ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: オープンワールド の検索結果)

total 14 pages  次のページ →  

【Saints Row 4: Re-Elected】聖者たちの総決算

   ↑  2017/02/22 (水)  カテゴリー: XBOX ONE
170222005.jpg
始まりは『GTA』のちょっと下世話なクローン。
それがすくすくと成長したのは、まったく悪びれのない調子ぶっこきがあったからだ。
珍妙な武器からハルク・ホーガンまで悪ノリの限りの末に、架空の街のカラーギャングたちは、ついに合衆国の要職にまで上り詰めた(悪ノリの末の大統領就任は、その後に現実が追いついたが)。
しかしその脳天気な創作狼藉の陰には悲劇も生じた。
親元THQの倒産。そしてIPの競売。
170222008.jpg
もっともセインツはドル箱だ。『uDraw』のように引き取り手の心配をする必要は、さほどない。
新たな里親となったのは案の定Deep Silver。
宙ぶらりんの心配がなくなったセインツとVolitionは、心置きなく悪ノリの続きに邁進し、かくして宇宙から侵略者の御一行が、セインツの元に訪れる運びとなったのであった。
170222006.jpg
だがこの手の悪ノリはどんどん図に乗ってゆかないと、やがては冴えないマンネリに矮小化されてしまうことは、続編の度に萎んでいった同じTHQのオープンワールドゲーム、『Destroy All Humans! 』が証明している。
異星人の襲来、そして地球の崩壊と、思い切り大風呂敷を広げたセインツロウの第4作目は、その愚を犯さなかった。
170222002.jpg
自分たちで作ったキャラクター、設定、世界観。ならどのように解釈してどのようにぶっ壊そうと自分たちの勝手。
その開き直りは、一次創作者自らの手によるアナーキーな二次創作の如き様相を呈し、もはやクライムアクションなんてタテマエすらどっかに置き去りにする。
デバッグモードのようなフリーダムな移動、『Battlezone』から『MGS』まで好き放題なゲームパロディの数々、おまけに過去作で死んだ奴(ジョニー・ギャット)までアバウトな理由をつけて生き返させやがった。
170222007.jpg
あんなキャラやこんなキャラ、ぽっと出の奴からその存在を忘れていたような奴までシリーズ歴代キャラの総ざらい。
キャラクターだけじゃない。設定から素材、リソースまでセインツの歴史全部を残さず余さず使い切って、プレイヤーよりも明らかに作っている連中のほうが楽しそうなセインツロウシリーズの総決算。
ここまで針を振り切ってしまった限りは、よもやコレ以上のシリーズ展開なんて考えられもしやしない。
今から10年前、スティルウォーターの街に紫色のギャングどもが、あからさまなGTAクローンとして姿を現したとき、誰がこの八方破れな大団円を想像しただろうか。
そしてこの幕引き。あの浮ついたギャング連中、テメエの引き際だけはきっちりとわきまえていたようである。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2608.html

2017/02/22 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Just Cause 3】世界一迷惑な里帰り

