ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

What's New (最近の記事一覧)


【Overlord Ⅱ】魔王サマ互換復活ノ時

   ↑  2018/07/27 (金)  カテゴリー: XBOX 360
180727008.jpg
「魔王様、ずいぶんとご無沙汰でございます」
うん? 吾輩の登場もそんな久しぶりになるのか。
「いえ、魔王様もそうでございますが、このブログの更新もずいぶんと間が空いてしまっていたと……」
なんせ1ヶ月近くもサボっておったもんな。マメに更新することだけが取り柄だったブログなのにな、うはははは。
「そんな他人事のように……。身体でも壊したのかと心配してくださる方もいるのですぞ。いったいどうされたのです? そんなにご多忙だったのですか?」
うむ、ぶっちゃけるとな。最近地下アイドル界隈にはまってしまって、余暇のすべてをそっち方面にぶっこんでしまっているからだ。
「……魔王様、ずいぶんと意外な方向に舵を切りましたな」
自分でも驚いているわ。しかしな、吾輩の忠実な補佐官ナールよ。年をとればとるほど、新しいジャンルをがんがん開拓していくべきだぞ。そうもしないと心がどんどん硬化していく一方だからな。
180727002.jpg
「新ジャンル開拓も結構ですが、このブログの主題であるビデオゲームの方もよろしくお願いいたしたいですな」
まぁそっちの方もぶっちゃけると、ゲーム機を置いてあるリビングのエアコンが、この猛暑の最中にぶっ壊れてしまってな。最近のハイエンドゲーム機って、もう暖房器具みたいなもんじゃん? 暑さが和らぐまで、電源すらめったに入れられないような状況でな。
「魔王様、一言申し上げると、リビングのテレビの脇にSwitchというゲーム機を置かれてますな? あれを持ち出せば、どこでも涼しい部屋でゲームがゆっくり遊べるわけで……」
……そういやそうだった。考えもしなかったな。
「あんたにSwitch、もったいないですな!」
180727007.jpg
で、長々と前振りに字数を使ってしまったが、今日はいったい何なんだ?
「魔王様と我ら使い魔たちの八面六臂の大活躍を綴ったアクションストラテジーゲーム、『Overlord』シリーズの一作目と二作目のXbox360版が、ついにXbox Oneに互換いたしました」
おお、それはめでたい!
「一作目の『オーバーロード 魔王サマ復活ノ時』に関しましては、比較的新しい記事がありましたので、今回はその続編『OverlordⅡ』のことを、ぜひ魔王様御自らご紹介いただきたいと思いまして」
うむ、了解した。ま、一言で言うと、ありがちな続編だ。
「そういう身も蓋もない仰られ方をされますと、我々としても立つ瀬がないのですが……」
自らと忠実な使い魔たち、ミニオンの群れを操作して、立ちはだかる醜悪な人間やエルフどもを成敗していく基本線はそのままに、あらゆる面がパワーアップ、かつ煩雑化している。
「色んな要素を付け足すのは一長一短あるということですな」
一例を挙げると吾輩の本拠となる魔族の塔だな。これがもはや城と言っても過言ではないくらい前作と比べて大型化して、もう塔に帰るたびにどっちに行ったらいいのかワケが分からなくなって……。
「それは単に魔王様の物覚えが悪いだけではないでしょうか……」
180727003.jpg
他にはミニオンどもが狼や蜘蛛に騎乗して戦力アップしたり、あ、そうそう、ミニオンを漕手に配置しての海戦モードはなかなか楽しかったぞ。エルフ連中の帆船と我々のガレー船、遠距離に火炎を放てる赤ミニオン軍団を甲板にずらりと並べた我ら魔族艦隊の圧勝だったな。あのクソいけ好かない環境保護主義者のエルフどもを、まとめて海の藻屑にしてやったわ。
「魔王様の威光の前では、エルフの青びょうたんなど、糸くずのようなものでございます」
それと楽しかったのは、人間どもを吾輩の魔力で従わせる奴隷化ビームだな。征服した街の住民を文句一つ言わせず強制労働させたうえで、連中の私有財産を略奪しまくるのは、実に魔王に生まれた甲斐があったというものだぞ。
180727004.jpg
「その一方で、相変わらず女性には弱かったですな、魔王様は」
ナール、ああいう気の強い女を意のままに従わせてこそ、魔王冥利に尽きるというものだぞ。
「そういうセリフは実際に従わせてから言ってくだされ! 前作もこの続編も、あなた尻にひかれっぱなしだったでしょ!」
痴話沙汰を塔に持ち込んで、お前らの手まで煩わせて、ホントすまんかった! まぁ完全無欠な恐怖の魔王というのも何かと堅苦しすぎるから、その点は吾輩のチャームポイントとして捉えてほしいな。
「相変わらず勝手なことを……。まぁ魔王様のあらゆる無茶に応えることが、我ら使い魔たるミニオンの生まれついての使命ですからな」
180727006.jpg
ゲームシステムはいろいろと煩雑になってしまったが、この魔王とミニオンたちの美しい主従関係という、このゲームきってのチャームポイントは不変だから、そこら辺をたっぷりと堪能するがよい。
「魔族の支配する魔族に優しい世界の実現のために、我らこれからも魔王様にぞんぶんに奉仕する次第でございます」
うむ。……ところで肝心なことなんだが、この『OverlordⅡ』って日本版出てたっけ?
「確か出ていなかったと……」
そうか。まぁそれについては、海外のパッケージ版を中古なりなんなりで頑張って探してくれ。
「Steam版も安く売ってますから、そちらもありですな。では魔王様、最後にバシッと一言締めてください」
よし、では行くぞ! タイガー!ファイヤー!サイバー!ファイバー……。
「あ、やっぱいいです。それは秋葉原ツインボックスあたりで存分に叫んでくだされ」
ジャージャー!!
「だからいいっちゅうねん!」

