ボンクラ360魂Xbox Oneとの蜜月の日々 

What's New (最近の記事一覧)


【美少女バラエティゲーム ラピュラスパニック】搾取システム確立前夜

   ↑  2016/09/18 (日)  カテゴリー: セガサターン
160918001.jpg
アニラジ番組が乱立し声優専門誌までもが登場した、1990年代中期のアニメ声優をめぐる一連の地殻変動。
第三次声優ブームなどとも呼ばれたりしたが、しかし演り手、受け手双方に対するエクスプロイテーションの仕組みが完全に確立した現在と違って、当時のそれはシステムが未完備の非常に混沌としていた。
そしてカートリッジからCD-ROMに主流が移行したビデオゲームは、この声優ブームにおける新たな狩場の中心的存在であった。
160918002.jpg
中核となったのは、いわゆるギャルゲーと呼ばれる一連のジャンル。
このエクスプロイテーションの仕組みは今も脈々と受け継がれているが、しかし混沌期の声優売りゲームはそんな予定調和のレベルには留まらなかった。
当時は作り手側が声オタのピュアさを相当高く見積もりすぎていたフシがある。
そうでなければ、すでに熟女の域に達した実写声優さんたちと、ボウリングをしたりビリヤードで遊ぶなんて企画は出てきやしないだろう。
その誤算は「ストーリーや萌え要素なんかなくったって、女の形したキャラクターに声優さんが声をあてていれば、とりあえずあいつら満足するだろ。なんせピュア(バカ)だしな」なんて形となって現れたのであった。
160918004.jpg
ラピュラスはゲームで司られた惑星。しかし最近ここに不穏な気配が漂っている。それを打ち払うために召喚されたのは、ゲームが得意なあなただ。
ニチブツ脱衣麻雀レベルの取ってつけたようなバックグランドの下、プレイヤーが否応なしに送り込まれるのはバラエティゲームの世界。
とは言っても凝ったものや練り込んだゲームがあるわけじゃない。
160918003.jpg
ポーカー、ルーレット、神経衰弱、ブラックジャック、モグラたたき、間違い探しなど、よく訓練された声オタであっても、「いくら話を進めるための苦役だといっても、もうちょっとなんとかしてくれてもよさそうなもんじゃ……」と、文句をつぶやきたくなるようなモノばかりだ。
この気の乗らない義務を勝ち進めると、声優さんボイスをバックに二次元キャラクターのご褒美一枚絵。
ちなみに全年齢向けソフトだ。裸はおろか下着見せすらもあるわけがない。
脱衣抜きのニチブツ麻雀。こう表現すればプレイヤーの無力感を多少は汲み取ってもらえるかもしれない。
160918006.jpg
そしてメーカー自らがパケ裏で「声優ファン要チェック」と一押しする、この商品の本体とも言える豪華声優陣。
それすらも当時すでにベテラン~中堅の域に達していた人たちのオンパレードで、ここに至ってはさすがの声オタも、「女性の声優なら誰だっていいわけじゃねえんだよ!」と声を荒げることだろう。
柿沼紫乃さんや川島千代子さんの萌えボイスにありつくために、カタルシスのカケラもないミニゲームの数々、なんとか頑張っていただきたい。

 

この記事に含まれるtag : 声優 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2550.html

2016/09/18 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【黄泉がえり ~リフレイン~】黄泉がえったのはオリジナルキャスト

   ↑  2016/09/15 (木)  カテゴリー: PS2
160915006.jpg
「そばとうどん、どちらにしますか?」「ドレッシングはたまねぎとごまだれの二種類がありますが」「Beef or Fish?」「カレー味のうんことうんこ味のカレー、どっち!?」
我々は日常でよく二択を迫られるが、そのほとんどは最終決断をこちらに任せられるのも納得できる、脈略のある組み合わせである。
しかし「島涼香と小倉優子、どっちにします?」なんて選択となると話が別だ。
方やアキハバラ電脳組、方や焼き肉FXママドル(もっともこれは後の姿だが)。資質やパーソナリティ、その立ち位置すらも、なんの対称性も対立軸も見えない二択に、おそらくほとんどの人が「どっちって言われても……」と微妙に困惑したことだろう。
160915001.jpg
地味で堅実な中堅どころを擁したボイストラックが既にできあがっているところに、鶴のひと声があったんだかどうかは知らないが、後づけ的にどこからか小倉優子が降臨。
技量的に他のキャストの声から浮きまくるのは当然だが、しかしこっちならゆうこりん抱き合わせであちこちの媒体にプロモーションかけられるメリットがある(現に「本誌に小倉優子登場!」などと浮かれる間抜けなメディアが続出した)。
160915003.jpg
これだけなら人知れずのヒロイン声優交代でしれっと済ますところだが、本来のヒロイン役も残して異例のダブルキャスト展開になったのは、あちらを立てればこちらが立たずの一悶着が自然と見え隠れしてしまう。
そう言えば当時のプロモーション記事などでも、関係者が小倉優子の話をひとしきりした後、「島涼香さんとのダブルキャストですから、ぜひ両方とも体験してみてくださいね」などと、本来ならプッシュする必要もないもう一方への配慮を、必ず不自然なまでに付け足していたのも印象的だった。
160915004.jpg
たまらないのはそんな生臭い裏事情のツケとも言える、脈略のカケラもない二択を迫られるプレイヤーの方だ。いや、どっちにします?って言われてもさぁ……。
そしていざプレイを開始してみれば、シルエットモードのサウンドノベルとボイスって、そもそも根本的に相性が悪いんじゃないですか? なんて感想しか出てこないのだから、なんとも困った話である。
160915005.jpg
お話は2000年代前半に大ヒットした小説、及びその映画化作品の設定をベースにしたオリジナルのマルチストーリー。
基本的に小説か映画の「黄泉がえり」に感動した人に向けて作られたような内容なので、そうでない人にとっては黄泉がえり現象が淡々と日常に溶け込む展開に、カルト宗教のセミナーに一人置いてきぼりにされたような気分になること請け合いだろう。
心が荒みきったオレは、プレイ中なぜかずっと「ペットセメタリー……、ペットセメタリー……」と念仏のように心のなかで呟いてました。

*関連記事
【小倉優子の片思いグラフティ】ゆうこりんの一里塚
【Pet Sematary】ゲーム版ペットセメタリー

 

この記事に含まれるtag : D3パブリッシャー 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2549.html

2016/09/15 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Pinball FX】原点のカムバック

   ↑  2016/09/13 (火)  カテゴリー: XBOX 360
160913006.jpg
モバイルガジェット版までひっくるめたピンボールビデオゲームの二大ブランド、『Pinball Arcade』と『Pinball FX(Zen Pinball』。
方や実機のシミュレーターならば、もう一方はオリジナル台で勝負。
その『Pinball FX』が初お目見えしたのも、今からもう10年近く前のこと。月日の流れるのは早いものだ。
それまでにもビデオピンボールゲームは幾度となく登場してきたが、『Pinball FX』の絶妙なアナログ感覚(特にフリッパーのガチャガチャ感)は、過去の作品を圧倒的に凌駕する完成度だった。
160913001.jpg
追加のコンテンツをどんどん付け足してゆくビジネスモデルを、据え置き機の世界でいち早く確立した『Pinball FX』だったが、やがてバージョンアップ版である『Pinball FX 2』にその役目をすべて引き渡して、マーケットプレースからはひっそりと姿を消していた。
『FX 2』にプラットフォームを移してからは、マーベルやスター・ウォーズのキャラクター版権ものにその主軸を移して隆盛を迎えることとなるが、その影で肩身が狭くなったのは初代『FX』以来のオリジナル台の数々だ。
160913003.jpg
いや、肩身が狭くなるだけならまだいい。
Xbox One版の『Pinball FX 2』からは、初代経由だった台がすべてオミットされる仕打ちをくらってしまった(オマケにOne版『FX 2』は国内ストア未配信というふざけた事態だ)。
いまXbox Oneで『Pinball FX 2』を起動しても、『Agents』も『Speed Machine』も『Rocky and Bullwinkle』の姿も、影も形もない。
160913004.jpg
Zen Pinballの原点とも言えるこれらの台の、あまりもの不遇に「ならばわしが出るしかない」と、その身を再び起こしたのは初代『Pinball FX』。
一度はストアから退いた身であったが、Xbox 360ソフトのXbox One互換の波に乗って、ついにカムバックだ。
いまや懐かしの『Speed Machine』に『Extreme』、『Agents』。
160913007.jpg
ゲーム内のストアが機能していないので、追加台はマイクロソフトストアから、いちいち『Pinball FX』を検索して各々落とさなければならないが(以前に購入済みの必要あり)、それでも遊べるにこしたことはない。
『Nightmare Mansion』、『Street Fighter II Turbo』、そしてオレの大好きな『Rocky and Bullwinkle』。
ちなみにどんな事情があるのかは知らないが、『Buccaneer』と『Excalibur』は未対応。
そして『Earth Defense』はストアに姿があることはあるのだが、何故かまだダウンロードすることができない。
160913008.jpg
Zen Pinballの共通した欠点であるメリハリに欠けたプレイフィールの平坦さ、過剰なプレイヤー救済措置(特にボールセーブの乱発)による弊害などは、特にこの辺の初期作品に顕著なのだが、その一方で版権もの路線では希薄になってしまったアナログ感溢れる手応えも、やはり初期台ならではの特徴だ。
そしてオレは着飾ったマーベルやスター・ウォーズ台よりも、いかにもエレメカ的で素朴なこちらの方が断然好みだったりするのだ。

この記事に含まれるtag : ピンボール XBLA ONE互換 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2548.html

2016/09/13 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Pinball Arcade】The Getaway: High Speed Ⅱ

   ↑  2016/09/11 (日)  カテゴリー: Androidアプリ
160911005.jpg
高田馬場ゲームセンター、ミカドをを久しぶりに訪れてみたら、以前あった『Attack from Mars』に代わって『The Getaway: High Speed Ⅱ』が入荷していた。
スピード感抜群の名作『High Speed』の続編……、と言うよりは、さらなるパワーアップを施した上位バージョン。
クルマで例えるとポルシェ914に対する914-6、ロータス・エリーゼに対するエキシージみたいな関係と言っていいだろう。
付け足されたところで目立つのは、ギアのシフトチェンジ要素。
ボールの射出レバーがシフトレバーの形をしていて、ゲーム中に「Shift Up!」の指示が出たら。このレバーをすかさず操作・
セカンドギア、サードギアとシフトアップするたびに、スコアボーナスもどんどん膨れ上がる趣向だ。
160911004.jpg
デジタルピンボールシム『Pinball Arcade』にも、『High Speed』と並んで『The Getaway: High Speed Ⅱ』も収録されているのだが、シフトボタンがちょっと指を伸ばしづらい位置にあるのが残念。
何よりも実際のレバーをガチャンと跳ね上げるあの感触は実機だけの特権。こればかりは『Pinball Arcade』版では諦める他はない。
160911002.jpg
シフトレバーと並んで『The Getaway』の名物なのが、フィールド上部にでーんと位置するエンジンを模したオブジェクト。
ここを取り巻くランプレーンをボールがぐぉーんぐぉーんと唸りをあげて周回するスーパーチャージャーの雄叫びは、このテーブルの最大のハイライト。
これと共にプレイを盛り上げるもう一つの音が、ZZ Topの"La Grange"をフィーチャーした腹に響き続けるBGMだ。
160911003.jpg
そしてクライマックスは前作から継承した警察とのカーチェイスイメージ。
『Need for Speed』に先んじたピンボール版『NFS』はウィリアムスの1992年作品。
スーパーチャージャーの轟音や"La Grange"の野太いビートを実機に負けずに味わうためにも、ボリュームは許される限り最大でプレイしよう。そして状態のいい実機があるうちの高田馬場ミカド詣でも忘れずに!