   ↑  2016/09/08 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
160908006.jpg
アメリカ中央情報局CIA、それは時としてシラフで考えたとは思えないような作戦を、世界一の超大国の国家予算で平然と実行する、大変傍迷惑な組織である。
そしてゲームの中においてもCIAの役割は基本的に変わりはしない。
言うことを聞かない中小国家に対しての、反政府組織へのテコ入れや政情不安定化の後押しは、CIAの常套手段であるが、ゲームではそれをリコ・ロドリゲスと言う名の、世界一近所迷惑なエージェントを送り込むことによって果たそうとする。
160908003.jpg
リコ・ロドリゲス。その名に眉を曇らせるのは独裁者とその飼い犬どもだけじゃない。
本来なら彼の活躍に喝采を送らなければならない虐げられた民衆だって同じだ。
なにせリコの仕事を評価するカオスという数値の対象には、軍事施設のみならず生活には欠かせないインフラの破壊も含まれているのだから。
ちなみにシリーズ代々の独裁者たちは、国内インフラの発展と保全には並々ならぬ行政手腕を発揮してきた、いずれも有能な政治家である。
彼らが斃れたあとの国内混乱は、おそらくハンパなものじゃないと思うが、我らがリコ・ロドリゲスがそんなこと知ったこっちゃあるわけない。
160908007.jpg
無尽蔵に供給される銃器弾薬やヘリコプター、装甲車両、ジェット戦闘機にガンボートを駆使して、一つの国を端から端まで舐めるように破壊して、立つ鳥跡を濁しまくって去ってゆく。
そんなリコの無責任な仕事の新たな舞台は地中海の群島国家メディチ。
驚くなかれ、なんと若かりし頃のリコ・ロドリゲスが育った故郷だ。
もちろん故国だからといってリコが仕事の手を抜くわけがない。むしろ念入りにふるさとの地を叩き壊して回る。
なんとも迷惑極まりない里帰りがあったものだ。
160908002.jpg
シリーズ化するオープンワールドゲーム数あれど、この『Just Cause』ほどコンセプトを余計な付け足しせずピュアに受け継ぎ続けるシリーズも他にはない。
東京ドーム数万個分を謳う超広大なマップと、そこをストレスフリーで飛び回れる自由闊達な移動手段。そして解放闘争支援のタテマエでその広大な地を塗りつぶすように壊しまくっていれば、話が勝手に進むざっくばらんな展開。
初代は南米の小国サン・エスペリート、そして『Just Cause 2』では東南アジアの独裁国家パナウ共和国。
160908008.jpg
そして地中海の島国、このメディチでも、やるべきことは何一つ変わりゃしない。
そんなワンパターンぶりも、明るい太陽の下のあまりにも開放的な破壊行脚の前では、これっぽちも気になりはしない。
偉大なるマンネリズム。その影にはともすればマイナスポイントと紙一重であった初代の長所に対する、作り手と遊び手双方からの確固たる信頼がある。
160908005.jpg
数少ない付け足し要素の中で目立つのは、新ガジェットのグライダースーツ。
これのおかげでリコは、いつでもどこでもヘリコプター級の移動能力を発揮することができる。
もちろんクルマにヘリコプター、ボートのいつでも配達も健在だ。
パラセールからジェット戦闘機まで気分次第で移動手段を乗り換えて、この風光明媚な国を隅から隅までめぐって破壊活動に精を出そう。
そいつの名はリコ・ロドリゲス。独裁者が圧政をしく地に現れて、独裁者以上の極悪非道な振る舞いを飽きるまでやっては去ってゆく。
旅の恥はかき捨て、政府転覆工作の罪はやり捨てだ。故郷だからって一切容赦はしないぜ。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2546.html

2016/09/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Just Cause 2】傍迷惑なストレンジャー

   ↑  2016/09/06 (火)  カテゴリー: XBOX 360
160906006a.jpg
オレの名はリコ・ロドリゲス。CIAのエージェント。
どうせよその国の税金だからと、インフラを勝手に壊して回っては「楽しかったぜ」で済ませる人でなし野郎だ。
送電線が壊されて困ってる? 悪いのはおそらく東京電力だ。給水塔を吹っ飛ばされて水も飲めない? クラシアンになんとかしてもらえ。オレの知ったこっちゃねえ。
160906003a.jpg
政治的に不安定な小国への超大国アメリカの介入は、短期的にはそこの一般市民に大迷惑しかもたらさないが、我が日本のバージョンは、同盟国の立場をおもんばかって、CEROのD指定マジックによりそこら辺の表現はマイルドに抑えられている。
しかしマイルドと言っても、それは一見だけの話であって、攻撃ヘリから市街地に向けてロケット弾をぶちまいていれば、実際には巻き添え食った罪もない民間人が、腕はちぎれるわ首は吹っ飛ぶわの悲惨な目に遭っていることは言うまでもないだろう。
でもそんなのオレの知ったこっちゃねえ。そんなこといちいち気にしてたら、CIAエージェントが務まるか!
160906002a.jpg
あちこちで混乱を巻きちらして政情不安を引き起こすという建前の下、ひたすらだだっ広い島の中をパラセールで気まぐれに巡っては、目についた軍事基地や通信基地を跡形もなく叩き潰し、「観光客のやったことだ。騒がせたな。じゃっ!」と立つ鳥跡を濁しまくって去ってゆく。
ほぼその繰り返して、この異様なまでに広大なマップを隅からちくちくと塗り潰す。そんな膨大な作業が意外と苦痛にならないのは、やはり主要な移動手段がクルマではなく気ままなパラセールであることが、その一番の理由なのかもしれない。
もっとも後半になると、そのパラセールすら面倒臭くなって、ほぼ武装ヘリコプターを徴用しっぱなしの、まるで『ソビエトストライク』みたいなゲームに自主的にシフトしてしまうのだが。
160906005a.jpg
そしてこれまたよくよく考えてみれば、前作『Just Cause』とは、国名以外やってることは何一つ変わらなかったりする。
ウリとなるのは相変わらずのだだっ広いマップとパラセールとアバウトなラテンのノリ。そして芯となるのは脳筋でもエージェントが務まった、ひたすら脳天気な80年代スパイ映画へのオマージュ。
もしさらなる続編が出たとしたら、しれっと中南米あたりに舞台を戻して、また相も変わらずおんなじことの繰り返しになるような気配もぷんぷんするが、もちろんこっちだってリコ・ロドリゲスにサム・フィッシャーみたいな繊細な仕事など最初から期待しちゃいない。
160906004a.jpg
空から馬鹿丸出しでパラシュートと共にド派手に登場しては、闇雲に暴れまくって嵐のように去ってゆく。
こんな広大な土地の政府をひっくり返すためには、それくらいの荒療治をしなくちゃ追いつかないだろう。これがCIAスタイルってやつだ、悪く思うなよ。
「人の税金をムダにするのはホント楽しいぜ!」(リコ・ロドリゲス)