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : ストラテジー ONE互換 魔王様 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2777.html

2018/07/27 | Comment (1) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Fable Heroes】バウアーストーンの露天人形劇

   ↑  2018/06/30 (土)  カテゴリー: XBOX 360
180630007.jpg
『FableⅡ Pub Games』もそうだったが、『Fable』シリーズから派生した小品は、まるでマーゴが怪しげな露天で売っている品のような、胡散臭さと『Fable』らしさに満ちている。
新たにXbox Oneに互換対応した、この怪しげな人形劇アクション『Fable Heroes』も、まさにそんなゲームだ。
坊ちゃん嬢ちゃん寄っといで。"英雄"にリーバーにハマーにルシエン、アルビオンのセレブリティたちがドタバタ活躍する人形劇の始まりだよ。
本人たちの許諾? もちろんそんなの取ってません(リーバーあたりは、そういうことにめちゃくちゃ煩そうだ)。
だいたい、こんな端切れと余ったボタンでぞんざいに作った人形に肖像権もクソもないって!
180630002.jpg
と言うと、いかにもお子様向きの人形劇に思えるかもしれないが、すれて狡っ辛いアルビオン大道芸人の人形劇だ。この『Fable Heroes』も、本編に負けないくらい無情な人の世を描いている。
坊ちゃん嬢ちゃん、譲り合いの心なんて、この世の中ではなんの価値も持たないよ。転がってるコインは、他のプレイヤーを出し抜いて、とにかく先に奪い取れ。
例え相手がホストプレイヤーだろうが遠慮することはないよ。がつがつ欲を剥き出して、他人の上前を掠め取ろう。
遠慮がちにプレイして、後で困るのは持ちキャラをパワーアップさせるすごろくパートでの自分なんだからね。
180630004.jpg
コイン以上にシビアになんなきゃいけないのは、体力回復のハートだ。
この人形劇での体力回復手段は、道中でランダムに手に入るこのハートただ一つのみ。
じゃあ一番体力が減っている仲間に優先して渡すべきですねって? なぁに、仲間がくたばっていたって心配することはない。
この人形劇では、例え体力が尽きて幽霊状態になっても、ノーマルモードなら敵をそのまま攻撃することができる。ただし幽霊のままでは、コインの回収だけはできない。
つまり……、自分以外が全員幽霊だったら、コインは独占状態ってことじゃないか!
180630005.jpg
『Castle Crashers』のような、協力型ベルトスクロールアクションに見えるかもしれない『Fable Heroes』だが、その手応えはCo-op系アクションゲームとは、だいぶ違う。
実際の趣は、まるで『あつまれ!ピニャータ ~レッツ☆パーティー~』のような、どんちゃか系パーティーゲーム。なんか例えに出すゲームがこれしか思い浮かばなかったが、実際にそうなんだからしかたない。
冒険劇とは名ばかりの、コイン早い者勝ち争奪戦の道中の最後に待つのは、通常のボス戦の他に、トロッコレースやボートレース、にわとりサッカーに、まるでジャレコの『ぶたさん』を思わせる爆弾サバイバルゲーム。
180630003.jpg
手の込んだポップジオラマ風の美しいビジュアルに、心を浮き浮きさせる素敵な音楽。
それらをバックに進行する、どんちゃかコイン争奪パーティーを締めくくるのは、なんとクレジットロールがそのままアクティブなプレイフィールドになったステージ。
アートワーク担当は豪邸。プログラマーは貧民街。テスターは労働改善を求めるデモ隊。思わせぶりな背景の前に浮かぶスタッフの名前は、片っ端から攻撃可能だ。
そして表面で一番最後に待ち受けるラスボスは、『Fabel』世界では一番虐げられたあいつ。さんざん蹴っ飛ばしたりして、ホント悪かった!
180630006.jpg
ラスボス撃破の後は、人形劇風の枠に流れるフルスタッフロール。その枠の一番上を見てみると、そこには「バーナム・ジュニアのパペットショー」の文字が。……バーナムと言えば『Fable2』のスゴすばらしい写真師。あのおっさんに息子が居たのか!
『Fable Heroes』は、そんなアルビオンの由緒正しい人物による、楽しくもインチキ臭い人形劇。飴を買わん子はあっちに行った!
ベルトスクロールアクションとしての完成度よりも、『Fable』の市場の隅っこにある屋台らしさを優先したその姿勢を、オレは断然支持するね!

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : XBLA ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2776.html

2018/06/30 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Gas Guzzlers Extreme】武装カーゲームの保守本流

   ↑  2018/06/24 (日)  カテゴリー: XBOX ONE
180624005.jpg
武装カーゲームの素晴らしき世界へようこそ!
海外では一般的にコンバットレースゲームと呼ばれているが、現行スタイルの雛形となった『Twisted Metal』以来、進化とか変革を頑なに拒んだまま受け継がれ、そしてこの様式をこれまた頑なに愛するファンに支持されてきた、まるでど田舎のカントリーミュージックバーのようなジャンルだ。
ボロ車からピカピカのスポーツカーまで様々なクルマに武器を積み込み、レースらしきものをやったりやらなかったりしながら、自分以外の動いているモノすべてに、とりあえず鉛玉を叩き込みまくって、なんとなくゲームが終わる。
180624002.jpg
漁夫の利至上主義のざっくりとしたゲームバランス、勝ち負けよりも破壊衝動優先。メッセージ性なんて欠片もなし(あってもせいぜい「化石燃料は大事だね」程度のもんだ)。
やれe-Sportsだなんだと、競技性と純粋性を高めつつある最近のゲーム界隈において、武装カーゲームのアティチュードは低偏差値ゲーマーのオアシスだ。
『Gas Guzzlers Extreme』は、その武装カーゲームの保守本流。
以前に発売された『Gas Guzzlers: Combat Carnage』のリファイン版で、システムはまったく一緒。
レースを繰り返してクルマを少しずつチューンナップしながら賞金を貯め、上位車を購入してはさらなる次のレースに挑む、一昔前のレースゲームの定番だったフォーマット。
180624007.jpg
それに加わるのは武装だ。
基本となるのは長射程小威力のマシンガンに短射程高威力のショットガン。自分以外の奴らをスクラップにするために必要必須なエキップメントだ。
とは言っても弾は無限ではない。道中で弾薬補充のアイコンはできる限り回収しておこう。
そしてやはり道中で拾える補助アイテムの数々。ニトロ用の燃料やリペアーアイコン、シールド。そしてスリップ狙いのオイルや地雷などサブウェポン。
ちなみにニトロダッシュを発動すると、タイヤバーンアウトの炎と煙が後続車のちょっとした目くらましにもなったりする。
180624008.jpg
基本のレースモードはメイン武装が一切使えないパワーレースと、途中で順位を争ってるんだか殺し合いをやってるんだか分からなくなるバトルレース&ノックアウト。
もちろんパワーレースだってお上品な競技モータースポーツじゃない。スローインファストアウトなんて悠長なコーナーリングをしていたら、ライバル車に「このオカマ野郎!」と横腹に突っ込まれるのがオチだろう。
そしてパワーレースとバトルレースの延々繰り返しとなるキャンペーンのアクセントとなるのが、ときどき合間に挿入されるスポンサーレースと名付けられた変則ルールモード。
キャプチャーフラッグ、ラストマン・スタンディング、デスマッチ等々。
筋金入りの武装カードライバーにとっては、その闇雲な破壊衝動の本領を発揮できる最高のチャンスだ。
180624003.jpg
Windows版から遅れること3年の2016年に発売されたこのXbox One版は、PC版では有料扱いだったダウンロードコンテンツ2種が最初からバンドル済み。
『Gas Guzzlers Extreme: Full Metal Frenzy』はレースモードとサーキット、そして車種を追加する内容。
そしてもう一つの『Gas Guzzlers Extreme: Full Metal Zombie』は、わらわらと押し寄せるゾンビ集団のウェーブをひたすら撃退しまくる、これまた低偏差値なモードだ。
ばんばん撥ねまくってケリをつけたいところだが、ゾンビと衝突したときに車体が受けるダメージもかなりのものなので、ロードキル攻撃は緊急回避用に留めておきたい。
恐ろしいのは向こうから体当たり攻撃を仕掛けてくるディンゴやバッファローのゾンビだ。
180624004.jpg
バッファローの群れに突っかけられたら、いかに1トンを超す鉄の塊といえどひとたまりもあるまい。
このモード、メニュー画面からどうやって入るのかが分かりづらいが、正解はクイックレースのゲームモード選択項からサバイバルを選んでスタート。
舞台は荒涼としたフィールド。登場するクルマはランチャだのマゼラティだのマークラレンだのと(ニッサンGT-Rもどきの名はカイジューGT-R)、パチもん臭丸出しの名前にフォルム。オンラインモード? ねえよ、そんなもん。
そんないかにもB級な香りも武装カーゲームにとっては最高のお膳立て。
硝煙、土埃、排気ガスの三重奏でもくもくと曇る荒野に、さあアクセル踏みっぱで弾丸まき散らせ!

<国内ストア未発売>

この記事に含まれるtag : 武装カー レーシング 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2775.html

2018/06/24 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【雀豪ワールドカップ】麻雀W杯inメガCD

   ↑  2018/06/19 (火)  カテゴリー: メガドライブ&メガCD
180619009.jpg
世界各国から選ばれた88人の雀士たちが、世界の頂点を目指して戦うもう一つのワールドカップ。その名は雀豪ワールドカップ!
もっとも世界中から熱い注目を浴びるサッカーのW杯と違って、こちらのW杯はメガCDという、世間の注目が全く届かない日陰での開催だが……。
しかし、いくら世間が全く顧みない日陰のハードで行われる日陰のワールドカップと言えど、やはり日本代表に選ばれる苦労は並大抵のものではない。
全4戦の地方大会、そして全3戦で行われる全国大会。これらを勝ち上がって優勝を果たさないと、ワールドカップへのキップを手にすることはできないのだ。
180619003.jpg
ちなみに本作は、PC-98やX68000などでリリースされていた本格派麻雀ソフト、『雀豪』の流れを汲むゲーム。
CPU雀士たちも、いかにも競技麻雀らしい手堅い雀風を持つものが多いので、予選からなかなか歯応えがあり、かつめちゃくちゃ地味な戦いが続くことだろう。
国内予選に登場する雀士たちの名をランダムにピックアップしてみると、おりかさ、ささき、なかお、みついし、かさはら、まつい、はやしばら、ほんだ、いまい、なんて名前が並ぶのだが、何となく当時の声優名鑑あたりから名前を片っ端から拾ってきたように思えるのは気のせいだろうか。
180619006.jpg
そしてこの国内大会を制することができれば、次はいよいよ世界大会。
こちらは世界8ブロックでそれぞれ全5戦づつを闘い抜く、サッカーのW杯以上にスケールが大きくシビアなもの。
しかしここで過るのは一抹の不安だ。
サッカーのように世界的にルールが統一している競技ならいざ知らず、麻雀はこの狭い日本でも無数のローカルルールが存在する競技。
オレも学生時代、関西出身者たちと卓を囲んだら、当たり前のようにブー麻雀ルールをおっ始められたので、泡を食ったことがある。
180619007.jpg
新幹線で数時間の距離ですら、このルールの違い。
ましてや地球の裏側ともなると、どんなルールを常識として麻雀を打っているのか、皆目見当がつかない。
「私の国で麻雀と言ったら、点棒を何本鼻の穴に差し込めるかを競う競技のことです」なんてことを真顔で言われる可能性だって、なきにしもあらずなのだ。
世界大会に名を連ねる雀士たちは、もう人種のるつぼ状態。
白人、黒人、アジア人、少数民族にハリウッドスターの顔をいい加減にトレースしたような人まで。
こんな異文化大集合状態で、果たして統一したルールで麻雀を打つことができるのだろうか?
あ、あの、お手柔らかにお願いしますね。
「コチラコソ-。ドラハシュッセノサマタゲトイイマスシネ-」
……お前、本当は何人だよ!? そんなこと、普通この日本でしか言わねえよ!
180619005.jpg
「ゼンジドウタクダト、イカサマガデキナイヨー」
「マージャンハイチワリガウン、キュウワリガギジュツヨ」
「テヅクリナクシテ、ナニガマージャンカー」
「アナタ、サシウマヤラナイ?」
「ジカンガナイワ、サクサクヤリマショ」
「モウカッテマッカー?」
……この人たち、確かに顔は国際色豊かだが、言ってることはどれもめちゃくちゃドメスティックなんですけど!?
国際大会どころか、まるで田端あたりのフリー雀荘に居るような気分。これって本当に国際大会なのだろうか?
インターナショナルな対戦相手を別にすれば、非常にオーソドックスで地味な麻雀ゲーム。
まるで'70年代あたりの新書版麻雀入門書を思わせるようなパッケージデザインは、何ともいい味を出しているとは思うんですけどね。

この記事に含まれるtag : 麻雀 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2774.html

2018/06/19 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Saints Row】ワルノリ伝説の始まり

