ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: シネマゲーム の検索結果)

total 18 pages  次のページ →  

【リング】ドリキャスを襲う貞子の呪い

   ↑  2017/12/01 (金)  カテゴリー: ドリームキャスト
171201008.jpg
「大変ご無沙汰をしております。古今東西の心霊ホラーゲームを頼まれもしないのにお届けにあがる、ゲーム版恐怖新聞でございます」
ホント久しぶりだな。5年ぶり、いやもっとか。
「本家の恐怖新聞は読むたびに寿命が減りましたが、こちらはその代わりにXboxゴールドメンバーシップの残り日数が1日ずつ減っていく……」
いや、そのフリはもういいから。
「そうですか……。で、久々なんでここは背筋も凍るほどの怖いやつを持ってきました。リングです」
171201001.jpg
リングってことは貞子だな。
「貞子です」
アレはビビるな!
「ビビるでしょ! その貞子が満を持してクロスカルチャーを果たしたのが、この2000年発売のドリームキャスト版『リング』です」
2000年って言えば映画が一番盛り上がってた頃だな。これは期待できそうだ。
「でしょ! ま、こちらの方は映画の1作目や2作目とちょっと趣を違えてまして、舞台はアメリカなんですが」
いきなりインターナショナルじゃねえか。
「まあハリウッド版リングなんてのもあるくらいですから。貞子はダルビッシュやマーくんよりもグローバルなんですよ」
比較の対象がちょっと違うと思うけど……。
171201005.jpg
「ある防疫研究所の所員が怪死を遂げます。死の真相を探るために研究所に入所したその恋人は、彼の遺品であるパソコンにインストールされた"RING"という謎のプログラムにその手がかりを求めるんですね」
……そのプログラムにアクセスしたら、なんか突然『パーフェクトダーク』のジョアンナみたいな格好になって、変な場所に放り出されたんだが。
「十字キーの前で前進、後ろでバックステップ、左右で方向転換です」
おい、それって……。うわ、なんか変なクリーチャーが出てきたぞ!
「右トリガーで銃を構えてAボタンで撃ってください」
171201006.jpg
おい、だからそれって……。
「おめでとうございます。無傷で倒せましたね!」
貞子の呪いってハンドガンの連射でどうにかなるもんだったのかよ!
「テクニックを極めれば、銃を使わずともナイフ一本でクリアできるかもしれませんよ。
だからそれってアレだろ! メニュー画面なんかもろにそれだろ! リングやれよリング! バイオなんとかじゃなくて!
171201004.jpg
「『サイレントヒル』とか『零』とか、『バイオハザード』のシステムを応用して恐怖を極めたホラーゲームもあるので、その狙いは悪くないかと」
だけどそれを貞子に適用するのは明らかにムリがあるだろ! ああ、しかもバイオもどきとしてもめちゃくちゃ遊び辛い。ステージがほぼ真っ暗闇だから、視点がシネマティックに切り替わるたびに自分の居る位置がさっぱり把握できなくなるし……。
「この謎のプログラムの陰に蠢く民間防疫会社の陰謀と危険極まりないウィルスに、主人公は自然と近づいていくことになるんですね」
ますますバイオじゃねえか! ちゃんとリングやれよリングを! 同じこと何度も言わせんなよ!
「マジメに答えさせていただきますと、小説版リングの続編2作は、割とこんなノリなので……」
このゲームのタイトル、らせんでもループでもないよな。『リング』だよな。オレはぶっちゃけリングと、らせん&ループは、確かに貞子繋がりではあるけど基本的に別モンだと思ってるし。
171201002.jpg
「話を進めていけば例のビデオも出てきますから! ちゃんと映画版リングからの流用映像ですから!」
なんかそれ、ゲームの流れからめちゃくちゃ浮いてんだけど……。
「そしてなんたって山村貞子。もちろんラスボスですよ、ラスボス!」
ごめん、貞子とラスボスって単語がどうしても結びつかないんだけど……。
「この貞子はラスボスだけあって、髪の毛を振り回して攻撃してくる恐ろしい敵です。頑張って倒してください!」
………………で、この貞子、どうやったら倒せるんだ?
「右トリガーでハンドガンを構えて連射連射連射!」
だからおい!

この記事に含まれるtag : ホラー シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2712.html

2017/12/01 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ghostbusters The Video Game】ゴーストバスターズ3

   ↑  2017/02/24 (金)  カテゴリー: XBOX 360
170224009.jpg
メンバー全員を女性に刷新したリブート版のヒットも記憶に新しい「ゴーストバスターズ」。
それとは別に、過去に何度となく具体的な話が漏れ聞こえてきた、旧作のメンバーたちがそのまま登場する「ゴーストバスターズ3」の企画があった。
それは結局、中心人物であるハロルド・ライミスの死によって頓挫してしまったのだが、しかしその構想はメディアは違えどゲームにおいてしっかりと実現していた。
ライミス、ダン・エイクロイド、ビル・マーレイ、アーニー・ハドソン、アニー・ポッツ、ウィリアム・アザートン。映画オリジナルキャストの面々がCGで再現され、そしてライミスとエイクロイドが脚本も担当した2009年作『Ghostbusters The Video Game』。
エイクロイド本人も認めるように、実質的な「ゴーストバスターズ3」と言える重要作だ。
170224001.jpg
時はヴィーゴ大公との戦い(ゴーストバスターズ2)から2年が経過した1991年。
あれからすっかり商売を軌道に載せたゴーストバスターズ社の門をくぐる新入社員が1人。そう、プレイヤーであるあなただ。
清掃作業員のようなダサい制服、背負うのは重たそうなプロトンパック、上司は冴えないおっさんたち(うち1名は四六時中嫌味を言ってるようなやつ)。
心ウキウキするような要因はちっとも揃っていないような就職なのに天にも上るような気持ち。
ついに憧れのゴーストバスターズに正式加入(「……お前はまだ見習いだよ!」ヴェンクマン)。愛するニューヨークの公益を守るお仕事です!
170224008.jpg
シガニー・ウィーバーに代わって本作で厄ネタヒロインとなるのはアリッサ・ミラノ。そして立ちふさがる大敵は破壊神ゴーザ。
三たびゴーストで溢れかえったニューヨークに平穏をもたらすため、毎度おなじみ4人プラス新米1人が出動だ。我らゴーストバスターズ。お電話をいただければすぐに駆けつけます!
TPSの体裁をとってはいるが、ゴースト捕獲の作業は基本的に釣り。プロトンパックが釣り竿でプロトンビームが針と糸。そしてゴーストを吸い込むトラップボックスが魚籠ということになる。
170224005.jpg
ゴースト目がけてプロトンビームを放射。見事ゴーストを引っかけたら上下左右に振り回してこれを弱らせ、そのままトラップボックスまで誘導。抵抗するゴーストをボックスに吸い込んだらすかさず回収。
これを手際よくこなせば、メンバーも「上出来だ、小僧。」と褒めてくれるだろう。
まぁその横にはプロトンビームの大乱射でホテルを滅茶苦茶にされて、青ざめた顔で震える支配人の姿もあるかもしれないが……。
ゴーストを捕獲して振り回す作業は、PS2の『ゴーストバイブレーション』というゲームにそっくりなのだが、考えてみればそれは『ゴーストバイブレーション』が元々映画「ゴーストバスターズ」の影響下にあったってことだろう。
170224006.jpg
ウィンストンを含めた四人と並んでプロトンビームをぶっ放す。これが出来るだけでこのゲームの面白さは保証されたようなものだが、それに留まらず『Ghostbusters The Game』は細部に渡るまで贅沢に作り込まれたステキなゲームだ。
随所に盛り込まれた映画のファンへの、ボリューム満点なサービスの数々も、そのステキ要素のひとつ。
試しに自由行動が出来るときに、ゴーストバスターズオフィスの中を、隅から隅までじっくり見て回るといい。
このゲーム中のバスターズオフィスは、細部の細部までそれこそ執拗に再現されていて、見ているだけでもしばらくは飽きが来ないだろう。
170224002.jpg
ミッション中には、PKEメーターによる霊気探索で、思いもかけないボーナスオブジェが手に入ったりもする。
はねるトースターやマシュマロマンのミニレプリカなど、映画版ゆかりのグッズの数々は、発見するときちんとオフィスの中に陳列されていく。
中には「ゴーストバスターズ2」のボス、ヴィーゴの肖像画なんて大物も。そしてこのヴィーゴの肖像、例の尊大な態度で、なんとマックス・フォン・シドー自らの声でボキャブラリー豊かに喋ってくれるだろう。
170224007.jpg
いかにも'80年代的な呑気な展開だった映画版と違って、このゲーム版は(舞台は'90年代初頭だが)21世紀的なエクストリームな展開。
なにせ序盤の山場でいきなりマシュマロマンことステイパフがご登場。
映画では愛嬌たっぷりだったマシュマロマンも、いざゲームの中で向き合ってみるとド迫力の存在。
その撃退の矢面に立たされるのは新入りのオレ。ああ、危ないことのお鉢は全部新米に回ってくるワケね。
それがゲームってもんだろうねって? そうは言うけどな、じゃあヒロインのお相手がこっちじゃなくビル・マーレイに回っていくのはどういうワケよ!?
それもこれも含めて全部「ゴーストバスターズ」のお約束。
アイ・ラブ・ニューヨーク! たとえ関東平野の片田舎育ちでも、コントローラを握っている間は、心は生粋のニューヨーク生まれブルックリン育ちだぜ!

