ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: オープンワールド の検索結果)

total 14 pages  次のページ →  

【新宿の狼】東京粗忽警察

   ↑  2017/06/22 (木)  カテゴリー: PS2
170622007.jpg
パッと見は冴えない中年男だ。だけどオレの刑事の勘が、こいつは叩けば埃が出ると告げている。
「こういうモンだが」懐から警察手帳を出して職質すると、こいつは横領犯と判明。
慌てて逃げ出す容疑者にパンチを繰り出したら、何故か近くに居た無関係な別のサラリーマンに拳が命中。
「何すんだ、この野郎!」掴みかかってくる無関係なサラリーマン。その間に容疑者は……、ああああ-、ああー、逃げちまう。もう面倒臭えから代わりにてめえを逮捕だ!
無関係なサラリーマンをぼこぼこに殴り倒して後ろ手に手錠を掛ける。一丁あがり!
170622002.jpg
パッと見はこの街ではありふれた水商売風の女だ。だけどオレの刑事の勘が、こいつは叩けば埃が出ると告げている。
「こういうモンだが」懐から警察手帳を出して職質すると、こいつはパワハラ犯と判明。
「パワハラって刑事犯なの?」とちょっぴり戸惑ったが、その女が逃げ出したので慌てて追跡。
ガードレールを飛び越えて車道を横切って逃げようとする容疑者。そこに無情に突っ込む車。宙を舞う女の体。
地面に横たわってぴくりとも動かない容疑者を片膝で押さえつけ後ろ手に手錠を掛ける。一丁あがり!
170622006.jpg
「裁くのは俺だ!」と高らかに言い放ったのは、ミッキー・スピレーンのマイク・ハマー。「わしがルールブックだ!」と高らかに言い放ったのはプロ野球の二出川元球審。
では「オレが法律だ!」と高らかに宣言したのは? ……ここで「ユン・ピョウの検事ミスター・ハーですね!」と反応した人、こんど飯でも食いながらゆっくりとシンシア・ラスロックの素晴らしさについて語り合いましょう。いや違う! 香港ならいざ知らず、ここ新宿で俺法と言うのは、捕まえた容疑者をおのれの勝手な裁量で、豚箱、罰金、無罪かの処断を下すシステムだ。
170622003.jpg
新しい服やバイクが欲しくなった時、パチンコの軍資金が必要となった時、気力ゲージさえ満タンならさっそく俺法の出番だ。
食い逃げの現行犯で逮捕。俺法により貴様は罰金刑だ。ルーレットスタート!俺法による罰金の金額は、上は百万円から下は……、一円。
「刑事さん、ホントにそんなはした金でいいんですか?」
う、うるせえ! 元よりけちなチンピラから百万円貰おうなんて甘い夢見てねえわ! もういい、いいからあっち行け!
170622008.jpg
当初の予定では『龍が如く』に対するカプコンからのアンサーとなる予定だったが、諸般の事情によりカプコンがそれを放棄。
それをスパイクが拾い上げてどうにか発売にこぎつけたはいいが、某誌のクロスレビューで3点なんてワイルドな点数をつけられるなど、七難八苦の言葉を地で行ったこのゲーム。
へぼへぼな操作性やちょっとアレなビジュアルなど、カプコンが示した難色がうかがえる数多な欠点の一方で、発売された2009年時点の国産ゲームでは、フリーローミングスタイルの基本が唯一きちんと成立していた、なかなか一筋縄では行かない作品である。
170622004.jpg
Vシネ系はみ出しデカの王道をベタベタに歩む主人公の名は三上英二。
龍などといささか過大なあだ名を授けられたセガのチンピラヤクザに対して、こちらの異名は狼。
拳銃密売組織を追う、これまたVシネチックなメインストーリーを義務のようにこなす傍らで、新宿の治安をマッチポンプで守るためにフリーダムに暴れまくるアウトロー刑事だ。
なにせ新宿は魔都だ。石を100個投げればそのうちの70発は犯罪者に当たる。街で突発的に起こる非常事案にも事欠かない。
だからこそ、このざっくばらんな造りの箱庭では、三上のような法手続きを無視して事をすすめる男が必要となってくる。巻き上げた罰金はもちろん自分の懐だ!
170622010.jpg
パッと見はこの街ではごく普通のOLだ。だけどオレの刑事の勘が、こいつは叩けば埃が出ると告げている。
「こういうモンだが」懐から警察手帳を出して職質すると、こいつは食い逃げ犯と判明。
まぁこんなご時世だし、何よりたかが食い逃げ如きでこの新宿の狼が仰々しく小娘一人を捕まえることもあるまい、とも思ったが、しかしこういう小さな犯罪を見逃していては、この街の治安ゲージはちっとも回復しない。
「悪いなお嬢ちゃん、見逃す訳にはいかねえんだ」とポケットから手錠を取り出し女の方を向くと、オレの視界いっぱいに女の履いているローヒールの靴底が飛び込んできた。
170622005.jpg
そこらの中華マフィアも顔負けの逆ギレっぷりで、めちゃくちゃに暴れまくる食い逃げOL。
ちょ、ちょ、ちょっと待て! お前、食い逃げ程度でここまで開き直るんじゃねえ!
しょうがない。最後の手段は発砲。人混みの中で操作性最悪の拳銃乱射は昼下がりの新宿西口でさらなる混乱を巻き起こすが、まあこの程度、始末書を何枚か書けばチャラになる。
もっともこの始末書制作のミニゲーム、マジでカンベンしてほしいくらい心躍らない作業だとか、とにかく変なとこで妙に凝りまくったゲームである。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2656.html

2017/06/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Sleeping Dogs: Definitive Edition】香港秘密警察

   ↑  2017/06/20 (火)  カテゴリー: XBOX ONE
170620007.jpg
「ちょっと借りるぞ!」
とってつけたような断りと共に他人のクルマやバイクを拝借し、通行人が慌てて身を避ける中をタイヤを軋ませながら走り抜ける。
途中にある看板や果物を並べた屋台などは、もう壊してくれと言わんばかりに存在しているようなものだ。
それらをお望み通りぶち壊しながら、逃げる容疑者のクルマに容赦ない体当たりを食らわせ、横転した車体からそいつを引きずり出して二、三発鉄拳を御見舞した後、「お前には権利がある!以下省略!」と、これまたとってつけたように事務通告。
ちょっとばかりやんちゃな刑事を主人公に据えたアクション映画では、もう黄金のパターンだ。
ポスト『GTAⅢ』があちこちで芽吹いていた2000年代前半に登場した『トゥルー・クライム Street of L.A.』は、そんな刑事アクションの王道をビデオゲームで再現した快作だ。
170620002.jpg
主人公がアジア系、そして徒手格闘の要素が強いなど、ハリウッド系刑事モノだけでなく、香港産アクション映画からの影響をそこかしこに感じさせていたこの『トゥルー・クライム』。
ニューヨークに舞台を移した続編を挟んで、第3作は『True Crime Hong Kong』のタイトルで、いよいよ重要なルーツである香港がステージとなることがアナウンスされ、一部の好事家を大いに期待させたのであった。
しかしゲームのIPに紆余曲折は付きもの。
どんな事情があったのかは知らないが、Activisionにおける『トゥルー・クライム』シリーズの展開はペンディングとなり、そしてこの第3作は『スリーピングドッグス 香港秘密警察』と名を改め、スクウェア・エニックスからのお目見えとなった。
170620001.jpg
そのテーマは潜入警察官。
制作者たちの「インファナル・アフェアを観てピンと来ました!」なんて無邪気な笑顔が浮かんでくるようだが、しかし秩序の側と無法の側、二つのを都合よく使い分けて立ち回れる、ゲーム的には何かと便利で美味しい立場であることは間違いない。
気のせいかトニー・レオンとアンディ・ラウを足して10で割ったような風貌をしてなくもない主人公ウェイ・シェンは、アメリカから出向してきた刑事。
彼の任務はマフィアへの潜入捜査。当然その後に続くのは、マフィァ仲間への仁義と警察官としての使命に板挟みの苦悩だ。
170620003.jpg
もっともそんな香港ノワールなテーマは、メインミッションに付随するムービーだけで適当に処理してくれるから、あまり深く考える必要はない。
むしろ警官とギャング、二つのイケイケな立場を手に入れた僥倖を、この細かく作り込まれた香港の街で自由に行使しよう。
まずは香港名物屋台グルメ。肉まん一つくださいな。立ち食いで貪ったあとは、そこらに停めてあったクルマを拝借して、どががががーんと突っ込んで破壊だ。
だって香港の屋台って、こういう為に存在してんじゃないの? ジャッキー・チェンの「ポリス・ストーリー/香港国際警察」でそう習ったよ?
170620005.jpg
おかげでカーチェイスが挟まれたミッションなんかでは、「あっ、屋台だ!」とわざわざ大回りして突っ込みに行ってるんだから、非効率なことこの上ない。
クルマだけに留まらず、走っての追いかけっこだっていちいち野菜売り場の上を飛び越えたり人混みの中を選んで突っ切ってる始末だ。
人を追ってるんだ、ちょっとどいてくれ! 勢い余って突き飛ばした罪のない通行人が、なんか陸橋から転落してったような気もするが、なぁに、きっとあいつは香港スタントマン協会からやって来たやつだ! おそらく大丈夫だ!
170620006.jpg
『トゥルー・クライム』シリーズに一貫していた徒手格闘へのこだわりや、バレットタイム風のスローモーション発動(そのバレットタイムも元をたどればジョン・ウー映画だろう)、走行中のクルマに飛び移りなど、様々なアクション要素が"香港映画風"の旗印の下、すべてが小気味よくまとまりを見せている。
凄惨なバイオレンスシーンが実にカジュアルに挿入されるところも、また香港流儀。
何より汗ばんで小汚い綿シャツにスウェット姿のアジア人主人公は、数多のクライムアクションの中でも、我々にとってもっとも親近感の湧くキャラクターであることは間違いない。
ジャッキーにサモ・ハンにユン・ピョウにジミー・ウォングにエリック・ツァンにチョウ・ユンファにアンソニー・ウォンにホイ三兄弟に、オレの知るあらゆる香港映画ヒーローをぶち込んでインタラクティブ行使用に再変換した男、ウェイ・シェンを操作して、香港の街を今日も勝手気ままに暴れまくるぜ。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2655.html