   ↑  2018/06/16 (土)  カテゴリー: XBOX 360
180616008.jpg
立川にいられなくなった。元はと言えばセンパイが悪いからだ。
「おい、ちょっとこれ洗車してこい」
女の前でかっこつけてオレにタントカスタムのキーを投げてよこしたのが、すべての間違いの始まりだ。
オレ、バックあんまりうまくねえ。
狭い路地で切り返そうとして、後ろをろくに見ずアバウトに下がったらガガガガガガガッ!!! 塀に思いっきり擦っちまった。
ごまかそうにもナイトシャドーパープルのボディだ。しかも一番ヒデえところは塗装面だけじゃなく下地の方までがっつり傷ついている。
180616010.jpg
しかもこのタントカスタム、センパイはまだローンの一回目を払ったばっかだ。
ヤベえ、殺される。なんつったってセンパイはナポリタンに箸を付けたってだけで、ブチ切れてコンビニのガラスにマグボトル投げつけたくらいアブナイ人だ。
このままタントカスタム返したら、どんな目に遭うかわかりゃしねえ。
「ちょっとワイルドな洗車してきました」っつうのはどうかな? いや、ムリだ。やっぱり逃げるしかねえ。
だけど逃げるっつっても埼玉や栃木あたりじゃ、まだ安心できねえ。
なんつったってセンパイは5年前のオートバックス店員の態度に、いまだぐちぐち文句言ってるくらい執念深いやつだ。
どっかセンパイが追ってこれないような場所。
そうだ、海外だ。どうせセンパイはパスポートのとり方すらわかりゃしねえ。
オレは有り金をひっかき集めてパスポートを引っ掴み、とるもとりあえずアメリカ行きの飛行機に乗り込んだ。
180616002.jpg
わけも分からず辿り着いたのはスティルウォーターという街だった。
来るなりいきなりヒデえ目に遭った。
オレは今まで立川が世界で一番ヤベえ街だと思っていたけど、ここはヤベえとかそれどころじゃねえ。
真っ昼間の街なかでカラフルなヤンキーどもが、いきなり大喧嘩おっ始めてやがんだ。
しかもスネ蹴り合ってるようなレベルじゃねえ。いきなりピストルとかサブマシンガンとか持ち出してドンパチやってんだよ。
死んじゃってるって! ヤバイって! おい、オレは関係ないって! 見てただけだって! ゴメン、許して撃たないで! タントはちゃんと修理して返します!
180616003.jpg
……助けてくれたのは、その場に新たに殴り込んできた別のヤンキーたちだった。
カラーギャングっつうの? ココらへんの不良はみんなグループごとに色で固めてるんだけど、そいつらは紫をトレードカラーにしてた。サードストリート・セインツってやつらだ。
「危ないところをありがとうございました。あなたたちは命の恩人です。ではボクはこれで」
さっさと立ち去りたいところだったが、そうもいかなくなった。人手が足りないからオレたちの仲間になれと。
タント擦っただけで逃げてきたオレが、こんな銃持ったシャレにならないやつらの勧誘を断れるわけねえだろ!!
180616005.jpg
リーダーのジュリアスはまあまあ話が通じるやつなんだけど、幹部のジョニー・ギャットってのが、ちょっとヤバすぎる。センパイの比じゃねえ。
