ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

What's New (最近の記事一覧)


【The Crew 2】アメリカ合衆国周遊ゲーム

   ↑  2018/12/07 (金)  カテゴリー: XBOX ONE
181207009.jpg
レーシングシムとかオープンワールド系とか色々あるが、とにかく車がメインのゲームに望むものは何か?
限りなく実車に近い挙動、いいねえー。テール・トゥー・ノーズのバトルが続くバランスの優れたレースモード、悪くないよ。旧車からハイエンドスーパーカーまで、めくるめく名車を網羅、最高じゃん。いささかオールドスクールな作法だけど、ボロ車に武装載っけて世紀末の荒野を暴れまくる、大好物だよ、それ。
だけど心の底から一番望んでいるのは、実はそれらじゃない。
大地を貫きどこまでも続く一本道。そこをクラフトワークの"ヨーロッパ特急"かなんかをBGMにひたすら走り続け、やがてうつらうつらと居眠り運転を始め、そのうちコントローラを抱えたまま寝落ちしてしまう。
みんなには理解してもらえないかもしれないが、オレの夢見る理想の車ゲームだ。
181207006.jpg
『Forza Horizon』は車ゲームとして完璧に近いポテンシャルを備えた名作だが、それに一つだけ大きな不満を述べるとしたら、それはタイトルに反して地平線が出てこないことだ。
『FH』シリーズのマップサイズは、郊外のマイルドヤンキーの行動範囲に極めて酷似している。
それはオープンワールドの車ゲームとしては、ある意味適正なサイズなのかもしれないが、やっぱり車ってのは日常の範囲を逸脱してどっか遠くに行くための道具でもあるじゃないか。
181207004.jpg
街は連続して存在しているわけじゃない。だだっ広い荒野に時々ぽつんぽつんと点在し、それが辛うじて道路によって繋がれている。
ダラスからひたすら南へ南へピックアップトラックを走らせる。
特にゲーム内での確たる目的や義務があるわけではない。ただなんとなくメキシコとの国境を目指しているだけだ。
右も左も地平線の景色の中で、やがてフロントガラスの向こうにぼんやりと浮かび上がってくる彼方の街。
ゲーム内マップで名前を確認する。ニューブラウンフェルズ。車を路肩に停めて今度はGoogleでこれから足を踏み入れる街の概要を調べる。毎年ソーセージ祭りが催されるドイツ系移民によって作られた街。
そのまま街に車を乗り入れると、中心部にはさっきGoogleマップで見た東屋が漠然と再現されている。
181207005.jpg
『The Crew』のマップは必ずしも北米大陸を忠実にトレースしているわけではない。州区分や大都市はともかく、細かい街の位置関係なんかは、マップのダウンサイズの関係上いびつにデフォルメされている。
それでもおおむねアメリカだ。広い広いアメリカだ。
『Forza Horizon』はその土地で開催されるフェスティバルにワンシーズン(4ではついに四季通じてになったが)だけ身を置く立場。『Test Drive Unlimited』はオアフ島という限定された地域に移住する立場。
181207003.jpg
ならば『The Crew』の立場は旅人だ。
前作の無印『The Crew』では「ワイルド・スピード」みたいなカーサスペンス、そしてこの『The Crew 2』では自意識モンスターたちによるSNS狂想曲というメインストーリー兼ゲームの導線は存在するが、ぶっちゃけそんなもん気が向いたときに義理で付き合うだけのものでしかない。
この広い北米大陸を自由気ままにさすらうジャーニー。それがこのゲームにおけるオレの唯一無二の目的だ。
181207008.jpg
そんなオレのジャーニーマン気分に水をぶっかけるのが、今作からのコンティニュー時に問答無用にマイアミにある自宅に戻されるとんでもない仕様。
あのな、オレはシアトルで旅を中断したらまたシアトルから、ビッグサーで旅を終えたら再びビッグサーから旅を再開したいんだ。
セレブリティ感満載の自宅なんか要らないんで、頼むからそこらのモーテルかガソリンスタンドで途中経過をセーブさせてくれっつうの。「地獄のモーテル」の舞台みたいな胡散臭いところでも構わないから!
前作からそのまま引き継がれた、楽しさをまったく見出すことのできないレースイベントを含め、どうもこのシリーズの開発は1作めで好評だったところ、不評だったところをまったく理解できていない節があり、そんなところはどことなく『Test Drive Unlimited 2』をデジャブさせたりもする。
181207007.jpg
でもなんだかんだ言いながら『TDU2』をけっこう楽しんでいたように、オレはこの『The Crew 2』にも入れ込んでいる。
洗練されたゲームじゃない。ぶっちゃけデキの良いゲームじゃない。魅力あふれる素材に悪趣味なソースをぶっかけまくったようなゲーム。レビュー的に表現すると『The Crew 2』はそんな一言で終わってしまう。
だがこの素材は最高なんだ。オレは上にふんだんにかけられた悪趣味なソースを選り分けて、ひたすら素材を貪り続ける。
明日は南部を離れてベガスを経由して北西部を目指そうか。何ものにも囚われずただただ車を走らせ続ける。これ以上の快楽がこの世に他にあるだろうか?

この記事に含まれるtag : レーシング オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2795.html

2018/12/07 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Tom Clancy's EndWar】コマンドと感情の齟齬

   ↑  2018/11/28 (水)  カテゴリー: XBOX 360
181128007.jpg
UBIが2008年にトム・クランシーブランドのもとに放ったリアルタイムストラテジー『エンドウォー』。
戦闘ヘリ、戦車、輸送車の関係をじゃんけんのような三すくみ構造に設定し、メインユニットをこの3つに絞り込むことで、RTSとしてはかなりシンプルなシステムだ。
こうも簡略化された基本システムを採用したのは、このゲームのメインのウリが、当時としてはまた目新しかったボイスコマンドでの指示に置かれていたから。
マウスやパッドでいちいち煩わしく目標を指定せずとも、マイクで臨機応変に指示を与えられるという触れ込みだ。
まずは精度が高いと評判の音声指示機能を学ぶボイスコマンドトレーナーから。右トリガーを引きながら、指定されたコマンドをゆっくりと読み上げる。
181128004.jpg
「部隊一、移動、アルファ」
<聞き取れません。もう一度>
「部隊一、移動、アルファ!」
<もう一度>
「ぶ・た・い・い・ち、い・ど・う、あ・る・ふぁっつってんだろうが! 人の言うことちゃんと聞けやぁ!」
<もう一度>
「貴様なぁ。………ひょっとして一(いち)じゃなくて部隊1(ワン)、移動、アルファじゃないと受け付けてくれないんでしょうか?」
<部隊1、了解しました>
「……オペレーションのシステムナレーターは部隊いち、部隊に、部隊さんって読み上げてるのに、なんでプレイヤーの方はダメなんだかなぁ」
181128002.jpg
精度は高いながらもいまいち痒いところに手が届かない日本語によるボイスコマンドシステムにちょっとやきもきしながら、ヘッドセットを駆使した米欧露三すくみの近未来に突入。
そこで露わになるのは、一見便利そうながらも、これまたやはり痒いところに手が届かないボイスコマンドのもどかしさなのであった。
「部隊1、攻撃、エネミー1」「グループ1、移動、フォックス」「部隊3、後退」「部隊2、占領、デルタ」
抑揚をつけず常に冷静にこのように音声指示をできれば、確かに合理的な部隊運用が可能かもしれない。
しかしRTSには不測の事態や思いもよらぬ展開が常に起こりがちなものだ。
そんななときにマウスやパッドによる操作ならまだしも、自分の声という非常にエモーショナルな手段を使うとどうなるか。
181128003.jpg
「部隊3、後退」や「部隊2、移動、ブラボー」なんて機械的な言葉が、そんな時に普通に出てくるだろうか?
「おいおいおい、危ない危ない、下がれ下がれ下がれっちゅうに!」「手の空いてる奴、あの戦車助けに行け、早く! おい、そこで油売ってるヘリ、聞こえてんのか!」
オレの口をついて出てくる言葉はこんなんばっかりだ。
そして当然の如くこれらの命令はさっぱり受け付けて貰えず、自軍の被害はさらに拡大していく一方なのである。
181128005.jpg
マウスやコントローラーで指示を与えるのは思えば実に合理的な手段だ。そこには言外に含めた思惑や感情などというものは存在しない。
しかしそれが音声だとどうなるか。会話でものを伝えるという極めて人間的なコミュニケーション手段を使うとどうなるか。
会話による伝達が成立してしまう限り、こちらはついつい相手も"意志や感情を持った融通のきく存在"と錯覚してしまいがちだ。
だがこのエンドウォーの部隊たちは徹底して非人間的な文字通り駒のような存在。そのあまりにも機能に徹した姿は、こちらの思い入れを一切はじき飛ばす冷徹さに満ちている。
そんな相手に言葉というエモーショナルな手段で指示を与えることの虚しさときたら。
181128006.jpg
「きもち頑張れ」「無理すんな」「根性で耐えろ」「やばいと思ったら逃げろ」「大和魂でどうにかしろ」
せめてこんな指示が与えられたら、どんなに気が休まることか。
マウスやコントローラー入力の単なる代用品となったボイスコマンドで、事務的な言葉をただひたすら反復する行為にちょっぴり気疲れしながら、当時のオレはファジーなコミュニケーションが成立するボイスコマンドゲームが登場する近いんだか遠いんだかわからない未来を、ぼんやりと夢見ていたのであった。

<Xbox One互換対応ソフト>

この記事に含まれるtag : ストラテジー ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2794.html

2018/11/28 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Just Cause】ビバ・レボリューション

   ↑  2018/11/22 (木)  カテゴリー: XBOX 360
181122007.jpg
よう、オレはリコ・ロドリゲス。CIAのエージェントにして『Just Cause』シリーズの通しの主人公だ。
タキシードで気取ったイギリス野郎のせいで、スパイといえばマティーニを優雅にあおったり、出会ったばかりの女をいきなりベッドに誘うのが仕事のように思われがちだが、それは大きな誤解だ。
スパイの仕事ってのは、とにかく迷惑を振りまくことに集約される。
どっかでアメリカの意にそぐわない国があれば、乗り込んでそこの厄介者を支援する。
反政府ゲリラでも極右でもマフィアでも、なんだったら酔っぱらいの集団だって構わない。
とにかくそんなイカれた跳ねっ返りどもを適当に焚き付けて、ついでにちょっと手を貸して、その国がアメリカの介入なしじゃ立ち行かないほどの混乱に陥れる。
181122003.jpg
まぁしっちゃかめっちゃかにするまでがオレのビジネスだな。
後のことはワシントンでふんぞり返っている奴らの領分だ。地元の人間がどれだけ迷惑を被ろうがオレの知ったこっちゃねえ。
こう見えてもけっこう忙しい身でな。もうすぐ4度目の大きな任務が南米のソリスって国で控えてるんだが、それに合わせてだかは知らないが、オレの記念すべき最初の仕事がXbox Oneに互換対応した。
あれも10年以上前の出来事になるのか。ちょとした回顧録みたいになるが、まぁ少しばかりあのときの話に付きあってくれ。
181122008.jpg
当時の世界情勢についてまず少し説明しておこうか。
俗にオープンワールドって呼ばれるジャンルがそれなりに一般化してきて、どこの国もマップの広さを競うのが時流となっていた。
そんな時代にお前行って来いと言い渡されたのがサン・エスペリートって国だ。
南米にあるささやかな群島国家だが、それでも一つの国だ。マップの広さはどのくらいあっただろ? 確か東京ドーム2万個分とか吹いていたんじゃなかったっけな。
そりゃその頃はマップが広ければ広いほど有難がれる風潮はあったけどよ、さすがにそれは広すぎんじゃないかと思ったよ。
なんせ東京ドームを単位に持ち出されるとな。ほら、オレっていつも三塁側4階席から一塁側にある札幌蟹工船に弁当買いに行くだけでへとへとになってるからよ。それの2万倍だぜ!?
181122005.jpg
そんなわけで恐る恐る向かったサン・エスペリートだけどよ、スパイの入国常套手段で空からスカイダイビングで訪れてみると、やっぱり目の前に広がる青い海と綺麗なビーチ、一面の青空ってのは気持ちいいもんだな。
なんせそれまでのオープンワールドゲームって、薄汚えダウンタウンとかそんなんばっかだったじゃん?
風光明媚はいいけれど、問題はこのだだっ広い国を巡る移動手段。だけどそれもまあすぐに解決されたよ。
グラップリングフック。そこらを走るクルマにこいつを引っ掛けてパラシュートを開けば、いつでもどこでも自由な空の旅が楽しめる。面倒くさい山や谷もあっという間にショートカットだ。
CIAはいつもドブにカネを捨てるように予算を消費しているけど、まぁこの開発費だけは元を取ってんじゃねえか?
181122009.jpg
それにいざとなりゃヘリコプターだってある。
この国の警察はちょっとクルマを擦ったくらいで武装ヘリ持ち出して地上にロケットランチャー乱射するくらい短気な連中だが、まあこれは見方を変えればいつでもどこでもオレにヘリをデリバリーしてくれるようなもんだ。
グラップリングフックでヘリに飛び移って、パイロットさんはちょっと外に出てもらっって、ヘリごっちゃんです! ああ楽ちん。
そりゃ時にはヘリが撃墜されて迎えも来られないようなとんでもない山奥をさまよう羽目になったことも何度かあったが、それも今となっては楽しい思い出だ。
181122006.jpg
まあ色々あるけど、なんつってもゲーム全体を貫くおおらかなラテン気質っての?
ミッションはどれもざっくりしてるし、ビークルやNPCの挙動やAIも当時としてもかなり大雑把だったんだけど、それが人がころころ巻き添えくって死にまくるCIAの蛮行を、コントみたいにうまく中和してくれてさ、オレも味方の反政府ゲリラや一般市民を巻き込むことをちっとも厭わなくなったぜ。どうせこの国に長居するわけじゃねえし。
181122004.jpg
この良くも悪くもおおらかな部分ってのは、やっぱりこのサン・エスペリートが頂点で、以後のシリーズは完成度の充実と引き換えにそれがどんどん減退しているような気もすんだよな。まあ時代性もあるんだろうけど。
そんなこんなで今となっては懐かしい南米の小国。だけどオレはこの小さいけどだだっ広い国をざっくばらんに巡って、虱潰しに何かをするのがサイコーに楽しかったぜ。
じゃ、またどっかの因業な国で会おうな!
<Xbox One互換対応タイトル>

*関連記事
【Just Cause 2】傍迷惑なストレンジャー
【Just Cause 3】世界一迷惑な里帰り

この記事に含まれるtag : ONE互換 オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2793.html

2018/11/22 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【007 死闘】ティモシー・ダルトン版ボンドゲーム

   ↑  2018/11/19 (月)  カテゴリー: メガドライブ&メガCD
181119001.jpg
初代ショーン・コネリーに始まって、ジョージ・レイゼンビー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナン、そして現在のダニエル・クレイグと、錚々たる顔ぶれが並ぶジェームズ・ボンド俳優。
その中で史上最高のボンドを一人だけ選ぶとしたら、オレは迷うことなくティモシー・ダルトンの名を挙げる。
故ダイアナ妃をして「もっともボンドらしいボンド」と言わしめたダルトンだが、彼が不幸だったのは、ロジャー・ムーア時代末期の低調ぶりや、東西対立が緩和されスパイアクションというジャンル自体が古びてしまった最悪のタイミングでボンド役に就任してしまったこと。
181119003.jpg
結果、興行成績に恵まれず、この史上最高のボンドは「リビング・デイ・ライツ」と「消されたライセンスの僅か二作のみで姿を消してしまった。
ダルトンが主演したこの二作は、ロジャー・ムーアのお気楽極楽スパイ活劇からシリアスなハードアクション路線に大きく舵を切ったのが、その大きな特徴。
特に過去作には見られなかった世俗的な敵(南米の麻薬王)を据えた「消されたライセンス」は、それまでのボンド映画ではタブーだったブルータルな描写をたっぷりと盛り込んだ一作で、麻薬王サンチェスを演じたロバート・デヴィの存在感や、立場を捨てて私的な復讐に執念を燃やすダルトン・ボンドの好演で、オレの中では不動のシリーズベスト1映画だ。
181119005.jpg
そのダルトン・ボンドの恐らく唯一のコンシューマゲーム化作品が、日本ではあのテンゲンを通して'93年に発売されたメガドライブソフト、『007 死闘』(原題『James Bond The Duel』)。
パッケージに映るボンドは間違いなくティモシー・ダルトン。同様にタイトル画面も、眼光鋭くこちらを睨みつけるダルトン。
ああ、しかし、この時期のシネマゲームといえば、とにかく何でもかんでも横スクロールアクションになってしまっていた時代。
ゲーム中に登場するボンドはタイトル画面のダルトンから一転、タキシードに蝶ネクタイという記号で辛うじてボンドと認識できるしょぼいキャラ。
181119004.jpg
画面の縁から予告もなく放たれる、雑魚キャラの銃弾に苦しめられながら何とか前に進むと、やにわに出現したジョーズ(リチャード・キールの方)に首根っこ掴まれ、為す術なく海の中に放り捨てられ、溺れてもがいているところを(このボンドはカナヅチなのか!?)ジョーズ(サメの方)に襲われ、ばくばく食われて果てるという、ダルトン・ボンドのハードボイルドさなど欠片もない展開になってしまうのは、時代を考慮すると致し方ないことなのだろうか。
しかもティモシー・ダルトンのボンドと、リチャード・キールのジョーズは、元々接点なんかありはしない。
181119006.jpg
さらに突き進んで行くと、今度は「007 美しき獲物たち」でグレイス・ジョーンズが演じた怪女メイデイや、ジョーズと並んでボンド映画を象徴する悪役、「007 ゴールドフィンガー」に登場したシルクハットの東洋人オッド・ジョブ(ハロルド坂田)など、これまたダルトンとは縁もゆかりもない人たちが、中ボス扱いで次々と登場。
ジョーズ、メイデイ、オッド・ジョブと、なんとなく「ドット絵でも判別しやすいルックスの人たち」なんてのが選出基準になってるような気がするな。
人を食った内容でメガドラファンをほっこりさせてきたテンゲンの日本語版マニュアルも、ティモシー・ダルトン版ボンドのシネマゲームという立場に拘るこちらとしては、今回ばかりはちょっと困りもの。
「ラッキー、はっぴー、うれぴー」なんて文字が上滑りするマニュアルのテキストを前に、改めてダルトン・ボンドの不遇さを噛みしめるのであった。

この記事に含まれるtag : シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2792.html

2018/11/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Forza Horizon 4】Best of Bond カーパック

   ↑  2018/11/11 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
181111007.jpg
クルマはラグジュアリーな存在でありながら、その一方に痛車や改造車など稚気を徹底的に追求した方向性がある。
本来なら相反するその二つを併せ持ったクルマ。それはボンドカー。
高級スーツに身を包んだ英国の色男が颯爽と乗りこなしハイソ感を振りまきながら、後方に振りまくオイルとか、タイヤホイールに隠されたドリルなど、小学生が考えたようなギミックを満載したその姿は、クルマの究極の理想形といっても過言ではないだろう。
181111002.jpg
今までは007版権ゲームの枠内の留まっていたそのボンドカーが『Forza Horizon 4』に降臨。
有料DLC『Best of Bondカーパック』は歴代の007映画からより優られた10台のボンドカーが収められたコレクション。
ボンドカーでメジャーどころといえば、やはり「007 ゴールドフィンガー」に登場したヘッドライトからマシンガンがせり出すアストンマーチンDB5と、「007 私を愛したスパイ」の劇中車、水陸両用のロータス・エスプリがツートップだろう。
その二台はもちろんこのカーパックに収録されているが、今回取り上げたいのは個人的にもっとも好きなボンドムービーで活躍したクルマだ。
181111003.jpg
シリーズ第6作の「女王陛下の007」は、ジョージ・レイゼンビーがボンド役を務めていることで何かと割を食っている作品だが、どうしてどうして、数ある007映画の中でも極めて格調高く完成度も高い。
中盤以降の舞台となるアルプスの雪山でのスキーやボブスレーを交えたアクションシーンは当時としは出色の内容だし、歴代ボンドガールの中でもっとも悲劇的なヒロイン、ダイアナ・リグも素敵だ。
181111004.jpg
そしてボンドカー、アストンマーチンDBSは冒頭からの登場。
ここではクルマやインパネを執拗になめて、その運転者の顔をなかなか映さない演出で、二代目ジェームズ・ボンドとなるジョージ・レイゼンビーのお目見えを焦らしに焦らす。
スパイ仕様車としてのギミックや活躍の描写はないが、格調の高さは残しつつも先代のボンドカーであるアストンマーチンDB5からモダンになったフォルムは、ショーン・コネリーに代わる新ボンドの愛車にふさわしい風格がある。
181111006.jpg
歴代ボンド役でオレが一番好きなのは、なんと言われようと4代目のティモシー・ダルトン。
気品と粗野がかち合うことなく同居したその佇まいは、オレがイメージするボンド像にもっとも近いし、彼の二つの主演作のハードアクション路線も大好きだ。
181111009.jpg
そのボンドカー、「007 リビング・デイライツ」に出てきたアストンマーチンV8は、ダルトンボンドの資質に合わせたかのような、アストンマーチン車の中でも飛び抜けて荒々しい面構え。
並行車を切り裂くレーザーカッターにミサイル、スキー機能など、スパイ御用達車としてのギミックも充実。
『FH4』で乗ることのできるV8には、残念がらこれらのガジェットは付いていないが、劇中カーアクションの舞台となる雪道や凍結湖は、Horizonウィンターの季節を待てばいつでも目の前に広がっているぞ。

*関連記事
【007 Racing】底抜けボンドカー大集合

この記事に含まれるtag : レーシング Forza シネマゲーム 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2791.html

2018/11/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |