ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

このページの記事目次 (tag: アサシンクリード の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

【Assassin's Creed Syndicate】王道回帰の安定作

   ↑  2017/08/05 (土)  カテゴリー: XBOX ONE
170805004.jpg
ガス燈、蒸気馬車、電信、花開く文学、共産主義の勃興。産業革命下のロンドンは文明と資本主義の最先端を結集した大都会。
エヴィーとジェイコブのフライ姉弟は、そのロンドンの郊外からやって来たプチお上りさんにして、いよいよ近世代になってきたアサシンクリードシリーズの新たな主人公。
とは言ってもやはり田舎者だ。姉ちゃんの方は洗練された都会の男を見ればすぐによろめいちゃうし、プレイボーイ気取りの弟の方だって、引っかかるのは婆さんか敵のハニートラップくらいのもん。エツィオ・アウディトーレのイケメンっぷりと比べたら、どうしたって泥臭い。
170805005.jpg
まあやることはいつも通りのアサシン稼業。少々田舎者だって問題はない。
アサシン教団とテンプル騎士団のいつ終わるともしれぬ戦いも、舞台が近代に移りテンプル騎士団(秩序)側が悪徳資本家と一体化することで、その構図がだいぶ分かりやすくなった。
なんたってアサシン教団はテンプル騎士団のカウンター。そんな事情になれば、ついカール・マルクスに手を貸しちゃうのも、成り行き上仕方のないことだ。
170805001.jpg
だが資本家が敵と言っても、フライ姉弟だって産業革命の恩恵はばっちり受けている。
隠れ家は湿っぽい石造りの建物じゃなくて、ロンドン市内をまるで山手線のように環状で回る列車。
そしてアサシンの装備だってちゃっかり進化してる。中でも建物から建物へ一瞬でロープを張ることのできるロープランチャーは、すべてのアサシンにとって革命的なガジェットだ。
もう塔のてっぺんまでえっちらおっちらクライミングしていく必要なんてない。屋上めがけてランチャーをぶっ放し一気にぴゅーん。
170805007.jpg
アルタイルやケンウェイら先代のアサシンたちがこれを見たら、「アサシンも堕落したものだ」「最近の若い奴らは楽することばかり覚えやがって」と、きっと文句たらたらなことだろう。
さーせん、先輩。思い切り横着させてもらってまーす。
そう言えばオレはまだ『Assassin's Creed 3』だけは未プレイなのだが、今からこれを始めたとしてロープランチャーも無しに建物を登らなきゃならないのかと思うと、ちょっと気後れする。
デジタルガジェットの恩恵をさんざん享受した人間が、いきなりスマホなしで街に放り出されるようなものだ。
170805006.jpg
シリーズの本来のスタイルに回帰したものの、ちょっと肩透かしだった『Assassin's Creed Unity』に次ぐ最新作。
また『Black Flag』のような変化球で来るのかと思いきや、偉大なるマンネリズムを徹底的に洗練させてくる路線で押してきた。
そのブラッシュアップっぷりは徹底している。前前作あたりから導入されたプレイヤーによるミッションの評価システムを有効利用してきたのか、各ミッションの質や難度、ストレスなどが丁寧に均質化され、とにかく快適に遊びやすくなっている。
歴史観光はお・も・て・な・し。その悟りがゲーム的な歯ごたえを棚上げして、ストレスフリーな箱庭遊覧を第一に置いたのだろう。
170805002.jpg
ふらつく酔っぱらい、公園で息を抜く人、サッカーボールを掘りに蹴落としてしまって途方に暮れる子供。
街なかをうろついている間に出会う様々なモブたちの挙動も、過去のシリーズ作からさらにきめ細かくなっているのも、『Assassin's Creed Syndicate』ならではの特徴だ。
そして毎度おなじみ歴史有名人たちとの交流も、舞台が近世になったこともあって、元から馴染みのある面子ばかりになってきた。
前述のマルクスを始め、ディケンズ、ダーウィン、グラハム・ベル、ナイチンゲール。
会うなり思わず「あー、ナイチンゲールさん。お噂はかねがね」などと挨拶してしまいそうで、シリーズ過去作の著名人以上に出会う喜びがあるではないか。
170805003.jpg
そして終盤ではビクトリア女王にも謁見。田舎モンの姉ちゃんが思わず舞い上がってしまうのも、無理がなかろう。
貧民窟からバッキンガム宮殿まで、校外からやって来たお上り観光客姉弟の、ロンドン中を股にかけたツアー。
舞台がロンドンだけに、王道回帰を極めたアサシンクリード正編シリーズ第8作。
あ、それとどうでもいいことだけど、テムズ川を横断しようとするたびに、「これって『フロッガー』?」とついつい連想してしまったのはオレだけでしょうか?