こんなニキビ潰すよりも簡単に人を殺せるような連中と付き合ってかなくちゃなんないのかと思うと頭が痛い。
それに昼間はパチ屋に並んで夜はデリの運転手だけやってりゃよかった立川時代と違って、こっちはホント忙しい。
クスリの売人の面倒みたり、クルマ盗んできたり、あとは売春の斡旋とか、休む暇もありゃしねえ。みんな勤勉に働くのが嫌だから不良やってんじゃないのかよ!?
それと風俗嬢の勧誘。そんなもん「♪バーニラっ、バニラバーニラっ」ってトラック走りゃせりゃいいじゃねえかってジュリアスたちに言ったんだけど、みんな怪訝な顔しやがった。
それにこんな勧誘ひとつとったって命がけなんだよ。とにかく幹部からチンピラやケチなポン引きに至るまで、みんなカジュアルに銃を抜きすぎだっつうの!
180616009.jpg
だからギャング同士の抗争となると、もう戦争みたいなもんで、オレも最初は気合い入れてバット持ってったら、デックスのやつ……、あ、デックスってのはセインツの比較的気のいい仲間な。そいつに「お前、それで大丈夫かよ?」って心配されちゃったよ。全然大丈夫じゃなかったよ!
ここじゃクルマをパチるときですら銃がデフォでさ。ほら『Grand Theft Auto』なんかじゃ一般市民からクルマを奪うときは、無理やり引きずり出したりすんじゃん?
こっちじゃ強奪のYボタン押したら、ドアこじ開けて問答無用で運転手の頭目掛けてピストルパーンだよ!?
ちょっと奥さん大丈夫っすか!? オレ、そんなつもりじゃなかったんですよ、ちょっとクルマ借りようとしただけで!
悪いのは『GTA』との差別化を狙ってワルノリしてるVolitionなんすよ!
とにかく逃げなきゃ。……おい、助手席にガキがいるよ! 誘拐!? ま、結果的に実際そうだけどよ、こういうのまで嬉しそうにゲームシステムに組み込むんじゃねえよ!
180616006.jpg
とことん下品でワルノリしている『GTA』クローン。この『セインツ・ロウ』が最初にリリースされたときの印象は、その程度のもんだった。
本家と比較しての大きなセールスポイントはオリジナルキャラクターのメイキングくらいのもんだったけど、まさかそれがシリーズを重ねるごとにワルノリを上積みして、立川のへたれヤンキーがアメリカ合衆国大統領まで上り詰めてしまいにはエイリアンの侵略から地球を救う伝説にまでなるとは、この第1作目が出たときは考えもしなかった。
おめえは将来全世界のリーダーになるって? なにワケのわかんねえこと言ってんだ!
今のオレはとにかくセンパイに顔の形が変わるくらいまで殴られても構わねえから、あのお花畑のような立川に帰りたいだけだっつうの!!!!!

<Xbox One互換対応タイトル>

この記事に含まれるtag : オープンワールド ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2773.html

2018/06/16 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |