーの右を狙うと、かえってドツボにはまってしまいます」
半信半疑の様子で打った取引先のティーショットは、オレの目論見通りバンカー手前のフェアウェイをしっかりと捉えた。
ボールに向かって移動する間、打って変わって関心した様子の取引先が口を開いた。
「君、このコースに詳しいね。まさかここの会員なのかい?」
「い、いえ、たまたま……、たまたまちょっと知っていたもんですから……」
そう取り繕いながら、オレは心のなかでこんな酔狂なソフトを出してくれたスパイクに感謝するのであった。
160527001.jpg
どんな場合においても実地で確認するのはとても重要なことだ。
ナポレオンやヒトラーだって、事前に一度でも冬のロシアを訪れていれば、「お前ら、あの熊公をちょっと懲らしめてこい」などと気軽に言い出すこともなかっただろう。
それぞれの地形が戦略的な意味合いを持つゴルフ場などは、実地の確認が大切な最たるものだろう。
それを怠ってキャディーなんかをアテをしていると、まったく関係のない孫の話を延々とされて収まりがつかなくなる。
やはり頼りにするのは自分しかない。しかしゴルフ場の下見というのは、増水時の田んぼの様子のように気軽に行けるものではない。
160527003.jpg
だがゼロ年代の国民機PS2とこのソフトがあれば、もうその心配は必要ない。
実在コースを再現したソフトは過去にもたくさんあったが、それらはみんなゴルフゲームの体裁をとったもの。
今度行くコースの下見気分でゲームにまったく慣れていないお父さんが手を出せば、目押しショットがまったくできなくて我が子にバカにされるのがオチだろう。
でもこの『ゴルフナビゲーター』なら、そんな心配は無用だ。
160527002.jpg
これは従来のゴルフゲームとは一線を画した、コース実践の予習を目的としたシミュレータ。タイミング目押しの要素も一応は残っているが、これはいつでもオンオフできる。
ゴルフゲームでは誰もがプロ並みのドライバーを放つ飛ばし屋だが、ここでは実際の飛距離や球クセを偽らずに入力しよう。
後はショットごとのデータ値調整で、このソフトが"当日のあなたのショット"を、しっかりと予行演習してくれるのだ。
それを活かすか活かさないかは、当日のあなた次第である。
160527005.jpg
フリーウォークモードでは、クラブハウスの外観まで再現されたコースを、好みのアングルから自在にチェック。
ここまで用意周到に予習を重ねれば、もう本番を恐れる必要はない。唯一の問題は、オレの人生においてカレドニアンゴルフクラブと総武カントリークラブを訪れる可能性が皆無に等しいことくらいだろう。
PS2の総ユーザーのうちから、実際にゴルフをプレイする人間。そこからさらにカレドニアンか総武カントリーを日常的に利用する人間と、対象を徹底的に絞りきったコンセプトが、どの程度まで商売になったのかは、ほんのちょっぴり興味のあるところであるが、ともかくこの実在コースを二つずつ収録した『ゴルフナビゲーター』シリーズ、都合四作がこの世に出たのであった。

 

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2502.html

2016/05/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Outlaw Golf】キャディーの鑑

   ↑  2016/04/07 (木)  カテゴリー: XBOX
160407001.jpg
ジャック・ニクラウスにはアンジェロ・アージア、トム・ワトソンにはブルース・エドワーズ、タイガー・ウッズにはスティーブ・ウィリアムズ。名ゴルファーの傍らには常に優れたキャディーの姿があった。
18ホールの孤独な戦いの中で、キャディーはたった一人の味方だ。
技術的なことからモチベーションに関わる問題まで、トッププロを影に日向に支える。
そしてゴルフはメンタルな要素が特に重きをなすスポーツだ。
時には冷静さを失いかけたゴルファーの感情のはけ口となることもあるだろう。古閑美保が池ポチャにぶち切れて自分のキャディーに蹴りを入れたというニュースを、かなり前に耳にした覚えがある。
160407007.jpg
しかしそれで自分が支えているゴルファーが平常心を取り戻せるならば、それはキャディー冥利に尽きるというものではないか。
藤田光里や飯島茜に小突かれたり平手打ちを貰ったりするのは、個人の性癖によっちゃご褒美みたいなもんである。
『Outlaw Golf』に登場するキャディーたちも、ゴルファーたちと一心同体の信頼関係を築く者たちだ。
もっともそのゴルファーたちは、ズボンをずり下げたラッパーの出来損ないだとか、筋骨隆々とした逆DV女だとか、グリーン上の旗竿をポール代わりにするストリッパーだとか、荒んだヒッピーだとかムショ帰りだとかSMの女王様だとか、一癖あるなんて言葉では済まされない問題人物ばかりだが。
160407006.jpg
この格調高きゴルフ倶楽部よりも囚人護送車のほうがお似合いな面々にも、ちゃんとしたスポーツマンと同様にプレイ中のメンタルコンディションの問題を抱えている。
連中がそれを安定させるのは、キャディーにちょっと厳しい口を利くなんて可愛らしいもんじゃない。
Yボタンをポチッと押せば、発動するのはキャディー暴行モード。それぞれのキャラクターにあった暴力スタイルで、自分のキャディーをぼこぼこにしばき倒して憂さ晴らし。
それでもキャディーは、それが自分の大事な役目の一つと心得ているのが、とにかくされるがままだ。SM女王様のキャディー(もちろん奴隷)なんかは、むしろめちゃくちゃ嬉しそうではないか。
160407005.jpg
そのキャディー暴行システムや、麗しのスキ女王様に代表されるエキセントリックなキャラクター、人を喰った実況にガラの悪い観客といった、アウトローな要素ばかりが目立つ本作だが、実は基本のゴルフゲーム部分も、アナログスティックを使ったショット操作や、プレイヤーのメンタルをシステム化した要素など、他に先んじて革新的なシステムを擁立させたエポックメイキングな作品だったりする。
もっとも、そんなスポーツゲームとしての真っ当な要素をこれっぽっちも評価されないのは、女王様ゴルファーと奴隷のキャディーなんてキャラクターを嬉々として投入してしまう開発側の自業自得だったりするわけだが……。
160407002.jpg
初代Xboxの普及に万策尽きたMSKKがヤケクソでスタートさせたXboxワールドコレクション。
海外ゲームをローカライズせず日本語マニュアルを付けただけの体裁で安価で供給したこのシリーズ。ソフトラインナップの頭数を強引に揃える意味合いもあったのだろう。
その記念すべき第一弾ラインナップの一角が、この『Outlaw Golf』。初陣を飾るには妙にクセのあるゲームだが、そんなところも当時のMSKKのやぶれかぶれっぷりを物語っているのかもしれない。
一部のキャラクターは、以後展開される『Outlaw Volleyball』や『Outlaw Tennis』に続けて登場しますが、本作一番人気のスキ女王様は、この本作とその続編のみの登場。
やはりバレーボールやテニスは、奴隷を帯同できないのがお気に召さなかったのだろうか。

 

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2478.html

2016/04/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【BMX XXX】禁断の路線転換

   ↑  2015/12/14 (月)  カテゴリー: PS2
151214001.jpg
お調子者の目立とう精神から始まったエクストリームスポーツ。しかしそれはジャンルが成熟するに従って必然的に二極化の道を辿るようになる。
一つはより競技として純化する方向。Xスポーツのアティチュードをささやかに残しながらも、やがてはオリンピック種目にまで至ってゆく。
もう一つはTV番組「ジャッカス」に代表されるような、さらなるバカと無茶を究めようとする方向性だ。
動画投稿サイトの成長に伴い、この方向はもはやXスポーツという言葉からも逸脱した、素人たちの大バカ合戦にまで拡大する。
151214004.jpg
この影響を受けてか、エクストリームスポーツを題材にしたゲームも、その多くがバカ路線に舵を切るようになった。
Xスポーツゲームの顔であるトニー・ホークシリーズの2003年作『Tony Hawk's Underground』と続編は、その象徴とも言えるような作品だ。
そしてその流れはチャリゲームの看板タイトル、デイブ・ミラシリーズにも訪れるのであった。
曲がりなりにも競技BMXライダーとしての成り上がりをメインテーマにしていた『デイブ・ミラ フリースタイルBMX』から一転、シリーズ第三作であるこの『BMX XXX』は、バカしか住んでいない街の中で、さらにバカな主人公がチャリをフリーダムかつアナーキーに駆って、素っ頓狂なクエストをこなすバカ路線にまっしぐら。
151214005.jpg
ホームレスの替わりに空き缶を回収するのを皮切りに、大道芸人のおひねり箱をひっくり返してまわったり、バンジージャンプをためらっているチキン野郎を後ろからそっと押したり、仮設トイレをBMXにくくりつけてジャンプやトリックでシェイクして中の便秘野郎の便意を促進させたり。
デイブ・ミラやライアン・ナイキストに憧れて練習に明け暮れ、イーストウッドランプパークの大会で走ることを夢見ていたオレが、今こうして売春婦をケツに乗せながら火事騒ぎの街中を疾走しているのは一体何故だろう。
しかもそれらのクエスト、揃いもそろって"風が吹けば桶屋が儲かる"式の、常人には理解不能なチェーンコンボによって誘発されるのもタチが悪い。
151214002.jpg
そんなバカ路線への急激な転換も、シリーズの煮詰まりとか時代の要請などを考慮すれば理解できなくもない。
しかしアクレイムは、これだけには飽きたらず、さらに禁断の方向へもハンドルを傾けてしまったのだった。
アクレイムが当時資本を注入していた過激プロレス団体ECWは、ハードコアの名のもとに過剰なバイオレンスとエロを売りものにしていたが、それに倣ったわけでもあるまいが、この『BMX XXX』も、エロ方面にもまっしぐら。
幕間のご褒美ムービーはストリップクラブのお姉ちゃんたちの実写映像。さらにはエディットでトップレスライダーの収録までをも目論だ。
151214006.jpg
それらの要素をプロモーションで大々的に押し出す所業には、まず名前を貸しているデイブ・ミラがブチ切れ、すったもんだの挙句に彼は降板。
さらには各小売大手にも総スカンを食らい、この『BMX XXX』をめぐる一連のゴタゴタは、米ビデオゲーム界の老舗アクレイムの屋台骨を揺るがす。
そしてデイブ・ミラシリーズの他に、『スラッシャーSK8』や『Aggressive Inline』など、Xスポーツゲームの秀作を生み出していた開発会社Z-Axisまでもが煽りを食らって傾き、ここにXスポーツゲームの系譜の一つが絶たれたのであった。

<海外版>

 

この記事に含まれるtag : スポーツゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2422.html

2015/12/14 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。