この記事に含まれるtag : オープンワールド アサシンクリード 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2670.html

2017/08/05 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed】無責任な歴史観光客

   ↑  2017/06/06 (火)  カテゴリー: XBOX 360
170606008.jpg
12世紀末のダマスカスを、アッカを、エルサレムを、見るからに挙動不審なストレンジャーが闊歩する。
本人は群衆に紛れるソーシャルステルスなどと嘯いてはいるが、周りからはちっとも忍んでいるように見えないのは、街にたむろする乞食たちが、他には目もくれず一直線に、この男の元を目指してくることからも明らかだ。
何でそうなってしまうかは、このアルタイルという男が、慎み深さや感情の抑制力が欠如した、アサシンにはまったく向いていない性格だからに他ならない。
その上で、衆人環視の中、そこらの建物によじ登ったり、屋根のてっぺんから干し草を積んだ荷車にダイブしたりなんて真似を繰り返していれば、このおかしな異邦人のことは、半日もすればたちまち街中の話題になっているだろう。
170606003.jpg
こんな人目を避けて行動することに根本から向いていない男を主人公に据えたゲームを、『ステルスアクションに分類して、『天誅』や『ベルベットアサシン』と並べて評価してしまうのは、そりゃ何かが基本的に間違っている。
アルタイルさんがアサシンなのは、この世を忍ぶ仮の姿。
本当のアルタイルさんは、遥か現代から時空を超えてこの街にやって来た、傍若無人でひたすら迷惑な歴史観光客でしかないのだから。
170606005.jpg
UBIにとって豊潤な金鉱となるこのシリーズも、その第1作は後に整調されていく諸要素が、まだ荒削りのまま噛み合わずに散在する、底抜け超大作一歩手前であった。
その中にあってこちらの興味を惹きつけたのは、事前のプロモーションでさんざん喧伝されていたソーシャルステルスやフリーランニングではなく、無責任な歴史観光体験だ。
アルタイルがアサシンだという設定は、その作り込まれた歴史観光地を自由自在に闊歩させ、あらゆる角度から眺めさせるための方便みたいなもの。
金持ちから貧乏人まで、あらゆる階層の人々が狭い路地裏に溢れかえる、活気に満ちた小世界を、人々に紛れ込んで歩くも良し、屋根の上からその喧騒をぼんやりと眺めるも良し。
暗殺はその合間に果たさなくちゃいけない、ちょっとした義務みたいなものだ。
170606002.jpg
だいたいこのゲームの暗殺ターゲットは、どいつもこいつも妙に醒めきった連中ばかりで、いざ死に際のときとなっても、完全に悟りきっている始末だから、殺し甲斐がないったらありゃしない。
ちょっとは「な、何が望みだ、金か? 金ならやるぞ。だから見逃してくれ!」なんて、いかにも暗殺ターゲットらしい命乞いをしても、罰は当たらないはずだぞ。
17060610.jpg
そりゃあオレだって、たまにはアサシンらしく人目を忍んで警戒区域に潜入し、高所からターゲットに舞い降りナイフ一閃鮮やかに暗殺を実行して、そのまま嵐のようにその場を去るような真似にチャレンジしてはみた。
しかしその目論見は、目測を誤って露天の屋根に飛び降りてしまったり、変なところでフリーランニングが発動して思い切り目立ってしまったり、"気の毒な人"にソーシャルステルスを台無しにされたりして(気の毒な人だと思ってりゃ調子に乗りやがって!)、結局は白昼の街中で剣を振り回して大暴れする、まるで遊女に振られて吉原で20人斬りの大暴れをした浪人者みたいな騒ぎになってしまうのだ。
そしてそんなついカッとなった大量殺人者みたいな開き直りで、たいていのシチュエーションはどうにかなってしまうのだから、何とも困った話である。
170606004.jpg
この『アサシン クリード』は、そんな斬った張ったの大騒ぎを始め、露天をぶっ壊したり、名所旧跡によじ登ったり、人を突き飛ばして難癖つけたりの、まるで不良観光客のような振る舞いを、旅の恥はかき捨てとばかりに満喫できるゲーム。
街の人々にとっては、何とも傍迷惑極まりないストレンジャーだが、どうせならストーリーに絡むこと以外は、迷惑を被る街の人々のセリフは、吹き替えも字幕も一切入れない原語のままであって欲しかった。
例え建物をよじ登っている時でも、「あれ、下の方でどうやら俺のことをなんか言ってるようだな」程度に捉えられれば、こちらとしても見知らぬ街を訪れた異邦人の気分が、より一層味わえたことだろう。
170606006.jpg
この街にしばらく腰を落ち着けた間に、迷惑な不良観光客の噂はたちまち街中に広がり、今やちょっと突飛な動作をしただけで、たちまち衛兵が駆け寄ってくるまでになってしまった。ちょっと壁に貼り付いて登っただけだって言うのに。
わらわらと寄せ集まってきて、わけの分からない現地語を口々に叫びながら、こちらを制圧しようとしてくる衛兵たちを相手に、「オレが何をしたと言うんだぁ!」と大暴れしていると、ちょっと昔に皇居の石垣に全裸でよじ登って大騒ぎの末に拘束された、あのスキンヘッドのデブ白人とアルタイルの姿がダブって見えてくる。
考えてみれば、アルタイルとあのデブ白人のやってることは、基本的に大きな違いはまったくないもんな。
ああ見えてあのデブ、もしかしたらテンプル騎士団の陰謀に抗う者だったのかもしれないぞ?
170606009.jpg

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : オープンワールド ONE互換 アサシンクリード 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2649.html

2017/06/06 | Comment (2) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed Unity】アサシン クリード ユニティ

   ↑  2016/06/19 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
160619001.jpg
革命。その言葉には、民衆の底知れぬ怒りが一丸となって支配体制を力づくで崩壊に導くエネルギッシュなイメージがある。
しかし実態はそんなベルばらのクライマックスみたいなものとは程遠いかもしれない。
むしろここ数日の舛添辞任劇なんかの方が、ムード的には近いものがあるだろう。
当事者たちの打算と野心と保身、そして大多数の人々の傍観とぼんやりとした同調が、なんとはなしの流れを作り出し、多くの人が「何もそこまでやるこたないんじゃないかなあ」なんて思いつつも、その流れに積極的に待ったをかけることもなく、なし崩し的に舛添は辞任に追い込まれルイ16世はギロチンにかけられてしまった。
その後に続くのは体制の段階的な地すべり崩落と、それに伴う混沌と不条理の連鎖である。
160619004.jpg
右往左往する当事者たち、吹き上がるごくごく一部のお調子者たち、そしてもういいかげんうんざいりしている多くの民衆。朝令暮改と朝三暮四の果てしないループ。
煮え切らない状況がだらだらと続く革命下の動乱パリ。
アサシン教団とテンプル騎士団が暗闘を繰り広げるにはうってつけの、カオスのつくだ煮みたいなシチュエーションに立つ新たなアサシンの名はアルノ・ドリアン。
しかし名だたる歴史上の偉人に負けることなくキャラが立っていたアサシンの先輩たちに対して、ちんくしゃ娘に熱を上げる単なる色ボケ野郎と化したこの男に、そんなポジションはちょいとばかり荷が重すぎた。
ナポレオンやサド侯爵といったキャラ立ちまくりの脇役たちにを前に、その存在感は早々と埋没してしまうのであった。
160619006.jpg
アサシンクリード、脈々と続くアサシン教団とテンプル騎士団の果てしない戦いの歴史。
いや、それは表の歴史だ。その影には、「ちったあ出し惜しみって言葉を知れよ!」と忠告したくなるようなシリーズインターバルの限りない短さと、それに伴うマンネリとの戦いという、もう一つの裏の歴史がある。
前作『アサシン クリード IV ブラック フラッグ』は、その煮詰まりにくさびを打ち込んだ久々の快作だった。
シリーズの宿痾にも、そしてアサシンの責務からも解き放たれてキャラ立ちしていた前作主人公のエドワード・ケンウェイ。
160619003.jpg
ああ、アルノ、君の至らなさを一方的に責めるのは確かに酷かもいれない。
前任の影は大きすぎ、そして自らが立つ場所も、歴史の影に暗躍しようにも、そもそも陰で暗躍している人たちばっかが大挙して織りなしているようなシチュエーションなのだから。
もう出てくるやつ出てくるやつ揃いも揃って食えない人間ばっか。
こんな連中に囲まれて、ちんくしゃ娘のケツばっか追っかけている中途半端なイケメンが太刀打ちできるわけがないのであった。
そりゃパリは恋人の街とは言うけどな、『ベルばら』や『ラ・セーヌの星』の登場人物だって、もうちょっとは義務感持ってたぞ!
160619002.jpg
前作の革新から一転、シリーズの行き詰まりを凝縮したかのようなアサシンクリードパリ絵巻。
それだけに留まらず、PC版は致命的なバグを出したり、レビュー周りで各方面から総スカンを食ったりと、内容以外の部分でもパリ革命に負けず劣らない行き詰まりと混沌を生み出すオチがついてしまったのだった。

この記事に含まれるtag : オープンワールド アサシンクリード 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2513.html

2016/06/19 | Comment (4) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed Ⅳ Black Flag】海賊共和国の栄光と黄昏

   ↑  2015/03/12 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
150311001.jpg
ぬけるような青空にくっきりとした雲、どこまでも続く青い海にコントラストを加えるのは白い波頭、あちらに見えるのはエメラルドの入江に挟まれたビーチ。
しかしそれらと共にあるのは、そんな美しい風景とはまったく対極にある、もう一ヶ月近く風呂にも入っていない薄汚く下品な野郎どもだ。
ようこそ、オレ様の船ジャック・ドー号へ。いつの時代でも海賊は、あんまり利口じゃない男たちにとっての憧れであり自由の象徴。
ここではサービス残業や自己啓発の強要、パワーハラスメントや派遣切りなんて言葉は存在しない。そんな言葉が生まれる前だからだ。
24時間逃げ場なし、懲罰は海にどっぼーんで後腐れなし。元祖ブラック企業とはうちのことだ。なにせ海賊なもんでな!
150311002.jpg
使い捨ての船員たちをあごでこき使いながら、オレは自ら舵を取る。
帆を掲げるのは漂流物や漂流者がそこら中にうようよする18世紀のカリブの海。おそらくこの世でもっとも海賊の名がロマンを持って栄えた時代だ。
チャールズ・ヴェイン、ジョン・ラカム、スティード・ボネットにベンジャミン・ホーニゴールド、そしてもちろん"黒ひげ"ことエドワード・サッチ、悪い奴らはみんな友だち。
史実でも名を馳せたこの実在海賊たちと共に、カリブ海を狭しと駆けまわり、イギリス船もスペイン船も分け隔てなく平等に襲い、刃を向けてくるやからはみんな血祭りにあげる。
陸に上がっては奪った積み荷を売っぱらい、またぷいっと海に出る。気分転換は漁と沈没船のサルベージ。オレは自由気ままな海の男。もうオレを束縛するもんなんてこの世には………、ある。アサシンという傍迷惑な使命が。
150311004.jpg
カリブ海に束の間かがやいた海賊共和国にやがて水を差してくるのは、アサシン教団とテンプル騎士団の飽きもしない闘争。
オレはもちろんのこと、いずれも魅力的な実在海賊たちも、このだらだらとした争いに否応なしに巻き込まれるのであった。
主人公エドワード・ケンウェイの。おそよ海賊らしくないフード姿は、「お前は海賊を満喫してるようだけど、これ一応アサシンクリードだからね。そこんとこ忘れんなよ」という、野暮な戒めみたいなものだ。
これを脱ぎ捨てて、Uplayのリワードで貰った正調海賊ルックに着替えるのは、そのアサクリ縛りに対するオレのせめてもの抵抗。ああ、まさかUplayをありがたいと思う日が来るとは思いもしなかった。
150311009.jpg
わらの山に身を潜め、タカの目を使ってこそこそと尾行し、人目につかずこっそりとターゲットを始末する。
問答無用で押し付けられるアサシン業務に、海の生活で盛り上がった心もトーンダウン。
それでも、「ぶっちゃけ6作目にもなると、こういうことはもうとっくに飽きちゃってるんですけど!」なんて文句をぐっと飲み込めるのは、これを辛抱すれば、またあの魅惑的な海に戻れるからだ。
「船長、お帰りなさい!」 ああ、もう野暮用やっと終わった。帆を全開にしろ、さあ、出航だ!
150311007.jpg
ノルマのようなアサシン業以上に水をぶっかけてくるのは現代編だ。
潮の香りを本当に感じるくらい盛り上がりに盛り上がったところで、思い出したように飛ばされる現代のアブスターゴ社。
いくら現実の自分では及びがつかないような豪華オフィスとはいえ、それはまるで「お前は勇敢な海賊じゃなくて、ただの穀潰しのゲーオタだよ?」と再確認しているかのようだ。大きなお世話だバカヤロウ!
おそらくプレイヤーのほとんどが、「もうアムニスだのなんだの、そんな設定どっかにうっちゃっていいよ」と思っているかもしれない現代編をさっさとノルマ消化して、船員どもただいま、帆を全開にしろ、さあ、出航だ!
150311005.jpg
戻ってくるのは海賊共和国の栄光と黄昏を駆け足で体験する物語。
あの陽気で残忍で抜け目のない仲間たちも、いつしかバラバラになりそれぞれの道を歩き出す。
そして多くの者がカリブ海というステージから去り、やがてエドワード・ケンウェイだけが一人ぽつんと大海原に取り残されたのなら、それはプレイヤーが海賊の黄金時代に自ら幕を引く時がやって来たということだ。過去の日々を懐かしむのはそれが終わってからでいい。
マネー、パワー、リスペクト。スラム街の成り上がり精神を数百年早く体現していた男、エドワード・ケンウェイが最後に行き着く終の棲家は、果たしてどこであろうか。
150311008.jpg
そんな終着点も含めて、(アサシンと現代編以外の)あらゆるすべてが確かな手応えと極上のロマンチシズムを感じさせるアサクリシリーズ最高の傑作。
惜しまれるのは、これがアサシンクリードのシリーズとして出されたことだ。アサシンやテンプル教団のくびきから離れて、オレはもっともっと自由に海を巡りたかったのに。
フードにもアサシンブレードにも"観測所"にも背を向けて、船員たちの調子っぱずれな歌声に包まれながら、白い波涛を越えていつまでもどこまでも。

この記事に含まれるtag : オープンワールド アサシンクリード 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2273.html

2015/03/12 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Assassin's Creed: Brotherhood】アサシン クリード ブラザーフッド

   ↑  2013/09/13 (金)  カテゴリー: XBOX 360
13091309.jpg
『アサシン クリードⅡ』のラストで、非道の限りを尽くしてきたラスボスを見逃すという、プレイヤーに凄まじいフラストレーションを残す仕事の甘さを披露してくれた、すかした色男エツィオ・アウディトーレ。
おかげでこつこつと繁栄させたモンテリジョーニは灰燼と化し、伯父さんは殺され、あれだけ苦労し手に入れたリンゴも、あっさりとボルジア家に奪われた。全部おめーのせいだ、このクソぼんぼん!
そんな身から出たサビもどこ吹く風。今度はいけしゃあしゃあと、「やっぱり仲間がいるにこしたことはないね」などと、ゲームキャラとしてのアイデンティティをかなぐり捨てた妄言を吐きやがるんだから、こいつも相当にいい性格をしてやがる。
13091302.jpg
そんなワケで、「メンゴ、メンゴ、また一から出直しね」とばかりに無反省なノリで始まるエツィオ・アウディトーレ対ボルジア家の第二章。
同じことをまた最初からやり直させられるプレイヤーこそいい面の皮だが、今度の舞台がローマと言われると、「ベネツィア、フィレンツェを巡ってローマを観ないで帰るのは、なんか片手落ちだよね」と、旅行代理店にオプションという名のニンジンをぶら下げられた、お上り観光客みたいな気分になってくるから困ったものだ。
13091303.jpg
しかし訪れたローマ市街のあちこちには、無粋な塔がにょきにょきと建っていやがる。ちょっとちょっと、ガイドのマキャベリさん、コレ一体何?
「ローマの新観光名所、ボルジアの塔でございまーす」
近寄れば問答無用で矢を射かけられるようなところを観光スポットとは言わねえ! しかたなしに塔にえっちらおっちらよじ登っては、火をかけて回るエツィオであった。アサシンと言うより、まるで八百屋お七みたいなビジュアルじゃねえか、これって!
13091304.jpg
ローマ観光の合間には、どうせオチが付かないと分かりきっているメインストーリーも進めなければならないが、今回のエツィオには頼もしい弟子たちがいる。
ささいな恩と引き替えにリクルートした連中だが、しかしこいつら新弟子時代の頃から、オレのエツィオより遥かに暗殺の手際がいいから、なんかムカつく。
オレのエツィオは、いつも屋根から足を滑らせターゲットの前に転落しては、開き直って周囲を巻き込む大チャンバラ劇の末に、一般市民が泣きわめく阿鼻叫喚の騒ぎを残してドタバタと去る仕事を、その得意パターンとしているのだが、弟子どもはひらりと華麗に現れては、音も無くターゲットを一撃で仕留め、そして周囲に気づかれることなくあっという間に姿を消す。オレはそんな手際の良い仕事のやり方を稽古つけた覚えはねえぞ!
13091306.jpg
もしパンタシレア・バリオーニあたりに、「頼もしいお弟子さんたちですのね」などと社交辞令を言われたら、つい「それはオレなんかよりよっぽど頼りになると、暗に言ってやがるのかぁ!」と逆上してしまいそうだが、この弟子どもは、こっちが真にその力を欲するときには、決まってアクセス不可状態。
対象を追いかけるチェイスモードは、アサシンクリードの中で最も心躍らないクエストミッションなのだが(ジジイの枢機卿が、なんでアサシンのオレよりも身軽なんだよ!?)、そんなときこそ弟子を呼び出して、「お前、オレの代わりにあいつを追いかけろ!」と仕事を丸投げしてやりたいのに、つくづく使えない連中だ。
13091308.jpg
畳めもしない似たような柄の風呂敷を、手を替え品を替え何度も売りつけようとするUBIの商売に、いい加減不信感も生まれ始めてきたエツィオ・アウディトーレ三部作の第二弾。
しかし海千山千のあこぎな旅行代理店と同様に、UBIも「いや、今度はぶっちゃけオンラインマルチモードが主眼ですから」と、目の前の不満を何となくそらす術には長けてきているのであった。

この記事に含まれるtag : オープンワールド アサシンクリード 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-1920.html

2013/09/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。