ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: ギャルゲー の検索結果)

total 16 pages  次のページ →  

【サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~】ときめきの海外赴任

   ↑  2018/04/19 (木)  カテゴリー: ドリームキャスト
180419008.jpg
慣れた職場を離れての海外への単身赴任。
家族持ちならばなんとしてでも回避したいところだが、あいにくと大神一郎は天下の独身貴族。なんの気兼ねもありゃしない。
むしろしがらみが増えてきた帝都時代の小娘部下たちとの関係をリセットするいいチャンスかもしれない。
赴く先は花の都巴里。そしてセガ背水の新ハード、ドリームキャスト。
新天地に浮かれる大神とプレイヤー。
もっともこの着いた先でも新たな小娘部下どもに翻弄される中間管理職生活が待っていることに変わりはないのだが、まあそれはお約束ってことで。
180419002.jpg
シリーズの三作目、それは鬼門。過去に数多の映画やゲームがそこで大きくずっこけてきた。
「ターミネーター」シリーズのように、いまだにその傷が尾を引いている例もあるし、ギャルゲー界隈でも『ときめきメモリアル』や『卒業』といった老舗が躓きを見せていた。
一作目と、それをさらにグレードアップさせた二作目。ならば次は大きな変革のターンだ。多くのパート3が陥ってしまう落とし穴パターンだ。
しかし『ドラゴンクエストⅢ』に顕著なように、歴史に名を残す第三作はホップ、ステップ、ジャンプの流れで、一作目からの流れのさらなる正統進化を目指した先に生まれる。
180419007.jpg
そしてそれは『サクラ大戦』シリーズも同様だった。
唯一の冒険は(大神一郎以外の)メンバーの総入れ替え。だがマンネリの回避には、これ以上の処方箋は他にない。
問題は帝都の花組に引けを取らないだけの新メンバーを揃えられるか。キャラクターデザインのみならず、既定路線となった舞台劇(歌謡ショウ)の展開もあるから、中の人の選定も重要だ。
果たして花組キャストに負けないくらいのキャリアと実力とコスプレ舞台登場すらも堂々と受けて立てる役者さんが残っているのだろうか。…………ノン子さんにお姉ちゃんに島津冴子さんに、まだまだ結構いるじゃねえか!
高飛車キャラが島津冴子さん? ああ、もうそれ言うことねえっすよ! オレの大神一郎にどんどん冷たくあたってやってくださいな!
180419003.jpg
キャストと新キャラクターに万全を期したあとは、ゲーム本編の正統進化っぷり。
初代『サクラ大戦』からのシステムと設定とお約束を忠実に継承し、それをとことんゴージャスにブラッシュアップ。
その練り込み具合は、新たなハードに新たなサクラ大戦という造り手の熱量と相まって、もうハンパないレベル。
ビジュアル、システム、楽曲、シナリオの充実度、あらゆる面において、シリーズのファンが予想し期待していたレベルをことごとく上回る離れ業を見せてくれた。
今でも語り草となっているオープニングムービー。あれを目の当たりにした時点で、羽田の方角に向かって「へへーっ」と深く頭を垂れたくなったユーザーも少なくはないだろう。
180419006.jpg
そしてそれは『サクラ大戦』シリーズの絶頂の瞬間。
ハードを取り巻く熱気と、ファーストパーティが背負って立つ看板故に許された豪奢極まりない作り込みも、セガハードの終焉と共にトーンダウンし、90年代の終わりに輝かしい歴史を刻み込んだこのシリーズも、やがて尻すぼみ的に一線からフェードアウトしてしまうのだった。。
花の都の栄華。それは大神一郎にとってもっとも輝かしいひととき。
中間管理職な立場にもいいかげん慣れてきて、あらゆる立ち回りやLIPSにも余裕をもって対処できるようになった。
刷新されたとはいえ小娘部下どもは、あいかわらず一癖も二癖もある連中ばっかだが、少なくともエリカは帝都のピンク色の小娘ほど面倒くさくない。
シャノアールも帝劇に負けず劣らず居心地がいいし、ビバ海外赴任。ああ、もう帰還命令なんか永遠に来なくてもいいくらいだな(あまり時を経ずして、セガのハード撤退と共にこの帰還命令、そして小娘12人勢揃い大パニックが大神を襲うこととなる……)。

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2763.html

2018/04/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【サクラ大戦 花組通信】実写花組第1弾

   ↑  2017/10/29 (日)  カテゴリー: セガサターン
171029006.jpg
例の応援弁士登壇で再びにわかに注目を浴びた横山智佐。
オレは密かにこの人をチバレイと同じ箱に入れていただけに、「ついにこのフェイズに来たか!」と、ちょっぴり盛り上がってしまったのだが、まぁ実際はお友だちにちょっと手を貸した程度のところらしく、そこはやっぱり同属性と言っても原液とカルピスウォーターの差なのだろうか。
しかしこの人のポジティブという言葉とはちょっとベクトルの違う独特のバイタリティには、やはり目が離せない。
171029004.jpg
アイドル的声優(この字面も微妙に当てはまってないところが、この人の独自のポジションを物語っているような)のパイオニアとして、様々な方面に声優が進出する道筋を、その恐れを知らない仕事っぷりで強引に切り拓いてきた横山さん。
そんな横山智佐ワークスの代表作と言えば、やはり『サクラ大戦』の真宮寺さくら。
もっとも声の出演に留まっているうちは、まだよかったのだが、ゲームのヒロインと全く同じ恰好をして、そのヒロインの三次元形態として人前に登場するなると、話は穏やかではなくなってくる。
171029003.jpg
だが彼女の一種独特なバイタリティは、他の人間ならば尻込みしてしまいそうなハードルも、軽々と乗り越える。
「やりましょう!」
力強い一言は、新宿厚生年金会館に於ける"三次元"真宮寺さくらリサイタルとして実現し、やがてその流れは「ええええ! わ、私たちも!?」と動揺する他の花組キャストたちをも巻き込んで、あのキッチュ極まりない「サクラ大戦歌謡ショウ」へと至ったのだ。
171029005.jpg
この『サクラ大戦 花組通信』は、その歌謡ショウ前夜。まだ三次元化のお鉢がよもや自分には回ってこないだろうと、他のメンバーが安心しきっていた頃に発売されたファンディスク。
後に嫌と言うほど乱発される、サクラ大戦スピンアウト製品の第1弾だ。
サターン拡張機器のビデオカードに対応した数少ないソフトの一つでもあり、起動時にビデオカードの装着を確認すると、「良い判断です、隊長」(マリア)、「隊長、なかなかやるじゃねえかよ」(カンナ)などと、こんな高価で役に立たない拡張機器を買ってしまった可哀想なユーザーに、花組のメンバーが形ばかりの慰めを掛けてくれる。
171029002.jpg
ビデオカード装着状態だと、声優インタビューを始めとするゲーム内ムービーの全てが、ビデオCD準拠の画質にグレードアップ。
インタビュー以外でメインとなるのは、サクラ大戦関連の各情報や、ちょっとした寸劇などを新聞形式でまとめたパート。
この新聞は日替わりで内容が変化するという触れ込みだが、実際は些細な部分に変化が見られる程度で、ほとんど代わり映えはない。
広告部分なんかをうっかりクリックしたりすると、金出して買ったソフトの中で、さらに宣伝を長々とされるという罰ゲームを喰らうので注意しよう。

この記事に含まれるtag : 声優 ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2700.html

2017/10/29 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【アイドルマスター ライブフォーユー!】追加集金箱

   ↑  2017/02/12 (日)  カテゴリー: XBOX 360
170212006.jpg
ゲームは何度も罪作りな束の間の夢を我々に見せてきた。
メガロポリスの市長、鉄道王、南国の大統領、中国大陸の英雄、与えられてきた地位は実に様々だが、その中でもっとも罪作りだったのはアイドルを育成できる立場だ。
特にプロデューサーさんなどと持て囃されるポジションほど分不相応なことはない。
我々の中に密かに眠っていた秋元康やつんくに対する羨望の感情。
それを体よくくすぐられ持ち上げられた一連のお祭りは、初期Xbox360の意外な快進撃を支えることとなった。
170212002.jpg
しかしそのコアは、相も変わらずの体のいいエクスプロイテーションであった事実もまた否めない。
さらに360で定着したマーケットプレースのシステムは、今までは関連グッズに留まっていた搾取の幅を、テレビの前でコントローラを片手に怠惰を貪っている身にまで拡げるのであった。
無料で配信されるカタログは集金マシンへの誘い。追加の衣装にリミックス曲。「買え、買え、どうせお前ら、こういうことにカネを使うのが好きで好きでたまらないんだろ?」。
そんな本音を「プロデューサーさん」の甘言一つでオブラートし、無辜なる人々はまんまとそれに乗せられ、現実を変えられるかもしれないシャレた服を買うべき貴重なカネを、まんまとマイクロソフトポイントに注ぎ込むのだった。
170212003.jpg
そしてこの手のゲームではお馴染みの急造ファンディスク的展開では、我々はついに「プロデューサーさん」のハシゴすら外されることとなった。
いくら"代表"の肩書がついているとはいえ、一介のファンに格下げ。
とりあえず付加されているゲーム性は、大雑把なリズムアクション。
これとて巷の音ゲーのようなクールっぽいもではない。オタ声も高らかにひゅーひゅー言ってる合いの手だ。
「今までプロデューサープロデューサーと煽ててきたが、お前ら実際はアナルスティックみたいな棒振り回しながらふーふー叫んでるのがお似合いなんだよ」
そんな本音が見え隠れする……、と考えるのは穿ちすぎだろうか。
170212005.jpg
本体作『アイドルマスター』同様、この『アイドルマスター ライブフォーユー!』も、その中核はゲーム部分ではなくマーケットプレースにアクセスするカタログ。
「プロデューサーの身ならともかく、なんで一介のファンがこいつらの衣装の面倒を見なくちゃなんねんだよ!」
そう我に返れる人は、まだ後戻りできる可能性がある。
ただでさえ割高なダウンロードコンテンツが、また刷新されてあなたの財布をお待ちかね。
『アイドルマスター ライブフォーユー!』、それはファン感謝祭の名を騙ったドス黒い追加集金箱。
そしてこの焼畑農業的ビジネスは、360界隈をたっぷり焼き払った後に、新たな収穫を求めてPS方面へと旅立っていったのであった。

 

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2605.html

2017/02/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【バーチャコールS】90年代VRはサターンギャルゲー基準

   ↑  2016/11/01 (火)  カテゴリー: セガサターン
161101006.jpg
どんなに臨場感があっても、どれだけ迫真であっても、一方通行で享受していることが露わになれば、ヴァーチャルリアリティの化けの皮は剥がれる。
たとえ本物と見紛うかのようなデジタル彼女であっても、自分の本名を感情込めて呼んでくれなければ、それはもう提供を受けただけの存在だ。
PSVRを持ってしてもなかなか解決できないこの命題にあえてチャレンジしたのは、20年以上前のセガサターン。
161101001.jpg
バーチャと名のついたゲームを数多く出しながら、その実VRとは一番縁遠かったこのハードで、なぜそのような試みが?
それはもうサターンがギャルゲーの血で血を洗う激戦区となっており、どこもよそのギャルゲーとの差別化に汲々としていたからだろう。
161101002.jpg
ギャルゲーを極めてパーソナルな存在に変えてくれる力業アイテム。それはゲームの初回限定版に同梱されているもう一枚のディスク。その名も「よびかけ君」。
これはファーストネームの音声データのみを詰め込んだスペシャルディスクで、コレを利用するには、まず「よびかけ君」ディスクを起動して自分の名前を選択。
その音声データをパワーメモリーに記憶させてから本編ディスクに入れ替えてゲームをスタートさせると、登場キャラたちがこちらの本名をナチュラルかつ感情豊かに呼んでくれる(自分の名前が収録されていなかったら、それはVRに選ばれていないということです。諦めてください)。
『ときめきメモリアル2』のEVSに先んじた趣向だ。セガハードはここでも(ならなくてもいい)先駆者になっていたのだった。
161101003.jpg
スマートホンの普及で存在感が薄れている固定電話の復権にも、『バーチャコールS』は1998年の時点で早くもその解答を出していた。
その答えはやはりヴァーチャルリアリティ。
目の前に本当に話相手がいるかのようなVR機能を搭載したヘッドマウントディスプレイ状の電話。
それが普及した未来が『バーチャコールS』の背景舞台。
そしてそんな夢のようなVR体験を手にした人々がやることといえば、それはもう自宅でテレクラ以外に何があると言うのだろうか。
161101004.jpg
電話をかけてお話をして連れ出してフィニッシュ。
界隈がやれ泣きゲーだなんだとエモーショナルに盛り上がっていた時代に、あえてケンカを売るような即物っぷり。
その守旧の気概は信念があってのものではなく、単に当時のサターンギャルゲー恒例だった、一昔前のエロゲーをお色直しして店に並べるしみったれた商法の副産物だ。
そして自分の本名を呼んでくれる未来のヴァーチャルリアリティ電話という設定も、目の前に広がる90年代前半テイストの萌え絵キャラと、そしてこれまた90年代前半のエロゲーで胸焼けするくらい顕著だった、"オタが無理してC調を演じている"上滑りしたセリフやモノローグで、たちまちのうちにろくでもない現実に引き戻されるのであった。

 

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2567.html

2016/11/01 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【BraveKnight(ブレイブナイト)~リーヴェラント英雄伝~】

   ↑  2016/06/03 (金)  カテゴリー: XBOX
160603007.jpg
愛しのあのお方は自分より遙かに高い身分。しかし恋に上下の隔てなしというじゃないか。
その相手はこの国の第一王女様。バリバリの皇位継承者、もしものにできたら逆玉なんてレベルの話ではない。
当然そこに至るハードルはとてつもなく高く険しいが、しかし王女様の中の人が職業17才のあのお方とあっては、そりゃあ頑張らずにはおけないだろう。
このリーヴェラントは騎士によって興された国家。当然一番の立身出世を図れる道も騎士となる。
騎士としての地位も向上すれば、かけ離れた身分の差は越えられるかもしれない。
そう発奮する主人公の前に立ちはだかるのは、ゲーム開始からわずか2ヶ月間の間に立て続けに登場する15人の女の子なのであった。
おい、ずいぶん景気よく盛り過ぎの『ときめきメモリアル』だな!
160603001.jpg
強制イベントで次から次へとプレイヤーの前に現れる彼女らですが、大変ですよ先生! 顔がみんな同じです!
もう同一人物がヅラと衣装をとっかえひっかえしてプレイヤーの前に現れてるんじゃないかと疑うほど、ギャルゲーすれした人間にも判別が難しいキャラのオンパレードだ。
これで演じている声優が別じゃなかったら、客一人女の子一人の流行っていないイメクラにると錯覚しそうである。
160603005.jpg
その彼女たちの区別をつけるポイント、それは身分。
プレイヤーの身分がまた下っ端の見習い騎士である頃、親しげに接してくれてデートの誘いにも応じてくれるのは武器屋の娘や酒場のウェイトレスといった庶民の女の子たちだ。
『ときめきメモリアル』丸写しのシステム下で進行する、単調な騎士の修行と任務に明け暮れる毎日に、打算がなくあけっぴろげな彼女たちとの付きあいは、なんと心のオアシスに思えてくるだろうか。
王女様をものにするなんてバカみたいな夢を追うのもほどほどにして、この辺で妥協しておくのもいいかもしれない。どうせ顔はみんな一緒だしな。
160603004.jpg
そんな気の迷いも能力パラメータが上昇して騎士としてのステータスが上がるとカラリと晴れる。
おいおいおい、オレ様はもう昨日までの見習い騎士とは違うんだ。お前らみたいな下々の女が気安く口をきける身分じゃねえんだよ!
出世を果たしたオレに新たに秋波を送ってくるのは、教会のシスターや王女付きの侍女といった、氏素性のそれなりにはっきりした娘たちだ。
単調な騎士の修行と任務に明け暮れる毎日に、家庭的な彼女たちとの付きあいは、なんと心のオアシスに思えてくるだろうか。
王女様をものにするなんてバカみたいな夢を追うのもほどほどにして、この辺で妥協しておくのもいいかもしれない。どうせ顔はみんな一緒だしな。
160603003.jpg
そんな気の迷いも騎士としてのステータスが再び上昇するとカラリと晴れる。
おいおいおい、オレ様はもう昨日までの下っぱ騎士とは違うんだ。お前らみたいな平民出身が気安く口をきける身分じゃねえんだよ!
騎士として頼もしさを増したオレに、昨日と打って変わって親しげに接してくるのは同僚の女騎士たちだ。
単調な騎士の修行と任務に明け暮れる毎日に、共に志を同じくする彼女たちとの付きあいは、なんと心のオアシスに思えてくるだろうか。
王女様をものにするなんてバカみたいな夢を追うのもほどほどにして、この辺で妥協しておくのもいいかもしれない。どうせ顔はみんな一緒だしな。
160603006.jpg
そんな気の迷いも騎士としてのステータスがさらに上がるとカラリと晴れる。
おいおいおい、オレ様はもう昨日までの一般騎士とは違うんだ。お前らみたいな汗臭い鎧を着込んだ奴らが気安く口をきける身分じゃねえんだよ!
開始からゲーム内時間で2年、ようやく王族子女をデートに誘える身分に達しました。長えよ!
ここで新たに立ちふさがるのは貴族のご令嬢たち。あー、もうなんかこの辺で手を打っておいても、みんなよく頑張ったって言ってくれるかもしれない。どうせ顔はみんな同じだしな!
160603002.jpg
藤崎詩織と虹野沙希は均等な高校の同学年だが、その二人の間に身分の違いがあったら当然対応は変わってくる。
『ときめきメモリアル』をそのまま中世ファンタジーの階級社会にコンバートしたら、見かけとは裏腹のとことん打算に満ちた世界に早変わり。
元はドリームキャストで発売予定が、セガのハード撤退の煽りを食って立ち上げ間もないXboxにプラットフォームを移した作品。
恋に上下の隔てなし? 誰だ、そんな寝ぼけたことを言ってんのは。あるに決まってんだろ!

 

この記事に含まれるtag : ギャルゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2505.html

2016/06/03 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。