2017/06/20 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed】無責任な歴史観光客

   ↑  2017/06/06 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170606008.jpg
12世紀末のダマスカスを、アッカを、エルサレムを、見るからに挙動不審なストレンジャーが闊歩する。
本人は群衆に紛れるソーシャルステルスなどと嘯いてはいるが、周りからはちっとも忍んでいるように見えないのは、街にたむろする乞食たちが、他には目もくれず一直線に、この男の元を目指してくることからも明らかだ。
何でそうなってしまうかは、このアルタイルという男が、慎み深さや感情の抑制力が欠如した、アサシンにはまったく向いていない性格だからに他ならない。
その上で、衆人環視の中、そこらの建物によじ登ったり、屋根のてっぺんから干し草を積んだ荷車にダイブしたりなんて真似を繰り返していれば、このおかしな異邦人のことは、半日もすればたちまち街中の話題になっているだろう。
170606003.jpg
こんな人目を避けて行動することに根本から向いていない男を主人公に据えたゲームを、『ステルスアクションに分類して、『天誅』や『ベルベットアサシン』と並べて評価してしまうのは、そりゃ何かが基本的に間違っている。
アルタイルさんがアサシンなのは、この世を忍ぶ仮の姿。
本当のアルタイルさんは、遥か現代から時空を超えてこの街にやって来た、傍若無人でひたすら迷惑な歴史観光客でしかないのだから。
170606005.jpg
UBIにとって豊潤な金鉱となるこのシリーズも、その第1作は後に整調されていく諸要素が、まだ荒削りのまま噛み合わずに散在する、底抜け超大作一歩手前であった。
その中にあってこちらの興味を惹きつけたのは、事前のプロモーションでさんざん喧伝されていたソーシャルステルスやフリーランニングではなく、無責任な歴史観光体験だ。
アルタイルがアサシンだという設定は、その作り込まれた歴史観光地を自由自在に闊歩させ、あらゆる角度から眺めさせるための方便みたいなもの。
金持ちから貧乏人まで、あらゆる階層の人々が狭い路地裏に溢れかえる、活気に満ちた小世界を、人々に紛れ込んで歩くも良し、屋根の上からその喧騒をぼんやりと眺めるも良し。
暗殺はその合間に果たさなくちゃいけない、ちょっとした義務みたいなものだ。
170606002.jpg
だいたいこのゲームの暗殺ターゲットは、どいつもこいつも妙に醒めきった連中ばかりで、いざ死に際のときとなっても、完全に悟りきっている始末だから、殺し甲斐がないったらありゃしない。
ちょっとは「な、何が望みだ、金か? 金ならやるぞ。だから見逃してくれ!」なんて、いかにも暗殺ターゲットらしい命乞いをしても、罰は当たらないはずだぞ。
17060610.jpg
そりゃあオレだって、たまにはアサシンらしく人目を忍んで警戒区域に潜入し、高所からターゲットに舞い降りナイフ一閃鮮やかに暗殺を実行して、そのまま嵐のようにその場を去るような真似にチャレンジしてはみた。
しかしその目論見は、目測を誤って露天の屋根に飛び降りてしまったり、変なところでフリーランニングが発動して思い切り目立ってしまったり、"気の毒な人"にソーシャルステルスを台無しにされたりして(気の毒な人だと思ってりゃ調子に乗りやがって!)、結局は白昼の街中で剣を振り回して大暴れする、まるで遊女に振られて吉原で20人斬りの大暴れをした浪人者みたいな騒ぎになってしまうのだ。
そしてそんなついカッとなった大量殺人者みたいな開き直りで、たいていのシチュエーションはどうにかなってしまうのだから、何とも困った話である。
170606004.jpg
この『アサシン クリード』は、そんな斬った張ったの大騒ぎを始め、露天をぶっ壊したり、名所旧跡によじ登ったり、人を突き飛ばして難癖つけたりの、まるで不良観光客のような振る舞いを、旅の恥はかき捨てとばかりに満喫できるゲーム。
街の人々にとっては、何とも傍迷惑極まりないストレンジャーだが、どうせならストーリーに絡むこと以外は、迷惑を被る街の人々のセリフは、吹き替えも字幕も一切入れない原語のままであって欲しかった。
例え建物をよじ登っている時でも、「あれ、下の方でどうやら俺のことをなんか言ってるようだな」程度に捉えられれば、こちらとしても見知らぬ街を訪れた異邦人の気分が、より一層味わえたことだろう。
170606006.jpg
この街にしばらく腰を落ち着けた間に、迷惑な不良観光客の噂はたちまち街中に広がり、今やちょっと突飛な動作をしただけで、たちまち衛兵が駆け寄ってくるまでになってしまった。ちょっと壁に貼り付いて登っただけだって言うのに。
わらわらと寄せ集まってきて、わけの分からない現地語を口々に叫びながら、こちらを制圧しようとしてくる衛兵たちを相手に、「オレが何をしたと言うんだぁ!」と大暴れしていると、ちょっと昔に皇居の石垣に全裸でよじ登って大騒ぎの末に拘束された、あのスキンヘッドのデブ白人とアルタイルの姿がダブって見えてくる。
考えてみれば、アルタイルとあのデブ白人のやってることは、基本的に大きな違いはまったくないもんな。
ああ見えてあのデブ、もしかしたらテンプル騎士団の陰謀に抗う者だったのかもしれないぞ?
170606009.jpg

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2649.html

2017/06/06 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Saints Row 4: Re-Elected】聖者たちの総決算

   ↑  2017/02/22 (水)  カテゴリー: XBOX ONE
170222005.jpg
始まりは『GTA』のちょっと下世話なクローン。
それがすくすくと成長したのは、まったく悪びれのない調子ぶっこきがあったからだ。
珍妙な武器からハルク・ホーガンまで悪ノリの限りの末に、架空の街のカラーギャングたちは、ついに合衆国の要職にまで上り詰めた(悪ノリの末の大統領就任は、その後に現実が追いついたが)。
しかしその脳天気な創作狼藉の陰には悲劇も生じた。
親元THQの倒産。そしてIPの競売。
170222008.jpg
もっともセインツはドル箱だ。『uDraw』のように引き取り手の心配をする必要は、さほどない。
新たな里親となったのは案の定Deep Silver。
宙ぶらりんの心配がなくなったセインツとVolitionは、心置きなく悪ノリの続きに邁進し、かくして宇宙から侵略者の御一行が、セインツの元に訪れる運びとなったのであった。
170222006.jpg
だがこの手の悪ノリはどんどん図に乗ってゆかないと、やがては冴えないマンネリに矮小化されてしまうことは、続編の度に萎んでいった同じTHQのオープンワールドゲーム、『Destroy All Humans! 』が証明している。
異星人の襲来、そして地球の崩壊と、思い切り大風呂敷を広げたセインツロウの第4作目は、その愚を犯さなかった。
170222002.jpg
自分たちで作ったキャラクター、設定、世界観。ならどのように解釈してどのようにぶっ壊そうと自分たちの勝手。
その開き直りは、一次創作者自らの手によるアナーキーな二次創作の如き様相を呈し、もはやクライムアクションなんてタテマエすらどっかに置き去りにする。
デバッグモードのようなフリーダムな移動、『Battlezone』から『MGS』まで好き放題なゲームパロディの数々、おまけに過去作で死んだ奴(ジョニー・ギャット)までアバウトな理由をつけて生き返させやがった。
170222007.jpg
あんなキャラやこんなキャラ、ぽっと出の奴からその存在を忘れていたような奴までシリーズ歴代キャラの総ざらい。
キャラクターだけじゃない。設定から素材、リソースまでセインツの歴史全部を残さず余さず使い切って、プレイヤーよりも明らかに作っている連中のほうが楽しそうなセインツロウシリーズの総決算。
ここまで針を振り切ってしまった限りは、よもやコレ以上のシリーズ展開なんて考えられもしやしない。
今から10年前、スティルウォーターの街に紫色のギャングどもが、あからさまなGTAクローンとして姿を現したとき、誰がこの八方破れな大団円を想像しただろうか。
そしてこの幕引き。あの浮ついたギャング連中、テメエの引き際だけはきっちりとわきまえていたようである。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2608.html

2017/02/22 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Just Cause 3】世界一迷惑な里帰り

   ↑  2016/09/08 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
160908006.jpg
アメリカ中央情報局CIA、それは時としてシラフで考えたとは思えないような作戦を、世界一の超大国の国家予算で平然と実行する、大変傍迷惑な組織である。
そしてゲームの中においてもCIAの役割は基本的に変わりはしない。
言うことを聞かない中小国家に対しての、反政府組織へのテコ入れや政情不安定化の後押しは、CIAの常套手段であるが、ゲームではそれをリコ・ロドリゲスと言う名の、世界一近所迷惑なエージェントを送り込むことによって果たそうとする。
160908003.jpg
リコ・ロドリゲス。その名に眉を曇らせるのは独裁者とその飼い犬どもだけじゃない。
本来なら彼の活躍に喝采を送らなければならない虐げられた民衆だって同じだ。
なにせリコの仕事を評価するカオスという数値の対象には、軍事施設のみならず生活には欠かせないインフラの破壊も含まれているのだから。
ちなみにシリーズ代々の独裁者たちは、国内インフラの発展と保全には並々ならぬ行政手腕を発揮してきた、いずれも有能な政治家である。
彼らが斃れたあとの国内混乱は、おそらくハンパなものじゃないと思うが、我らがリコ・ロドリゲスがそんなこと知ったこっちゃあるわけない。
160908007.jpg
無尽蔵に供給される銃器弾薬やヘリコプター、装甲車両、ジェット戦闘機にガンボートを駆使して、一つの国を端から端まで舐めるように破壊して、立つ鳥跡を濁しまくって去ってゆく。
そんなリコの無責任な仕事の新たな舞台は地中海の群島国家メディチ。
驚くなかれ、なんと若かりし頃のリコ・ロドリゲスが育った故郷だ。
もちろん故国だからといってリコが仕事の手を抜くわけがない。むしろ念入りにふるさとの地を叩き壊して回る。
なんとも迷惑極まりない里帰りがあったものだ。
160908002.jpg
シリーズ化するオープンワールドゲーム数あれど、この『Just Cause』ほどコンセプトを余計な付け足しせずピュアに受け継ぎ続けるシリーズも他にはない。
東京ドーム数万個分を謳う超広大なマップと、そこをストレスフリーで飛び回れる自由闊達な移動手段。そして解放闘争支援のタテマエでその広大な地を塗りつぶすように壊しまくっていれば、話が勝手に進むざっくばらんな展開。
初代は南米の小国サン・エスペリート、そして『Just Cause 2』では東南アジアの独裁国家パナウ共和国。
160908008.jpg
そして地中海の島国、このメディチでも、やるべきことは何一つ変わりゃしない。
そんなワンパターンぶりも、明るい太陽の下のあまりにも開放的な破壊行脚の前では、これっぽちも気になりはしない。
偉大なるマンネリズム。その影にはともすればマイナスポイントと紙一重であった初代の長所に対する、作り手と遊び手双方からの確固たる信頼がある。
160908005.jpg
数少ない付け足し要素の中で目立つのは、新ガジェットのグライダースーツ。
これのおかげでリコは、いつでもどこでもヘリコプター級の移動能力を発揮することができる。
もちろんクルマにヘリコプター、ボートのいつでも配達も健在だ。
パラセールからジェット戦闘機まで気分次第で移動手段を乗り換えて、この風光明媚な国を隅から隅までめぐって破壊活動に精を出そう。
そいつの名はリコ・ロドリゲス。独裁者が圧政をしく地に現れて、独裁者以上の極悪非道な振る舞いを飽きるまでやっては去ってゆく。
旅の恥はかき捨て、政府転覆工作の罪はやり捨てだ。故郷だからって一切容赦はしないぜ。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2546.html

2016/09/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。