ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: オープンワールド の検索結果)

total 14 pages  次のページ →  

【Assassin's Creed Syndicate】王道回帰の安定作

   ↑  2017/08/05 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
170805004.jpg
ガス燈、蒸気馬車、電信、花開く文学、共産主義の勃興。産業革命下のロンドンは文明と資本主義の最先端を結集した大都会。
エヴィーとジェイコブのフライ姉弟は、そのロンドンの郊外からやって来たプチお上りさんにして、いよいよ近世代になってきたアサシンクリードシリーズの新たな主人公。
とは言ってもやはり田舎者だ。姉ちゃんの方は洗練された都会の男を見ればすぐによろめいちゃうし、プレイボーイ気取りの弟の方だって、引っかかるのは婆さんか敵のハニートラップくらいのもん。エツィオ・アウディトーレのイケメンっぷりと比べたら、どうしたって泥臭い。
170805005.jpg
まあやることはいつも通りのアサシン稼業。少々田舎者だって問題はない。
アサシン教団とテンプル騎士団のいつ終わるともしれぬ戦いも、舞台が近代に移りテンプル騎士団(秩序)側が悪徳資本家と一体化することで、その構図がだいぶ分かりやすくなった。
なんたってアサシン教団はテンプル騎士団のカウンター。そんな事情になれば、ついカール・マルクスに手を貸しちゃうのも、成り行き上仕方のないことだ。
170805001.jpg
だが資本家が敵と言っても、フライ姉弟だって産業革命の恩恵はばっちり受けている。
隠れ家は湿っぽい石造りの建物じゃなくて、ロンドン市内をまるで山手線のように環状で回る列車。
そしてアサシンの装備だってちゃっかり進化してる。中でも建物から建物へ一瞬でロープを張ることのできるロープランチャーは、すべてのアサシンにとって革命的なガジェットだ。
もう塔のてっぺんまでえっちらおっちらクライミングしていく必要なんてない。屋上めがけてランチャーをぶっ放し一気にぴゅーん。
170805007.jpg
アルタイルやケンウェイら先代のアサシンたちがこれを見たら、「アサシンも堕落したものだ」「最近の若い奴らは楽することばかり覚えやがって」と、きっと文句たらたらなことだろう。
さーせん、先輩。思い切り横着させてもらってまーす。
そう言えばオレはまだ『Assassin's Creed 3』だけは未プレイなのだが、今からこれを始めたとしてロープランチャーも無しに建物を登らなきゃならないのかと思うと、ちょっと気後れする。
デジタルガジェットの恩恵をさんざん享受した人間が、いきなりスマホなしで街に放り出されるようなものだ。
170805006.jpg
シリーズの本来のスタイルに回帰したものの、ちょっと肩透かしだった『Assassin's Creed Unity』に次ぐ最新作。
また『Black Flag』のような変化球で来るのかと思いきや、偉大なるマンネリズムを徹底的に洗練させてくる路線で押してきた。
そのブラッシュアップっぷりは徹底している。前前作あたりから導入されたプレイヤーによるミッションの評価システムを有効利用してきたのか、各ミッションの質や難度、ストレスなどが丁寧に均質化され、とにかく快適に遊びやすくなっている。
歴史観光はお・も・て・な・し。その悟りがゲーム的な歯ごたえを棚上げして、ストレスフリーな箱庭遊覧を第一に置いたのだろう。
170805002.jpg
ふらつく酔っぱらい、公園で息を抜く人、サッカーボールを掘りに蹴落としてしまって途方に暮れる子供。
街なかをうろついている間に出会う様々なモブたちの挙動も、過去のシリーズ作からさらにきめ細かくなっているのも、『Assassin's Creed Syndicate』ならではの特徴だ。
そして毎度おなじみ歴史有名人たちとの交流も、舞台が近世になったこともあって、元から馴染みのある面子ばかりになってきた。
前述のマルクスを始め、ディケンズ、ダーウィン、グラハム・ベル、ナイチンゲール。
会うなり思わず「あー、ナイチンゲールさん。お噂はかねがね」などと挨拶してしまいそうで、シリーズ過去作の著名人以上に出会う喜びがあるではないか。
170805003.jpg
そして終盤ではビクトリア女王にも謁見。田舎モンの姉ちゃんが思わず舞い上がってしまうのも、無理がなかろう。
貧民窟からバッキンガム宮殿まで、校外からやって来たお上り観光客姉弟の、ロンドン中を股にかけたツアー。
舞台がロンドンだけに、王道回帰を極めたアサシンクリード正編シリーズ第8作。
あ、それとどうでもいいことだけど、テムズ川を横断しようとするたびに、「これって『フロッガー』?」とついつい連想してしまったのはオレだけでしょうか?

この記事に含まれるtag : オープンワールド アサシンクリード 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2670.html

2017/08/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【ポータブル・アイランド 手のひらのリゾート】自由で不自由な南の島

   ↑  2017/07/14 (金)  カテゴリー: PSP
170714006.jpg
さざなみしか立たない静かで美しい海に建つ水上バンガロー。
こうも猛暑日が続く東京に閉じ込められていると、あまりにも魅惑的なロケーションだが、透き通った海の上で寝起きするステキな妄想を現実に引き戻してくれるのは、その後に続く「一泊40万円から」のナレーションだ。
割り引きもクーポンも効かなければ、そもそもじゃらんに載ってない。自分のキャパシティをあまりにも超越した事実に、枕の下から聞こえる穏やかな波の音も、流れ込んでくる潮風に包まれた快適な寝起きの感覚も、たちまちのうちに雲散霧消するが、そんなときにうちわを片手に敗者復活戦とばかりに引っ張り出すのは、バーチャルリゾートライフを謳ったこのソフトだ。
170714001.jpg
オープニングムービー中に瞬く間にたどり着くのは、サンゴ礁に囲まれた美しい南の島。たちどころにチェックインするのは夢の水上バンガローだ。一晩寝てはベッドの上で半起きになって「これで40万……」とブルーになる必要もない。
永久泊分の宿代はすでにゲームショップに一括して払い込んである。これがスマホアプリならば、現実よろしくちまちまと一泊分ずつカネを取るとこだろうが、ありがたきは買い取りパッケージゲームのおおらかさよ。
170714003.jpg
初期のPSPは、まだスマートフォンが一般にはほとんど普及していなかった事情も相まって、後にスマホアプリに集約される様々なノンゲーム的アプローチが試みられてきた。
占いに外国語会話サポートにプラネタリウム。PSPで登場したノンゲームは、いずれもプレイステーションカルチャーの色を強く感じさせるのが特徴であったが、バンダイナムコから発売された『ポータブル・アイランド 手のひらのリゾート』も、その例に漏れない。
170714002.jpg
明確なミッションやスコア、ストーリーなど一切ない。
ビーチと密林、内陸の火山で構成された島を気の向くまま巡り、釣りをしたり動物と戯れたりただまったりする代理人キャラを、PSPの液晶越しに眺めてムリヤリ癒された気分になるソフトだ。
島を徘徊することに飽きたら、PSPを立てかけて時計モードでインテリアにしたり、ラジオモードでメモリースティック経由の音楽を鳴らしたり、疑似ウクレレモードで弦代わりのアナログスティックを爪弾いたりと、ゲームと言うよりは南国リゾートをテーマにしたアプリケーション集と捉えたほうが確かだろう。
170714005.jpg
ただ肝心のゲームインタフェースが、この"南国の島の気ままなリゾートライフ"というコンセプトの足を、自ら引っ張ってしまっている。
自由気ままに散策するのがウリな筈の島内マップは、シームレスに続くオープンワールドではなく、マップ切り替え式のエリアごとで区切られた構成。
そしてプレイヤーキャラの操作システムが、あの心底いらいらするバイオハザード風のリモコン操作。
水辺線の彼方や山の稜線、或いは足下の植物なんかに、気ままに目をやりながら、ふらふらと思うがままにこの美しい島を散策する。
そんなつもりが現実は、あの不自由きわまりないリモコン操作システムで、プレイヤーの意志に反してふらふらしながら、マップの端まで行ったら次のエリアのローディング。
170714007.jpg
それぞれのボタンにダイレクトに動作が設定されておらず、プレイヤーがアクションを起こす場合は、ボタンを押してコマンド一覧から任意のアクションを選択するシステムも、自由気ままなリゾートライフを謳うソフトにしては、ちょっと気が利いていない。
結局いっけん自由に見えて実はちっとものびのびとしていない、メインディッシュの疑似リゾートモードからは自然と疎遠になって、扇風機の脇で時計と共に、ビーチの情景をただ映し出すばかり。
コンセプトとUIの齟齬が何かと祟ってしまった、ちょっとばかり不憫なソフトなのであった。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2663.html

2017/07/14 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【新宿の狼】三上の犯罪者飼育箱

   ↑  2017/07/05 (水)  カテゴリー: PS2
170622007.jpg
コミュ障の青年が目をつけた女性を拉致して監禁し、歪んで一途な愛情を通わせようとする、ウィリアム・ワイラーの1965年作映画「コレクター」。
主人公のテレンス・スタンプが捕らえた蝶を閉じ込めたのは、人里離れた一軒家の地下室であったが、法と権力に守られた男、三上英二の場合は、新宿のド真ん中の官製施設、新宿署の留置場である。
内気な青年と違ってコソコソする必要などまったくない。げに素晴らしきは国家権力だ。ビバ共謀罪!(始末書を超過させて、その国家権力を敵に回した場合の恐ろしさも十分承知してはいるが)。
170705001.jpg
この三上専用標本箱、もとい、留置場は、最初の段階では非常に殺風景な施設で収容人数も最大4人までしかない。
それ以上の容疑者を収容するためには、数十万円をかけて拡張工事をしなければならないのだ。
官製施設の改良費を、なんで一公務員が負担しなければならないのか、いささか理解に苦しむが、まぁ考えてみれば痛むのは三上の懐ではない。街中でとっ捕まえた容疑者どもの懐だ。
第二段階に拡張すると、床は絨毯引きになりトイレにも目隠しができ、そして部屋の奥にはなんとテレビまで設置される。
170705005.jpg
なんか容疑者どもを思い切り甘やかしているような気がしないでもないが、実はこのテレビは狩野英孝の画像しか映らない仕様なので、これを24時間見せられる容疑者にとっては一種の拷問だろう(ヒドいタイアップもあったものである)。
そしてめでたく第三段階にアップグレードさせると、天井にはシャンデリアが灯り、壁も明るい白色に塗られて、もう鉄格子がなければ果たしてここが留置場なのか、新手のキャバクラなのか、判別つかないような有様となるのだ。
170705002.jpg
いくら檻に繋ぎ止めたといっても、容疑者たちが洗いざらい罪を自白してくれるわけではない。
それとなく話しかけてやったり、時にはバラの花束や食いかけの弁当を差し入れをしてやったり。差し入れ可能の物品の中には、コケシだの(あくまでも民芸品を主張しているが)、脳内覚醒スーパーキットだのと、何やら意味深なモノも混じってはいるが、しかしここは魔都新宿。刑事と言えど清濁を使い分けなければならないこともあるのだろう。
「この押収したシャ●分けてやるから、やったことからやってないことまで洗いざらい喋っちまいなよ」
170705004.jpg
そしていよいよ信頼ゲージが一定値に達すれば、供述書作成タイムだ。
とは言っても、いちいちご丁寧に本人に喋らせる必要はない。今まで得たデータを元に空欄をこちらで任意に埋めた供述書に、間違いありませんと本人の確認をとるだけ。日本警察伝統のやり方だ。
「刑事さん、色々とありがとう。刑事さんになら正直に喋れるよ」
「よし、山本夏美、お前はさびしがりな女だが、脇が臭いという重大な犯罪を犯した。間違いないな?」
「…………まず名前からして違ってるし! 刑事さんの親切って上辺だけだったんだね! もういいよ!」
「い、いや、スマン! あの、ぶっちゃけ6択ってさすがにキツいし!」
勾留期限内にまた一から信頼関係を築くやり直しにうろたえながら、オレの三上英二は心の中で(これってぶっちゃけギャルゲーみたいなもんじゃねえか!)と毒づくのであった。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2661.html

2017/07/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Sleeping Dogs: Definitive Edition】Nightmare in North Point

   ↑  2017/06/30 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
170620007.jpg
ここ数年のゲーム界隈で目に余るのは、度を越したゾンビの氾濫だ。
シューターからアドベンチャーゲームまで、どのジャンルも雁首揃えて猫も杓子もゾンビ、ゾンビ、ゾンビ。
ミリタリーFPSや西部劇オープンワールドといった、本編ではゾンビとなんの関係もないゲームまで、DLCで番外的にゾンビネタに走る例も少なくない。
ゲーム的に何かと便利な素材だというのは理解できるが、あんなもん元を正せば遠いハイチの腐った死体である。
同じ死体ならば、アジアにはもっと身近で伝統的、より有り難がるべき存在があるだろう。そう、キョンシーだ!
170630002.jpg
80年代の終わりから90年代の初めにかけて、キョンシーが巻き起こした社会的ブームは、ゾンビごときの比ではなかった。
その始まりとなったのはサモ・ハン・キンポーが1985年に制作した『霊幻道士』。
中国古伝の妖怪をモチーフにした、この他愛ないクンフーホラーコメディは、配給会社の想像を超えるヒットを記録し、小中学の通学路には両腕を前に突き出してぴょこぴょこ跳ねながら下校するあんぽんたんどもで溢れかえった。
キョンシーに版権がないのをいいことに、無数のパチモノキョンシー映画がこれに追随し、それに合わせて比較的まともだった本家シリーズも次第にゲテモノ化。
170630006.jpg
ついにはそのパチモノの一つが、ガキには霊幻と幽玄の区別がつかない(あるいはどっちだっていい)のにつけこんで、ゴールデンタイムに堂々とレギュラー放映されるまでに至った。
エボラ熱のように拡大しながら、みんなが我に返ると潮が引くごとく鎮静してしまったキョンシーブーム。
しかし7月には第一作の主人公役の一人、チン・シュウホウが再び出演する、ちょっとゴーストバスターズ入ったシリーズ最新作「霊幻道士 こちらキョンシー退治局」が公開予定など、キョンシーなだけに油断すれば何度も何度も生き返ってくるようだ。
170630001.jpg
『スリーピングドッグス 香港国際警察』のDLCも、クンフー映画と来たらその次は当然キョンシー映画だ。
黒社会騒動もひとまずの収束を迎えたバーチャル香港。我らがウェイ・シェンもカラオケぐらいしかやることがなくて腐っていたとこだが、そこに降って湧いたのがオカルト騒ぎ。
地獄から蘇ったマフィア妖怪によって死者の街と化した香港。
そこかしこで地の底から湧き出てくるのは香港裏名物キョンシーさんたちだ。
170630004.jpg
それに対処するのは、さりげなくちゃっかりと道士服に身を包んで登場のウェイ・シェン。
そう、今回のウェイの役回りは、まぁ早い話が「可愛くないテンテン」みたいなもんだ。
「せめてガウ道士くらい言えねえのか!」(ウェイ・シェン)
「霊幻道士」も元を正せばクンフー映画の亜種。腐った死体相手に銃器で立ち向かう欧米人と違い、我らがウェイも当然素手ゴロでキョンシーに立ち向かうのであった。
キョンシー相手に両脚タックル! キョンシー相手に猪木式腕折り! 折ったぞ、だっしゃー!
『スリーピングドッグス』の他のDLCミッション同様に、相変わらずボリュームには乏しいが、しかし他のゲームのなんの脈略もないゾンビDLCに比べたら、よっぽど気の利いた設定であることには違いない。

 


この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2659.html

2017/06/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【新宿の狼】新宿逆カーマゲドン

   ↑  2017/06/28 (水)  カテゴリー: PS2
170622007.jpg
タクシーは現代モノのオープンワールド系ゲームでは、ファストトラベルの窓口として使われる例が多い。
『スリーピングドッグス 香港国際警察』でも、このシステムが使われているが、タクシー使用ファストトラベルが本来はクルマ強奪ボタンであるYの長押し、しかもこの判定がえらく微妙ときて、非番の警察官らしく正当にタクシーを利用しようとするつもりが、運転手を引きずり出してそのままタクシーを奪う事態が頻発してしまう。

『新宿の狼』も、やはりタクシーファストトラベルとクルマ徴用システムが同居しているが、しかし三上英二は、いくらはみ出しとは言え、そこは周囲の空気を読んでかりそめの秩序を形成する日本の刑事だ。
それにどうせ日本の刑事となったからには、刑事ドラマでさんざん目にした例のアレをやってみたくなる。

「おい、停まれ!」
走るタクシーの前に飛び出て手を振る刑事。
急停車するタクシーの後部座席に乗り込んで警察手帳を出し「警察だ、前の車を追ってくれ!」
これだこれ。それにこのゲームは乗り物の操作がピーキーなんて言葉が追いつかないほど粗雑なので、出来る限りはクルマのハンドルを担当するのはAIさんにお任せしたいところだ。
折よくタクシーが走ってきた。さっそく例のアレの出番だ。
「おい、停まれ!」
170628002.jpg
………あいつら、止まる気なんか、さらさらありゃしねえ。話が違うじゃねえか!
「人を轢いて轢きっぱなしか、この野郎!」
立ち上がって信号待ちしているタクシーに駆け寄り、車体にケリを入れて抗議しても運転手の野郎は涼しい顔だ。そのまま走り去って行きやがった。
これじゃ完全に轢かれ損だ。とにかくどっかでハンバーガーセットでも食って、減った体力を回復しなければ。

そう思いとぼとぼ歩き始めたところに、おかまいなしに突っ込んでくるのは後続のトラック。硬直した姿勢のまま、50メートルくらい撥ね飛ばされる新宿の狼。
「過失運転致傷の現行犯でボコボコにした上で逮捕する! 貴様は死刑×5回だ!」」
三上英二の怒りは、はるか向こうを通り去ってゆくトラックではなく、そこらを歩いていた無辜の年金暮らし老人に向けられるのであった。
この新宿はクルマが王様の轢き逃げ天国、逆カーマゲドンの世界。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2658.html

2017/06/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。