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : シネマゲーム ONE互換 TPS 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2609.html

2017/02/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 3】麗しのマリコセリカ

   ↑  2017/01/13 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
161215006.jpg
「トランザム7000」「ミニミニ大作戦」「バニシング・ポイント」「ブリット」。
クルマがもう一方の主役を飾る映画たちは、登場したクルマにさらなる強烈な箔とイメージを与えてくれた。
それに対してこれだけのクルマ大国でありながら、クルマの存在が際立った作品に乏しいのが日本映画だ。
ムリもない。スポンサーとの結びつきが強い世界だ。
「クスリでラリった男がお宅のクルマを法定速度超過してかっ飛ばし、最後はバリケードに突っ込んで死んじゃう映画撮るんで、ひとつヨロシク!」なんて話がそうそう通りっこないことくらい、こっちだって分かってる。
170113008.jpg
それでも邦画にクルマムービーが決して皆無なワケじゃない。
"冬のレジャー地に集うバブル期のリア充たち"という、クルマオタやニューシネマとはおよそ対極のテーマを描いた「私をスキーに連れてって」などは、日本が誇る密かなクルマムービーだ。
170113006.jpg
その隠れ主役はセリカGT-FOUR。スキー場に溶け込むかのような純白のボディ。
これまたバブル期の賜物である太眉も勇ましくハンドルを握るのは、ヒロイン原田知世の実姉、原田貴和子だ(劇中では他人設定なのだが、時折どうしても仲のいい姉妹以外の何ものにも見えなくなってしまうのは、この映画の愛嬌ポイントの一つだ)。
さらに「私をスキーに連れてって」には、対になるセリカがもう一台出てきて、こちらのボディカラーは赤。オーナーは高橋ひとみ演じるヒロコ。
170113003.jpg
八面六臂の活躍をするのは貴和子姉さんの白セリカ(通称マリコセリカ)の方。
「女26、……いろいろあるわ」の名セリフと共に路面の凍った志賀高原を駆け出し、峠道をかっ飛ばし雪の壁を飛び越えゲレンデを突っ切志賀万座2時間半。
白い車体が雪道やゲレンデを躍動するシーンは、思わず「あのクルマ、カッケエ!」の声が漏れ出る、三上博史や原田知世を差し置いてセリカが束の間の主役をジャックする瞬間。
そしてその前後は、この映画の隠れヒロインである貴和子姉さんの控えめな主役タイムだ。
170113007.jpg
『Forza Horizon 3』にあるセリカGT-FOURは、残念なことに「私をスキーに連れてって」に登場したST165ではなくて、その次世代モデルであるST185。
ただ全体的に滑らかになったにせよ、基本的なフォルムは先代からしっかり受け継いでいる。
幸いブリザードマウンテンには峠道もアイスバーンもゲレンデもある。マリコセリカを再現するには過分ないシチュエーションだろう。
170113004.jpg
「あのクルマのハンドルを握りたい!」ではなく、「あのクルマの助手席に乗りてえ!」なんて衝動を催させた数少ない映画カー、セリカGT-FOUR。
マリコさんと一緒なら、このまま崖下に転げ落ちても本望だ。そんな思いを込めたブループリントも作成しておきました。
映画同様に道を走るよりもゲレンデ突っ切った方が早いと思うので、最後は是非ともセリカをひっくり返してフィニッシュしていただきたい。

 

この記事に含まれるtag : Forza レーシング シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2593.html

2017/01/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Ben-Hur】THE戦車競走

   ↑  2016/08/19 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
160819004.jpg
11個のオスカーを獲得した映画史に燦然と輝くスペクタクル超大作「ベン・ハー」。
畏れや遠慮があってはリメイクなんかできないってのは百も承知だが、それでもこの作品を新たに撮り直す試みは、さすがに怖いもの知らずという言葉しか出てこない。
そんなよほどの覚悟を必要とするような「ベン・ハー」リメイク。
だがいきなりお目にかかるプロモーションが、今どき流行りの無料ゲーム配信。「ベン・ハー」の字面から得る重々しい印象とは真逆の安手なプロモに、オレの頭のなかには早くもこのリメイクに対する危険信号が灯るのであった。
160819001.jpg
ゲームを起動すると有無を言わせず流れるトレイラーも、「ベン・ハーってこんなお話でしたっけ!?」と戸惑いたくなるような、まるで「ワイルド・スピード」みたいなノリ。
軍馬の鼓動は魂の躍動、生と死のコンマ1秒を分けるのはおのれの手綱さばき。コロッセオの彼方まで限界スピードでかっ飛ばすぜ。ライバルのあいつには死んでも負けられねえ、一応色々あった仇だしな!
トレイラーのノリを受け継いでおっ始まるのはチャリオットレース。
「ベン・ハー」でゲームにできそうな部分ってこれ以外にはないだろうから、まあこれは想定の範囲内だ。
160819003.jpg
もっともしょせんは無料のプロモ用ゲーム。内容はミニゲームに毛を生やそうと思ったらかえって禿げちゃった程度のものだ。
かつて初代Xboxに『Circus Maximus: Chariot Wars』という、やはりチャリオットレースに的を絞った物好きなゲームがあったが、この『Ben-Hur』はそれを10分の1くらいの予算でリメイクしたようなゲーム。なんかこの辺も映画本編とシンクロしてそうですね!
競技場の中をアバウトに戦車を走らせて、これまたアバウトにライバルをムチでぶっ叩いたり、ぶちかましを食らわせたり。
アバウトに設定されたHPゲージがゼロになれば、アバウトにリタイヤを余儀なくされ、見事ゴールすればアバウトに順位がつけられて、それに応じてアバウトな実績がいただける。
160819002.jpg
まあ「2017年版ベン・ハー製作委員会」(だかなんだか知らないが)からの、実績の無料プレゼントと割りきった上で、「PS1時代にはこんなの平気でフルプライスで売っていたよな」とか、「PS2の頃のD3パブリッシャーなら、これを買い上げて『THE 戦車競争』と名付けて、双葉理保を乗せて2000円で売りそうだよな」などと、色々と感慨にふけるのがいいのかもしれない。

<国内ストア未配信>

 

この記事に含まれるtag : シネマゲーム レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2538.html

2016/08/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【007 Racing】底抜けボンドカー大集合

   ↑  2016/05/13 (金)  カテゴリー: PS1
160513001.jpg
『スパイハンター』の元ネタともなった武装カーの原点、それはボンドカー。
ジェームズ・ボンドが乗っかる車がボンドカー、ボンドが乗っかる女の子がボンドガール。ただし厳密なボンドカーの定義とは、あくまでも特殊な改造を施されたボンド専用車の事を指すのだろう。
世界一のモテ男という側面以上に、世の凡夫どもがボンドに羨望の眼差しを送るのは、なんてったってめくるめく高級車に、酔狂なスペシャル改造を施した専用車をお膳立てしてもらえるその環境だろう。
オレがボンドならば、もうトラックに幅寄せされたり小生意気なアルフォードに煽られたりしても、きっちり身の程を教えてやれるのだ。オイルを喰らえ!
160513005.jpg
007シリーズ中で代表的なボンドカーを選ぶのならば、「ゴールドフィンガー」に登場したアストンマーチンDB5(ヘッドライトからマシンガン!)、「私を愛したスパイ」に登場したロータス・エスプリ(水陸両用!)、「トゥモロー・ネバー・ダイ」に登場したBMW 750iL(遠隔リモコン運転!)、「ダイ・アナザー・デイ」に出てきたアストンマーチン・ヴァンキッシュ(光学迷彩!)辺りが有力候補。
160513003.jpg
そんな歴代の代表的ボンドカーが登場する”ボンド版スパイハンター”、それがこの『007 Racing』。
ただし本作は「ダイ・アナザー・デイ」以前に製作されているため、光学迷彩ヴァンキッシュは残念ながら未登場。
タイトルからレーシングゲームを想像する方もいるだろうが、レース要素は一切無い『スパイハンター』と同様のステージ制ミッションクリア型ゲーム。
007シリーズからの映像をふんだんに利用したオープニングムービー。ゲームオリジナルのストーリー、そしてゲームオリジナルのボンドガールが登場するなど、ゲームの周辺部分の造りは非常に贅沢だ。
160513004.jpg
その足を引っ張るのが肝心要のミッションパート。
演出も乏しければステージ構成も平坦でバランスも悪く。武装カーを派手に飛ばしながらのカーチェイスなどの、この手のゲームのお約束とも言える展開にもおよそ無縁。
歴代ボンドカーのそれぞれの個性や特性もまるで活かしきれてはいない。
車のピーキーな操縦性や不安定な挙動は、いかにドライビングに長けたボンドだろうと、手に焼くことは間違いなし。
160513006.jpg
こんなベースとなった車より明らかに性能ダウンしたようなボンドカー、、ボンドはきっとウィットに富んだキツい嫌味をQに対して並べ立てていることだろう。
『ツイステッドメタル』に『ヴィジランテ8』など、ボンドカーの影響下にありながらもさらにはっちゃけた武装カーゲームが既にひしめく中にあっては、いかに武装カーの元祖を全面に押し出したといえど、それだけでプレイヤーを牽引するにはなんとも力不足の中途半端な版権物であった。

<海外版>

 

この記事に含まれるtag : シネマゲーム 武装カー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2495.html

2016/05/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。