ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: オープンワールド の検索結果)

total 16 pages  次のページ →  

【The Crew 2】アメリカ合衆国周遊ゲーム

   ↑  2018/12/07 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
181207009.jpg
レーシングシムとかオープンワールド系とか色々あるが、とにかく車がメインのゲームに望むものは何か?
限りなく実車に近い挙動、いいねえー。テール・トゥー・ノーズのバトルが続くバランスの優れたレースモード、悪くないよ。旧車からハイエンドスーパーカーまで、めくるめく名車を網羅、最高じゃん。いささかオールドスクールな作法だけど、ボロ車に武装載っけて世紀末の荒野を暴れまくる、大好物だよ、それ。
だけど心の底から一番望んでいるのは、実はそれらじゃない。
大地を貫きどこまでも続く一本道。そこをクラフトワークの"ヨーロッパ特急"かなんかをBGMにひたすら走り続け、やがてうつらうつらと居眠り運転を始め、そのうちコントローラを抱えたまま寝落ちしてしまう。
みんなには理解してもらえないかもしれないが、オレの夢見る理想の車ゲームだ。
181207006.jpg
『Forza Horizon』は車ゲームとして完璧に近いポテンシャルを備えた名作だが、それに一つだけ大きな不満を述べるとしたら、それはタイトルに反して地平線が出てこないことだ。
『FH』シリーズのマップサイズは、郊外のマイルドヤンキーの行動範囲に極めて酷似している。
それはオープンワールドの車ゲームとしては、ある意味適正なサイズなのかもしれないが、やっぱり車ってのは日常の範囲を逸脱してどっか遠くに行くための道具でもあるじゃないか。
181207004.jpg
街は連続して存在しているわけじゃない。だだっ広い荒野に時々ぽつんぽつんと点在し、それが辛うじて道路によって繋がれている。
ダラスからひたすら南へ南へピックアップトラックを走らせる。
特にゲーム内での確たる目的や義務があるわけではない。ただなんとなくメキシコとの国境を目指しているだけだ。
右も左も地平線の景色の中で、やがてフロントガラスの向こうにぼんやりと浮かび上がってくる彼方の街。
ゲーム内マップで名前を確認する。ニューブラウンフェルズ。車を路肩に停めて今度はGoogleでこれから足を踏み入れる街の概要を調べる。毎年ソーセージ祭りが催されるドイツ系移民によって作られた街。
そのまま街に車を乗り入れると、中心部にはさっきGoogleマップで見た東屋が漠然と再現されている。
181207005.jpg
『The Crew』のマップは必ずしも北米大陸を忠実にトレースしているわけではない。州区分や大都市はともかく、細かい街の位置関係なんかは、マップのダウンサイズの関係上いびつにデフォルメされている。
それでもおおむねアメリカだ。広い広いアメリカだ。
『Forza Horizon』はその土地で開催されるフェスティバルにワンシーズン(4ではついに四季通じてになったが)だけ身を置く立場。『Test Drive Unlimited』はオアフ島という限定された地域に移住する立場。
181207003.jpg
ならば『The Crew』の立場は旅人だ。
前作の無印『The Crew』では「ワイルド・スピード」みたいなカーサスペンス、そしてこの『The Crew 2』では自意識モンスターたちによるSNS狂想曲というメインストーリー兼ゲームの導線は存在するが、ぶっちゃけそんなもん気が向いたときに義理で付き合うだけのものでしかない。
この広い北米大陸を自由気ままにさすらうジャーニー。それがこのゲームにおけるオレの唯一無二の目的だ。
181207008.jpg
そんなオレのジャーニーマン気分に水をぶっかけるのが、今作からのコンティニュー時に問答無用にマイアミにある自宅に戻されるとんでもない仕様。
あのな、オレはシアトルで旅を中断したらまたシアトルから、ビッグサーで旅を終えたら再びビッグサーから旅を再開したいんだ。
セレブリティ感満載の自宅なんか要らないんで、頼むからそこらのモーテルかガソリンスタンドで途中経過をセーブさせてくれっつうの。「地獄のモーテル」の舞台みたいな胡散臭いところでも構わないから!
前作からそのまま引き継がれた、楽しさをまったく見出すことのできないレースイベントを含め、どうもこのシリーズの開発は1作めで好評だったところ、不評だったところをまったく理解できていない節があり、そんなところはどことなく『Test Drive Unlimited 2』をデジャブさせたりもする。
181207007.jpg
でもなんだかんだ言いながら『TDU2』をけっこう楽しんでいたように、オレはこの『The Crew 2』にも入れ込んでいる。
洗練されたゲームじゃない。ぶっちゃけデキの良いゲームじゃない。魅力あふれる素材に悪趣味なソースをぶっかけまくったようなゲーム。レビュー的に表現すると『The Crew 2』はそんな一言で終わってしまう。
だがこの素材は最高なんだ。オレは上にふんだんにかけられた悪趣味なソースを選り分けて、ひたすら素材を貪り続ける。
明日は南部を離れてベガスを経由して北西部を目指そうか。何ものにも囚われずただただ車を走らせ続ける。これ以上の快楽がこの世に他にあるだろうか?

この記事に含まれるtag : レーシング オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2795.html

2018/12/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Just Cause】ビバ・レボリューション

   ↑  2018/11/22 (木)  カテゴリー: XBOX 360
181122007.jpg
よう、オレはリコ・ロドリゲス。CIAのエージェントにして『Just Cause』シリーズの通しの主人公だ。
タキシードで気取ったイギリス野郎のせいで、スパイといえばマティーニを優雅にあおったり、出会ったばかりの女をいきなりベッドに誘うのが仕事のように思われがちだが、それは大きな誤解だ。
スパイの仕事ってのは、とにかく迷惑を振りまくことに集約される。
どっかでアメリカの意にそぐわない国があれば、乗り込んでそこの厄介者を支援する。
反政府ゲリラでも極右でもマフィアでも、なんだったら酔っぱらいの集団だって構わない。
とにかくそんなイカれた跳ねっ返りどもを適当に焚き付けて、ついでにちょっと手を貸して、その国がアメリカの介入なしじゃ立ち行かないほどの混乱に陥れる。
181122003.jpg
まぁしっちゃかめっちゃかにするまでがオレのビジネスだな。
後のことはワシントンでふんぞり返っている奴らの領分だ。地元の人間がどれだけ迷惑を被ろうがオレの知ったこっちゃねえ。
こう見えてもけっこう忙しい身でな。もうすぐ4度目の大きな任務が南米のソリスって国で控えてるんだが、それに合わせてだかは知らないが、オレの記念すべき最初の仕事がXbox Oneに互換対応した。
あれも10年以上前の出来事になるのか。ちょとした回顧録みたいになるが、まぁ少しばかりあのときの話に付きあってくれ。
181122008.jpg
当時の世界情勢についてまず少し説明しておこうか。
俗にオープンワールドって呼ばれるジャンルがそれなりに一般化してきて、どこの国もマップの広さを競うのが時流となっていた。
そんな時代にお前行って来いと言い渡されたのがサン・エスペリートって国だ。
南米にあるささやかな群島国家だが、それでも一つの国だ。マップの広さはどのくらいあっただろ? 確か東京ドーム2万個分とか吹いていたんじゃなかったっけな。
そりゃその頃はマップが広ければ広いほど有難がれる風潮はあったけどよ、さすがにそれは広すぎんじゃないかと思ったよ。
なんせ東京ドームを単位に持ち出されるとな。ほら、オレっていつも三塁側4階席から一塁側にある札幌蟹工船に弁当買いに行くだけでへとへとになってるからよ。それの2万倍だぜ!?
181122005.jpg
そんなわけで恐る恐る向かったサン・エスペリートだけどよ、スパイの入国常套手段で空からスカイダイビングで訪れてみると、やっぱり目の前に広がる青い海と綺麗なビーチ、一面の青空ってのは気持ちいいもんだな。
なんせそれまでのオープンワールドゲームって、薄汚えダウンタウンとかそんなんばっかだったじゃん?
風光明媚はいいけれど、問題はこのだだっ広い国を巡る移動手段。だけどそれもまあすぐに解決されたよ。
グラップリングフック。そこらを走るクルマにこいつを引っ掛けてパラシュートを開けば、いつでもどこでも自由な空の旅が楽しめる。面倒くさい山や谷もあっという間にショートカットだ。
CIAはいつもドブにカネを捨てるように予算を消費しているけど、まぁこの開発費だけは元を取ってんじゃねえか?
181122009.jpg
それにいざとなりゃヘリコプターだってある。
この国の警察はちょっとクルマを擦ったくらいで武装ヘリ持ち出して地上にロケットランチャー乱射するくらい短気な連中だが、まあこれは見方を変えればいつでもどこでもオレにヘリをデリバリーしてくれるようなもんだ。
グラップリングフックでヘリに飛び移って、パイロットさんはちょっと外に出てもらっって、ヘリごっちゃんです! ああ楽ちん。
そりゃ時にはヘリが撃墜されて迎えも来られないようなとんでもない山奥をさまよう羽目になったことも何度かあったが、それも今となっては楽しい思い出だ。
181122006.jpg
まあ色々あるけど、なんつってもゲーム全体を貫くおおらかなラテン気質っての?
ミッションはどれもざっくりしてるし、ビークルやNPCの挙動やAIも当時としてもかなり大雑把だったんだけど、それが人がころころ巻き添えくって死にまくるCIAの蛮行を、コントみたいにうまく中和してくれてさ、オレも味方の反政府ゲリラや一般市民を巻き込むことをちっとも厭わなくなったぜ。どうせこの国に長居するわけじゃねえし。
181122004.jpg
この良くも悪くもおおらかな部分ってのは、やっぱりこのサン・エスペリートが頂点で、以後のシリーズは完成度の充実と引き換えにそれがどんどん減退しているような気もすんだよな。まあ時代性もあるんだろうけど。
そんなこんなで今となっては懐かしい南米の小国。だけどオレはこの小さいけどだだっ広い国をざっくばらんに巡って、虱潰しに何かをするのがサイコーに楽しかったぜ。
じゃ、またどっかの因業な国で会おうな!
<Xbox One互換対応タイトル>

*関連記事
【Just Cause 2】傍迷惑なストレンジャー
【Just Cause 3】世界一迷惑な里帰り

この記事に含まれるtag : ONE互換 オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2793.html

2018/11/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed Rogue Remastered】アサシンクリード ローグ リマスター

   ↑  2018/09/27 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
180927007.jpg
この世で面倒くさい人間の東の横綱が左翼から右翼に転向したやつ。そして西の横綱が右翼から左翼に転向したやつ。
こうした人たちは、かつての自分に対する近親憎悪もあってか、元いたクラスタに対して必要以上に攻撃的になりがちだ。
そういった部分を買われて転向先ではチヤホヤされたりするもんだから、面倒くさい資質にもさらに磨きがかかったりするのが、また困りもんで、えーと、もう通算何作目になるんだかもよく分からなくなってきたけど、時代的には『アサシン クリードIV ブラックフラッグ』と『アサシン クリードⅢ』の間に位置する『アサシン クリード ローグ』。
その主人公シェイ・パトリック・コーマックは、まさにそんな厄介極まりない転向者。
180927006.jpg
「えー、ジョージ・モンローさんの手引きで、今度テンプル騎士団に入ることになったシェイといいます。ども、よろしく。
以前はアサシン教団に所属していたんで、皆さんの中には快く思わない方たちもいるかもしれませんが、諸々の疑念は今後の活動ぶりで証明します。
確かに以前はアサシンにいたんすけど、えー、エデンのかけらとか、あとはネットの情報とかで真実に目覚めまして、これからは秩序と友愛の理念のために活動していこうと決意しました。
まずは行動だと思うので、アサシン狩りとか、この世界を脅かす真実を世に知らしめるとか、それから懲戒請求とかいろいろ頑張っていきたいと思います。
まず最初はですね、アサシンの連中は皆さんのことを"天ぷら"などと呼んで貶めていますから、それに対抗するような侮蔑語、例えば"バカシン"とか"パカシン"なんてのを広めるのがいいんじゃないでしょうか。
いや、こういうの案外重要です。大丈夫、ニコニコとか協力してくれるはずです」
180927003.jpg
その本来なら一大決心たる転向に至る経緯を、「先駆者の遺物を手にとったら、唐突にドリフのセット崩壊みたいな大地震が起きちゃった、どうしよう!」なんて、およそ雑な展開で処理してるもんだから、それまた困りもの。
アルタイルの昔からアサシン教団の教義にどっぷり漬かってしまっているこちらが、そんなアバウトな理由で急にテンプル騎士団の側に感情移入できるわけもなし。
180927002.jpg
またエツィオやアルノ、ジェイコブなど、陽気なプレイボーイが多かった歴代の主人公に対して、このシェイ・コーマック、険のある暗い顔立ちになにかと根に持つ性格ときているから、過去シリーズですっかりアサシン脳に染まったこちらとしては、「そうだよな、クラスで陰キャラだったようなやつが、テンプル騎士団に行ったりするんだよな」などと、歪んだ納得に至ってしまうのであった。
おいおいおい、陰キャラの恨み節に付きあわされるのかよ、勘弁してよ。
そんなこっちの心情もお構いなしに、かつての仲間であるアサシンを次々と屠るシェイ。
あのなぁ、お前が殺して回ってるその人たち、気分的にはまだオレの仲間なんだけどな。
180927005.jpg
付き合いづらい恨み節たるキャンペーンモードが、「え、ここで終わり!?」の声が思わず出てしまうくらいタイトなボリュームで終了してしまうのは、ありがたいことなのか、それとも「おい、正編のフルパッケージでこれか!」とアブスターゴとテンプル騎士団に文句をぶつけるべきとこなのか。
時代背景も魅力に乏しい上に、舞台がぶつ切り状態で、シリーズの売りたる歴史観光的な要素も希薄。
まあそれもこれもリソース使い回しの裏事情や、新世代機か既に登場していたにもかかわらず旧世代機のみでのリリース(ちなみに前作の『ブラックフラッグ』は新旧両世代機マルチでの発売。Xbox OneとPS4に対応したこの『リマスター』版は、2018年になってようやくのお目見え)など、その微妙極まりない立場からも、シリーズの鬼っ子ぶりがひしひしと伝わってくる。
そしてその鬼っ子ぶりも、シェイ・コーマックの転向者って厄介なポジションでもって、なんとなく納得させられてしまうのであった。

この記事に含まれるtag : オープンワールド アサシンクリード 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2779.html

2018/09/27 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Saints Row】ワルノリ伝説の始まり

   ↑  2018/06/16 (土)  カテゴリー: XBOX 360
180616008.jpg
立川にいられなくなった。元はと言えばセンパイが悪いからだ。
「おい、ちょっとこれ洗車してこい」
女の前でかっこつけてオレにタントカスタムのキーを投げてよこしたのが、すべての間違いの始まりだ。
オレ、バックあんまりうまくねえ。
狭い路地で切り返そうとして、後ろをろくに見ずアバウトに下がったらガガガガガガガッ!!! 塀に思いっきり擦っちまった。
ごまかそうにもナイトシャドーパープルのボディだ。しかも一番ヒデえところは塗装面だけじゃなく下地の方までがっつり傷ついている。
180616010.jpg
しかもこのタントカスタム、センパイはまだローンの一回目を払ったばっかだ。
ヤベえ、殺される。なんつったってセンパイはナポリタンに箸を付けたってだけで、ブチ切れてコンビニのガラスにマグボトル投げつけたくらいアブナイ人だ。
このままタントカスタム返したら、どんな目に遭うかわかりゃしねえ。
「ちょっとワイルドな洗車してきました」っつうのはどうかな? いや、ムリだ。やっぱり逃げるしかねえ。
だけど逃げるっつっても埼玉や栃木あたりじゃ、まだ安心できねえ。
なんつったってセンパイは5年前のオートバックス店員の態度に、いまだぐちぐち文句言ってるくらい執念深いやつだ。
どっかセンパイが追ってこれないような場所。
そうだ、海外だ。どうせセンパイはパスポートのとり方すらわかりゃしねえ。
オレは有り金をひっかき集めてパスポートを引っ掴み、とるもとりあえずアメリカ行きの飛行機に乗り込んだ。
180616002.jpg
わけも分からず辿り着いたのはスティルウォーターという街だった。
来るなりいきなりヒデえ目に遭った。
オレは今まで立川が世界で一番ヤベえ街だと思っていたけど、ここはヤベえとかそれどころじゃねえ。
真っ昼間の街なかでカラフルなヤンキーどもが、いきなり大喧嘩おっ始めてやがんだ。
しかもスネ蹴り合ってるようなレベルじゃねえ。いきなりピストルとかサブマシンガンとか持ち出してドンパチやってんだよ。
死んじゃってるって! ヤバイって! おい、オレは関係ないって! 見てただけだって! ゴメン、許して撃たないで! タントはちゃんと修理して返します!
180616003.jpg
……助けてくれたのは、その場に新たに殴り込んできた別のヤンキーたちだった。
カラーギャングっつうの? ココらへんの不良はみんなグループごとに色で固めてるんだけど、そいつらは紫をトレードカラーにしてた。サードストリート・セインツってやつらだ。
「危ないところをありがとうございました。あなたたちは命の恩人です。ではボクはこれで」
さっさと立ち去りたいところだったが、そうもいかなくなった。人手が足りないからオレたちの仲間になれと。
タント擦っただけで逃げてきたオレが、こんな銃持ったシャレにならないやつらの勧誘を断れるわけねえだろ!!
180616005.jpg
リーダーのジュリアスはまあまあ話が通じるやつなんだけど、幹部のジョニー・ギャットってのが、ちょっとヤバすぎる。センパイの比じゃねえ。
こんなニキビ潰すよりも簡単に人を殺せるような連中と付き合ってかなくちゃなんないのかと思うと頭が痛い。
それに昼間はパチ屋に並んで夜はデリの運転手だけやってりゃよかった立川時代と違って、こっちはホント忙しい。
クスリの売人の面倒みたり、クルマ盗んできたり、あとは売春の斡旋とか、休む暇もありゃしねえ。みんな勤勉に働くのが嫌だから不良やってんじゃないのかよ!?
それと風俗嬢の勧誘。そんなもん「♪バーニラっ、バニラバーニラっ」ってトラック走りゃせりゃいいじゃねえかってジュリアスたちに言ったんだけど、みんな怪訝な顔しやがった。
それにこんな勧誘ひとつとったって命がけなんだよ。とにかく幹部からチンピラやケチなポン引きに至るまで、みんなカジュアルに銃を抜きすぎだっつうの!
180616009.jpg
だからギャング同士の抗争となると、もう戦争みたいなもんで、オレも最初は気合い入れてバット持ってったら、デックスのやつ……、あ、デックスってのはセインツの比較的気のいい仲間な。そいつに「お前、それで大丈夫かよ?」って心配されちゃったよ。全然大丈夫じゃなかったよ!
ここじゃクルマをパチるときですら銃がデフォでさ。ほら『Grand Theft Auto』なんかじゃ一般市民からクルマを奪うときは、無理やり引きずり出したりすんじゃん?
こっちじゃ強奪のYボタン押したら、ドアこじ開けて問答無用で運転手の頭目掛けてピストルパーンだよ!?
ちょっと奥さん大丈夫っすか!? オレ、そんなつもりじゃなかったんですよ、ちょっとクルマ借りようとしただけで!
悪いのは『GTA』との差別化を狙ってワルノリしてるVolitionなんすよ!
とにかく逃げなきゃ。……おい、助手席にガキがいるよ! 誘拐!? ま、結果的に実際そうだけどよ、こういうのまで嬉しそうにゲームシステムに組み込むんじゃねえよ!
180616006.jpg
とことん下品でワルノリしている『GTA』クローン。この『セインツ・ロウ』が最初にリリースされたときの印象は、その程度のもんだった。
本家と比較しての大きなセールスポイントはオリジナルキャラクターのメイキングくらいのもんだったけど、まさかそれがシリーズを重ねるごとにワルノリを上積みして、立川のへたれヤンキーがアメリカ合衆国大統領まで上り詰めてしまいにはエイリアンの侵略から地球を救う伝説にまでなるとは、この第1作目が出たときは考えもしなかった。
おめえは将来全世界のリーダーになるって? なにワケのわかんねえこと言ってんだ!
今のオレはとにかくセンパイに顔の形が変わるくらいまで殴られても構わねえから、あのお花畑のような立川に帰りたいだけだっつうの!!!!!

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : オープンワールド ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2773.html

2018/06/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Riot Act】無責任なアスレチックランド

   ↑  2018/04/15 (日)  カテゴリー: XBOX 360
180415008.jpg
サプライポイントからとりあえず目のついた方向へ最初の一歩を飛び出した。
毎度のことながら、さしあたっての目的なんかない。足の向くまま気の向くまま。
目の前にあるビルをよじ登り、屋上から屋上を跳び回り、思いついた方角へただなんとなく進んでゆく。
途中にこちらに絡んでくるギャングがいれば、銃か素手ゴロで相手をしてやったり、あるいはガン無視して先を急いだり、対応もそのときそのときの気分任せだ。
そうして自由気ままに飛び跳ねている間に攻略対象のポイントや敵幹部と遭遇すれば、これまた気分次第。一息に掃討してやるのもよし、後回しにしちゃうのもよしだ。
180415004.jpg
パシフィックシティはプレイヤーに与えられただだっ広い砂場だ。
この街にあるあらゆる建物や乗り物、ギャングに一般市民、そして同僚の警察官でさえも、プレイヤーが思うがままに振る舞い動き回るための素材でしかない。
強化改造をうけたエージェントが、この街に蔓延る犯罪組織を一層し秩序を取り戻すという大義も、ぶっちゃけた話、単なるとっかかりでしかない。
プレイヤーにしたって飛び跳ねているうちに、そんなこと早々とどうでもよくなっているだろう。
そして肝心のプレイヤーキャラさえも、プレイヤーの四肢の動きを代理で担う便宜的な存在。
少なくともここまでパーソナリティが欠如した主人公ってのは、そうそうお目にかかれるもんではない。
180415002.jpg
永遠に陽が落ちない遊具付き公園に解き放たれた子供のように、本能の赴くままに走り、飛び、ぶっ放し、爆発させ、狼藉の限りをつくす。
その合間にビルのてっぺんでちょっと一息ついたときに、このゲームをプレイしたことのあるものなら心躍らずにはいられない、あの魅惑的な「ふぉんふぉん」という音が耳に入ってくる。
このゲームにおける唯一の導線らしい導線、移動能力をアップさせる緑色のオーブが発するサウンドだ。
隅に駆け寄りオーブを回収し、そこから辺りを見渡すと、立ち並ぶビルの屋上や中層にさらなる緑オーブの姿が。
180415005.jpg
嬉々として今いる建物の角を蹴り、オーブ回収行脚に飛び出す。
移動能力がアップして行動範囲が広がっても、オーブは絶妙なまでの分布範囲で目の前に散らばっている。
この移動スキルの上昇曲線の練り込みは惚れ惚れするくらい見事で、いくらプレイ時間を積み重ねても中だるみや飽きがまったく来ないほどだ。
180415006.jpg
『ライオットアクト』とい日本独自のタイトル(原題は『Crackdown』)と共に施されたローカライズも、この夏のぬるま湯のように抜け出せない中毒性を持つゲームを後押しした。
ゲーム本編のイメージにこれっぽっちもリンクしないモンキー・パンチのパッケージ絵もそうだが、それよりもインパクトを残すのが、もはや小林清志のムダ遣いの域まで達した進行役の吹き替えだ。
恐らく警察ドキュメンタリーの流れからの起用なのだろうが、味も素っ気もないだけの原語版ナレーションを、テンションそのままに小林清志に変換したその珍味は、プレイヤーのやりたい放題を無責任に後押しする魔力に満ちている。
180415007.jpg
走り、飛び、ぶっ放し、爆発させ、狼藉の限りをつくすうちに、みるみる上昇するプレイヤーキャラのスキル。
それはさらなる狼藉を誘発し、プレイヤーの無責任アスレチックランドと化したパシフィックシティは、さらなる阿鼻叫喚の騒ぎを巻き起こす。
やめどきなんかなかなか見つからない。子供時代の公園での無秩序な遊びはカラスが鳴くから帰ったが、ここではそのタイミングを告げるカラスすらいない。
ストーリーからも、目的からも、ミッションや攻略といったゲームにつきまとうあらゆる決めごとからも解き放たれて、無目的で無責任で無秩序な自由をただ謳歌するためのツール。
『ライオットアクト』は、そんなサンドボックスな遊び場を、これまた無責任に提供するゲームなのだ。

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : ONE互換 オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2762.html

2018/04/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。