<Xbox One互換対応タイトル>

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2545.html

2016/09/06 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Kinectディズニーランド・アドベンチャーズ】夢の国の狂気

   ↑  2016/07/03 (日)  カテゴリー: XBOX 360
160703008.jpg
ついに上海にもオープンし、夢の国グローバル化の道をますます邁進するディズニーランド。
これから夏休みの行楽シーズンを迎え、TDLもディズニーシーも、さらなる活気に包まれるのだろう。
だがアジアのディズニーランドは東京や香港や上海だけではない。
ローカル線のさらなるローカル線から歩いて10分のところにあるオレの家にだってある。
広すぎる駐車場で途方にくれることも、浮かれるカップルに囲まれてげんなりすることもない、オレだけのディズニーランドが。
そして世界中のあらゆるディズニーパークの中でも、飛び抜けて狂気性が高いディズニーランドが、田んぼを潰して造成した住宅地の一角で、24時間休まずオープンしている。
160703002.jpg
人の動きをカメラでフィードバックして、体全体を使って操作するデバイス、Kinect。
その試みは、ことゲームだけに限っては、なんとも尋常じゃない作品群を多く生み出したが、Kinect最大のキラータイトルと呼ばれた『Kinectディズニーランド・アドベンチャーズ』は、その針がさらに振り切られた一作だ。
あなたの家がディズニーランドになる。そのセールス文句に偽りはなかった。
見栄をはって買った大型液晶テレビの画面に展開するのは、紛うことなきディズニーランドだ。
笑顔をたたえた人々で溢れかえった夢の国。オレは子供の姿に身をやつし、懐の心配をすることなく、その中を自由に遊びまわる。
160703004.jpg
オレを迎えてくれるのは、ディズニーの名だたるホストたちだ。
あそこにいるのはミッキーだ、握手握手。あっちにはドナルド、サインちょうだい。あ、白雪姫だ! ハグ! さらにハグ!
バズ・ライトイヤーだ、ご挨拶ご挨拶。むこうにはピノキオ、サインくれ。わお、シンデレラ! ハグ! しつこくハグ!
オレはこのディズニーランドきってのV.I.P.。ホストたちはいつでもこのオレに真っ先に時間を割いてくれる。
プーさんと握手、フック船長からサイン、キツネどんにご挨拶、アリエルにハグ! なんどもハグ! 案内のお姉さんにもハグ! ……はできねえのかよ! いいじゃねえかよ、ちょっとぐらい!
160703006.jpg
ホストから貰った魔法の道具でイタズラ三昧。お店に入っては欲望の赴くままショッピング。そしてパーク内徘徊と並んでメインディッシュとなるのは、実在アトラクションをモチーフにしたKinectアクションゲーム。
サウンドセンセーショナルパレードだってもちろんある。そのお膳立てをするのはプレイヤー自身。
Kinectでできることをベースにした、考えうる限りのおもてなしを用意した、ステキなステキな仮想夢の国。
160703005.jpg
しかし夢の国というものは、割り切りと納得と理性の一時的棚上げをしなければ成立しないことを、もう大人になってしまったオレは嫌というほど知っている。
ステキな夢の国徘徊を一歩引いて見てみれば、そこにいるのは液晶テレビの前で手を前に突き出してふらふらし、画面に向かってぶんぶん手を振ったり、空中をぎゅーっと抱きしめていたりする大の大人の不気味な姿。
それでもパークの中にいるつもりまんまんであれば、「お前、……何やってんの?」という内なる理性の野暮な一言にも、「オーロラ姫の谷間に顔を埋めてんだよ! 見て分かんねえのか!」と言い返せる。
160703001.jpg
だがディズニーランドの魔法は、いつか解ける。
駐車場でクルマを停めた場所が分からなくてパニックになったり、子供がうんこを漏らしたり、帰りの電車でささいなことから夫婦喧嘩になったりと、実際のディズニーランドでも、魔法が解けるのはあんがい早かったりする。
Kinectディズニーランドの場合はもっと早い。
宅配便が来たり、家族が予定よりも早く帰ってきちゃったり、あるいはお腹が空いてきちゃったりと、魔法解除のバリエーションも多彩だ。
160703007.jpg
Kinectディズニーランドの最大の欠点は飲食店の不在だ。腹を満たそうにもワッフルカンパニーもクリスタルパレスレストランもない。手近にあるのは狐どん兵衛だけだ。
画面に広がる夢の国を無表情に眺めながら、どん兵衛の揚げをもそもそとかじる。
この狂気のディズニーランドは、確かに利便性はピカイチだが、そのぶん魔法が解けたときのダメージがでかすぎる。
「なにが夢の国だ……」
そんなオレのつぶやきを嘲笑うかのように、シンデレラ城のあたりで花火がどどーんと打ち上がった。
夢の国は狂気の裏返しだ。そしてKinectというデバイスは、その狂気をさらに研ぎ澄ますのであった。

<Kinect専用タイトル>

 

この記事に含まれるtag : Kinect キャラゲー オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2519.html

2016/07/03 | Comment (3) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Bratz: Rock Angelz】ドールたちのバイスシティ

   ↑  2016/07/01 (金)  カテゴリー: PS2
160701001.jpg
♪ みんな私に言うの もっと大人になりなさいとか 分別のある髪型にしたらとか メイクも派手すぎるとか あれこれあれこれ ああ、もううんざり そんなの聞きたくもない 人生はシリアスに生きるには短すぎるのよ <Bratz - Grow Up>
長い歴史を誇るマテル社のバービー人形を、ファッションドール・クイーンの座から引きずり下ろした4人組、その名はブラッツ。
オールドファッションなバービーに対して、今どきのクールなイメージを前面に打ち出して展開したMGA社のブランドだ。
160701002.jpg
女の子の感性は正直だ。ブラッツはたちまちのうちにバービーを押しのけてファッションドール市場に一大勢力を築きあげた。
トラディショナルな良家の金髪白人少女のバービーに対して、ブラッツはアフリカ系とアジア系を含む混成エスニック集団。
ヘアスタイルも、ファッションも、言葉遣いも今時だ。バービーがいくら時代に合わせて今どきを気取ろうとしても、しょせんは育ちが出てしまう。ブラッツの自然体とは雲泥の差が生まれてしまう。
160701004.jpg
ゲームの世界に舞台を移しても、ブラッツとバービーの両者は好対照だ。
乗馬をたしなみ、ペットレスキューに精を出し、フィギュアスケートに興じ、ダイビングでイルカと戯れるバービー・ゲーム。
そんな田舎の良い子丸出しのバービーの姿に恐らくブラッツは冷ややかだ。
「ダサいボーイフレンドとダサい曲でダサいダンスゲームやってどうしようっていうの?将来マーサ・スチュワートにでもなるつもり?」
ファッションと音楽とイカしたボーイフレンド。親の目なんか気にしない、ブラッツは女の子の本能にひたすら忠実だ。
そしてブラッツには、ファッションやボーイフレンド以上に大切な友情がある。サーシャ、ジェイド、クロエ、ヤスミン、この四人の絆は鉄よりも硬い。意味もなくメールを送りあう友達がいずして何の人生だろう。
160701005.jpg
オープンワールドゲームは本能をぶちまける場。
野郎どものそれがクルマをかっ飛ばしたり銃を無差別にぶっ放したりすることならば、女の子はこのブラッツのささやかな箱庭の中で、ドールの身を借りて本能をアンリーシュする。
お店に駆け込んで欲望の赴くままに服や靴やアクセサリーをショッピング。美容院では飽きるまで髪型を試しまくり、いろいろなメイクにチャレンジする。
ショッピングに使うお金は簡単なクエストをこなせば、それこそ使い切れないくらい入ってくるし、ダメ押しのように地面からも沸いてきたりする。
160701006.jpg
それにこの箱庭には、目障りなものが一切出てこない。ダサいお店も、むさ苦しいオタク男もいない。
街を歩く動物はすべて可愛らしいものばかりだし、男の子は会うたびにきちんと歯の浮くようなお世辞を投げかけてくれる、イケメンで清潔な子ばかりだ。
この『Rock Angelz』の他に、『Bratz the Movie』、『Bratz: Forever Diamondz』と、ブラッツの絶頂期には立て続けにPS2でゲーム作品が登場した。
いずれもがさつば野郎どもから見れば、区別がまったくつかないような内容だが、なぁに、向こうにしてみたって、バイスシティとサンアンドレアスの違いなんか分からないだろうからおあいこだって。

<日本版未発売>

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド キャラゲー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2518.html

2016/07/01 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。