FC2ブログ
 

ボンクラ360魂クロスカルチャーゲームブログ 

このページの記事目次 (tag: シネマゲーム の検索結果)

total 19 pages  次のページ →  

【Disney's Bolt】ボルト

   ↑  2020/03/18 (水)  カテゴリー: XBOX 360
200318006.jpg
ボルトは特殊能力を備えたスーパードッグ。
その駆け足は特急列車よりも早く、一声吠えれば車はおろか戦車すらなぎ倒す衝撃波が発生する。
飼い主はペニーという名の女の子。科学者である彼女の父親は世界征服を企む怪人物ドクター・キャリコによって拉致されてしまった。
そしてキャリコはその魔手をペニーにも伸ばす。
果敢にも父親の奪還を目指すペニーを守るため、ボルトは今日もキャリコの手下たちとの戦いに明け暮れるのだった。
200318002.jpg
なんて設定は実はドラマの中のお話。
ボルトは子役であるペニーと共に撮影に臨んでいる動物役者でしかない。もちろん特殊な能力なんて持っていないごく普通のイヌだ。
しかしボルトはそんな事実をまるで認識していない。自分には並外れた力があると本気で思い込んでいる。
そんなボルトが撮影所のゴタゴタの中で、愛するペニーとはぐれてニューヨークに搬送されちゃったからさあ大変。
なんの縁故もない遠い街だがボルトはひるまない。なにせ自分はスーパードッグ。さっそくスペシャルパワーで事態を解決しようと試みたけど……、あれ?
200318004.jpg
2008年に公開された「ボルト」は、あまりディズニー臭のしない不思議なディズニー映画。
前年にピクサーを子会社化した流れで作られたこのアニメーションは、全編にピクサーの血を色濃く流し込んだ作品となり、硬直化していたディズニーアニメに新風を吹き込んだ。
ジョン・トラボルタ、マイリー・サイラス、マルコム・マクダウェルといった面々がボイスアクトを務めたことも話題になったこの映画のゲーム化を担当したのは、「カーズ」や「ルイスと未来泥棒」「チキン・リトル」などディズニー系アニメのシネマゲームを数多く担当しているAvalanche Software。
200318003.jpg
しかしそれらはゲームとしては高い評価を得られておらず、そしてこのゲーム版『Bolt』もご多分に漏れずあまり芳しいものではない。
ゲームのストーリーは劇中劇、ボルトやペニーが役者として参加しているアクションドラマの内容に沿って進行する。
つまりこのゲーム中では、ボルトは全てをなぎ倒すスーパーボイスや大ジャンプを使いこなすスーパードッグ。ペニーも愛するわんこを心配する一少女ではなく、ガジェットと勇気を駆使して巨悪に立ち向かうスーパーヒロインだ。
200318007.jpg
3Dプラットフォーマーのスタイルに「ボルト」という素材を押し込むには、まあ無難といえば無難なのだろうが(考えてみりゃ、あんなロードムービーみたいなお話はそのままゲームにしようがない)、しかしアクションゲームとしてもあまりパッとしたデキではない。
進行に応じてボルトとペニーをそれぞれ操作するのだが、両者にそれぞれ役割的な差異が大きくあるわけではないし、アクティブ時のボルトが画面内で豆粒のようなスケールでしか表示されないのは、キャラクターゲームとして根本的になにかが間違っている。
200318005.jpg
これはこの『Bolt』に限ったことではないが、360やPS3期に放たれたアニメ映画のゲーム化作品は、原作に対して予算やリソースが大幅に縮小しているハンデを抱えながら、同じCGアニメーションの土俵で比較に晒される宿命が常に付きまとっている。
これが実写映画のゲーム化であったら、ビジュアル質感の根本的な違いで取り繕えるが、CGアニメとなるとそうはいかない。
ビッグバジェットを注ぎ込んだ原作映画を前にしては、ムービーパートを始め何から何までが、どうしてもチープな印象が先に立ってしまう。
そんなハンディキャップを理解していても、やはりこのゲーム中のボルトとペニーがちっとも可愛くないのは致命的じゃないだろうか。一番肝心なのはそこだろうに。

<Xbox One 互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : ONE互換 シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2883.html

2020/03/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【007 トゥモロー・ネバー・ダイ】Tomorrow Never Dies

   ↑  2020/03/12 (木)  カテゴリー: PS1
200312001.jpg
ピアース・ブロスナンの007映画でベストは?
オレが推したいのはブロスナンにとって2番めの主演作となる「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」だ。
カーチェイス、バイクチェイス、カンフーファイトなど派手なアクションシーンが幕の内弁当のように配置され、そしてボンドガールは香港アクションムービー出身のミシェール・ヨー。
そりゃあこの人がアクションのフィールドにおいてブロスナンの添え物に留まるわけがないのは、当たり前っちゃあ当たり前の話だ。
200312003.jpg
敵となるエリオット・カーヴァー(演じるはジョナサン・プライス)のメディア王という設定や、マッチポンプのフェイクニュースで世界紛争を煽る手段も新鮮だったし、その配下の実行部隊長スタンパーは、「007 ロシアから愛をこめて」のレッド・グラントを彷彿とさせる立ち回りと存在感でボンドを大いに苦しめる、久々に悪役の側にもコマが揃った作品であった(ただしこのルパート・マードック的なメディア王像は、現在の目から見るといささか古めかしくなっているかもしれない)。
200312004.jpg
ブロスナンがボンド役を務めていた95年から2002年にかけては、ちょうどゲーム業界が産業革命に類するようなドラスティックな変革を遂げていた時期とちょうど重なることもあって、ことゲーム化作品に関してはとても恵まれている。
ニンテンドウ64の名作『ゴールデンアイ 007』を筆頭に、『007 ナイトファイア』や『007 エブリシング オア ナッシング』などの映画が原作ではないゲームオリジナル作品。『007 Racing』などの企画ものなど、さらには携帯機の派生作品を入れればその数は軽く十指を超える。
200312006.jpg
プレイステーションでリリースされたこの『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』は、同名映画をベースにした正統派シネマゲーム。
オープニング早々潜入からの銃撃戦、そして派手なアクション(本作の場合はスキーチェイス)の掴みを経て例のオープニングタイトルに繋がる流れは映画の構成そのまま。
ちなみにこのタイトルバック。映画版と全く同じTB、映画のスタッフ名の代わりにゲームのスタッフ名が被さる凝り様だ。
200312005.jpg
サードパーソンのシューティングをベースにスキーやカーチェイスといった変則パートを挟んで映画の流れを漠然と追っていく流れは、以降の007ゲームに脈々と受け継がれていく王道パターン。
しかし後の007ゲームの多くにフィーチャーされているステルス的な要素は皆無。ほぼ全ステージにおいて正面からカチコミの戦いがメインとなるだろう。
当時の3Dゲームの常として操作性にはもどかしさを多く感じるかもしれないが、全体にはシネマゲームとして押さえるべき部分をそれなりに抑えた及第点の作品だ。
200312007.jpg
後半ではミシェール・ヨーを操作するパートもあり(素手ゴロファイトではなかったのが、ちょっと気の利かないところだが)。
そして映画では映画では冒頭のみにちらっと登場した″新興宗教団体のメンバーで毒ガステロ事件の実行犯″という時節的に危ない設定のキャラクター、サトシ・イサグラも、このゲーム版では中ボスとして堂々の登場。
ガスマスクもつけずに至近距離から毒ガス弾を投げまくる、大変アナーキーな暴れっぷりを見せてくれる。
一方で原作映画ではボンドにとって久々の強敵となったスタンパーが、ゲームでは影も形もないのは、ちょっと納得のいかない部分ではある。

この記事に含まれるtag : シネマゲーム TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2881.html

2020/03/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】ブロスナンの微妙ボンドカー

   ↑  2020/03/09 (月)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
ショーン・コネリーからダニエル・クレイグに至る歴代ジェームズ・ボンド俳優の中で、オレ的に一番評価が微妙なのが20世紀007の末尾を飾った5代目ボンド、ピアース・ブロスナンだ。
長身で眉目秀麗で確かにぶったちは悪くないんだけど、どうしてもそれだけという印象をオレはこの人に抱いてしまっている。
歴代の中で一番好きだったティモシー・ダルトンからのバトンタッチであるのが、ブロスナンに今一つな評価を持ってしまう大きな一因なのかもしれない。
200309007.jpg
いかにも殺しのライセンスを持った特殊諜報員の雰囲気プンプンだったダルトンの獰猛さ、荒々しさとはまったく正反対。
洒脱ではあるんだけどロジャー・ムーアのような飄々とした一面にも欠ける。
薄味の一言に尽きるんだけど、されど死に体だった007のブランドを再び浮上させた功績は、やはり認めるほかはないだろう。
200309005.jpg
ブロスナン=ボンド時代は結構長かったようなイメージもあるが、出演作は「ゴールデンアイ」「トゥモロー・ネヴァー・ダイ」「ワールド・イズ・ノット・イナフ」「ダイ・アナザー・デイ」計4作と意外に少ない。既に本数ではダニエル・クレイグに抜かれていたりする。
そしてボンドカーを大収録した『Forza Horizon 4』のBest of Bond カーパックに登場するブロスナン由来の車も、これまた意外なことにわずか一台だけ。
BMWとのタイアップが蜜だったブロスナン時代。ここに収録されているのもBMWのロードスターモデル、BMW Z8。
「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」に登場したボンドカーだ。
200309002.jpg
しかしこの「ワールド・イズ・ノット・イナフ」ってのが、これまた評価に困る、ぶっちゃけオレの中では歴代007映画では最下位の作品だったりする。
アクションシーンは過去作の焼き直しが多いし、"痛覚を失った不死身の男"との触れ込みだった悪役のとんだ一杯食わせ者っぷりもハンパではない。
それよりも何よりもボンドガールのソフィー・マルソーにブロスナンがボンドとしても役者としても完全に食われまくられているのが問題だが(この映画に出てくる男どもは、はっきり言ってすっとこどっこいばっかだ)、まあ相手がソフィー・マルソーであるのが不運だったというほかはないのであろうか。
200309006.jpg
そしてボンドカーのBMW Z8も、これまた映画同様に煮え切らない存在だったりする。
ボンドカーであるにも関わらず、カーチェイスはおろか気の利いた走行シーンすらなし。
それもそのはず。このZ8、実は映画の撮影に車の開発が間に合わず、仕方なくコルベットにガワを被せたものを無理やり登場させただけなのだから。
見せ場らしい見せ場は波止場で駐車中にリモコン遠隔操作のミサイルでヘリコプターを撃ち落としたのみ。単なる固定砲台みたいなもんである。
しかもその直後にノコギリで真っ二つにされてお役目終了。ボンドや"不死身の男"レナードと等しく、ソフィー・マルソーの露払いという役目だけで終わってしまった。
200309003.jpg
ブロスナンゆかりのボンドカーなら、「トゥモロー・ネヴァーダイ」の遠隔運転も可能なBMW 750iLとか「ダイ・アナザー・デイ」でジャガーと凄絶な氷上チェイスを繰り広げたアストンマーチン・ヴァンキッシュなど、他に適任はいくらでもあるのに、なんでよりによってこんな一番パッとしないやつをチョイスしたのかいささか疑問だが、BMW車としては数少ないロードスターという辺りでバランスをとったのだろうか。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2880.html

2020/03/09 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】ボンドとシトロエン

   ↑  2019/12/06 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
1973年の「007 死ぬのは奴らだ」から1985年の「007 美しき獲物たち」まで、足かけ12年にも渡ったロジャー・ムーアの007映画は全部で7作。
その中でベストを選ぶとすれば、オレが推したいのはキャリアの真ん中に作られた「007 ユア・アイズ・オンリー」だ。
イアン・フレミングの原作から短編を寄せ集めた構成が逆に幸いして、シチュエーションを変えたアクションがオムニバス的に並んだ流れが実に小気味よく、黒髪ロングのボンドガール、キャロル・ブーケの毅然とした美しさは絶品で、シーナ・イーストンの主題歌も印象深い。
191206005.jpg
冒頭のヘリコプタースタントに始まり、スペインのオリーブ畑でのカーチェイス、スキーにジャンプ、アイスホッケーと007版冬季オリンピック大会と化した北イタリア、海洋アクションてんこ盛りのギリシャ、そしてフィナーレは断崖絶壁にあるメテオラ修道院での決死のロッククライミング。
冷静に思い返すとキャロル・ブーケ以外はアクションシーンしか記憶に残っていない気もするが、そのアクションがどれもクオリティ抜群なのだからしょうがない。
悪役が弱いのがこの映画の欠点といえば欠点だが、トータルな出来栄えの前では些細なことだろう。
191206004.jpg
ショーン・コネリーのアストンマーチンDB5に対して、ロジャー・ムーア版007を代表するボンドカーと言えばロータス・エスプリ。
「ユア・アイズ・オンリー」にもエスプリは登場するが、最序盤で敵にパクられそうになって自爆してしまい、見せ場らしい見せ場はあんまりない。
それに代わって「ユア・アイズ・オンリー」でカーアクションを担当するのがシトロエン2CV。
「黄金銃を持つ男」のAMCホーネットと同様、現地でボンドが突発的に運転した広義の意味でのボンドカーだ。
191206003.jpg
もちろん現地徴用車だからして特殊装備の類なんかは一切ついていない。
それどころかもとを正せば1940年代生まれの農民向け大衆車。馬力すらろくにありゃしない。
これまたホーネット同様に、ハンドルを握らざるをえなかったボンドとしては忸怩たる思いがあっただろうが、しかしこのシトロエンほどカーチェイスがハマるクルマもそうはありゃしない。
スピードが遅いからあっさり敵に追いつかれる。すなわち緊迫なシチュエーションを演出しやすい。
そのくせ頑丈だからぶつかったり転がったりしても問題なく走る。万が一ひっくり返っても現地の人々の手を借りればすぐもとに戻せるし、"ブリキの缶詰"と揶揄されたその特異なデザインは、少々傷がついたり凹んだりしてもむしろ絵になったりする。
191206002.jpg
シトロエン2CVのカーアクションといえば「ルパン三世 カリオストロの城」も著名だが、あれはスピード感のデフォルメが少しばかり過剰だ。
やっぱりシトロエンのチェイスは「ユア・アイズ・オンリー」のそれのように、ちょっぴりとろとろして斜面をころころ転がったりする、そのどことなく優雅なフォルムが似合うアクションがいい。
元々がボンドカーという付加価値などなくとも一本立ちできる名車中の名車。
イギリスの田園地帯を道路なんか無視して突っ切る姿が、これほど映えるクルマも他にはないだろう。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2852.html

2019/12/06 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】オレだってボンドカーだぜ

   ↑  2019/12/04 (水)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
MI6からジェームズ・ボンドに貸与された様々な特殊装備を搭載したクルマ。ボンドカーの定義はこんなところになるのだろう。
しかし世の中、狭義があれば広義もある。中にはボンド自身がハンドルを握ってもいないのにボンドカーと呼ばれたりする、トヨタ2000GTのような事例もあるのだ。
どんな事情にせよボンドが運転すれば、それは他人のクルマでもボンドカー。それはそれで立派な定義である。
191204008.jpg
ズラリ10台のボンドカーを揃えた『Forza Horizon 4』の拡張カーパック、『Best of Bondカーパック』にも、そんな「MI6経由ではない」ボンドカーも登場する。
ジェームズ・ボンドを演じる俳優としては3代目となったのがロジャー・ムーア。
その飄々としたたたずまいは、どこかジェームズ・ボンド自身がボンドのパロディを演じているような趣すらあり(後年ムーアは『キャノンボール』で、自分をボンドと思い込んでるあんぽんたんな役どころをやっていたりする)、またその出演作はどれも荒唐無稽なスパイ活劇路線を極めていたこともあったりして、その作品評価はあんまり高くない。
近年のダニエル・クレイグによる007映画を見慣れた人間にとっては噴飯ものにしか見えないかもしれないムーア007だけど、いいや、スパイ映画が荒唐無稽でバカバカしくってなにが悪い。
191204009.jpg
007映画の第9作目『007 黄金銃を持つ男』は、世間的にはシリーズ作の中でも駄作扱いを受けている作品だが、オレはこの映画をけなすやつとは絶対に一緒に旨い酒を飲めないだろう。いや、まあオレそもそもアルコール飲めないけど。
ボンド最強のライバルとして立ちはだかる黄金銃の殺し屋スカラマンガ(演じるのはクリストファー・リー!)、殺人アミューズメントパークと化しているそのアジト、シリーズ史上もっとも観る者をイライラさせるボンドガール、突如始まる底抜けカンフー合戦(それにへっぴり腰で対応するムーア007)、そしてなによりもスカラマンガの邪悪な従者、小男のニック・ナック!
191204006.jpg
執事としてのの仕事から荒事までなんでもそつなくこなし、スカラマンガに忠実ながらもその死を願う不思議な存在。
ああ、うちにもニック・ナックが一人欲しい。彼がいればどんなに便利で癒やされることだろう。
そして「黄金銃を持つ男」に登場するボンドカーがAMCホーネットX。
ラグジュアリーを極めたボンドカー歴代において異色のバリバリ大衆車。もちろん特殊装備なんかついていやしない。
ボンドの趣味からおよそ対極にあるようなクルマだが、スカラマンガとニック・ナックを追うときに、そこらのディーラー店頭から無理やり徴用した経緯から、ボンドもまあ背に腹は代えられなかったのだろう。
191204004.jpg
しかしこのホーネットが頑張った。
なんせ70年代映画のカーチェイスには、近年のCGをふんだんに使ったそれにはない生の面白さが満ち溢れている。
「黄金銃を持つ男」のカーチェイスも例外ではなく、スタントドライバーの腕一丁にかかった混じりっけなしのカースタントの白眉となるのは、河を飛び越える錐揉み大ジャンプ。
191204005.jpg
その地味さから時にはボンドカーのカテゴリから漏れることすらあるAMCホーネット。しかし数ある候補を差し置いてこのクルマをカーパックのラインナップに加えた(まあゴジラゲームにおけるジェットジャガーみたいなポジションかもしれないが)担当者とは、「あんた分かってるよ! 黄金銃を持つ男最高!」と一緒に旨い酒が飲めそうである。いや、まあオレそもそもアルコール飲めないけど。

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2851.html

2019/12/04 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。