 

この記事に含まれるtag : ピンボール 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2547.html

2016/09/11 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |

【Just Cause 3】世界一迷惑な里帰り

   ↑  2016/09/08 (木)  カテゴリー: XBOX ONE
160908006.jpg
アメリカ中央情報局CIA、それは時としてシラフで考えたとは思えないような作戦を、世界一の超大国の国家予算で平然と実行する、大変傍迷惑な組織である。
そしてゲームの中においてもCIAの役割は基本的に変わりはしない。
言うことを聞かない中小国家に対しての、反政府組織へのテコ入れや政情不安定化の後押しは、CIAの常套手段であるが、ゲームではそれをリコ・ロドリゲスと言う名の、世界一近所迷惑なエージェントを送り込むことによって果たそうとする。
160908003.jpg
リコ・ロドリゲス。その名に眉を曇らせるのは独裁者とその飼い犬どもだけじゃない。
本来なら彼の活躍に喝采を送らなければならない虐げられた民衆だって同じだ。
なにせリコの仕事を評価するカオスという数値の対象には、軍事施設のみならず生活には欠かせないインフラの破壊も含まれているのだから。
ちなみにシリーズ代々の独裁者たちは、国内インフラの発展と保全には並々ならぬ行政手腕を発揮してきた、いずれも有能な政治家である。
彼らが斃れたあとの国内混乱は、おそらくハンパなものじゃないと思うが、我らがリコ・ロドリゲスがそんなこと知ったこっちゃあるわけない。
160908007.jpg
無尽蔵に供給される銃器弾薬やヘリコプター、装甲車両、ジェット戦闘機にガンボートを駆使して、一つの国を端から端まで舐めるように破壊して、立つ鳥跡を濁しまくって去ってゆく。
そんなリコの無責任な仕事の新たな舞台は地中海の群島国家メディチ。
驚くなかれ、なんと若かりし頃のリコ・ロドリゲスが育った故郷だ。
もちろん故国だからといってリコが仕事の手を抜くわけがない。むしろ念入りにふるさとの地を叩き壊して回る。
なんとも迷惑極まりない里帰りがあったものだ。
160908002.jpg
シリーズ化するオープンワールドゲーム数あれど、この『Just Cause』ほどコンセプトを余計な付け足しせずピュアに受け継ぎ続けるシリーズも他にはない。
東京ドーム数万個分を謳う超広大なマップと、そこをストレスフリーで飛び回れる自由闊達な移動手段。そして解放闘争支援のタテマエでその広大な地を塗りつぶすように壊しまくっていれば、話が勝手に進むざっくばらんな展開。
初代は南米の小国サン・エスペリート、そして『Just Cause 2』では東南アジアの独裁国家パナウ共和国。
160908008.jpg
そして再び南米に戻っての、このメディチでも、やるべきことは何一つ変わりゃしない。
そんなワンパターンぶりも、明るい太陽の下のあまりにも開放的な破壊行脚の前では、これっぽちも気になりはしない。
偉大なるマンネリズム。その影にはともすればマイナスポイントと紙一重であった初代の長所に対する、作り手と遊び手双方からの確固たる信頼がある。
160908005.jpg
数少ない付け足し要素の中で目立つのは、新ガジェットのグライダースーツ。
これのおかげでリコは、いつでもどこでもヘリコプター級の移動能力を発揮することができる。
もちろんクルマにヘリコプター、ボートのいつでも配達も健在だ。
パラセールからジェット戦闘機まで気分次第で移動手段を乗り換えて、この風光明媚な国を隅から隅までめぐって破壊活動に精を出そう。
そいつの名はリコ・ロドリゲス。独裁者が圧政をしく地に現れて、独裁者以上の極悪非道な振る舞いを飽きるまでやっては去ってゆく。
旅の恥はかき捨て、政府転覆工作の罪はやり捨てだ。故郷だからって一切容赦はしないぜ。

 

この記事に含まれるtag : オープンワールド 

(記事編集) http://bonkura360.blog.fc2.com/blog-entry-2546.html

2016/09/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |