ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: スターウォーズ の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

【Star Wars: The Force Unleashed】師弟の対話

   ↑  2016/05/09 (月)  カテゴリー: XBOX 360
「我が弟子よ(こっほー)。フォースの圧倒的な力、さぞや満喫していることであろう(こっほー)」
はい、マスター。手を触れずに人を放り投げ、別の人間にぶつける行為は、他の何にも代え難い楽しみであります。
「そうであろう。そのせっかくのフォースグリップの力を、あのいい子ぶったジェダイどもは、おのれの欲望のために使おうとせん(こっほー)。全くどいつもこいつも大層な偽善者どもだ」
マスターの仰るとおりでございます。
160509003.jpg
「特にヨーダの野郎は、このフォースグリップを空気投げと称して女子プロレスの前座で使っていると言うではないか。全く嘆かわしいことだ(こっほー)」
……マスター、あれはヨーダではなくリトル・フランキーかと。似てると言えば似ていなくもないですが……。
「あれか、赤線通りの建物に壁画を描いた人だな」
恐れながらマスター、それはリリー・フランキーです。……福生市民にしか分からないようなボケはお止め下さい。
160509005.jpg
「まあそれはともかく(こっほー)、我が弟子よ。フォースグリップが楽しいのは分かるが、それ以外のフォースも使いこなしてこそ、初めてひとかどのシスと言えるのだぞ(こっほー)」
まだまだわたくしも未熟でございます。
「特に重要なのはフォースライトニングだな。これをジャワ族の奴らに浴びせて、連中が『あいやいあいやいやい!』と悲鳴をあげながらビリビリ痺れる様は、フォースグリップによる人間投げに負けず劣らず楽しいものだ(こっほー)」
是非とも次のミッションで試してみましょう。
160509004.jpg
「さらに私ほどの者になれば、これらの複合技も使えるからな。フォースグリップでびらびらを拡げて、陰核めがけて微弱なフォースライトニングを発射すれば、手を触れずに女の子をイカせてしまうことだってできるのだ(こっほー!こっほこっほー!)。これを使えば、どんなおぼこでもまるで豊丸や有希蘭のように身悶えしてしまうことだろう(こっほっほー!)」
……マスターが例えに出されるAV女優はあまりに古すぎて、わたくしめにはさっぱり分かりかねるのですが。
「それは貴様が心の目で物を見て、心の耳で音を聴こうとしないからだ。心の耳を澄ませば。きっと貴様の耳にも瀕死のオットセイのような有希蘭のあえぎ声が聞こえてくることだろう(こっほー)」
……正直、あまり聞こえてきて欲しくはありません。
160509008.jpg
「貴様は私の80年代レンタルビデオ屋界隈の思い出を否定するつもりか?(こっほー!)」
いえ、とんでもない……。マスター、そのお姿でレンタルビデオ屋の18禁コーナーに赴くのは、目立ってしょうがなかったのでは?
「キャンペーンでコスプレしている店員に見えるから、その点は大丈夫だ(こっほー)」
そ、そうですか……。
「あの頃の小さい個人経営レンタルビデオ屋は、店長と客の関係がおせっかいなくらい密接でな(こっほー)。『君はイロモノ好きのようだけど、たまには前原祐子とか観て口直しした方がいいよ』なんてアドバイスを、よく貰ったりしたものだ(こっほー)。大きなお世話だっちゅうの!(こっほーっこっほー!!)。思えばあの店長もジェダイだったのかもしれんな(こっほー)。ジェダイってそういう人の心の細かい機微に、やたらと無神経なところがあるからな(こっほー)。まったく尊大な連中だ」
160509001.jpg
マスターはジェダイの話となると、ちょっと冷静さを欠くような気がするのですが……。
「貴様こそ最近なんかやけにあいつらの肩を持つではないか(こっほー)。まさか私に隠れてあいつらと仲良くしているとかないだろうな(こっほー)」
い、いえ、けっしてそのような……。
「やめとけやめとけ。あんな奴らと親密になったってろくなことはないぞ、いやマジで(こっほー)。なんせ私なんか身にしみてるからな、それが!(こっほーーーー!)」

 

この記事に含まれるtag : シネマゲーム スターウォーズ ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2493.html

2016/05/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Star Wars: The Force Unleashed】師匠はベイダー卿

   ↑  2016/05/07 (土)  カテゴリー: XBOX 360
160507001.jpg
あまり孤高を気取ってばかりいないで、たまには弟子を取ってみるのもいいかもしれない。
泣く子も黙るシスの暗黒卿だって、元は人の子アナキン坊や。時にはそんな気の迷いをおこすこともある。
ジェダイ狩りに赴いた地で見つけたのは、類稀なるフォースの才を持った小さな子供。
こんな逸材をジェダイなんかに育てさせたら、ロクな奴になりゃしない。
かつての自分に照らしあわせたのかは知らないが、とにかく連れ帰って密かに内弟子として育てることにしたベイダー卿。
160507002.jpg
そして月日はアッという間に流れ、その子供、ギャレン・マレックは才能を開花させ、ダースベイダー直属の暗殺者、コードネーム・スターキラーとして任務に就くのであった。
まず最初に与えられた仕事はジェダイの残党狩り。しかしそれが「スターウォーズ」のプリクウェル三部作と旧三部作を繋ぐ重要な役割を果たすことになろうとは、ベイダーも、ルーカスも、そして当のスターキラー自身も、まるで思いもしなかった。
時は「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」のほんのちょっと前。帝国の圧倒的な力に綻びが生じ、反乱同盟軍の芽が生まれようとしていた頃。スターキラーことギャレン・マレックの"逆アナキン"な冒険が幕を開けた。
160507007.jpg
ブラスターを手にしたストームトルーパーや同盟軍の一兵卒であったら、そりゃ一人称視点も相性はいいだろう。
だがライトセーバーを振るいフォースの力を使いこなす立場であったら、それはサードパーソンのアクションアドベンチャースタイルに勝るものはない。
3D剣戟アクションの様式をライトセーバーに置き換えたスターウォーズゲームは過去にもいろいろあったが、『Star Wars: The Force Unleashed』の完成度は群を抜いている。
その肝は物理エンジンを駆使して、離れた場所から物体や人を思いのままに操ることができる、フォースの力をコントローラに巧みに落とし込んだシステム。
右トリガーとスティックの組み合わせで、凡人どもの身体と運命を思うがままに蹂躙。こんな圧倒的な力を手にしていたら、そりゃあアナキンなんちゃらみたいに思い上がって道を踏み外すのも無理のない話だ。
160507005.jpg
ましてやスターキラーはダークサイドの下で純粋培養された身。極道人生一直線の道をたどるのもやむを得ないところだが、しかし人の運命とは分からぬもの。
標的であったジェダイの老将ラーム・コータをきっかけとした、ガーム・ベル・イブリス、モン・モスマ、そしてベイルとレイアのオーガナ親子ら反乱同盟軍創設者たちとの出会いが、彼の行く道を大きく揺り動かすのであった。
もっともこの心が揺らぐ最大の理由は、もしかしたら「師匠師匠っていちおう立ててきたけど、考えてみりゃあの黒ずくめのおっさん、こっほーこっほーホント鬱陶しいな」なんてところかもしれないが。
160507003.jpg
光と闇、ジェダイとシス、二つの立場を行ったり来たりするスターキラー。
ベイダーへの絶対的な師事から、やがて徐々に揺れ動いていく師に対する畏怖の念。
彼のことを便宜的に指すアプレンティスと言う呼称は、この『Force Unleashed』のストーリーに於いては、実に意味深な言葉だ。
彼がアプレンティスの立場から、まさに卒業せんとする最後の瞬間。彼が居るのは果たしてライトサイドであろうか。それともダークサイドであろうか。
急展開する終盤でのやり取りでベイダーの口から飛び出す「Not with you」の一言は、「エピソード4/新たなる希望」へと続く、その後の物語を暗示することとなる。
160507004.jpg
ライトセーバーアクションが主体だった過去の三人称視点スターウォーズゲームから一転、ライトセーバーの存在を添え物にしてまで、フォースの力を文字通り大解放させて、バーチャルジェダイ気分をふんだんに味あわせてくれる、スター・ウォーズゲーム屈指の快作。
ダース・モールや若き日のオビ=ワンなんて面々も力技で登場させ(DLCでは、ジャバ・ザ・ハットやボバ・フェットらも)サービスもボリュームもてんこ盛り。
だがそれ以上にプレイヤーを惹きつけてやまないのは、エピソード3.5と呼んでも過言はないくらいの、スター・ウォーズ正史への絶妙なリンクっぷり(ベイルからレイアへの銀河の希望のひっそりとした継承は、一番の泣かせどころだ)と、闇と光の境界線で逡巡するスターキラーのスリリングな立場だ。
さすがベイダーが自分の姿と重ね合わせてまで見込んだ弟子である。

<海外版 / Xbox One互換対応ソフト>

 

この記事に含まれるtag : シネマゲーム スターウォーズ ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2492.html

2016/05/07 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Star Wars Jedi Knight: Jedi Academy】オレはジェダイの中原麻衣

   ↑  2015/10/25 (日)  カテゴリー: XBOX
151025001.jpg
パダワン(前座)、ナイト(二つ目)、マスター(真打)。
ジェダイへの道は、はるか古代の芸能落語の徒弟制度に倣ってシステムづけられていた。
しかしそれももはや過去のこと。既に銀河大戦も終結し、新共和国の下に平和と秩序が築かれた時代の中で、かつてジェダイと呼ばれた人たちは、その存在意義をなんとなく失っていた。
食いっぱぐれを恐れたかつての銀河大戦の英雄たちが目をつけたのは、やはりはるか古代の芸能職業である声優の事例だ。
声優業界が、職業声優をマネージメントすることから、養成所や専門学校を作って声優志望者からカネを巻き上げるビジネスモデルにシフトした例は、ジェダイたちにとって大いに参考になる故事であった。
声優養成所が一線を退いたベテランたちに講師という新たな仕事を与えたように、潰しの利かないジェダイもこれで職にありつけることができる。
151025007.jpg
「時間的・経済的に負担の少ない修行でジェダイをめざせます」
「銀河大戦で活躍した現役のジェダイマスターが講師」
「ジェダイになる夢をかなえる一歩を全力で応援!」
「安心の新共和国公認学校法人です」
「ジェダイ成就率115%!」
そんな美辞麗句を並べたかどうかは知らないが、とにかく"潰しの利かないジェダイ"の筆頭であるルーク・スカイウォーカーの肝煎りにより、専門学校ジェダイアカデミーが衛星ヤヴィン4に設立されたのであった。
151025006.jpg
そんな専門学校に吸い寄せられたカモが一人。その名はジェイデン・コア。種族や性別はプレイヤーが自由に選択可能だ。
高潔なジェダイになる夢を抱いてアカデミーにやって来たジェイデンであったが、校長のくせに相変わらず貫禄がないルークと、唯一の講師であるカイル・カターン(90年代のFPS作品『スターウォーズ ダークフォース』の主人公)という貧弱な講師陣を前に、早くもその夢は大きな不安へと代わるのであった。
151025002.jpg
そして授業という建前のおざなりなチュートリアルもそこそこに、帝国残存軍掃討戦の最前線にいきなり送り出されるジェイデン。あの、ボク、学生じゃないんですか?
プレイヤーのそんなもっともな疑問も、「お前は他の有象無象どもとはモノが違う。他の連中は月謝で、お前はその働きで広告塔として学院に貢献するのだ。言わばお前は日ナレにおける中原麻衣のような存在なのだ」という、分かったような分からないような理由でうやむやにされるのであった。
151025008.jpg
こうして始まるライトセーバーによる接近戦を主体としたサードパーソンアクション。敵となるのは帝国の残党と、マーカ・ラグノス(やはり落語で説明すると、シスにとっての三遊亭圓朝みたいな人だ)の復活を目論むダークジェダイのカルト教団。
道中を彩るゲストたちは、ドロイドの凸凹コンビにチューバッカ、ミレニアムファルコンにウェッジ・アンティリーズといった、肖像権許諾の必要のない(あるいは必要があっても安く済む)、あんまりありがたみのない連中ばっかだ。
「ジェダイへの道を歩む」という触れ込みも、冒頭からいきなりライトセーバーを振り回せて、「はい、お前、もう仮免ならぬ仮マスター」と実質ジェダイ認定されてしまえば、もう有名無実。
学院という設定もそこそこに、のっけからルークとカイルに前線でこき使われる毎日に、こちらはライトセーバーを振り回す手を止めて、「中原麻衣や野川さくらも、養成所でちゃんと授業とか受けてたのかなあ?」などと、余計なことに考えを巡らすのだった。

 


この記事に含まれるtag : スターウォーズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2395.html

2015/10/25 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【スター・ウォーズ リパブリックコマンド】血よりも濃い絆

   ↑  2015/08/06 (木)  カテゴリー: XBOX
150806001.jpg
ボス「世間の連中は、我々クローントルーパーをパーソナリティの欠如した戦いの道具という偏見の目で見ているらしいが、それがとんだ間違いである事は、この個性豊かなデルタ小隊の面々を知れば分かるはずだ。私の参謀的存在のフィクサーは堅実な性格のコンピューターハッカー。狙撃に長けたセヴはとにかく荒っぽい性格だ。執拗な死体撃ちはこいつの十八番だな。爆発物の専門家スコーチは陽気な小隊のムードメーカー。暇さえあればいっつも軽口を叩いている。ドロイドに囲まれて暇じゃない時にも叩いている。そして私は認識番号デルタ3-8、通称ボス。クローントルーパーきってのエリート部隊、デルタ小隊のリーダーだ」
スコーチ「キャラクターを掴みやすいからって、くれぐれもフェイスマン、コング、モンキー、ハンニバルなんて勝手な呼び名をつけるんじゃないぞ。フィクサー、セヴ、スコーチ、そしてボスだ。よく覚えとくように」
150806007.jpg
ボス「銀河に平和と安寧をもたらすべく日夜奮闘している我々だけど、それにしてもあのドロイドどもの硬さには時々愚痴をこぼしたくなるよな。撃てども撃てどもなかなか壊れないぞ、あいつら」
フィクサー「そんな時こそチームコマンドの狙撃指示ですよ。普通に撃ちあってるとなかなか埒があきませんが、狙撃を指示していただければ、私らもドロイドの急所をきっちり撃ちぬきますから」
ボス「だけど狙撃ポイントの数が多すぎて、有効なポイントの見極めがあんがい難しいんだよなぁ」
セヴ「そこがボスのリーダーとしての器量の見せ所でしょう。指示コマンド自体は簡素にできてるんだから、後はボスの状況判断力次第ですよ」
ボス「そ、それって遠まわしに私のリーダーとしての器量を疑ってるの? や、やだなぁ、今日のこれってひょっとしてみんなで私を総括にでもかけようかとしてるわけ?」
フィクサー「そんな事ありませんよ。我々は遺伝子を分けた兄弟じゃないですか。そんな極左ゲリラみたいな真似をするわけがないでしょう」
150806004.jpg
スコーチ「大丈夫、みんなボスの事を信頼してますって」
セヴ「ボスはいつも我々の体力が減ると、そっとバクタスペンサーでの回復を促してくれるじゃないですか。あの暖かい心遣いにはいつも感謝してます」
スコーチ「ツンデレのセヴが、ここまでストレートに感謝を口にするのも相当なものですよ、ボス」
フィクサー「それにこの前、ジオノーシアンの猛攻に私がダウンした時、隊長がすぐ駆けつけて蘇生してくれたじゃないですか。あの隊長の迅速な行動がなかったら私はあの時死んでましたよ」
ボス「いや、まぁそれはお互い様じゃないか。誰かが生存している限り我々はゲームオーバーにはならないわけだし。次はフィクサーが私を蘇生してくれる番が来るかもしれないぞ」
スコーチ「とにかく我々は血を分けた家族以上に太い絆で結ばれてるんですから。みんなボスには全幅の信頼を寄せてますって!」
150806006.jpg
フィクサー「我々だけに限りませんよ。同じ遺伝子の下、全員が全員を信頼しあう。それが私たちクローントルーパーの絆じゃないですか。世間は私たちを非人間的な集団だと思ってるようですが、言わせたい奴には言わせとけばいいんです。銀河の平和の為に戦ってるのは私らなんですから」
ボス「フィクサー、お前、黒沢年男みたいな顔してるくせに、なかなかいいこと言うじゃないか」
フィクサー「ボスに言われたくはないっすよ! ぶっちゃけ我々全員同じ顔なんですから!」
スコーチ「ヘルメット脱いで待機してるときとか、ホントにバツが悪いですもんね。あっち向いてもこっち向いても黒沢年男なんですもん」
150806002.jpg
ボス「それにしても我々の敵であるドロイドたちの硬さはホント厄介だな。特にスーパーバトルドロイド(SBD)の硬さときたら普通じゃないぞ。あいつらあんなに強かったか? 映画ではそんな大した連中には見えなかったんだが」
スコーチ「『スターウォーズ・バトルフロント』に出てくるSBDは、思い切りドン臭いカモだったんだけど、このゲームではえらい強いんだよな」
フィクサー「でもバトルフロントでは厄介な難敵だったドロイディカが、リパブリックコマンドでは逆にカモになってるから、釣り合いはとれてるんじゃないか?」
セヴ「そうだな。ドロイディカにバリア張られたって、構わず接近してぶん殴ってしまえばいいだけだしな」
ボス「次の任務では、そんな連中なんか目じゃない難敵中の難敵、グリーヴァス・マグナガードが大量出現するらしいぞ。気を引き締めていけよ」
フィクサー「って事はいよいよ分離派の大物中の大物、グリーヴァス将軍も登場ってわけですか」
150806005.jpg
スコーチ「グリーヴァスかぁ、確かに憎き敵ではあるんだけどなぁ……。あのさ、ちょっと変な事言っていい? グリーヴァスがジェダイを殺したってニュース聞いた時さぁ、なぜか心の中でナイスワーク!って喝采贈っちゃったんだよね。何でかは分からないんだけどさ」
ボス「スコーチ、お前ね、滅多なこと言うもんじゃないよ」
セヴ「……いや、ボス。正直言うと私もぼんやりそんな事思いました。もっと正直言うと……、ジェダイってなんかムカつきません?」
ボス「セヴ、お前までねぇ……」
セヴ「それどころか、時折こいつら絶対生かしちゃおけねえよなって思ったりする事あるんですよね」
フィクサー「私も正直そんな時があります。この前もヨーダとすれ違った時、ブラスターライフルの台尻であの方の頭を叩き潰してやりたい衝動に駆られました」
セヴ「やはりみんなそうか。何故なんでしょうね? 実は他の小隊の奴らも同じようなことを時折考えたりするらしいですよ」
ボス「……と、とにかくこの話は他では絶対するなよ」
150806003.jpg
セヴ「ってことは、ボスも心当たりあるんですね?」
ボス「実はこの前、メイス・ウィンドゥと一緒になったとき、あの禿頭にヘルメットでパチキ食らわしてやりたくなった。単にあいつがムカつく奴だからそんな気持ちになったと思ったけど、どうやらそれだけではないらしい……」
セヴ「なんなんですかね? この我々に共通するジェダイに対する不穏な感情は……」
フィクサー「なんか我々って結局のところ戦いの道具に過ぎないのかもしれませんね。そうなるとこのゲーム、トルーパーの人間性をクローズアップしたのは、逆に罪作りのような気がしないでもないですけど」
セヴ「うん。そうなるとむしろパーソナリティなんか与えられず、トルーパーという記号に徹した方が、我々にとっては幸せなのかもしれんな」
ボス「お前らいきなり重たい話するなよ……。あ、なんか新しい任務が来たみたいぞ」
フィクサー「どれどれ……、オーダー66? なんですかこれ?」
スコーチ「……さぁ?」
ボス「まあ命令は命令だ。行くぞ、デルタ小隊出撃!」



この記事に含まれるtag : FPS スターウォーズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2356.html

2015/08/06 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【スターウォーズ レベルアサルト】SWゲームのクラシック

   ↑  2014/12/09 (火)  カテゴリー: 3DO
14120906.jpg
最新作「エピソード7」の公開日時も決まり、トレーラーも投入されて再び盛り上がりを見せるスターウォーズ界隈。
それに歩調を合わせたのかどうかは知らないが、最近になってスターウォーズゲーム黎明期の傑作、『Star Wars: X-Wing』と、その続編『Star Wars: Tie-Fighter』の配信がGOG.comで開始された。
スターウォーズという衣を取っ払っても不足ないこの不朽の名作は、映画の「エピソード4」同様に今の時代でもまったく古びていない手応えを与えてくれるが、同じ旧三部作でも「エピソード6」が、今観ると80年代的な脳天気さが目立って、いかにも昔の映画と感じさせてしまうように、『Star Wars: X-Wing』と同時期に出たスターウォーズゲームでも、この『スターウォーズ レベルアサルト』なんかは、やはり遥か旧世代ゲームの印象が強くなってしまうのであった。
14120903.jpg
スペースコンバットシムの『Star Wars: X-Wing』に対して、それとほぼ時を同じくして登場した『レベルアサルト』は、「エピソード4」の本編映像をフィーチャーしたシネマティックな展開のゲーム。
ゲームの中で展開するお馴染みの映像に、当時はかなり感動したものだが、しかしこの解像度の粗いギトギトのムービーは、やはり今だと強烈な90年代前半臭(あるいはメガCD臭)を感じさせてしまう。
「エピソード4」でルーク・スカイウォーカーが所属したのはレッド中隊(ローグ中隊)だったが、このゲームの主人公、ルーキー1が配属されるのはブルー中隊。
"あの映画で描かれていた物語の陰で、実はこんな人物たちによるもう一つの戦いがあった"は、スターウォーズのみならず、ガンダムなどでもさんざん使われるこのになるスピンアウト作法だが、『レベルアサルト』は、その先駆け的存在だ。
14120902.jpg
この手の外伝には、どう扱っても問題なさそうなチョイ役が、本編からゲストとして駆り出されるのが常だが、本作でその任を務めるのは主人公の教官となるジェイク・ファーレル。
「エピソード6」のエンドアの戦いで、グリーン中隊の一員として第2デス・スター攻撃に参加したおっさんだが、よっぽどのマニアでなければ本編に登場した由緒ある人物だとは気づかないことだろう。
「エピソード6」ではA-Wingを駆っていたファーレル中尉だが、「エピソード4」のストーリーに準拠したこの『レベルアサルト』でも"第1"デス・スター攻撃時にA-Wingで参戦してしまう掟破りの行動で、スター・ウォーズ時空に密かな混乱を巻き起こしてしまっている(分かりやすく言うと、ジャブローの戦いにゲルググが出てくるようなもんです)。
14120905.jpg
『スターブレード』風のレールウェイシューティングを軸に、自機が自由移動できるフライトコンバットタイプのパートや、さらには戦闘機を降りて生身で帝国軍の基地にカチコミかけるパート、さらにはまたしても時空を歪めて雪原でスノーウォーカーと対峙するホスの戦いパートと、バラエティ豊かな構成で、「エピソード4」の陰で進行していたアナザーストーリーが綴られてゆく。
クライマックスはもちろん反乱同盟軍がデス・スター破壊を目指すヤヴィンの戦い。デス・スターのあの溝のところを駆け抜けるのは、ATARI版以来のスターウォーズゲームの伝統だ。
高難度にめげず任務を全うして、あのルークというとっちゃん坊や一人の手柄に改ざんされた銀河の歴史を、もう一度書き換えてやろうじゃないか。



この記事に含まれるtag : スターウォーズ 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2218.html

2014/12/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。